遺品整理における合同供養について

先日、「合同供養」とは、「どのような事をするのですか?」との質問を頂きました。実は先週、「合同供養」の文字はホームページから削除したばかりでした。

削除した理由としては、実際に各宗派に合わせた御供養をお勧めさせていた為です。

日本国内には、真言宗・法相宗・律宗・浄土真宗・曹洞宗・華厳宗・天台宗・浄土宗・浄土真宗・時宗・日蓮宗・時宗・黄壁宗(順不同)の大きな宗派があり宗教法人(新興宗教含む)は約18000以上とも言われています。

世界を見渡しても、キリスト教・イスラム教・ヒンズー教・仏教と数多く有り、キリスト教においても福音ルーテル・ロシア正教、イスラム教においてはシーア派・スンニ派等、数多く分かれています。

弊社として、「あるべき姿」であろうと思う考え方を皆様にお伝え出来ればと思います。

何故、「合同供養」をしないか?なぜホームページから削除したのか?極端な例で御案内させて頂きます。

1 世界的に考えると仏教の方、キリスト教の方、イスラム教の方、ヒンズー教の方の遺品を合同供養して故人様が喜ばれますか?イスラム教でもシーア派の方、スンニ派の方の合同供養を行いますか?
2 日本国内においてもキリスト教の方や浄土宗や新興宗教の方の遺品を御一緒に供養できますか?宗教毎に作法や理念が異なります。私の家系は浄土真宗です。浄土真宗でも東本願寺・西本願寺と異なっています。四国では地域柄、真言宗が多く北海道や沖縄ではその地域の宗教も、それぞれ有り各ご家庭、家系で宗派が異なります。夫婦間においても同様です。
3 宗派が異なれば作法や御供養の仕方、思想も異なります。

以上の事から、弊社では以前、ホームページ上に「合同供養」を明記していましたが、削除する事となりました。合同供養は遺品整理業者の「手抜き」と依頼者の「安心」を得る為の手段と反省すると伴に、御依頼される方々も慎重に判断、選択して頂ければとも思います。

また、これも以前にブログに記述したか?否か?よく覚えていないのですが、遺品整理・特殊清掃の際、「お焚き上げ」を御希望される方が多くいます。

ただ、「お焚き上げ」は主に真言宗で持ち入れられる遺品の供養方法です。もともとは日本の仏教は約1100年前に弘法大使が始められた真言宗から、それぞれの思想に変化したものが今の日本の13大宗教に、なったと伝えられています。

よって真言宗による「お焚き上げ」は日本国内の主な宗教(新興宗教除く)の始まりの為、決して間違いでは無いと考えますが、すべてが当てはまる様な供養方法でも無いと言う事だけでもご理解を頂ければとも思います。

遺品整理業界の不法行為のリスクヘッジについて

非常に残念な事ではございますが、遺品整理・生前整理に携わる業者の不法行為が後を絶ちません。

「不法投棄」「窃盗」「不当な追加料金請求」「家屋の損傷」「契約の強要」「買取り商品以外の雑品販売」「不当広告」記述をしたく無い事が数多くあり過ぎます。

その中で不法投棄と盗難、不当広告についてお話させて頂きます。

1・不法投棄

これは、広島県、香川県においても数年前に大規模な不法投棄が発生しています。産業廃棄物業者が不法投棄をおこなっていました。皆様方から見ると「よく耳にする」話と捉えられている方も多いと思いますが、このケースの場合、産業廃棄物業者に、すでに処分料金を支払っておりますが「排出者責任」を追及される場合も有り、自主回収を求められる事もございます。

ただ、一般廃棄物の免許を持っている業者を使用し処分した場合には責任を追及される事は少ないと聞いています。

家屋内の物は一般廃棄物です。遺品整理や生前整理の家財・物品を産業廃棄物として排出する事自体が、そもそも違法です。

また、産業廃棄物には排出者責任が法令によって定められていますが、一般廃棄物には、そう言った法令はありません。一般廃棄物業者の不法投棄は市町村に有ると定められています。ただ、行政による各家庭から曜日毎にだされるゴミの収集は分別など(行政毎に異なっています)は「分別」や「量」など常識の範囲を超えるものについては道義的な考え方は必要ではとも思います。

2・窃盗(遺失物横領)

これは、現実に直接、私が見て確認した情報ではありませんが、一部はニュースとして取り上げられた事象を紹介させて頂きます。

恐らく4年前、島根県で、ある業者が生前整理で、故意に2つ有る金庫の内、処分しない方の金庫を持ち帰り400万円を盗んで逮捕されていました。

また、直近では遺品整理と解体業を営んでいる業者が金塊を着服したとしてクライアントとトラブルになっているとも聞いています。恐らく所有権をめぐっての物だと想像していますが、いずれにしても「仕事を頂いたお客様」へのマナーとしては、お粗末な事だと考えます。

弊社の施工でも1年間で発見する「現金」「貴金属」は1000万円以上ございます。

3・弊社の対策

(1) スタッフの財布は現場責任者が預かります。
(2) 施工中・施工後、ポケット検査を不定期に行います。これはあくまでもスタッフを守る為の行為であり、抑止するのも責務と考えています。
(3) サイドポケットが付いているパンツの着用をさせていません。
(4) 入室するのは弊社スタッフのみに限定しており、アルバイトは入室させません。
(5) 基本的に一部屋を複数人で相互確認しながら施工してゆきます。(効率的です)
(6) 長期現場では貴重品確認を事前確認を致します。
(7) 貴重品発見時には現場長やクライアントに即時報告を行いクライアントが不在の場合は複数人で物の確認や現金であれば金額を確認致します。
(8) 発見された貴重品は「貴重品保管箱」に入れ写真を撮り封印いたします。
(9) 金庫は必ずクライアントの前で開け中を確認して処分します。(鍵が係っていても10分程度で開ける事はできます。(余談ですが鍵屋さんに開錠していただく必要はありません。高額です!)

4・不当な追加料金請求・契約の強要・不当広告

(1) 不当な追加請求
正直な所、弊社も追加請求をさせて頂く事もございます。ただ、この全てのケースでは、いわゆる「ゴミ屋敷」で堆積したゴミが1m以上(中には天井まで70cm)の状態の現場で、見積り時に目視確認が、できない状態となっており白物家電のリサイクル代や金庫(処分代が高額)が排出された場合に限りです。このような場合は、見積り時にしっかり丁寧な説明をさせて頂いた上、施工させて頂いている為、トラブルや苦情を頂いた事は一度もございません。
 追加請求も2つのタイプが有ると想像しています。1つは見積時の見落としや見積書への記載漏れによるものです。これは見積担当者の責任(エラー)であり、これをクライアントに請求するのは恥ずかしい程の責任転嫁です。2つ目が悪質なタイプです。敢えて安く金額提示を口頭で行い車に積み込んだ後に追加料金を請求するタイプです。最終的には脅迫的な威圧をかけ請求してゆく業者タイプです。私の古くから、お付き合いの有る大家業をされている方の管理物件でも入居者の高齢女性から上記の行為により高額請求され消費者庁へも届け出もされたとの事でした。
(2) 契約の強要・不当広告
 以前、関東エリアで見積り無料と、うたいながら見積り料金を脅し取り脅迫で逮捕されていた事件が有りました。また契約(正確には口頭約束)を強要する業者や不要な不安を、むやみに煽り施工依頼を取り付ける業者も稀に存在するのも現実です。今はインターネット社会です。事実と異なる広告を行う業者も多数います。特殊清掃についても、そうです。「最新技術」で対応と数多くの業者が掲載していますが、行っている施工内容は最新でも何でもなく10年ひと昔と言いますが10年以上前の主流法を未だ続けている業者も散見されます。先月、施工した特殊清掃でも他社との相見積もりでしたが、「体液除去」は行えない「拭きとるだけで臭いは取れないかも?」との事で弊社を選択して頂きました。これは、特殊清掃でも何でもなく遺品整理における簡易清掃の水準の施工内容でした。弊社も「最新技術」と唱っていますが、特殊清掃の「臭いの除去」は日々改良され進化しています。薬品、洗剤も進化しています。特殊清掃は、そう言った薬品を建築部材別に使用方法を正しい「知識」「精度」「運用方法」から成立します。例えば弊社も塩素を使用していますが市販の物を使う場合もありますが、主に利用している塩素は倉庫で冷蔵保存しています。これは講習を受けて、初めて購入できる薬剤です。広島県の特殊清掃業者の中でライセンスを取っているのは弊社だけです。一般的な塩素は出荷から店舗に陳列されるまで2~3か月と聞いています。ただ、塩素は常温であると毎月、塩素濃度が低下する性質が有ります。弊社で使用している塩素は、工場から出荷された高濃度の塩素を冷蔵配送で行い冷蔵庫に保管し、現場へはクーラーBOXに氷を入れ運搬して使用します。ちなみに弊社では、近日中に掲載させて頂きますが「新しい」「環境に優しい」消臭方法に取り組んでいます。これは、オゾン燻蒸を必要としない施工方法です。話が少し、それましたが先ほどの消費者庁へ駈け込まれた業者も屋号を変え同堂と未だ業務を継続しホームページを掲載しています。

ジャニーズ事務所や、それに対して、今までのマスコミ対応が良いものか否かは賛否両論あるとは思いますが、少なくとも自浄努力は見えると感じています。この業者も良い意味で再出発での屋号変更であればと願うばかりです。

 また、弊社と競合頻度の高い業者が広島市に存在しています。その業者は昨年の11月頃から2月頃までの間、弊社のホームページをコピーしお問い合わせ電話番号やアドレスを自社の番号やアドレスに打ち換えたホームページをアップしていました。弊社と同様の被害にあった業者も複数社ありました。弊社にも「問い合わせしたけど」「メールしたけど」と身に覚えのないお問い合わせを頂く事も多くありました。皆様、弊社のお問い合わせは「公式広島の遺品整理あぐりオフィシャルサイト」を検索してからお願いできればと存じます。また、弊社は県内業者とのお付き合いは皆無ですが県外業者との交流も多くございます。県外等、遠方の方からの相談も頂ければ優良事業者の紹介対応も、させて頂きます。この遺品整理業界発展の為にも業者自らの自浄努力と皆様方の正しい業者選定が必要とも考えておりますので、遺品整理業界発展の為にも是非お気軽にお問合せください。

遺品整理業界の不法行為のリスクヘッジ(対策)を「まとめ」ますと。

1 高齢者や女性は一人では見積りを行わない(言ったとか、言わないと言うのが不法業者の手段の一つです。)
2 最初は柔らかい口調で話しをしてゆきますが段々と脅迫まがいの口調に変化しますので「怖い」「威圧」されていると感じた瞬間に「トイレに行く」等を理由に中座し速やかに警察や行政に連絡してください。
3 口約束は行わず、契約書にて明確にすべき点が明記されているか?追加料金が発生しない内容になっているか?等の契約内容を確認する。理解に悩む内容や不信感が少しでも有れば捺印せず、親戚や知人などに必ず相談を行う
4 最後に気つけないとならないのがポータルサイトです。遺品整理士認定協会などが運営しているポータルサイトは、ある一定の審査基準(少し甘いとは思います。)が有り、掲載同意契約を締結した上でアップされています。ただ、多くのポータルサイト運営会社からは、掲載同意などの承諾する事も無く掲載されている事が今年も数回ありました。弊社は「不用品回収」などの事業は一切に行わない遺品整理・特殊清掃・生前整理の専門会社です。掲載中止の抗議も何度か行いました。基本的に「不用品回収」の行為自体が一般廃棄物の免許が無ければできない違法行為です。弊社のホームページにおいても「不用品回収」の文字は一字もございません。先ほど記述させて頂いた様に不用品回収業者が遺品整理の屋号を持ち合わせている事も多々ございます。
5 皆様方で出来るリーガルチェックを最後にお伝えさせて頂きます。運営会社をネットで検索してみてください。また、代表者名や住所をネットで検索してください。そこの事業者の主業と事業内容が明記され出てくる事も多く有り貴重な情報を得られる事と思います。

(株)あぐりの経営理念について

今回は弊社の仕事(遺品整理・特殊清掃・生前整理)に対しての考え方を皆様に知って頂ければと思い記載させて頂いています。

今月は他県の社会福祉協議会からの依頼で一般的に言われている「ゴミ屋敷」弊社では「多量物品整理清掃」と呼んでおります。

(1)「諦めない」

その物件は屋根裏に「動物」が、室内には「マムシ」が棲みついているとの事でした。

上記の事から、どこの業者もやりたがらないと言う情報も有り、他社で出来ない施工であれば「是非とも!!!」と言う思いで施工をさせて頂く事に致しました。

「出来ない」のネガティブシンキングに発展は無いと言うのが弊社の理念です。

特殊清掃も壁に当たる事も多く有ります。「除去できているはずの臭いが消えて無い」などです。何度も何度も施工方法を変えながら弊社スタッフ全員が納得できる水準まで取り組んでいます。

成功の何倍も何倍もの失敗を繰り返し、何十倍もの施工ロスが有り今が有ります。

まとめますと特殊清掃で有れば「臭いが消えるまで」遺品整理で有れば「クライアントの心が揺れる」まで「諦めない」が理念の一つです。

実は、この見積りは9月に行った案件でマムシの動きが鈍くなる11月まで待って頂いた家屋です。

(2)スタッフを守る

この困難案件に弊社スタッフに臆する物は一人もいなかったのが大変に喜ばしい限りでした。先月、皆様に弊社、役員の残念なご報告をさせて頂きましたが足りない物より与えられている事を数える方がより活力になる事を改めて感じる事ができました。

ただ、「スタッフの安全確保をどうするか?」が一番の課題です。マムシを御存じの方はよく知ってらっしゃいますが、基本的にマムシは逃げません。特に秋のマムシは攻撃的と聞いています。

マムシは小型の蛇の為、毒の量は少ないのですが毒性は沖縄のハブの2~3倍と聞いています。主に出血毒で神経毒も含まれているそうです。噛まれてしまうと噛まれた所が壊死を起こし内臓に後遺症が残る場合があるとも聞いています。また、毎年約1000人が受傷し、10名の方が命を落とされているとネットで確認しました。

死亡率1%は決して低い数値ではないと管理者の立場に有る私は感じています。

現代で血清や医療技術や治療方法が劇的に進化している医療界においても1%の死亡率と言うのは相当にリスクが高い物と捉えています。

マムシ自体は遺品整理の際、納屋裏で見かける事も多くあります。マムシをよく見かける環境は家屋の裏側や周りに田や山があり、小川や水たまり、庭池の周りなどで、小さなカエルが庭先まで跳ねている場合はかなりの確率で遭遇します。

通常の対応は周りの雑草を刈り取って影が無いように致します。「マムシは直射日光を嫌がります。」ただ、今回は巣の状態と認識しています。蛇自体は冬眠しますが冬眠の為の巣の場合はかなりの数が集まってくると想像しています。ゴミ袋の間等は絶好の冬眠場所になるとも想像しています。

ただ、スタッフを守る為の対策プランは、ほぼ出来上がっています。マムシの生態をもう少し学び次回かその次かのブログで報告させて頂きますが、「スタッフを守る」が弊社の理念の一つです。

(3)触法行為とその対処

弊社は職務内外問わず触法行為(特に窃盗・詐取・横領)等は警察への通報義務に元付き弁護士へ相談の上、その指示に沿う形での対応を行っています。

正直なところ、今のままでは遺品整理業界はグレー的なイメージばかりが先行し業界は発展しないのではと危惧しております。

(4)約束の履行

遺品整理士認定協会も反社チェック上、遺品整理士の認定を行っていらっしゃいますが、これだけ個人情報が保護されれば負の情報を得るには相当のコストと時間が係り現実的に正確には不可能に近いと感じています。

弊社における採用面接も履歴書に記載されている事、以外の質問はタブーとなっています。

先般も弊社に面接依頼が有り当日、ご本人から「祖父が急病の為、面接を延期させてもらいたい」との連絡が有り正当な理由として受諾し次週、10月24日16:00で再面接をさせて頂きましたが、当日、ご本人は来られず、電話連絡も付かず大変に困りました。

こう言った、メンバーを間違って入社して頂かなくて良かったと今は冷静に受け止めています。

遺品整理、生前整理、特殊清掃を行う業者において「約束」は「信頼・信用」の礎と考えている弊社としては結果として最善の結果となったと考えています。

「はい」と返事をしてしまえばクライアントも取引先もそれが、ある意味の法律です。「㈱あぐり」は、交わした約束は必ず順守します。

施工方法について

今回は遺品整理清掃・特殊清掃業者・生前整理業者の様々な業者の施工方法をご案内させて頂きます。

ただ、すべての業者がそうでは無いと言う事も頭の片隅に入れて頂ければ幸いです。

1・様々な業態からの参画

以前にも記述させて頂いた事も有りますが改めて明確化する為に記載させて頂きます。

まず、主に「リサイクル販売業」「解体業者」「リフォーム業者」「一般廃棄物処分業者」「不用品回収業者」「飲食店業者の転入」「ハウスクリーニング業者」異色としては、流川の「ホスト」の方々も参入されています。今回はリサイクル業者と解体業者・一般廃棄物処分業者について記述させて頂こうと思います。

2・買取り専門業者(リサイクル販売・骨董店)の施工方法

まずリサイクル販売業者、骨董品店などの施工の場合は、まず買取り対象となる物品の梱包から初めてゆきます。処分品(遺品整理・生前整理)は、後回しです。またクライアントには「買取り対象にはならないが、捨てれば処分費用が加算されます。」などの説明を行い自社で高額で販売している事が多く有りクライアントも「有効活用してもらえるなら」と、納得されていると、業者自身から聞いた事があります。

(1)古美術の買取り

古美術等は大変に奥深い物で「偽物・コピー」も多く、歴史を熟知し目利きができる古美術商でないと料金提示は困難です。正確な目利きができる業者は広島でも、そう多く存在している訳ではないと感じています。本物の古美術は文字通り「宝」ですが、「偽物・コピー品」は、それこそ廃棄する他ない物も多くございます。

今年の1月、広島市内の有る場所での生前整理を行った時のお話をさせて頂きます。

30点以上の骨董品が有るクライアントからの施工と買取り査定の依頼ありました、正直に申し上げますと、私には自信を持って買取り価格を提示するのが困難な品物ばかりでした。クライアントが地域のリサイクルショップに査定をしてもらうと「一山30点、25000円」との事でした。

私は誤って高く買い取る事の弊社リスクと、逆に安く買い取ってしまうクライアントの損失を熟考した結果、以前から親交の有る山口県美商の徳永社長に連絡を行い、査定をしてもらう事を依頼しました。すると約3分です!3点を約30万円前後だったと記憶しているのですが驚く金額提示で「買取り」をして頂きました。また、何故?高値が付くのか?残りの品についても何故?価値の無いか根拠を説明して頂きクライアントの満足、安心を得る事ができました。

皆様、このような古美術をお持ちの方、古美術で困ってらっしゃる方、是非や徳永社長に問い合わせて見てください。必要であれば弊社からも御紹介させて頂きます。

2・解体業者の施工方法

もともと、解体業者は家屋を解体する事が主業です。遺品整理、生前整理は様々なクライアントから依頼がきます。持ち家の「家屋売却・賃貸目的」等の資産運用、家主、管理会社への「賃貸契約の解約・退去目的」更地にしての「解体目的」が主な依頼内容です。

(1)「解体目的」の場合は家屋の保護や傷防止の為の養生や清掃も不要であり、注意する点は近隣対策と電気・ガス・水道の保護のみです。

(2)解体業者の遺品整理・生前整理は「家屋売却または、賃貸目的」の場合であっても、「土木」「解体輸送」で使用するトン袋を使用します。私どもも試験的に使用した事がございますが、キッチンや屋内の廊下等の狭所部分では「大きすぎる事」も有り、壁のクロスや柱等を傷つけるリスクが高く、また「非常に重たくなる」事も有り大人二人でも持ち上げる事が困難で、どうしても床面を引きずる事となり「フローリング等の床面に傷を付けるリスク」が高くなります。家財搬出の手段としては、ある意味「効率的」な手法とも考えますが家屋の損傷を考えると、弊社では、あまりにもリスクが高い方法と判断して行いません。

「売却」「賃貸」を目的に適した施工では、やはり家屋の価値(不動産業者の査定価格)を下げない搬出方法が一番留意されるべき点では無いかと考えています。

(3)施工後の清掃

解体業者だけではございませんが、ほとんど業者の清掃が「掃き掃除」よくて「掃除機」を使用しての簡易清掃です。

弊社では、水回り、床面清掃はオプションでも無く通常施工として清掃しております。

遺品整理は亡くなられた方の最後の整理です。故人様の代わりに、きっちりとした清掃を行い安らかに頂く為のものと考えています。

弊社はキッチンではアルカリ性洗剤(弊社で業務用洗剤を微妙な調合しています。)中性洗剤、酸性洗剤を使用しています。

床面は「ポリシャー」や「ハンドポリッシャー」を使用しています。ただ、洗剤や清掃用具(ポリッシャー含む)工具は特殊清掃用と一般施工用を別々に準備しています。

これは、使う薬品が違う事や工具や機材の洗浄の仕方が異なる事と効率的に積み込みを行う為です。

洗剤は、約30種類は完備しており冬場等の厳寒時にはキッチンの油汚れも除去しにくくなる事も有ります。冬場はパイプヒーターを利用して洗剤自体の温度を上げる等の工夫も行っております。

また、売却物件や賃貸物件等の資産運用目的の場合は内見ができるよう、家屋周りの木の伐採や塀や駐車場等も高機能の高圧洗浄機を使用し「より売れやすい」「より借りやすい」様に一施工毎が「一作品」としてクライアントも弊社も「納得」「満足」できる遺品整理、生前整理を目指しています。

よって賃貸物件等のゴミ屋敷等でも「敷金が戻ってきた」「現状復帰費用の請求が無かった」

等の御連絡頂く事も数多くございます。

3・一般廃棄物収集業者の施工方法

(1) 一般的に公的な資格。免許をもっているゴミ収集の専門業者です。免許は行政機関毎に交付されます。

文字通りゴミの収集業者ですので弊社のように、遺品整理・生前整理・特殊清掃を行っている業者も最終的には全てゴミ屋さんが処分する事となります。よって、「より安く」遺品整理・生前整理を行いたいクライアントには一般廃棄物収集業者を紹介させて頂く事もございます。

只、前回のブログで御案内させて頂いた通り彼らの料金目安は立米です。大型家具が大量にある家でも彼らは家具を解体する事はありません。結果、弊社の方が安価に済む場合もございます。

(2)彼らの施工方法はシンプルです。共同住宅でも養生等は行いません。箪笥も箪笥ごと搬出します。箪笥の引き出しの中等の細かい選別は自社に持ち帰り工場の選別専門のスタッフが行う為です。その為、遺品整理専門業者から見れば信じられない程のスピードで搬出作業が行われる事が有ります。

ただ、事前に貴重品や現金等を細かくチェックしておかなければパッカー車などでの搬出の場合は全てが粉々となります。

ここで余談ではございますが、皆様方が御存じのようで実はあまり知られていない貴重品が有ります。多い家では10本も20本も発見できる場合がございます。

それが万年筆です。ペン先は主に「金」です。今の相場で言えば1g10000円前後です。

このように、良く見ると貴重品は結構あるものです。

傾向として、男性は寝室、遠隔地の高齢女性の場合は、その方の胸から下あたりの箪笥の引き出しや透明な衣装ケースの服の間(外から目視で確認できる為)です。

以上の事から目的にあった業者選定をされる事をお勧め致します。

遺品整理、特殊清掃の料金について

本日は、遺品整理、特殊清掃、生前整理のホームページ上の料金設定について、ご案内させて頂ければと思います。
まず、ホームページでワンルームの基本料金は〇万円~・1LDKは△万円からと、どの業者も掲載しています。
申し訳ありませんが弊社も集客の為、他社同様の掲載をしています。弊社の掲載金額の根拠は処分代(家財の廃棄物処分代)です。
冷蔵庫やテレビ・洗濯機・エアコン等のいわゆる白物家電と呼ばれる物は皆様、ご存知と思いますがリサイクル券の購入による処分が必要となります。冷蔵庫は約4000~5000円強、テレビはブラウン管が約1000円強~3000円、液晶テレビが4000円弱~5000円、洗濯機、エアコンが約2000円強となっており、各メーカーで微妙に価格が異なっています。

1・一般廃棄物処分業者の処分料金。

一般廃棄物の処分代は県・市によって大きく異なります。不思議に金太郎飴のように金額が統一設定されている県も有れば地域や各企業によっては弊社がお付き合いさせている業社の2倍以上の金額設定をされている地域や会社もございます。
遺品整理・特殊清掃での廃棄物は「可燃ごみ」「不燃ゴミ」等が一緒に排出される為、遺品整理業者は「混載ごみ契約」と言う形態になります。一般的な産業廃棄物より高額となります。例えば「マッサージチェア」や「漬物の入った瓶」です。
マッサージチェアの背もたれは可燃ゴミですが、その他は不燃です。また、漬物(生ごみ)は可燃ゴミです容器は不燃(陶器)となります。このように、家屋内の物品、備品は可燃ゴミ・不燃ゴミが混在している為、混載ゴミ契約となりす。
逆に一般的な産業廃棄物を「解体業者」を例に、ご説明させて頂きます。
解体業者の家屋解体で出てくる物は「木材」「ガレキ」「鉄」です。これを彼らは「木系」と「ガレキ系」と、現場での選別作業が可能な為、遺品整理業者より契約単価が安くなっています。

2・一部屋の物量の差異

遺品整理を行う場合はやはり圧倒的に高齢者の構成比が高く、高齢者の場合は必然的に長年による購入物品の蓄積が多く、いわゆる物屋敷状態となっている事も多い為、家財処分の「量」も多く有る事からも同じ間取りで有ったとしても若い方よりも処分代が高くなります。弊社も「買取り」を行っておりますが高齢者の遺品整理の場合の多くは低年式の白物家電が多く有り掲載金額より高額になる事が多いのが現実です。
若い方の遺品整理の場合は、逆に高年式の白物家電が多くある為「買取り」対応が行えます。例を申し上げますとリサイクル券購入費を支払わなければならないか?逆にお金を貰えるか?施工代金と相殺?できると言う事です。

3・買取り値引き

弊社は買い取りも明瞭に行っており「買取り」金額提示の根拠を現場で提示させて頂いています。ただ、ここで根拠を説明させて頂く事は同業他社にも知られてしまう事にも繋がりますので敢えて控えさせて頂きます。

4・注意しなければならない料金設定

遺品整理や生前整理の料金設定で「2tトラック車一杯で〇〇円」とか「軽トラ1車で〇円」とかの表記をされているチラシやホームページを散見する事があります。
基本的に一般廃棄物収集業者の料金設定は皆様にはピンと来ないかも分かりませんが「立米・㎥」単位です。例えば大きな箪笥が2竿有れば軽トラックは一杯になります。しかし解体してしまえば約3分の1の量にしかなりません。
勿論、弊社が施工を行う場合、遺品整理は遺族の方、生前整理は所有者の意向を尊重して家具解体を行いますが弊社は一般廃棄物業者のコンテナの中で解体を行います。これは少しでも施工代金を安くする為の工夫です。
(余談ではございますが夏場は、コンテナの鉄板が暑つくなり火傷する程の温度になる過酷な作業です。)

5・トラックの種類

次に2tトラック車でも色々なタイプがございます。例えばアルミバンです。ボディーがショートタイプも有ればロングタイプ、幅広ワイドのロングタイプ、これ一つとっても積載できる荷台の体積が大きく異なります。
ショートタイプの車両で有れば家具を解体した状態で最大6立米積載可能です。またロング車両のワイド車であれば15立米は積載可能です。ショートタイプで解体しない場合は箪笥を6~7竿積み込むだけで一杯になりますが、箪笥を解体して積み込めば13竿~18竿は積み込めると言う事です。
まとめますと、車両の大きさや積み方、家具解体の有無で載せられる量が大きく異なると言う事です。もし、「1車積み放題」とか「2トン車○●円」の価格設定をされている業者に施工を依頼する場合は細かい施工内容を確認する事が最初の大切な準備かとも思います
ちなみに昨年施工した生前整理のお客様は軽トラック1車で18万円を請求され「怖いから支払った」との事でした。このような不当請求や、適正でない収集を行う業者には注意が必要と思っています。

6・労務費やその他経費

実際の施工では、そこに労務費・燃料代・高速道路通行料・養生費・駐車料が負荷されてゆきます。
燃料代も養生費用も距離計算や高速代、駐車料金もコイン駐車場で確認の上、算出いたします。
労務費においては、マンションの1階フロアと5階フロアでは必然的にスタッフの人数は異なって参ります。特にエレベーターが有るのか?無いのか?無い場合は「担ぎ出し」となり、より時間も人数も必要となります。
また、軽トラックでの中継が必要な道路環境の場合、軽トラック配送係1名と積み込み駐車係1名が通常搬出より必要となります。
地域によっては軽トラックすら入らない狭い道などの搬出では運搬用一輪車(ネコ)を使用する事になります。しかも地域によっては、過去270m以上もの坂道を搬出しなくてはならない現場も有りました。今年の夏の様に「沸騰化」「猛暑」となるとスタッフの健康管理も考慮(1時間毎の給水・休憩)しながらの施工となり生産性もさがります。
私自身も夏場は朝と夕方で3キロ~4キロ体重が減っている事が、多々ございます。
また、1階フロアの場合でバルコニーから家財搬出が可能な場合は共有部の養生も不要となり最小限のスタッフ数で施工が行える為、安価な見積り金額を御提示する事ができますが、マンションの高層階ではエレベーターが有ったとしても共有部の通路、エレベーター内の養生が必要となり経費と搬出時間が膨らんで参ります。

7・見積り

最近は少し現象傾向に有りますが、以前はコロナ渦と言う事も有りメールで画像(家屋)が送られて「見積り」をして欲しいとの依頼が多くございましたが、上記の情報確認ができない為、見積り自体を辞退させて頂いておりました。また、これからも、現地現認ができない限り、そのスタイルは変わらないとも考えています。

社会福祉協議会の押し売り対策について

先日、とある行政機関に従事されている方から「押し買い」による迷惑行為に悩まされていると「何か対策は無いものか?」と「あぐり」への相談・質問でお問合せが有りました。
弊社も遺品整理・生前整理などで「買取り」を行っております。ちなみに特殊清掃の多くの場合は「臭いの付着」で買取り対象に該当しない場合が多くございます。
「買取り」には法律により古物商許可証の携帯ならびに提示が定められています。
古物商許可証は個人事業者や各法人においても、それぞれの事業所が所在する管轄の警察署へ申請を出し許可を得る事が必要となります。

今年も他県で古物商許可証を持っていない業者が「遺品整理」を行い逮捕される事件が有りました。古物商許可証は過去に盗犯行為を行った者や類似した者には一定期間の間、申請を出しても許可はおりません。弊社は勿論、許可証を取得しておりますが、「いきなり逮捕」は、余程、悪質な業務を行っていたものと推察しています。
国民生活センターのデータによると60歳以上の方の被害(相談)が全体の70%と高齢者の被害が多いようです。
実際、私の義母も過疎地域で暮らしており、ルイヴィトンのバックを500円で買取りを、させられる「押し買い」被害にあった事もございました。
こう言った「押し買い」による事件は多く発生しています。査定と称して貴金属を盗みとり逮捕された業者もいます。
色々な情報を総合すると以下に留意する事が必要のようです。

1 まず、不用品買取り業者を装っている(無許可)方達も存在するようです。

2 訪問買取りを行う際は、アポイントが必要です。売主側が事前に伝えていた「物」以外を買い取ろうとする行為自体が違法となります。(電話勧誘販売・連鎖販売取引)

3 買取りの電話がかかってきた際は、その意思が無い場合は訪問承諾の拒否(アポイント)、曖昧な返答をしない、はっきりとした意思表示が、「最重要」です。

4 電話でのアポイント訪問を色々な事を述べた上で強引に訪問承諾を得ようとします。
これは「押し買い」だけでは無く商法で違法行為と定められています。ただ、押し買い業者の多くは訪問承諾も得ず、不法行為を行っている業者が多いようです。

5 古物商許可証の提示を求めてください。(多くの不法業者は無許可が多いとの事です。)

6 業者を家屋内にいれない。一人で対応しない!(遺品整理、生前整理の見積り依頼でも同様の事案を耳にした事もございます。)

7 家屋内から必要に退去しない場合は、「帰ってください。」と必ず言葉にし「意思表示」を行ってください。

8 それでも帰らない業者の場合は警察に通報してください。「不退去」は刑法に抵触する場合も有り、そこに威圧行為など恐怖を感じさせる言動ならびに行動が有った場合も、当然、同様に刑法に抵触するものと考えています。

9 「買取り」には商品説明と書類が必要です。買取り品の明細、買取り金額の根拠の説明、買取りの契約書です。特に買取りの契約書にはクーリングオフの記載が必要です。これは契約後(押し買い)においても商法により契約解除ができる事が定められており、その期間内での「品」の転売は法的に禁じられ「8日間の商品保管」が定められています。

被害に遭われた方、被害に遭われそうな方々の対応

1 警察へ被害相談してください。

2 正確な事は、弁護士などの法律の専門家に相談してください。   

3 弁護士への依頼は内容によって費用が大きく異なる事と想像しています。ただ各行政機関では法律の専門家と連携している事も多いようです。行政機関への相談も警察への被害相談と合わせて相談する事も有効な手段ではないか?と思っています。

「あぐり」からの対策提案

以上の事から、被害に遭われている方の多くが国民生活センターのデータによると、「高齢者」がターゲットとなっています。「高齢者」の多くは「ご夫婦」もしくは「一人暮らし」です。私の義母も痴呆に成りかけている様に思える行動も散見される様になってきました。私の義母の場合は「押し買い」に遭ってから「布団」「リフォーム」等の訪問販売業者からの訪問販売も多くなりました。(リスト化?)私自身も「買取り業者」から訪問買取り、の電話が有った事も数度、有りました。私は連絡した業者に「この電話番号」をどこで入手したのか?逆に質問します。その全ての業者が「曖昧」な回答で納得できる説明をしてくれた業者は1社も有りませんでした。勿論、2度と電話連絡が有る事は有りませんでした。実際、先ほど記載させて頂いた、対応や対策を高齢者の方々の多くに望むのは少々、困難では無いかと感じています。

また、10人に1人が70歳以上の現代において、近親者、地域、行政だけでフォローするのは困難ではと思います。そこが不法業者の「ねらい目」とも思っています。私は、「高齢化社会」の負の社会現象と捉えています。「孤独死」もそうです。官民一体となった政策を望んでいます。例えば防犯カメラの設置です。従来は高額商品でしたが、今は1台10000円前後で購入できます。また、今は画像データを保存する
機材も不要です。ワイファイさえ有ればスマートフォンとの連動により画像も1週間程度の動画保存、再生、画像保存も行えます。また、防犯カメラをスマートフォンで操作する事により、防犯カメラの角度を自由に操れます(上下左右)。動きがあればバイブレーションやスマフォ音で知らせてくれます。
これを利用すれば遠方にいる方々や高齢者支援関係者などタイムリーに効率的に様子を伺う事ができる手段の一つでは無いかと考えています。ただ、取り付け費用が取り付け場所等により異なります。また、玄関(室内・敷地内)に防犯カメラを取り付けるにも、ご本人の同意を取り付ける必要が有ります。また、高齢者の多くは年金生活です。その方の心血、そそいで貯めた預金を切り崩しながら生活されています。そこに御本人が不要と思っていれば防犯カメラを自費購入し取り付けられるでしょうか?
御本人と、そのご家族の協力も必要となるものとも思いますし、全ての方々に金銭的に余裕が有るとも思えません。行政(国・県・市町村)による支援(予算)を取り付けられれば実現に向けての一歩に繋がるのでは無いでしょうか?地域全体となるとシステム導入も必要となり多額の費用が発生するとも考えます。ただ、導入する事が実現できれば、「高齢者」をターゲットとした犯罪すべてでの「抑止効果」は確実に上がると考えています。

また、タイムリーに高齢者の行動確認を行える事により、高齢
者の体調確認も行えます。結果的に「孤独死」も現象してゆくものと考えます「国民・県民・市民・町民・地域社会が一体となって取り組める事ができれば、安心・安全を得られる事にもなります。これを、「費用(税金)対効果」で量りにかけるのは、いかがでしょうか!?人の命・安全・安心を得る一つのツールとして行政関係者には検討して頂ければと思います。
以前にも述べさせて頂きましたが、孤独死の場合、御本人を含め周りの方々、すべてが「被害者」となります。御遺体を発見された方は心因的ショックも大きく、発見が遅ければ異臭(死臭)により近隣の方々は「洗濯物が干せない」や特殊清掃の必要性(遺品整理と違い、特殊清掃の正しい施工は安価では済みません)賃貸住宅では家主からの「現状復帰費用」もしもしくは「家賃保証」の請求が有る場合や、家主においても現実的に同部屋の新たな客付け(賃貸契約)のハードルも上がります。

遺族においては、その費用の負担、持ち家で有れば、資産価値の低下など様々です。今も政治家の方々は「支持率」をあげる「海外へのアピール」「地域密着等」に注力されているようですが、それに対して決して「間違って」いるとも思いませんし「深い意図」は私には分かりません。ただ、過疎地域や高齢者への対策に明確な(何をどうするか?)施策が行われているのか?まだ、私には分かりません。私の仕事は遺品整理・生前整理・空家整理・特殊清掃です。弊社は弊社なりに事業を通じ過疎地域への貢献の仕方を必死に模索しています。以上、長文となりましたが「押し買い」「孤独死」の対策の一つとして、参考にして頂ければ幸いです。

全国における害獣被害と空家整理(過疎化)

1,人間と動物

・今、全国で野生動物による人身事故や農産物の被害が続発しています。野生動物と人間との間にあった秩序は崩壊し始めています。
広島県において瀬戸内海の島々でも農作物への被害が続発し海を泳ぐイノシシも撮影された事も有りました。
お隣の島根県でも熊に人が襲われる人身事故も発生し東北地方においては死亡事故まで発生し過去には複数の熊により「人」が食べられた事案もございました。
直近では北海道で「OSO18」と言われるヒグマが乳牛ばかりを襲い68頭の牛が被害に遭っています。
今年の4月から10月29日現在で173人の方がクマの被害に遭われています。
まず、こう言った害獣被害を受けられた方たちには、計り知れない「悲しみ」「怒り」「経済損失」亡くなられた御遺族の方々には心よりお悔やみを申し上げさせて頂きます。

2・過疎地での要因

そもそも害獣と呼ばれる野生動物は人里にはおりてきませんでした。今は市街地にまで目撃される事も多くなっています。ツキノワグマは、数十年前までは「絶滅するのでは?」と危惧されていた動物でした。
野生動物は本来、警戒心が強く山深い所に生息しています。ただ、過去に遡ると木材の伐採や杉の植林、住宅地や工業団地の造成などにより生息域は、どんどん狭められています。
一方、高齢化社会に突入した現代は過疎化が進み空家が必然的に増加しています。特に山間部では農家を営んでいた方も多く空家となった現在では多くの農地も放置されています。
瀬戸内海ではイノシシの増加に悩まされています。昔は国内有数の「みかん」の生産地でしたが過疎化が進み、その多くの「みかん畑」は、「放置」され続けています。放置された「みかん畑」は今でも、みかんの木が実を実らせています。また、山間部でも同様に柿や栗の木が放置されています。放置された田畑も野生動物にとっては良い餌場となっています。
クマも同様です。生息域の拡大により市街地近郊で生まれ育ったクマが増えているそうです。ちなみに、こう言ったクマは「アーバンベア」と呼ばれるそうす。
野生動物視線で考えると彼ら(野生動物)も私たちの被害者でも有るとも思います。
そう言った、山間部、遠隔地の現状も害獣被害に要因の一つと考えており今後の空家整理、遺品整理の見積もりの際は、そう言った田畑対策も提案してみようと考えています。

3・SDGsへ

市街地では、排出される生ごみを求めて出没するイノシシをニュースで見かける事が多くなってきました。皆様方はご存知でしょうか?ゴミの分別は、皆様方が身近にできるSDGsである事を?ゴミの分別はリユースを目的とされています。また、皆様方の食品ロスが害獣の出没を防ぐ施策の一つにもなります。
今、地球温暖化となり生物自体の分布図も変わってきています。極端な気候変動により野生動物の餌となる木の実が実らない事や、二酸化炭素の影響で海水は酸性化し甲殻類の成長に著しい影響を与えています。それにより海洋生物における食物連鎖にも大きな影響を与えています。また、海水温の上昇も止まる兆しも無く、以前は広島湾で見かける事が珍しかった「グレ」や「ゴンズイ」も見かけるようになりました。魚類にとって1℃の水温上昇は人間に置き換えると3℃~4℃もしくは、それ以上と言われています。その影響は計り知れない物とも受け取っています。昆虫界においても見た事も無いようなスズメバチが(弊社は駆除します)が遺品整理・空家整理・特殊清掃の現場でも数多く見かける事も多
くなってきました。

4・今後について

遠隔地の行政では、過疎化対策に必死に取り組まれていますが、国は、何と言っても「財政難」です。コロナ前は「空家対策」をメディア等でも耳にする事が多くありましたが、今は「増税」「減税」しか耳にしません。
今は世界情勢も不安定になっています。全世界で「見えない」「聞こえない」戦争も勃発して多くの方が犠牲となっています。私は日本においても「対岸の火事」では無いと考えています。
このような、環境破壊や世界の情勢についてもネットの普及により大量の情報がフェイクニュースと絡み合いながら流れています。
皆さん、今一度、「弊社で出来る事」「我々の一人一人で出来る事」「社会で出来る事」「今できる事!」一緒に考えてみませんか?
弊社は遺品整理・特殊清掃・生前整理業者です。弊社の業務においては、特殊清掃では「ケミカル」な薬品を大量に使用する事が多くございます。売却前提の遺品整理物件では除草剤も使う事も多く有りました。
ただ、今は「環境に優しい」薬品に切り替えて施工が行える様「環境に優しい」薬品をまず探している所です。

孤独死と臭気

突然ですが、2019年朝日新聞のデータによる都道府県別死亡解剖率、広島県は1%全国ワーストワン、岐阜県2%大分県で3%、全国34府県で10%以下の数値を知りました。
改めて広島県の1%にはエリアをカバーしている弊社としては驚愕してしまいました。
ただ、特殊清掃・遺品整理の見積時に遺族の方から警察から「死後〇日~△日と連絡がありました。」と伺う事が多くございますが、私の感覚的(いいかげんな物かも分かりません)に死亡推定日に違和感が多くありました。上記の数値を勘案すると残念な想像が過ってしまいました。
想像しては、ならない事では有りますが広島県において、死亡解剖率1%と言う事は、腐乱状態であれば99%の孤独死が「死因不詳の死」と位置付けられ「孤独死」で無い場合も有るのかも?と考えると複雑な心境です。
ただ、遺族感情を考えると「不詳の死」「病死」が一番、穏やかに過ごせるのかも分かりません。
背景には様々な事情が有る物と推察しています。監察医やスタッフ不足、監察医の待遇や
設備、監察医は医師免許が必要な業種です。遺体解剖には死体検案認定医や日本法医学会法医認定医の資格取得も必要となります。また、医師として患者の治療を目指されて医学を学ぶ多くの学生さんも、「目指したい所」「目指したい」職位、収入や生活においても大きな壁があるのではと想像しております。

「多死社会」と叫ばれている現代において広島県内の司法解剖を行っている方々には、休む暇も無い程、多忙な毎日を過ごされていると想像し感謝を申し上げたいと共に行政はもう少しスポットを当てて頂ければとも願っております。
神奈川県では死因究明の為の解剖率は40%と全国1位のデータとなっています。

このデータを高いと感じるか低いと感じるかは皆様の感性による物と考えますが私も基準の判断が付かない事も有り疑問しか残らない数値でした。
ただ、特殊清掃・遺品整理を主業としている我々からみると死後〇〇日との情報を頂き参考にはさせて頂いていますが、実際には室内の状況や生活環境、故人様の体格や体重によって施工方法、施工範囲が大きく異なって参ります。
また警察官の方々が臨場の際、「ガラスを割って」「ドアを工具で切って」入室される為(どうしようも無い事です。)、室内に外気が入り室外に臭気が溢れ、漏れてトラブルになられるケースも散見されます。
もし、皆様の周りでこの様な状況に遭遇した場合は養生テープ等を使ってドアのフチを貼り付け工具で切り取られたドアも養生テープで塞いでしまえば近隣トラブルのリスクも軽減できる事をお伝え頂ければと思います。

注意すべき点は、スチール製のドアの切断面や窓ガラスを割られた後は指や手首を傷つけるケガの元になりますので慎重な対応が必要です。
また、室内の換気をされる方も多くいらっしゃいますが、あまり効果の無い対応です。これは逆に臭気を外に出す事なので結果として近隣住民からの苦情を誘発させる行為になります。特殊清掃を行う上においても換気扇やダクトの中まで臭いが付着しますそれがトイレや浴室であればなおさら、工期が長くなり施工費用も増えてきます。
多くの特殊清掃業者はユニットバスの消臭を行う事ができません。ユニットバスはFRP(硬化プラスティック)で作られています。FRPも新しいうちはコーティングがしっかりされているので臭気も除去できますが、劣化したFRPは一般の消臭業者のスキルでは対応できない事が多いのが現実です。実際、広島の同業他社から「教えてほしい」と依頼が来る事もあります。

また、以前にも記載させて頂きましたが浴室にはカビが繁殖して
います。そこに換気扇を稼働させると揮発した体液が集中的に引き寄せられす。
トイレで換気扇が稼働している場合においても同様です。狭い空間の壁面の多くは石膏ボードで囲まれています。石膏ボードは臭気を吸い込みやすく除去しにくくなります。
もし、皆様が、そういった状況に遭遇した時はタオルやタオルケットで体液浸潤箇所を覆いかぶせ、少しでも体液揮発を抑える初期対応をとって頂ければ良いのではと思います。
その際、皆様が気をつけないとならないのが感染症です。ウィルスで例えればコロナや肝炎などのウィルスです。ウィルスは一般的に2週間で死滅すると言われていますが、「不詳の死」の場合は消毒も必要となります。
その次に怖いのがやはりカビです。特殊清掃現場の多くではカビが多いのも特徴ですがカビが怖いのは胞子が空間に浮遊する事です。カビが人体へ及ぼす影響は皆様が周知されている通りです。

参考までに、お伝えすると死後1年以上の現場で特殊清掃を行う場合、臭いはそれほど強いものでは有りません。乾燥してミイラ化すると体液も粉状になっています。ただ、揮発した体液は石膏ボードの奥深くまで乾燥した状態で留まっている為、消臭には工期がかなり長くなります。
臭気は湿度、温度が高ければ「活発」になり低ければ「おとなしく」なる様に変化してゆきます。
例えば、冬と夏では腐敗の進行状況が大きく異なるは勿論ですが、冬でも暖房が十分にされている室内では腐敗進行は早くなり臭気は活発になります。また、夏でも冷房が十分に行き届いている室内では腐敗進行は遅くなり、臭いは比較的におとなしくなります。
孤独死で特殊清掃を行う場合の一番良い方法はやはり習熟度の高い特殊清掃、遺品整理の専門業者に依頼する事がベターな選択とも思います。初期対応の施工方法によって近隣への臭気拡散も抑える事ができます。最近はリサイクル業者や不用品回収業者、ハウスクリーニング業者、解体業者など兼業で特殊清掃を掲げている方達も散見する事が多くなってきましたが必要な機材、薬品も持ち合わせない方々が多いのも残念ながら現実です。
ただ、業者選定には皆様の多くは「皆目見当が付かない」と言う声を耳にするのも実情です。

そんな方々は是非、弊社にお問い合わせ下さい。北海道でも沖縄の方でも構いません。弊社に依頼を頂かなくても構いませんので御一報ください。適格な助言はさせて頂けるとは思っておりますし、こういった活動が特殊清掃・遺品整理業界の発展に繋がると私は信じています。

「孤独死」「自浄作用」

久しぶりに文房具店の店舗整理を行いました。やはり高齢化と大型量販店、コンビニエンスストアやスマフォの普及等で文具店の需要も少なくなった事も要因の一つでは無いかと考えます。
この店舗は私にとっては昔ながらの「懐かしい」想いのするお店でしたが、大量の文房具が、そのままの状態でした。弊社として買い取り対応をさせて頂きましたが、社会貢献の一つとして子供食堂をされているNPO団体に寄付をさせて頂く事に致しました。
子供食堂は「食べる」事を主体にボランティア活動をされていると思いきや、外国人留学生から幼児に至るまで生活全般、電化製品なども提供や貸し出しをされているそうです。
貧困家庭の要因としては色々な要因があるそうで、DVで着の身着のまま駆け込まれた方も数多く、140もの慈善団体でこのNPOは形成されているとの事でした。
私は遺品整理や生前整理で「売れる物」は買い取り、「売れない物」は処分の考え方を業界全体で見直し、社会貢献に着目できれば、業界の発展にも繋がるのではと思いました。

また、今月、施工を行った遺品整理で依頼者との世間話を「ブログに載せたら」の要望がありましたので社会貢献とも関連性も有ると考え記載させて頂きました。
今、世界でSDGsやロシアによるウクライナ、またハマスによるイスラエル侵攻にスポットが当たっている今日この頃ではありますが、私には終わりが見えないように思えてなりません。
私は幼い頃から、広島と言う事もあり「平和教育」を受けて育ってきました。
私の祖父も被爆者でした。原爆は「恐ろしい物」と教わり、今もその気持ちは変わっていません。また、世界各地で起きている「戦争」は「原因」では無く「現象」と、と疑問を抱くようになっています。戦争反対は「現象対応」です。
私どもが行っている「特殊清掃」も現象対応では臭いは消えません。原因に対する対策を取らないと必ず臭いは戻ってきますし消えません。
広島では多くの方々が「原爆反対」と唱えられています。これは絶対に間違い無い事と思っていますが、「現象対応」とも思っています。「原爆」「ミサイル」「戦車」「地雷」「機関銃」「ナイフ」皆、戦争で殺戮する為の手段の一つと思っています。
広島の原爆も原因は何か?先に真珠湾攻撃を仕掛けたのは?日本です。何故そうなったの
か?日本への経済制裁へのきっかけと認識しています。何故、経済制裁を受けたのか?これは色々な国内外の政治的要因が主たる物と推察しています。
今はグローバルな時代へと変わりました。日本も経済的にも国家危機に瀕していますが世界を視野に多くの子供達が安心して暮らせる環境で幅広い知識を学べる環境が整えられたら、これからの未来にも期待できるものでは無いかと希望を抱いています。
良くも悪くも、昔あった古き良き時代の「日本のコミュニティー」が希薄になっている事も孤独死の要因にもなっていると思っています。
多くの子供達には、新しい形の「日本のコミュニティー」を構築してもらえればと願っております。
その為に社会全体が困っている人達や子供達に手を差し伸べる事が大切では無いかと思っています。
人を「思いやる」気持ちは、やはり「人と人とのふれあい」がより育むものではと思います。
このような事を申し上げておりますが、弊社においても役員が触法行為(社内)を行い辞任して頂く事になりました。
これは全て私の教育と任命責任、管理不足が主な原因と感じております。
この様な「負」の情報を開示する事に多くの方々から記載を辞める様に御忠告を頂きました。ただ、会社として「遺品整理」「生前整理」「特殊清掃」を生業にしている会社組織として「自浄作用」を育む為にも情報開示が必要とあえて記載させて頂きました。

特殊清掃と高齢化社会の現実

コロナ渦を脱して(現在も蔓延しているようにも思いますが)他業種から「遺品整理」「生前整理」「特殊清掃」事業への転向や多角経営の一環として多く方々が参入してきています。また多くの業者が撤退しています。今も長崎、山口から「特殊清掃を習いたい」との問い合わせを頂いておりますが中途半端なスキルで事業を始められると依頼者に迷惑をお掛けする事から、皆さんには「特殊清掃に臨む」覚悟と申しますか、本気度を伺っている所です。
業界の発展の為にも業者数が増える事は歓迎する所では有りますが、遺品整理も特殊清掃も片手間で出来る事業では有りません。

特殊清掃も大きく分けて3タイプの施工方法をしている業者のご案内させて頂きます。
マンションのワンルームで例えますと

1つ目は「リフォーム型事業者」です。

これは専有部分の内装、部材をすべて撤去する事業者です。

2つ目は「現象対応型事業者」です。

この手法が一番、厄介です。簡易清掃と消臭剤を噴霧してオゾン燻蒸1日当たりの施工料金を請求する業者です。これでは臭いが風化するまで数年かかります。逆に言えば依頼者が1週間もかかると料金が加算され続けられる事により途中で妥協される結果を待つ業者ですし確実に臭いが戻ってきます。また、畳1畳分の体液が浸潤しているフローリングを10cm×10cmの切り取りを行い他の施工は何もしていない業者もいました。今年も他社の手直し施工の依頼が3件有りました。
私の知る同業他社の中には「特殊清掃はリピーターの有る仕事では無いので」とか「最初に臭いは完全には取れません」と承諾いただいて施工をすれば「良いのでは?」と申される方々もいらっしゃいます。これでは特殊清掃する意味も無いと思います。

3つ目は「原因対策型事業者」です。

この手法が弊社のポリシーとしている手法です。
異臭の「残り臭」は大きく分けて2つあります。一つ目は「体液が浸潤している場所」これは切り取りもしくは撤去が必要です。この施工は「リフォーム型事業者」と同じです。

二つ目は壁紙の裏、つまり石膏ボードに吸い込まれている揮発した体液です。
この部分を「リフォーム型事業者」は撤去いたします。正確に申し上げれば全ての壁に臭いが染みついています。「原因対策事業者」は石膏ボードで有れば揮発し吸い込んだ体液に薬剤を使い引っ張りだし臭いを除去します。部材等により薬剤は使い分けますが当然、時間はかかります。
また、一般の特殊清掃業者が苦戦するのが1Rや1LDKのユニットバスです。1Rや1LDK等の多くはバルコニーが北方向に有る建物は少なく、多くは東向きから西向きです。孤独死の多い季節(5月~9月)は南から西の風(気圧)が入る事が多く風はバルコニーから居間、居間から玄関(北側)に流れていきます。当然、体液が揮発した風は玄関へと押し込んでいきますが、行き場が無くなると狭小部であるユニットバスに入りこんでいきます。
ユニットバスはFRP(強化プラスティック)で出来ています。新しいFRPは比較的に臭いの除去は簡単に行えるのですが劣化したFRPの表面上はツルツルに見えますが実際はデコボコのザラザラの状態です。これを洗浄し臭いを除去するのは平均的なスキルの特殊清掃業者では困難であり途中で挫折する業者が多いのが現状です。弊社も以前は色々な施工方法で、たくさんの時間をかけ臭いを除去してまいりましたが今は「レストレーション」という新たな消臭方法で短時間(オゾン燻蒸を行わず)消臭方法を身に着ける事ができました。
特殊清掃は日進月歩で進化し続けています。
あまり、お伝えしたく無い事案ですが他社の広告では「最新技術」と唱っている業者が散見されます。実際に何が「最新技術か?」ホームページを覗いてみると「床のモルタルを斫る(削る)」画像や「スタッフが臭いを嗅ぐ」画像など残念に感じる事が多いのが感想です。
実際に「モルタルを斫る」作業は10年以上前では主流でした。また、ご遺体があった場所には間違いなく臭いが有ります。今は「体液可視剤」を使用する事が主流です。
体液可視剤を使用し体液の浸潤範囲を確定し不要な切り取りは行わず、現状回復費用が安価に出来る施工するのが特殊清掃業者の真髄です。むやみやたらに解体は無駄な費用をと時間を費やすだけで今の時代「SDGs」には「そぐわない」ではと思っています。
世界では「SDGs」で取り組みはじめたばかりでは有りますが「地球温暖化」は加速している様に実感しています。石油産油国や発展途上国にとっては大きな経済危機に瀕する事と考えますし、水没してゆく国々でも避けられない危機的状況です。

また、ロシアによるウクライナ侵攻は未だ出口の見えない戦争で、ミサイル、戦闘機、戦車により「地球温暖化」を更に加速させています。
日本国内においても北海道では熱中症による救急搬送者数が全国1位となった週も有り熱中症による死亡者数も急増しています。様々な事象の積み重ねが「地球温暖化」と言う「現象」を起こしています。
弊社においても8月、9月は18件の孤独死現場の特殊清掃をおこないました。まだ、施工中のお客様が、おられます。私は医師では有りません特殊清掃業者として異常な高気温に、なんらかの因果関係が有るものと感じています。
現在、日本において10人に一人が70歳以上と言われています。また、最近「多死社会」と言う言葉を多く耳にするようになりました。
この事象から弊社が多くの現場へ出向いた経験値から物を申させて頂きます。
孤独死をされる多くの方々の室内の大きな特徴としては、「物やゴミが散乱している事」これはセルフネグレクトに起因する事や体調不良により体を動かす事が辛くなった事が要因の一つと考えています。
この様な方は、決して家に人をいれようと致しません。
また、多くのお宅で「カビ」が発生している事が特徴的です。「カビ」が死因として認定されたのは世界で1例だけですが、なんらかの関係が有る物とも考えています。
カビが発生する要因の一番は湿度です、一重にカビと言っても10000種類以上のカビ
が存在します。体に害のない物もあれば、体に有害な物もあります。孤独死による腐乱臭もカビと雑菌が原因です。
特に汚れや物が溜まった部屋は通気性も悪くなり必然的にカビが発生致します。ただ、賃貸住宅など構造上の問題も大きな影響があると推察しています。

少し話はそれますが、以前に特殊清掃を行ったマンションで排水管と汚水管が直結されていた物件が有りました。
死後3日と言う情報を元に施工を行いましたが当初から強烈な糞尿臭が有り「体液可視剤」を使用して浸潤範囲を確認した所、ありえない範囲で体液反応が有りました。再調査の結果、汚水管と排水管が直結されて有り汚水と排水を同時に使う事により、その両方がオーバーフローし床に拡散した事が原因でした。遺族の方は大家さんから多額の損害賠償を受ける事はありませんでした。
皆様どうか以上の事に気が付かれたら「人を家に入れない方」のお家を訪ねてください。
そして健康状態や室内の散乱状態を確認してください。
皆様方の一人一人が出来る「SDGs」と新しい高齢化社会への受け入れ方を共に考察頂ければ幸いです。

今回は「SDGs」と新しい高齢化社会について触れましたが株式会社あぐりでは遺品整理、特殊清掃はもちろんの事、現代の高齢化社会問題などについてセミナーなど行い活動しております。お見積もりや清掃依頼の他に、気になる事や疑問に思ったことなど些細な事でも構いません。まずはお気軽にお問合せ下さい。誠心誠意ご対応させていただきます。