危険な部屋の3つの特徴

皆さんこんにちは、今回は危険な部屋の特徴をを3つほど紹介したいと思います。皆さんは危険な部屋と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?ここでは、ゴミ屋敷の部屋について焦点を当てていきたいと思います。ゴミ屋敷になってしまうような危険な行動や部屋は皆さん、実は気付かずにやってしまっているという事が多いです。ですので、今回はゴミ屋敷になってしまう危険な部屋の特徴を紹介していきます。先ずはゴミ屋敷を皆さんはどのように認識しているでしょうか?ゴミ屋敷の認識は現代では少しズレていると予想されています。というのもテレビなどメディアで取り上げられたゴミ屋敷を観て、認識している場合、そこには実際に大きな差が生まれてしまうからです。では、その差とは何か?それはテレビなどで取り上げられているゴミ屋敷は確かにゴミ屋敷ですが、実際のゴミ屋敷とは似ても似つかないというのが問題なんです。テレビなどで取り上げられているゴミ屋敷というのは外にまでゴミが広がり、家の中は足の踏み場もないというものばかりですが、実際の現代のゴミ屋敷というのは外からでは判別の手段がなく、玄関を開けてようやく分かるのが現代のゴミ屋敷です。現代のゴミ屋敷は足の踏み場も勿論ありますが、それは通るような道があるだけで、横には積み上げられたゴミが大量にあります。このようにゴミ屋敷の認識のズレが原因がどうか、分かりませんがゴミ屋敷は年々確実に増えている問題というのも確かなのです。現代のゴミ屋敷は勿論、外からの判別が分かりにくい事もあり早期発見が出来ないというのも事実です。ゴミ屋敷は早期解決が望めない場合、お部屋のダメージ強く残ってしまいます。そうなるとゴミ屋敷本人様がお金を負担しなくてはいけない状況になってしまいます。ですので、そうならないためにもゴミ屋敷の早期解決が大切になってきます。まだゴミ屋敷になったばかりでは部屋のダメージは少ないですが、酷い時には床が腐ってしまったりなど為る場合があるため、そうならないために部屋が荒れている方はゴミ屋敷関係なく綺麗にする事が大切にもなります。またゴミ屋敷というのは
多くの危険が潜んでいます。1番危険とされているのが人体の悪影響です。ゴミ屋敷にしてしまうと人体の悪影響を受けてしまいます。では一体どんな悪影響なのか?それは様々なケースがありますが、まずはゴミ屋敷だとゴミを積み上げている場合が多く、間違ってゴミの山に足をぶつけてしまって怪我をしたり、積み上げられたゴミ山を崩してしまい下敷きになってしまい怪我を負ってしまうなど、人体に直接ダメージがある悪影響があります。またゴミ屋敷になると異臭が発生します。その異臭は生ゴミの腐ったニオイや害虫やフンなどのニオイで異臭が発生します。異臭は字の如く、異という文字が使われているように人間に対して害しかないのです。異臭を嗅ぎ続けて生活していると体調不良に見舞われたり、恐ろしい時は発病する可能性もあります。だからこそゴミ屋敷は危険な問題とされています。そして人体に対して悪影響なのはまだまだあります。害虫はゴミ屋敷があれば住み着いてしまいます。害虫のするフンや、害虫自体を誤って吸引してしまうと勿論、それも体調不良や発病の恐れがあります。ですのでゴミ屋敷はとても危険という事が分かると思います。しかしそれだけではありません。人体に悪影響がありますが、精神的にも悪影響になるものがあります。ゴミ屋敷になってしまうと内向的な思考になりやすいとされていて、ゴミ屋敷にしてしまった人達は大抵、家に友達や家族を呼びづらいと感じるそうです。それは勿論そうだと思います。ゴミ屋敷にしてしまった部屋を見られたくないという事だと思います。そのため、人との付き合いを極端に減らしてしまい、家で引きこもってしまう生活をしてしまいます。そうなるとゴミ屋敷の最悪な悪循環にはまってしまうということです。ゴミ屋敷になってしまい家に引きこもりがちな生活になってしまう。そうなるとまた部屋での生活が多いためゴミが大量にでます。そうするとゴミ屋敷にゴミがどんどん溜まっていくという悪循環です。精神的にも悪影響を受けているからこそゴミ屋敷にしてはいけないという正常な判断ができない時もあるそうなので気を付けましょう。ではゴミ屋敷の恐ろしさを知っていただいた上で、これから紹介していきたいと思います。危険な部屋の特徴とは?皆さんも当てはまっていないかチェックしましょう。

①掃除を毎日やらない
掃除というのは人によってそのペースは異なります。しかし大抵の人の場合は掃除は週に一回でも遅いと感じるでしょう。部屋が綺麗な人は掃除を毎日欠かしません。しかし、ここで掃除をする人としない人で考えに差が生まれます。その差とは何か?それは掃除をやらない人は数ヶ月に一回のペースで掃除をすると思います、数ヶ月分の掃除を一日で終わらせようとするからこそ掃除はめんどくさいと感じるようになるんです。ですので毎日掃除をすると聞くと出来るわけがないと考えてしまいます。そうではなく、毎日少しずつ掃除をするという事が大事になります。毎日15分の掃除をするだけで、綺麗が維持出来るなら簡単な話だと思います。しかしそれを実行に移せないというのは数ヶ月分の掃除を1日でやるという強いイメージが残ってしまっているのが悪い状態です。ですので、毎日少しずつ掃除を簡単なところやっていくことをお勧めします。そうすれば綺麗な部屋に近づいていくと思います。

②ゴミ捨てを忘れがち

意外にもゴミの分別はゴミ屋敷にしている人はやっているというのが皆さんも驚く点だと思います。ゴミ屋敷だから汚いだけと考えがちですが全く違います。ゴミ屋敷の中でも、ゴミは分別しているがゴミ出しをしてないという状態が非常に多く見られます。ゴミを分別しただけで、やった気になってしまう。これは悪い習慣になります。ですのでゴミを分別して、しっかりゴミ捨て場に持っていきましょう。ゴミ捨て場までめんどくさいと思わず、何かのついででも良いので、ゴミはちゃんと捨てるように心がけましょう。ですので、ゴミを分別して袋のまんま部屋に置いてある状況だけは気をつけるようにしましょう。それはゴミ屋敷の一歩になってしまっているということ忘れ事なく。

③出したものはあったところにしまう

出したら出しっぱなしというのはゴミ屋敷における一番最初の一歩になってしまいます。基本的に全てのものを出したら出しっぱなしにすればゴミ屋敷というのは数ヶ月で出来上がってしまいます。だからこそ使ったものは元の場所にしまう。冷蔵庫から出して使ったらしまう。お皿を出して、そのお皿でご飯を食べたら、お皿を洗って元の場所にしまう。これを怠っていると最速でゴミ屋敷になります。そうならないために騙し騙し、片付けるのではなく、やるからには徹底してやってみましょう。使ったものや出したものは徹底して片付けることを意識しましょう。そうする事で、驚くほど効果が期待できるはずです。

まとめ

上記で説明しました。3つの改善策をやれば高い確率でゴミ屋敷を回避する事ができるでしょう。現代ではゴミ屋敷はかなり問題となっています。年々増え続けるゴミ屋敷の対応は国がどうにか出来る問題でも、親や友達がどうか出来る問題でもありません。自分自身でどうにかしなくてはいけない問題なんです。掃除や片付けを先送りにすれば絶対にそのツケは回ってきます。やらない分だけゴミ屋敷は進行します。放っておけばゴミ屋敷にお金使わなくてはいけない時が来てしまうかもしれません。だからこそ、そうならないため今自分は何をするべきなのか?またゴミ屋敷とどう向き合って行くべきなのか?を考えて生活する事が大切になってくると思います。

ゴミ屋敷を知って未然防止!ゴミ屋敷が及ぼす危険とは?

皆さんこんにちは、昨今、ゴミ屋敷などの汚部屋が年々増え続けています。ゴミ屋敷はかなり増え続けていて、年々上昇の一方で、減ることがありません。その原因は何か?またゴミ屋敷を改めて、皆さんで理解して知っていくことでゴミ屋敷に対する危機感を高めていきましょう。そもそもゴミ屋敷とは、皆さんご存知ではありますか?言葉だけ聞いたことはあるが、実際に見たことない人や、テレビなどで見たことがあるが実際に見たことがないなど、様々な方がいらっしゃると思います。その中で近年では、若者たちがゴミ屋敷というものを知らない人が増えつつあります。昔ではテレビなどでゴミ屋敷の取り上げ方は大々的にされてきましたが、近年ではゴミ屋敷もテレビで取り上げられる事がなくなってきています。ゴミ屋敷という存在や怖さを知る人が少なくなってきてしまい、年々増え続けている原因の一つでもあります。またテレビで観るゴミ屋敷はテレビという事もあり、かなり悪化が進行しているゴミ屋敷を取り上げており、実際に依頼がくるゴミ屋敷では外にまでゴミが溢れかえって広がるようなゴミ屋敷は数少なく、多くのゴミ屋敷の依頼は、外からでは判別が出来なく、家に入ってはじめて分かるような状態がかなり多いです。その中で依頼が最も多かったのは、高齢者によるゴミ屋敷の依頼でした。それは身体が不自由になってしまい、満足に清掃することができない人や、身体に負担がかかり、身体に痛みが出てしまう人など、高齢者の方になれば自分で掃除ができないケースが出てきます。だからゴミ屋敷のようになってしまうというのは理解できます。しかし現代では、ゴミ屋敷問題というのは高齢者の問題ではなくなってきており、むしろ20代から60代にかけての問題となってきています。若い世代もゴミ屋敷にしてしまう理由については、ゴミ屋敷の怖さを知らない人が増えたというのが大きな要因ではないかと思っています。また全年齢に当てはまりますが、インターネットが流行して多くの方が出かけることよりも引きこもり体質になってしまっているのが原因です。そのため、自己管理が出来ない人の多くは簡単にゴミ屋敷にしてしまい、清掃依頼をするという流れが多いです。このようこのように家にいることが当たり前の日常になりつつある現代だからこそ、自己管理というものは非常に大切になってきます。ゴミ屋敷は自己管理がしっかりしていれば必ずならない問題です。しかし現代社会のストレスや、家庭内ストレスなど、人によって様々な状況で生活していると思いますので、自分に無理がないように、生活環境の改善を試みることが大切になります。ではゴミ屋敷を知ってもらったところで、次はゴミ屋敷の怖さを知ってもらいます。簡単に言えば、ゴミ屋敷は人間に害しか及ぼしません。害があると分かっていれば、自分から避けることが出来たはずです。しかしゴミ屋敷にしてしまう人の多くはゴミ屋敷は部屋が汚いだけと考えてしまい、ゴミ屋敷がもたらす悪い部分を知らないというのが現状です。ですのでゴミ屋敷は一体、人間にどのような害を与えるのか?それを説明していきます。ゴミ屋敷が人間に与える害は様々です。ゴミ屋敷は部屋が荒れている状態です。ですので何かを踏んづけてしまって怪我をする事もありますし、酷いゴミ屋敷の場合は肩や腰の高さまでゴミを積み上げています。ですので、そこから物が落ちて足を怪我してしまったりする事で、直接的なダメージを負ってしまいます。またゴミ屋敷といえば害虫です。ゴミ屋敷にしてしまうと絶対的確率で害虫は発生しています。中でも代表的な害虫はゴキブリやハエ、蛆虫といったところでしょうか。どれも生命力が強く、一度の産卵でかなりの数が産まれてしまう為、ゴミ屋敷問題では1番に出てくるほど人間に与える害は大きいです。中国では寝ている時に耳からゴキブリが入ってしまい、脳に到達して頭の中で産卵してしまうという実例もあります。勿論、その被害者の方はゴミ屋敷に住んでいました。このように害虫が人間に与える害は予想も出来ないような深刻な問題にも発展してしまいます。また害虫は異臭問題の原因ともされています。害虫本来のニオイも強く、それだけで異臭を感じるほどですが、そこに更にフン害被害が追加されます。害虫のフン害はゴミ屋敷は高確率であり、家に入っただけで害虫のフンのニオイというのは分かるほど、かなり強い異臭になっています。その異臭は部屋を丸ごと綺麗にしなければ取れないほどの異臭になるケースもありますので注意が必要です。また害虫や害虫のフンなどを間違って吸引してしまい体内に入ってしまうと、体調不良や発病する恐れもあります。その点を考えてみてもゴミ屋敷にしてプラスになることは一つもありません。そうして生ゴミや害虫やフンによって異臭が発生。近隣にまで広がってしまい、近隣トラブルに発展し、強制退去など最悪のケースがこれまでゴミ屋敷によって山ほど起きてきました。そうならないためにもゴミ屋敷は少しずつ改善していかなければいけません。では具体的にどのようにしてゴミ屋敷は改善していく事がいいのか?それを説明していきたいと思います。実際にゴミ屋敷にした人が行う改善方法で、いちばん多いとされているのが、専門の業者に依頼するというものです。専門業者の依頼はお金はかかってしまいますが、プロが清掃するので間違いなく綺麗になります。また自分達では清掃できないような場所や、片付けたい場所も専門業者ならすぐに清掃が出来るでしょう。デメリットは自分でやるよりお金がかかってしまうという点ですが、個人的にはメリットの方が多いので、金銭的余裕があるのであれば利用するのはいいと思います。またゴミ屋敷の規模にもよりますが、自分でゴミ屋敷を清掃するということは、あまりお勧めしません。それはゴミ屋敷の規模が小さいのであれば大丈夫かもしれませんが、規模が大きいと清掃することは良いことですが、自分のかかる負担がかなり大きいと思います。途中で投げ出してしまう可能性もありますし、ゴミの処理も大変になってくると思います。ですので専門業者に依頼することを強くお勧めします。また専門業者の選び方がわからないという方は自分で調べてみることが大切です。一通り調べてみて、自分がお願いしたいと感じた専門業者に見積もりにきてもらい、他社にも同時に見積もりをしてもらいます。そうする事で自分に合う業者が見つかりやすくなります。どこが安くて、どこが高いのか、また見積もり時の態度など自分の中で判断基準を作る事で、業者選びも間違えないのではないのでしょうか。そのほかのゴミ屋敷の改善方法はあまりお勧めはしません。やはりいちばんは専門業者に依頼することが何よりお勧めします。どうしても一般の素人が扱えるようなものではない清掃薬品など、異臭が驚くほど消えます。また専門の資格がなければいけない職業でもありすので、プロが行う清掃はかなりのものです。しかし気をつけなければいけないのが、プロが清掃をすると驚くほど簡単に綺麗になっていきます。だからこそ危険なんです。ゴミ屋敷は再発率が高い問題です。専門業者に依頼して綺麗にしてもらってから、また数年後に依頼が来るなんて事は珍しくありません。専門業者に依頼する際は、ゴミ屋敷の再発を絶対に防ぐことを意識しておきましょう。

ゴミ屋敷の恐ろしさと危機管理能力

皆さんこんにちは、今回はゴミ屋敷にしてしまうかもしれない、3つの危険な行動を紹介したいと思います。突然ですが、皆さんはゴミ屋敷を直接ご自身の目で見た事はありますか?実際に見たことある人は少ないのではないでしょうか?しかし一般の方達はゴミ屋敷と聞くと、外にまでゴミが溢れ出ているゴミ屋敷を想像すると思います。それはなぜか?それはテレビなどで放送されるゴミ屋敷を想像しているからです。実際にテレビなどで放送されているゴミ屋敷は確かに実在はしますが、ゴミ屋敷としてはかなり稀な例でしかありません。実際のゴミ屋敷は外からでは分かりにくく、家に入って見ないとわからない物だらけです。それほど皆さんの想像する一般的なゴミ屋敷と業者側が想像する一般的なゴミ屋敷とでは、かなり差が生まれています。テレビなどで放送されているゴミ屋敷というのは、勿論ですが嘘ではありません。しかし、テレビということもあり、規模が大きいものを写したがります。その結果、何が起きているのかというと、年々ゴミ屋敷の清掃依頼が増え続けているという現象が起きています。なぜゴミ屋敷は年々増え続けるのか?それは答え簡単です。先程も話したようにゴミ屋敷は皆さんの想像では外にまでゴミが溢れているような様を想像します。だから、自分はならないと思っているから、大多数です。その考えによってゴミ屋敷に対する危機感が全くなくなってしまい、ゴミ屋敷にしてしまう人が増えるのです。実際のゴミ屋敷の清掃の依頼というのは外にゴミが溢れ出ているような現場は稀なんです。実際のケースふリビングは綺麗だが、一室が汚く片付けることができないくらいの部屋になってしまった。という事例や、外にまでゴミは溢れ出ていないが玄関のドアを開けると膝丈ほどのゴミで部屋が埋め尽くされているなどのパターンが多いです。実際はそのようなゴミ屋敷の清掃依頼が多く、ゴミ屋敷にしてしまった人達の大半は、まさか自分がゴミ屋敷にしてしまうとは思ってもいなかったと仰っています。また酷い場合ではテレビで放送されているような外にまでゴミが溢れ出していないから、まだゴミ屋敷にはなってないと言い張り、不動産会社と揉めてしまうという実例も聞いたことがあります。ここで皆さんで改めて考えなければいけません。どこからゴミ屋敷なのか?という問題です。部屋が汚いからゴミ屋敷なのか?様々なケースがあり、一概にもこれがゴミ屋敷だと決めつける事はできません。しかし、自分で掃除が出来ないくらいの部屋になり、清掃を依頼した時点でゴミ屋敷です。それは業者側もゴミ屋敷清掃としてカウントするからです。そう考えてみると、ゴミ屋敷というのは誰にでもなりえる事だということがわかると思います。皆さんは部屋はどうでしょうか?綺麗に保てていますか?掃除しようと思えば、すぐに綺麗になる部屋ですか?気持ちよく答えることができなければ、もしかするとゴミ屋敷になってしまう危険があるのかもしれません。

ゴミ屋敷を恐ろしさを知る

ではなぜこのようなことを聞くのかというと、ゴミ屋敷の恐ろしさを知ってもらいたいからです。なぜそのようなことを知る必要があるのか?それを知ってゴミ屋敷を回避できるのか?と疑問に感じる方も多いと思います。しかしゴミ屋敷の恐ろしさを知るということは、とても大事なことになります。人は恐いから対処するという事を知っています。怖くなければ何もしません。しかし自分の身が危険であると感じた時に、それは自分の身を守るために手段を考えて対応します。だからこそ、ゴミ屋敷の怖さを冒頭に説明しました。ゴミ屋敷というのは本当に誰にでもなりえる問題です。それくらい何かがきっかけで突発的に部屋が汚くなり、掃除する気力も出なくなってしまいゴミ屋敷に一気に駆け上がってしまうこともあります。それくらいゴミ屋敷は簡単に誰でもなってしまいます。

ゴミ屋敷は全年齢対象の問題

ゴミ屋敷は前まで、高齢者がしてしまう物だと思われていました。それは身体が不自由で上手く掃除が出来ず、掃除はしたいが自分1人ではどうすることも出来なくなり、誰かに頼むか、業者に依頼するかという二択になってしまい、部屋が悪化して、ゴミ屋敷になってから我慢できず依頼するという流れが多かったです。しかし年々それは変わっていきます。30代〜40代もゴミ屋敷にしてしまう人が多くなりました。最初のうちはリストラからのストレスや現代社会のストレスが原因など様々な事が言われてきました。しかし、今度は若い世代の20代までもがゴミ屋敷にしてしまう人が増えていきました。今では、ゴミ屋敷という問題は全年齢対象の問題となっており、難しい理由付けは抜きにして、単純にめんどくさがり屋が起こしてしまう問題と認知され始めました。全年齢が起こしてしまう問題です。皆さんが自分自身で考えて掃除をするという考え方をしていかなければ何も変わりません。またインターネットが流行り、それが原因で家に引きこもる人が増え、結果的にゴミ屋敷が増えてしまったという意見を言う方もいます。しかし、根本的にどうしてなってしまうのか?単純に掃除をすることが出来ない人が増えてしまった理由、それはゴミ屋敷に対しての危機感が薄まってしまったというのが問題です。

危機感が薄くなってしまった理由

ゴミ屋敷は昔こそ、話題になり多くのテレビや雑誌で取り上げられてきましたが、今では取り上げるところもなく、存在は知っていても考えたことすらない人が大半だと思います。そのせいもあり、ゴミ屋敷に対する危機感が全くなくなってしまい、それが結果として年々、ゴミ屋敷にしてしまう人が増え続けているのでしょう。だからこそ、今一度、ゴミ屋敷の怖さを知って、自分はならないと決めつけるのではなく、自分がなってしまったらどうしよう。と考えてみてはいかがでしょうか?その考え方が少し変わるだけで、全く違う部屋に変わっていきます。

ゴミ屋敷の本当の怖さ

ゴミ屋敷の本当の怖さ他にもあります。自分がゴミ屋敷にならないと思っているというのも恐いところですが、ゴミ屋敷の怖さ多く存在します。害虫問題、異臭問題、家のダメージ、近隣トラブル、強制退去、人体や精神に大きな悪影響など悪いことが詰まっているのがゴミ屋敷です。ゴミ屋敷になってしまうとこれらの問題が同時に起こります。害虫も盛んに発生し、異臭も漂い、異臭や害虫によって近隣住民とトラブルになり、家の床は腐り始め、異臭や害虫を吸引し人体に悪影響が出たり、汚い部屋に長時間過ごしていると精神的にも悪影響になってしまいます。このようにゴミ屋敷にしてしまうと、かなりの高確率で悪影響な事が連鎖します。そうならないために、ゴミ屋敷にするのだけは絶対に避けましょう。

まとめ

ゴミ屋敷にしてしまったからと言って、終わりではありません。むしろゴミ屋敷にしてしまったからこそ、怖さを知っているはずです。ゴミ屋敷なを綺麗にしたいと心から思うと思います。ですのでゴミ屋敷を自分で清掃できないレベルまで到達してしまっているのであれば、業者に依頼して改善していきましょう。そうして綺麗にして二度とゴミ屋敷にしないように努力しましょう。ゴミ屋敷を知らなかった人は、今日、ゴミ屋敷の怖さを十分知って頂けたと思います。ですので今後もゴミ屋敷を回避するために全員が危機感を持って対処していきましょう。

「今」の孤独死を知る

皆さんこんにちは、今回は現代でもかなり問題となっている孤独死について触れていきたいと思います。皆さんは孤独死が現代において、大きな問題となっていることは知っているでしょうか?実は孤独死は年々増え続けているのです。ゴミ屋敷と同様に減少の傾向が見られないのが孤独死であり、このままだと孤独死で亡くなられる方が増え続けてしまいます。また孤独死は高齢者になってから多くの方が意識し始めると思います。実際にアンケートでは60代になってから孤独死を考える方が半数で、20代などは孤独死についてほとんどの方が考えていなく、それは30代でも同じでした。現代ではこのように孤独死に対しての危機感が全くなく、孤独死が年々増え続ける最大の理由としてはやはり危機感というものが1番大きいのではないかと思います。現代では先程説明したようにゴミ屋敷も増えているのが現状です。その中で孤独死も同時に増え続けているのは、勘の良い方ならすぐわかったと思いますが、ゴミ屋敷と孤独死はかなり密接関係にあります。何故ゴミ屋敷と孤独死が密接関係にあるのか?それは順を追っていくと簡単な話になります。先ず、第一にゴミ屋敷にしてしまうと様々な問題や被害が出てきます。害虫被害や異臭問題、近隣トラブルに、酷い場合は強制退去などがあります。精神的に負荷も多く、ゴミ屋敷による精神的ストレス、内向的思考、人付き合いや疎遠関係になりやすい。実はこの精神的な悪影響が孤独死と強く結びついているとされています。内向的思考や人付き合いが少なくなったり、疎遠関係になりやすくなると、必然的に1人になる事が多くあります。女性とお付き合いしているという方は関係ないのかもしれませんが、一人暮らしの方がゴミ屋敷にしてしまうと、家に誰か呼ぶこともなくなり、引きこもりがちな生活になってしまいます。そうなると孤独死に拍車をかけてしまい、気づけば他人との関わりを持つことに対して酷く嫌悪感を抱いてしまうようになってしまいます。孤独死という危険が上がる理由がわかると思います。ですのでゴミ屋敷にしないように気をつけることも孤独死を未然に防ぐためにはいい方法なのかもしれません。それほどまでゴミ屋敷と孤独死は密接関係にありながら、なぜ、誰も危機感を持たず、ゴミ屋敷や孤独死が年々増え続けてしまうのか?それらゴミ屋敷や孤独死などに対して恐怖を抱いていないという事と、ゴミ屋敷や孤独死を知らないという方が圧倒的に多いの現状とされています。ゴミ屋敷の怖さや孤独死の怖さというものは、先程説明しましたが、ゴミ屋敷や孤独死について知るということは大事な事になります。知らないから何も手が打てないというのが現状です。なので知る事が1番の対策方法になります。では、ゴミ屋敷わ孤独死を知るという事は一体どうゆう事なのか、というを説明していきます。ゴミ屋敷や孤独死はどのようなものなのか?というのは知っている人思います。またその怖さも、これだけで本当はもう知っていて、未然に防ぐ事ができると思います。ですので次は未然に防ぐためにどのような事をすればいいのか?という事です。ゴミ屋敷や孤独死を知っていて、ゴミ屋敷や孤独死の怖さも知っているが、実際にどのように未然に防げばいいのか分からないのであれば意味がありません。ですので、未然に防ぐ方法をここからは説明していきたいと思います。未然に防ぐ方法さえ知っていれば、ゴミ屋敷や孤独死になる事なく、振り回されませんので必ず、実践してみましょう。またそれが自分に合うかどうかも大切ですので始めてみて合わない場合はやめてみて、様々な方法を試す事が重要で、自分に合う方法を見つける事が大切になります。

①家族や友人などと疎遠関係にならない

家族や友人関係などで疎遠にならないという事は物凄く重要になります。孤独死になってしまう方の多くは疎遠関係になっても焦りがなく、基本的に連絡も数ヶ月に一回家族にするというような状態です。それが続いてしまうと、なかなか連絡がしづらい環境になってしまい、気づけば半年近く連絡をしていないという状況になります。孤独死が起きてしまう方の特徴としてこれが一番大きく、家族や友人関係と疎遠関係にあるケースが多く、その逆である家族関係や友人関係がしっかりとしている場合は孤独死が少ないというのも結果として出ています。ですので、孤独死に対してどうすればいいのか?と考えたときに、先ずは家族や友人関係に連絡してみる事が1番重要になると思います。ずっと連絡をとっていなくて、連絡が取りづらい方も勇気を振り絞って連絡を取ってみましょう。

②人付き合いをする

一人暮らしの高齢者は、家に篭ったり、人付き合いがだんだん減っていくことが多いです。これが、孤独死に繋がっていってしまうことが多いのです。それを防ぐためにも、人付き合いや、家の外に出ることを意識してみましょう。人と話をすることは、アルツハイマーや老化の防止につながるということもあり、外に出て人と触れ合うことで、脳を活性化させて良いことが沢山あります。1番近いものとして、ご近所付き合いです。朝、外に出て会った人に挨拶をするなど、そういった小さなことから日課にしていると、もし何かあったときに、あれ?今日あの人いないなと心に留めてくれる人ができるようになります。もっと仲良くなったら、自分の持病などを説明して、何かあったときに救急車を呼んでもらえるよう連絡先を教えてもらったりなど、いざとなったら頼りになるご近所さんとなります。家族などと離れて暮らす高齢者の方などはこういった人が周りにいるととても頼りになり、孤独死のリスクから遠ざかることができるのです。他にも、趣味のサークルや公園でのお散歩友達などで、同じく高齢者の友人を増やすことで、事情が同じだからこそ話しやすく、相談しやすい関係を築くことができ、これもまた、今日は来てないな?などで異変に気がついてくれることで、万が一を防いでくれるのです。

③変わりたいという強い意志持つ

何かを変えたいと思う時、1番自分の心に問いただしてみる事が大切です。何となくやる事が1番良くありません。ゴミ屋敷や孤独死といった重大なテーマの時こそ、自分を変えたいと強く思わないと現状何も変わる事がありません。ですので、変えてやるんだという気持ちを強く持って、今回紹介した未然に防ぐ方法を試してみください。今回教えた未然に防ぐ方法を何となく試す事だけはしないほうがいいです。もしかすると貴方に合う方法かもしれないのに、中途半端な気持ちでやってしまうと、せっかく自分に合う方法なのに効果が得られず、もったいないことをしてしまいます。ですので必ず、変わりたいという強い心を持ってから未然に防ぐ方法を試してみましょう。そうする事で、自分でも驚くほどに結果が出ると思います。実際に私も昔はよく部屋が荒れていました。片付ける事が出来ず、仕事に追われて部屋のことに全く意識がいかなかったです。しかし、ゴミ屋敷や孤独死の現状とそれの怖さを知ったからこそ、変わりたいと思い、自分の部屋と向き合うことになりました。部屋を綺麗にしてゴミ屋敷の脅威を排除すると、綺麗な部屋のせいか心も晴れやかになりました。そうして、自分から家族や友人などに連絡を積極的にする事が出来るようになると、今ではみんなで集まったりする様になり、少しでも孤独死の危険性を回避できたのではないか思っています。ですので皆さんも自分に合う方法が必ずありますので、様々な問題も自分に合う方法で解決していきましょう。

1人暮らし必見!3つの掃除方法

皆さんこんにちは、今回は一人暮らし必見の3つの掃除方法を伝授したいと思います。現代ではゴミ屋敷が増えてきている時代です。昔では高齢者がゴミ屋敷にしてしまうという印象があり、実際にゴミ屋敷清掃の依頼者様の年齢は高齢者の方が多くいましたが、今では全く異なります。現代ではゴミ屋敷は若い世代の方たちもしてしまい、ゴミ屋敷の依頼だけでしたら、高齢者の数と変わりなく、同じくらいの依頼数があります。そのように今ではゴミ屋敷に年齢も関係なく、全ての年齢の方達が対象に危機的状況にいるという事です。圧倒的に年々爆発的に増え続けるゴミ屋敷問題は社会問題にまで発展するほどです。このように増え続ける理由としては大きく二つが挙げられます。一つ目は、そもそも自分がゴミ屋敷の住人になると思っていない問題です。この考え方をしている人は非常に多く、自分はゴミ屋敷の住人にならないと思っている方が大半だと思います。しかしがその考え方が1番の落とし穴です。ゴミ屋敷は誰でもなりゆる問題なんです。ゴミ屋敷の住人達はもともと、望んでゴミ屋敷にしようと思い、生活していたわけではありません。全ての方が自分はなると思っていなかったと、考えていたのです、これは実際に皆さんと同じで、自分がゴミ屋敷の住人になんてなると思ってないからこそ、気付けばなってしまうのです。そのようにゴミ屋敷に対して甘い考え方を持っているといつか貴方もゴミ屋敷化してしまうかもしれません。二つ目の問題は、一つ目に通じるものがありますが、ゴミ屋敷について知識が無いという問題です。ゴミ屋敷について知識ないからこそ、自分がなってしまった時にどうしていいかわからない人や、ゴミ屋敷ではないと現実逃避する人が多く存在します。もしゴミ屋敷の知識さえあれば事前にゴミ屋敷にする事なく、生活できるのに、危機感もなく、自分はゴミ屋敷の住人にならないと思い、何も知識がなく、いざゴミ屋敷のように部屋が荒れてきたら、どうすればいいか分からないというのでは、年々爆発的に増え続けるゴミ屋敷の住人と一緒です。ですのでゴミ屋敷にも対策の仕方はありますし、ならないための方法もあります。また増え続ける理由は他にもあるとされ、テレビなどの時代からネットの時代に変化していき、YouTubeなどの動画サイトの発展とともに、家に引きこもる人が多くなってきています。そうする事で家に引きこもるがちな生活をしていると、性格や考え方が内向的にマイナス思考などになってしまい、部屋がどんどん荒れていく原因になってきます。インターネットは便利ですが、インターネットの発展とともに、そのような生活をしている若者が増え続けています。では、実際にどのようにしてゴミ屋敷にならないようにしていけばいいのか?という話ですが、まずは、ゴミ屋敷を知ることが大事になります。ゴミ屋敷というものの怖さや知識が無い状態で、対策である掃除方法やっても長く続かない人も多いと思います。ですのでゴミ屋敷の怖さわかっと思いますし、ゴミ屋敷の知識も最初より付いたと思いますので、これから掃除方法を説明していきたいと思います。

①毎日掃除を必ずする

毎日掃除を必ずすると聞いて皆さんはどう感じますか?めんどくさいと感じますか?それによって大きく変わります。まず1番に、めんどくさいと感じた人は、掃除を普段からしない人が大半だと思います。なぜか、それは掃除を普段からせず、汚くなってきたところを一気に掃除する習慣が付いているからです。そうなると掃除だけで1日が潰れてしまったり、規模の大きい掃除を数日に分けて夜時間を潰して掃除している人がいると思います。そのような普段から掃除をしないような人は掃除はめんどくさいという考え方やイメージを持ちがちです。だから毎日掃除をすると聞くと、めんどくさい、そんなのできない、など考えてしまうのです。しかし毎日10分くらいの掃除を毎日している人はそのように思うことはありません。毎日掃除をすると聞いた時に、めんどくさいではなく、どのくらい掃除するのだろうと考えるはずです。勿論、皆さん掃除はめんどくさいものですが、部屋を常に綺麗に保つ人はペース配分良く掃除をこなす事で、めんどくさい掃除をめんどくさくないものに変えているのです。だからこそ、単純にめんどくさいと感じた人は考え方を変えなければいけません。でなければ掃除を一生、毎日やる事はないでしょう。まずは毎日10分程度の掃除を習慣にしましょう。10分程度でしたら生活に大きな変化は起きないはずです。仕事が忙しくても眠くても10分はやりましょう。これが一番大事です。やる時間が重要なのではなく、毎日やっているか、それが重要です。それを常に意識してやると毎日掃除することが当たり前になってきます。自分でも驚くほど、掃除を毎日やってしまいます。そうなればゴミ屋敷など無縁ですね。

②もったいないはやめよう

断捨離は出来るようにしておくとかなり便利です。物は生活の中で溢れていきます。それはゴミなどではなく、物です。新しい物に買い換えるなど、ソファーを買えば使っていた古いソファーが余るなど、普通の方達でしたら粗大ゴミでパッと捨ててしまいますが、ゴミ屋敷にしてしまう人の典型的なパターンは、もったいないという言葉です。もったいないという言葉でゴミ屋敷にしてしまうほど、恐ろしい言葉となります。もったいないというのは勿論、実用性があって自分が今後必ず使うから捨てたくないというのであれば、もったいないですが、昨今ではもったいない症というのがあります。もったいないと言って、何も捨てることができないというものです。また様々な理由を付けるのが厄介な部分です。思い出があるから、という言葉はほとんどの家具に言い、ゴミ屋敷にしてしまっては本末転倒ではありませんか?ですので断捨離に慣れるために使っていない家電や家具があるのであれば、捨てることをお勧めします。勿論、何でもかんでも捨てなさいと言ってわけではありません。ただ部屋がゴミ屋敷になっても、もったいないとは言っていてはいけません。

③知り合いや家族を家に呼ぶ方法

これは荒療治ではありますが効果的ではあります、知り合いや家族を家に呼ぶ事で、強制的に掃除してしまうというものです。部屋が汚いことを周りに知られたくありませんよね?それは勿論そうだと思います。だからこそ呼ぶことに意味があります。そうすれば見られたくないからこそ現状回復をしなければいけないと思い、綺麗にすると思います。これは実際、自分が様々な掃除方法を試してみて、何もうまくいかず悩んでいる時に使うと効果的です。人によっては呼んだら掃除しないといけないと思う方があると思います。それはゴミ屋敷を本気で改善したいと思っているのであれば、そんなこと考えません。ですので本気でゴミ屋敷を改善したい人は知り合いや家族を家に呼び、日にちを決めて、その日にちまでにゴミ屋敷を改善するという方法をお勧めします。

まとめ

いかがでしょうか?このように様々な方法がありますが、ゴミ屋敷は未だ収束することなく、増え続けるています。このままゴミ屋敷が日常のように近所や自分の家にある生活になってしまうかもしれません。ですので今回紹介した方法を友達や家族に教えて情報共有する事により、更にゴミ屋敷を未然に防ぐことができます。一人一人の考え方がゴミ屋敷にならないための一番の方法なのかもしれません。

気付いたらゴミ屋敷?!ならない為の3つの方法

皆さんこんにちは、今回はゴミ屋敷にならないための方法を説明していきたいと思います。皆さんは自分はゴミ屋敷にならないと思っていないでしょうか?実はゴミ屋敷へ誰にでもなりゆる問題なのです。ゴミ屋敷といえば、皆さんは何を想像するでしょうか?テレビやメディアなどで見るゴミ屋敷を想像していませんか?実はゴミ屋敷はそれだけではないというのが現状です。一室だけ荒れている人がいたとします。その方はこの荒れた部屋を掃除してもらいたいからゴミ屋敷清掃に依頼するなど多くあります。そうなんです。ゴミ屋敷清掃とは自分で清掃できないレベルの部屋になった時点でゴミ屋敷と呼ばれるところもあります。
ゴミ屋敷とは庭や外にゴミが溢れ出している状況だけをいうものではないという事です。ゴミが溢れ出していなくても、部屋が荒れていたり、足場がないなど、足場はあっても使わないものだらけで綺麗な部屋ではなかったり、様々な状況がゴミ屋敷に当てはまってしまいます。昔ではゴミ屋敷とは高齢者がなりがち問題とされてきましたが、実際、現代では高齢者だけではなく、若い世代までもゴミ屋敷に悩まされています。若い世代で多い原因としては仕事が忙しく、時間に追われてしまい、部屋の手入れに行き届かないという事でゴミ屋敷になってしまったり、高齢者は昔と同じ理由ですが、ゴミ捨てや清掃が身体がいうことを聞かなくなってしまって、部屋にゴミが溜まってしまったり、身体の自由がきかなく、誰にも相談出来ずどんどん部屋が荒れてしまうなど、気持ちとは裏腹に清掃ができない人もいます。身体の自由がきかない人は仕方がないとしても、若い世代にまで広がりつつあるゴミ屋敷問題は、今では社会問題にまで発展しています。そのような現状を打破する為に、一人一人が考え行動していかなければいけません。ゴミ屋敷に自分はならないと思っている考えではいけません。もしかしたらもうゴミ屋敷になってしまっているかもしれませんし、ゴミ屋敷まであと一歩のところまで近づいてしまっている人もいるかもしれません。ですので今回はゴミ屋敷にならない為の3つの方法を紹介したいと思います。やり方などは無数に存在しますが、あなたに合うゴミ屋敷の清掃方法が見つかればと思います。

①こまめな片付け、整理整頓をする

ゴミ屋敷になってしまうお家の特徴としては、ものが散乱していたり、ものがあるべき場所にないということが多いです。それはなぜか、それは、片付けや整理整頓ができていないからです。片付けや整理整頓はめんどくさいというイメージをもってあまり取り組みにくい、適度にたまに片付けているという方はいつの間にか周りから見たらゴミ屋敷と呼ばれていたなんてこともあります。もちろん全くしていない方はゴミ屋敷となっているでしょう。なぜめんどくさくなるのか。それは一気に片付けてしまおうと思うからです。片付けや整理整頓をこまめにすることで面倒なことはなく、簡単にゴミ屋敷化を防ぐことができます。ものがあるべき場所にないということは、例えばリモコンがトイレにあったり、など、持ち歩いてそのまま置いたままにしてしまったものや、趣味のものを出したままでどんどん積み重なってしまっているなどで、そこに置いてあったはずのものがなくなっているということです。それはもうどこに何があるかわからないという状況になりますし、物が重なっていると掃除もできません。そうならないように、ものは指定の場所に置く。何かを広げたら、使い終わったときにもとに戻す。など片付けを心がけましょう。そして、書類や衣類、そのほかのものでも整理整頓を心がけましょう。郵便受けから出したチラシなど、出したら出したまま玄関に放置していたり、ソファの上に置いてあったりなどしてしまうとそれは片付け、整理整頓ができていません。それも、後でやろう、まとめてやろう、ではなく、今気がついたそのときにサッとやってしまうことが、後の自分のためにもなるのです。ゴミ屋敷になる経過として、キレイな部屋を汚したいと思う人はあまりいません。徐々に部屋が汚れていく、「まあいいかな。」の積み重ねでゴミ屋敷化は進んでいきます。ものを放置した場所、汚れている場所にさらにものを放置し、ここを後で片付ける場所なんて決めてそのまま放置してしまいます。その場所が広がっていきゴミ屋敷となります。人によっては、ベット周りが生活基点となり、ベット周りはキレイになっているが、そこからさらに周りはゴミ屋敷になっているという場合があります。それはキレイにしたいという感情があるが、もう汚れてしまっているのを片付けるということが途方もなくなってしまっているからです。なので、片付け、整理整頓、掃除は、溜まる前に、途方もなくなる前にこまめにすることが大切なのです。

②断捨離をする

断捨離はかなり効果的でもあります。実際に使わない、いらないと思ったものを、どんどん捨てていくだけで部屋のものが少なくなってスペースも出来ますし、物がなくなればそれだけで物だらけの部屋では開放的に見えるでしょう。特にこの方法は家具などが多く部屋にある場合にかなり友好的で、断捨離を半年に一回やる方もいたりします。そうする事で、定期的に部屋がリフレッシュしますし、新しいものを買おうという気持ちが芽生えて、買うからには部屋を綺麗にしようという考え方にもなる人もいます。ですので断捨離はかなり効果大だと思っています。しかし中には思い出があるものをそんな簡単に捨てる事はできないと思う方もいると思います。ですが、思い出の物で生活が窮屈になってしまうのは本末転倒ではありませんか?ですので自分とよく相談して、何をこれから使うのか?そしてこれから何を残して、何を捨てるのか?よく考えて決めて断捨離を行なっていきましょう。

③家族や友人などを家に呼ぶ

これは極めて簡単な話であって、即効性がある方法になります。今のあなたに質問です。自分の部屋に家族や友人を何も掃除をせず呼ぶことができますか?この質問にYESと答えられた人は部屋は綺麗でしょう。何せ、自信を持って家族や友人に見せることが出来るからです。しかし少しでも迷ってしまったり、呼べないという方は要注意です。そもそも誰かを呼ぶから部屋を綺麗にするという考え方が既に危ない信号になっています。誰かを呼ぶから綺麗にするでは、気づいたらゴミ屋敷の仲間入りをしてしまいます。そうではなく、常に綺麗に保つという事を心がける必要があります。普通は部屋を綺麗に保つものですから大抵の人はYESと答えられると思いますが、答えられない人は警戒しましょう。ゴミ屋敷は誰にでもなりゆる事なんです。自分がなってしまうかもしれないと考えるだけでも全然違いますので、余裕を持つのであれば、まずは部屋を常に綺麗な状態に保つ必要があります。またこの方法は力技で、家族や友人を呼んでしまえば、片付けざるおえないという算段になります。呼んでしまえば片付けなければいけない。片付けなければいけない状況を自分から作り出す事で、部屋を綺麗にしてしまうという荒技になります。しかし、とても効果的です。すぐに部屋を綺麗にしたいけど一歩踏み出せないという方はこの方法がかなりお勧めになります。様々な方法がありますが自分に合う方法を探し出しましょう。

必ず効果が期待できる!?2つのお掃除術

皆さんこんにちは、今回は必ず効果が期待できる2つのお掃除術をご紹介したいと思います。今回のお掃除術は巷で流行っているものから、やれば必ず効果が期待出来るものを紹介します。現代ではゴミ屋敷が溢れかえっている状況です。現代のゴミ屋敷は驚くほどに件数が増えているのが現状で、昔と比べると倍以上も増えていることが判明しています。しかし何故そこまで増えているのか?という理由ですが、それはゴミ屋敷は昔から高齢者が陥ってしまう問題と言われ続けていましたが、現代では若者もゴミ屋敷にしてしまう事が多く、それが大きな問題とされています。高齢者の場合だと、身体が不自由で自分で掃除する事が出来ず、ホームヘルパーなど雇う余裕がない人はゴミ捨てに行くにも階段の上り降りや、ゴミを持つ体力もなく、部屋がどんどんゴミ屋敷になってしまい、後で気付いて後悔しても自分では既にどうすることもできない、という状況になってしまう事が、高齢者のゴミ屋敷で多くありました。しかし現代では社会も厳しく仕事に追われ、自分の時間が思うように過ごせない人が多くなり、30代や40代の方でもゴミ屋敷にしてしまう人が多く存在します。また、20代も新社会人として忙しくなってしまい、部屋に手がつけれないなど、引きこもりがちになってしまい、自分で掃除をすることを放棄している方もいます。そのような世の中になってしまっているのに、何故、ゴミ屋敷が危険だから全員で対策する意識や危機感がないのか?という事が問題になっています。しかしその問題は凄く単純で、皆さんが想像するゴミ屋敷とはどんなものでしょうか?皆さんが実際に見たことのあるゴミ屋敷はテレビなどで観る、外にまで広がっているゴミ屋敷ではありませんか?実際それもゴミ屋敷ですが、実は外にまで広がり近隣に迷惑をかけているゴミ屋敷は数少なくなっています。現代のゴミ屋敷で多く見られるのは、外からじゃわからないゴミ屋敷です。どうゆう事かと言いますと、一見玄関の前まで来てもわからないゴミ屋敷で、家の中に入ってみると、玄関もものが多いがゴミ屋敷とは言えないほどの物量で、しかし、部屋を案内されると一室だけ腰より高いくらいのゴミが積まれていたり、使わないものが沢山部屋に詰め込まれてしまって床にも置いている状況などです。それも住んでいるご本人がゴミ屋敷として依頼してきます。現代のゴミ屋敷の怖いところは一見外から見えないのですが、部屋に入るとゴミや使わないものでギッシリ詰まってしまっている状況なのです。だからこそ、テレビなど見ているゴミ屋敷を見て、私はならないと思っていても、気付いたらゴミ屋敷の仲間入りになっているというケースが非常に多いです。ゴミ屋敷にも種類があり、テレビに映っているゴミ屋敷だけがゴミ屋敷というわけではありません。家で暮らしていく中で、自分に不必要なものやゴミに生活を妨害されるだけでゴミ屋敷と呼ばれることもあります。ですのでそれを知らない人たちは口を揃えて、自分はならないと言うのです。だから危機感がなく、年々ゴミ屋敷は増え続ける一方になってしまっているのです。それを避ける為に今回はゴミ屋敷にならないように、またゴミ屋敷になってしまっている人も解決できるような、お掃除術を紹介していこうと思っています。ゴミ屋敷の怖さを知ることゴミ屋敷解決の糸口になりますので、まずは自分がゴミ屋敷になってしまうかもしれないという、危機感を持つことや、ゴミ屋敷を早く解決しなければいけないという使命感を持たなければ解決になりません。ですので、ゴミ屋敷を解決する為に、ゴミ屋敷をまずは知ることが先ずは1番大事になってきます。

①家具、モノの選別

お掃除術として、まずは掃除のしやすい環境を作ることが大切です。まずは家具の選別から考えましょう。お家の中にデットゾーンとなっている場所はありませんか?デットゾーンにはホコリも溜まりやすく、モノも溜まりやすく、目も届きにくいので、掃除も行き届かないことが多いです。そういった場所が増えると、掃除をしても、どこからかホコリが出てきたり、どこか汚れて見えたり、すっきりとした部屋に見えなくなります。そうならないように、お部屋の家具のデットゾーンは作らないような家具選びをしましょう。そして、今現在使っている収納などで、無駄使いしてしまっているものはありませんか?無駄に分類分けをして、ほとんど入っていない棚や溢れかえっている棚など、もう一度収納の分類を見直すことで、今までの倍のものが収納できるようになったりもします。ただ収納にモノを入れるだけではなく、しっかり分類分けをし、それを守る。そして、それを行なっていくことによって、この分類は多いからふたつに分けよう。や、この分類はほとんどないからいらないな。など、自分に合った分類がわかってきます。そうすることで、もし次収納を新たに買う機会があれば、その経験をもとに、自分に合った収納を買うことができ、さらに収納上手なキレイな部屋になるでしょう。家具選びは、おしゃれなものや実用的なものなどとさまざまありますが、実際に自分に合ったものではないと使わなくなってしまったり、活用できなかったりしてしまうので、自分にとって必要な家具を選別することをオススメします。
次にモノの選別です。今自分の周りにあるモノのいるモノ、いらないモノの選別をしましょう。自分が最近使ったモノ。ここ一年使っていないモノ。貰ったモノなど、自分の中の記憶を頼りに選別します。最近使ったモノや、ここ一年使ったモノはまずは残しておきましょう。そして、ここ一年使っていないモノ、なぜあるのか思い出せないモノなどは選別の対象です。本当にいるモノなのかどうかを判断して考えましょう。選別とはモノを捨てるということではありません。最近ではモノのリサイクルがとても多くなっています。近くのリサイクルショップで、0円から幅広く買い取ってくれたり処分してくれたりします。捨てると考えると、どうにも取っておきたくなりますが、選別、つまり断捨離とは次に繋がる行為なのです。リサイクルショップで買い取ってもらったお金で、新しい家具を買ったり、自分の趣味に使ったりなど、自分にとって有意義な時間となります。このように、家具や、モノの選別とは、部屋もキレイになり、次に繋がる一歩をつくりだすことができるのです。

②習慣にする

掃除をめんどくさいと感じる人がやっている、いけない掃除方法は、数日や数週間、酷い時は数ヶ月掃除せず、溜め込んでから、一気に掃除をするというやり方です。一見楽に思えるかもしれませんが、それは大きな間違いです。何故かというと、その掃除方法をしてしまうと一日が潰れてしまいます。そうすると体力的にも辛いですし、精神的にもせっかくの休みがなくなってしまい、掃除に対して良いことが一つもなくなってしまいます。そうなれば掃除をまたため込んでしまって、また後悔してと、悪循環が繰り広げられてしまいます。ですのでそうならないように掃除を習慣にすることが大事になります。習慣にしてしまえば、人は苦とも感じません。それが習慣だからです。ですので毎日、ほんの数分でいいので、どこか掃除してください。そうする事で掃除に対する気持ちが少しずつ変わってきます。掃除はめんどくさいものではないと認識する必要があるからです。めんどくさくなってしまう掃除の仕方をやめて、これから楽をする為に毎日少しずつ掃除をしていきましょう。毎日する事が楽ではないという考え方を変えなければ、良い方向に向かって行きません。ですので、毎日数分掃除をする事で、休みを潰さなくて済むと考えて掃除をしましょう。それだけで大きく変わります。

60代から意識すべき2つのこと

皆さんこんにちは、今回は60代から意識するべき5つのことについて触れていきたいと思います。先ず初めに何故、60代からなのか?という事になります。それは高齢者は65歳以上から高齢者と呼ばれますが、65歳から意識しても手遅れになったという事を避ける為に、60代から意識しておくべきことにしました。実際にではどのようなことを意識するべきかということですが、高齢者の方になってから爆発的に増えているのがゴミ屋敷と孤独死です。実際に高齢者の方のゴミ屋敷は多く、現代ではとてつもない数の件数のゴミ屋敷があげられています。しかし、ゴミ屋敷は高齢者の方だけの問題ではありません。若者の多くもゴミ屋敷にしてしまっている人が多く、ゴミ屋敷はそれほどまでに問題とされていることでもあります。20代30代にもゴミ屋敷にしてしまっている人も多く、上京して親の目が届かなくなってしまい、ゴミ屋敷になるなど様々です。ゴミ屋敷とは今や高齢者の方だけの問題でもなくなりました。しかし高齢者の方がゴミ屋敷の問題を解決できた訳ではありません。だからこそ高齢者になってから考えなければいけないことがあります。現代では高齢者の方がゆっくり生活するという事が、自堕落に変わり、ゴミ屋敷にしてしまって近隣の迷惑になるなど、老後の生活が豊かな人とゴミ屋敷で生活する人と天と地ほど差が出ています。自分はゴミ屋敷で生活するかもしれない。もしくはゴミ屋敷になってしまって生活しているという方がいらっしゃいましたら、安心してください。まだ間に合います。ゴミ屋敷は改善の余地がある問題です。しかし逆に言えば、専門業者に依頼すればお金はかかりますが、すぐ家は綺麗になるでしょう。そうなるとゴミ屋敷も再発してしまう危険性もあります。ですのでゴミ屋敷をいかに、克服したいという強い気持ちだったり、ゴミ屋敷になりたくないという強い気持ちを持てるか、ということが重要になってきます。ゴミ屋敷は基本的に害悪しかありません。良いところは先ずないでしょう。ゴミ屋敷になれば怪我をする恐れもありますし、ゴミと一緒に生活するのと一緒ですから、ゴミから出ている有害な悪臭を吸引してしまい、病気になりがちになったりと身体的悪影響がかなり強いです。また害虫なども出ますので、害虫が口に入ったり、耳に入ってきたり、危険は山ほどあります。ここではあげれないくらい危険な事例はあります。身体的悪影響以外にも、ゴミ屋敷は精神的悪影響もあります。憂鬱になったりするのがゴミ屋敷です。負のオーラを溜め込んでいるので、憂鬱、億劫、自堕落、内向的、マイナスのがついてまわります。そうなってしまうと様々な危険が起きてしまいます。冒頭にあげた通り、孤独死という危険性も出てきます。そのような内向的思考になれば友達と会わなくなったり、友が離れて行ったり、家族とも疎遠関係になったりと良くない人間関係を作ってしまったりと精神的悪影響は身体的悪影響より大きく色濃く出ます。よく昔から掃除をすれば気持ちがスッキリするという言い伝えがある通り、悪いものを掃く、ゴミを掃き掃除するという事で、部屋を掃除しているようで心を掃除しているなどとも言われたりします。このように掃除は邪気を払うとも言われるくらい、大切なものですが、ゴミ屋敷は溜め込んだものをずっと溜めて、部屋も心もくすんで来ます。そうなってしまうと良くない方向に考えてしまったりしてしまうので、ゴミ屋敷などは必ず早期解決が望ましいです。では、この後にゴミ屋敷と孤独死について書いていきますが、その前に自分が解決したいという気持ちや考えがしっかり持てているのか?ということが重要になってきます。明確なビジョンがないと計画は崩れてしまいます。ですのでゴミ屋敷も孤独死も明確な解決するビジョンを描いてから取り組むようにしましょう。そうすることで早期解決に繋がりますし、明確なビジョンが描けることで自分の気持ちを強く持つことができます。ただぼんやりと解決すればいいなどと思っていれば解決はしません。ですので解決したいと思う強い気持ちを持つようにしましょう。

①ゴミ屋敷にしない

この、ゴミ屋敷と呼ばれる家は年々増えています。昔はゴミ屋敷は高齢者が比較的多かったのですが、最近のゴミ屋敷化は若者20代からも増加してきています。実家から出て、人の目につかない環境になり、掃除を怠ってしまう、しかしそうなっても、誰も掃除をやってくれる人はいないという状況で、ゴミ屋敷の若年化は進んでいます。しかし、そうは言っても高齢者のゴミ屋敷もまだまだ多いことに変わりはありません。なので、ゴミ屋敷になる前に、まずは今の現状に気づくことが大切です。「自分の家は汚いのかもしれない」や「人を家に呼べない」など少しの違和感でも周りを見渡して行動に移してみましょう。自分の家が汚れているかどうかを判断するのには、自分が目標にする部屋、自分が住みたい部屋を想像するのが1番です。それが今の部屋とどう違うのか。それが違ければ違うほど、掃除や片付け、意識を変えるチャンスかもしれません。自分の理想の部屋にしたい、するという気持ちが、部屋をきれいにする、保つための秘訣なのです。
まず、ゴミ屋敷にならないためにはこまめな掃除が大切です。一気に溜まった掃除をするとなると、たくさんの時間ととてつもない労力と気力を消耗します。そうならないためにも、簡単なことでもいいので毎日こまめに掃除をすることが大切なのです。例えば、月曜日と金曜日は部屋全体の掃除機かけ。火曜日土曜日は洗濯をする。水曜日は水回りの掃除。木曜日は棚などの上の整理。など、自分でルールをつくり、それを必ず守ること。毎日こまめにすることによって、1日に掃除する量は少なく、汚れもさほど溜まっていないのでサッと掃除するだけで済みます。そして、それが癖ついた頃には、掃除機の日ではなくても、ちょっとホコリが落ちてるから掃除機かけようかなと掃除をしていたり、水回りの掃除の時に大変になるからこまめに食器は洗って片付けておこう。など応用が身についていきます。そうなるまで、ひたすら自分ができるルールを決めて守ることがとても大切なのです。
掃除の癖の付け方の次は片付けです。まず、「ゴミはゴミ箱に捨てる。」や、「帰ったら服をかける、洗濯機にいれる」など放置してしまうことをやめましょう。食べたものはゴミ箱へ、などこれもひたすら繰り返して癖をつけるしかありません。ゴミの場合は、ゴミ箱を部屋のよく通るところに置いておき、ゴミを捨てることを億劫に思わない場所に置いておきます。普段は一部屋に一つのゴミ箱を例えば二つに増やしてみたり、何かをしてゴミが出た時にサッと捨てることができる距離、場所にゴミ箱を置くことによって、ゴミを捨てるという癖がつくでしょう。このように掃除の片付けを癖つけることによってゴミ屋敷化は防ぐことができるのです。

②孤独死を警戒する

孤独死になる人は誰にも頼れず、看取ってもらえず人知れず亡くなって、後から物件のオーナー様に見つかり、事態が公になりますが、孤独死になってしまう人は周りに迷惑をかけたくないと引きこもる人が多いです。しかし、そのように孤独死の状態になってしまうと結局、周りには迷惑かけてしまいます。自分が周りに迷惑かけないようにと思って家で息を引き取っても、言い方は厳しいかもしれませんが、誰かの迷惑になってしまうのです。だからこそ、迷惑をかけたくないと思うのであれば、誰かを絶対に頼ってください。頼って断られてもいいですし、頼って最後まで付き添ってもらう。これは誰にも迷惑かけていません。しかし誰にも気付かれず家で亡くなっても、いつか誰かが気付き、特殊清掃をしなければいけません。そうなると普通よりも多くの人間が動きます。まし迷惑をかけたくないと思うのであれば自分から孤独死にならないように努力するしかありません。友人と会うようにする、趣味を作るなど孤独死の対処方法は多くあります。自分に1番合う方法を使って孤独死にならないように、対策していくことが重要になります。

現代で求められる片付け改革

皆さんこんにちは、今回は現代で求められている片付け改革を説明していきたいと思います。昨今、ゴミ屋敷などは年々拡大していく一方で政府も対策ができないのが現状になっています。何故か、それはゴミ屋敷がそもそも個人の問題であり、ゴミ屋敷は近隣の迷惑にならなければ誰にも気づかれる事なく存在してしまうからです。そして、ゴミ屋敷とは、どこからゴミ屋敷なのか?部屋が汚いだけで、ゴミ屋敷なのか?という問題もあります。ゴミ屋敷は曖昧なラインで区切られており、人によってゴミ屋敷なのか?ゴミ屋敷ではないのか?という違いもあり、場合によってはゴミ屋敷にした本人がゴミ屋敷ではないと言い張るような事例も、だからこそ今一度、11人がゴミ屋敷を見直して、自分は果たしてゴミ屋敷ではないのか?ただ部屋が汚いだけなのか?という事も再確認していかなければいけません。もしかしたらあなたもゴミ屋敷なのかもしれません。先ず、ゴミ屋敷というものを皆さんの想像と少し食い違いがあるかもしれません。それはテレビやメディアなどで観ているゴミ屋敷を想像していませんか?実はゴミ屋敷は専門業社によく依頼が来ますが、そのほとんどがテレビやメディアなどで見られる規模の大きいゴミ屋敷とは全然違います。足の踏み場もあるのに部屋が汚いというだけでゴミ屋敷はゴミ屋敷という部類に入ります。ですので皆さんは自分はゴミ屋敷になんかならないと決めつけない事が一番大事になります。常に危機感を持ち、どのようにすればゴミ屋敷にならないように出来るのか?またどのようにする事で片付けが上手くいくのか、自分に合った片付け方法とは何か?など部屋が汚くならない為にするべき事を考えることによって、ゴミ屋敷になる可能性もグッと下がります。しかしそれを考えれていなかったり、自分はゴミ屋敷になんかならないと思っている人は大きな落とし穴にハマってしまう可能性があります。ゴミ屋敷にしてしまった人達は全員元々はゴミ屋敷にするつもりはなかったのです。それは自分はならないと思っている人と同じで、自分はゴミ屋敷にはならないと思っている人ほどゴミ屋敷に陥りやすくなってしまいます。危機感を持つということはそれほど大事なことということです。しかしながら現代では危機感がない人が非常に多く、危機感を持って暮らしている人は少数派でしょう。だから年々、ゴミ屋敷は増えていく一方にあります。ではこの現代の悪循環をどのようにして断ち切るか、ということが重要になってきます。それは知るという事です。知識は武器になります。ゴミ屋敷の怖さや対応策を知っていればゴミ屋敷になる事はほとんどないでしょう。しかし知らないのであればそれはまた別です。知っているのと知らないのとでは180度違います。ですのでここでは片付けに対する考え方や方法を知識として取り入れてくれればと思います。またその方法は知っているという方は再確認して改めてゴミ屋敷に対する考え方を認識していきましょう。

①家に価値を見出す

片付け改革として、まず、家というものに価値を持たせるということが大切となります。

それはなぜかというと、汚い部屋、汚臭がする部屋、虫が飛んでる部屋には基本誰も帰りたくはありません。それは、自分で自分の家の価値を下げてしまっているのです。例えばお気に入りの家具を置く。その家具を、ソファと仮定します。そのソファをよりよく見せるためには周りにあるゴミは絶対にいりません。ソファの上に散らかってる衣類ももちろんいりません。そして、そのソファにあう絨毯を用意してみたらどうでしょうか?新しく用意した絨毯を汚さないように心掛けることができます。これは、お洒落にすることや、お金をかけるということではなく、自分がこの家に帰りたいと思うような家づくりをすることが大切なのです。そうすることによって、家の自分にとっての価値が上がり、大切にきれいに扱うことができるでしょう。それが、片付け、掃除に繋がっていくと思われます。そうして、人を呼べる家、人に褒められる家、自慢できる家になるのです。

②余計なものは捨てる

次に、部屋にある余計なもの、つまり必要としていない、使っていないものをどうするかについてです。結論から言うと、部屋がゴミ屋敷化して困っている方は、今年1年で使わなかったものは処分しましょう。ある程度片付け程度の人ならば、そのものを見て考えて処分を決めるでいいかもしれませんが、ゴミ屋敷化と言われるまで進んでしまっていると、そんな流暢なことは言っていられません。「いつか使うかも」などで残しているもののほとんどは使わないことが多いので処分します。処分とは言っても、それは捨てることだけではありません。リサイクルや、人に譲るということもできます。最近はリサイクル業者やリサイクルショップが増え、値段の相場はその場その場によってピンキリとなっています。それをうまく見極め売ることによって得た収入で新たに収納ボックスや新しい家具などを買うことができるので余計なものの処分、つまり断捨離は、物を捨てること、粗末にすること、悲しいことではなく、次に繋がること、ワクワクすることなのです。ゴミ屋敷化とは行かずとも、「最近部屋の物が増えてきたな」と思う方は、余計なものの処分、断捨離をしてみてはいかがでしょうか。

③健全な生活を心がける

セルフネグレクトはゴミ屋敷になってしまう人が患っている精神的問題の一つで有名ですが、セルフネグレクトじゃなくてもゴミ屋敷にしてしまう人がいます。そのような方はある意味ゴミ屋敷をすぐにでも脱する事ができます。後は考え方と普段の生活の仕方によって変わります。健全な生活が出来ていない人の多くはゴミ屋敷のように、荒れてる部屋などあり、健康志向だったり健全な生活を送ろうと努力する人は掃除を欠かしません。そうです、健全な生活とは掃除をしっかりとして、健康的な食生活も含めて心がけることが大切です。しかし当たり前とされていることが出来ない人が多くいます。食生活と部屋が汚いというのは関係ないと思う人も多いと思いますが大きな間違いです。荒れた食生活は荒れた部屋を作り出す原因でもあります。食事の管理は自己の管理です。自己管理が出来ない人の多くは掃除が出来ない人も多いです。セルフネグレクトとは自己管理が出来ない状況にあります。食生活も含めてです。健康的な生活と片付けはある意味密接に繋がっていて、自己管理が出来る人は部屋も綺麗で食生活も乱れがなく健康体であります。ですので自己の管理を成長させる為にも、普段から食生活も意識して生活してみましょう。そこからあなたが変わる可能性も十分にあり得る話です。

まとめ

いかがでしょうか?ゴミ屋敷と食生活や自己管理など、関係のないようなことまで片付けに関係してくるのです。現代ではゴミ屋敷は多く存在しており、年々片付けが出来ない人が増えてしまっているのが現状です。そうならない為に自分はどうするべきなのか?という事を考えることが1番のゴミ屋敷から脱する1番の近道でもあります。自分はゴミ屋敷になってしまうかもしれないという危機感を持つことで、ゴミ屋敷になる可能性を下げていきましょう。そしてゴミ屋敷とは私は関係ないという考えは捨てて、自分にも起こるかもしれないなど思うようになれば、周りにも情報を共有して、自分や家族や友人などにもゴミ屋敷の危険性を教える事が出来ますし、そのように意識できていれば、ゴミ屋敷なる事はないと思います。

高齢者が考えるべき生活習慣

皆さんこんにちは今回は高齢者から学ぶ生活習慣を紹介していければと思います。当然ですが生活習慣は皆さんきちんと出来ているでしょうか?生活習慣と一括りに言ってしまえば、簡単ですが、基本的には片付けや自己の健康管理など生活習慣を整えている人は少なくなってきています。特に現代社会では生活習慣を規則正しく出来ている人は少ないと思います。社会人になってから生活習慣が荒れてしまうなど、仕事を通して生活習慣が荒れてしまうことは仕方がない事だと思いますが!高齢者になってから仕事の束縛もなくなった今、あなたの生活習慣はきちんと正せているのか?という事が大きな問題に今なっています。生活習慣と一括りに言ってしまうとボヤけてしまうので、ピンポイントに説明していくと、先ずはきちんとした片付けなどが出来ているのか?というのが問題点として一つ目に挙げられます。後々細かく説明はしていきますが、片付けが出来ない事によって様々な弊害が生まれてしまいます。それが一番危険な事でもあり、すぐに片付けに取り組まなければいけない原因の一つでもあります。それがゴミ屋敷です。ゴミ屋敷は年々増え続けている、問題で、そのゴミ屋敷問題は社会的問題にまで発展してしまっています。ゴミ屋敷は基本的に高齢者に多いものとされてきましたが、今や若い世代の人たちもこのゴミ屋敷問題には頭を抱えている人が多く存在します。若い人たちのゴミ屋敷問題は社会的原因が一番強いのではないか?とされていて、仕事によるストレスや無理な生活習慣から片付けが出来なくなってしまい、気付けばゴミ屋敷になってしまっている、というのが多いとされています。また高齢者の場合は昔から変わりませんが、身体に不自由があり、思うように掃除ができないという仕方がない理由から、身体はまだ動けるが片付けをする気力がないという理由から様々です。ですが圧倒的に高齢者の家がゴミ屋敷が多いのは事実です。また高齢者と一緒に住む、息子さんの家など、介護が必要な状況で、自分の仕事もあるという環境でゴミ屋敷にしてしまう人もいます。ゴミ屋敷はとてもデリケートな問題であり、周りに相談する事が出来ない一つの状態です。そうなってしまうと一人で抱え込む人が多く、業者に頼めばお金が発生してしまうし、どうしようもないという方もいらっしゃいます。そうなると八方塞がりになってしまうので、そうならないための方法を今回は説明していきたいと思います。またゴミ屋敷にしてしまうと孤独死という問題も付いてきます。ゴミ屋敷は先程言った通りデリケートな問題です。周りに相談できず、人との距離置いてしまいます。精神的にも鬱に近い症状の人もいます。そうなると自分から周りを離れていき、独りになってしまう。というのがあります。だからこそ片付けは重要になります。また自己の健康管理も間違いなく重要です。自分の精神的部分と身体的部分のストレスを発散する事で、自己の健康管理を正すことが一番大切です。それでは先ずはゴミ屋敷にならない為に!一番重要なことから説明していきます。

①片付けを習慣にする

さっそくですが、この題が1番ゴミ屋敷化を防ぐ基礎となります。どんなに大掃除の仕方を学んでも、その時に綺麗にしても、それを継続できなければ意味がありません。なので、掃除を自分の習慣に取り入れることが大事なのです。これは若者から高齢者までが抱えている問題なのです。ここで、どのように掃除を自分の習慣に取り入れていくのか考えてみましょう。
まず、大掃除や部屋をすでにきれいにした状態だと仮定します。掃除が終わり夕飯を食べる時、食べカスが散らばったり、ゴミが出ます。それをそのままにしてはせっかく掃除をした意味がありません。落ちたゴミは拾い、出たゴミはゴミ袋に捨てましょう。これは、食事だけではなくどのような作業をしていても同じことが言えます。
次に、朝起きて、床にホコリや目に見えるゴミがある場合は、その時にワイパーなどで簡単に集めるようにしましょう。毎日、掃除機をかけることがきれいな足元を作る秘訣となります。毎日掃除機をかけて、毎回ゴミを捨てておけば、その日に出たホコリを払うだけなので、掃除機をかけることも何も苦にはなりません。今は色々な掃除グッズが販売されています。コードレス掃除機や、ワイパーなど簡単にサッと掃除ができるものを、手に取りやすい位置に置いておくと、いちいちクローゼットから出してなどとせず億劫にならず習慣付けができるようになります。それと同じく、ゴミはすぐにゴミ箱は捨てるということです。これも掃除機と同じように、習慣付けをするコツとして、手に届く位置にゴミ箱を置いておくことです。これをすることで、あとで捨てようなどがなくなります。見栄え的に気になったり、じゃまとおもってしまう方もいるかもしれませんが、自分にゴミをゴミ箱にすてるという習慣ができるまでは続けてみるといいかもしれません。
このように、普段はそこに掃除機やゴミ箱を置くのはちょっと…というところにでも、自分に習慣をつけるためにはしかたなくでもいいので、こういった方法をとって、掃除や、片付けを習慣つけることが大切なのです。

②自己の健康管理の大切さ

自分の健康状態は自分が一番よくわかると思います。片付けもゴミ屋敷にしたくないという気持ちも、持っていても片付けが気乗りしないなど、様々な理由でやらなくなってしまいます。そうなると自分の健康状態や健康管理もまともに出来なくなってしまうセルフネグレクトというものがあります。セルフネグレクトは自己の健康管理ができない状態で、片付けや食生活や生活も荒れてしまい、一人で生活出来ないレベルになってしまうことです。セルフネグレクトはどうやってなってしまうのか?それは簡単に言うと精神的乱れが原因の一つとされています。精神を安定させる為には貴方が好きな事やってみたり、趣味を作ってみたり、片付けをして綺麗な部屋で生活する事で、精神的苦痛は緩和されていきます。人によって影響は様々ですが、自分にとってプラスになると思う事をやる事が大切になります。自己の健康管理をしっかり保つ為に何をしていけばいいか具体的に話していきましょう。先ずは、外に出ることです。外に出て日を浴びる事は科学的にも重要とされていて、家の中に引きこもっているとマイナスな影響を精神的に与えてしまう事がわかっています。そうなってしまうと精神的に乱れてしまい、良くない場合はセルフネグレクトにまで発展する恐れがあります。そうならない為に、外に出かける事は凄く重要な事の一つとされています。

まとめ
いかがだったでしょうか?今回は高齢者になってから改めて学ばなければいけない自己の健康管理と生活習慣でした、今回のことに関しては決して高齢者の人が必ず復習しなければいけないというわけではなく、若い世代の人達もいずれは思い出さなければいけないことだと思います。若い世代から知っておくだけでプラスになることだと思います。ですので知って得する事は必ず知っておきましょう。セルフネグレクトやゴミ屋敷などは昨今大きな問題となっています。その問題に自分も陥ってしまう危険がある事を再確認して、自分はそうならない為にどうするべきか考えることが大事になります。次も生活に関しての記事になりますので楽しみして下さい。