暮らしに作りに不可欠な事

皆さんこんにちは、今回暮らし作りに不可欠な事を紹介していこうと思います。暮らし作りを怠っていると、部屋が荒れてしまいゴミ屋敷になってしまうなどあります。そしてゴミ屋敷になる可能性は誰にでもあるということを皆さんに理解していただきたいです。暮らし作りと一括りに言っても、何をすればいいのかわからない方が多いと思います。ですので今回はどのような部屋がゴミ屋敷にならないような部屋なのか、という所にフォーカスを当てつつ、暮らし作りに必要な事を紹介できればと思います。そしてゴミ屋敷は皆さんにとってどれほど怖いものか、そして誰にでも起こりえる事なんだという事を紹介していきます。ゴミ屋敷とは簡単に言ってしまえば汚い部屋がさらに進行し、人が住むには危険な環境がゴミ屋敷です。ゴミ屋敷には異臭や害虫、近隣トラブルなどあらゆる火種があります。分かっていながら感覚が麻痺してしまい、その部屋に住む事に少しの抵抗だけで拒絶までとはいかなく、その部屋に平気で住み始めてしまいます。そうなると感覚的にずれてしまうと、害虫の大量発生や近隣トラブルなど大きなきっかけがなければゴミ屋敷を改善しようとしません。また近隣にバレるのが嫌で掃除の依頼などしない人もいて、そのような点を見るとゴミ屋敷とはいかに危ないものかが分かります。そして、ゴミ屋敷に至っては高齢者が多かったのは数年前の話で、最近に至っては年齢関係なく、若者にも多くのゴミ屋敷問題があがっています。そうして今では高齢者かれ若い年代まで関係なく、ゴミ屋敷という問題は社会問題にまでなっています。そしてゴミ屋敷の恐ろしさはこれだけではなく、ゴミ屋敷は何かをすれば解決するわけではないのです。ゴミ屋敷という存在がめんどくさい存在なのは理由があり、ゴミ屋敷は、ゴミ屋敷にしてしまう人本人の気持ちが変わらない限り、再発してしまうというのが大きな問題点となっています。それは清掃業者に依頼して綺麗にしたり、近隣トラブルになり片付けたところで、ゴミ屋敷というのは本人が変わらなければ、いずれまた再発してしまう厄介な環境問題となっています。精神的問題にまで関係してくるゴミ屋敷ですのでゴミ屋敷を片付けるのはその場しのぎにしかなりません。本当にゴミ屋敷を改善したいのであれば当事者自身が変わりたいと思う気持ちが1番大事になってきます。本当に変わりたいと思っていれば必ずゴミ屋敷は改善の兆しげ出てきます。しかしゴミ屋敷になって清掃業者に依頼すればいいと思っているだけでは再発してしまいます。そうすれば金銭的にも更にお金がかかってしまいますし、いい事は無いと思います。ですのでゴミ屋敷にしてしまう人は必ず変えてやるんだという気持ちを持つ事が大事になってきます。しかし強い気持ちを持てないままでいると、部屋がまた荒れてしまうなどがありますので注意が必要です。また、ゴミ屋敷ではないが部屋が汚れている人も気をつけてください。自分には関係ない事など思わずに、自分もなる可能性があるかも知れないと考えておきましょう。そうしなければ次はあなたの番かもしれません。ゴミ屋敷にしてしまった人の大半はあなたのように自分はならないと思っていて、気付いたらゴミ屋敷になってしまったという人ばかりです。それはあなたが思っていたようにゴミ屋敷になんてならないと思っていた人たちです。ゴミ屋敷というのは誰にでもなりえる問題なんです。特定の人物がなるようなものではなく、すべての人に可能性がある事をしっかり理解しておきましょう。そうする事で隙を見せず、ゴミ屋敷にする事はないでしょう。逆に言えば、ゴミ屋敷にならないだろうと考えていて、いざゴミ屋敷になりそうになった時に何も知識がなく、どうすればいいか分からない、とりあえず掃除しようとするだけで明確な打開策がなくゴミ屋敷になっていってしまうなど、多くあります。そうならない為に今回ご紹介する暮らし作りに不可欠な事を覚えていけば決してそのような結果になりませんので、少しでも参考になればと思います。

①毎日10分以上の掃除

毎日の掃除というのはめんどくさいイメージがありますが、それは規模によるものです。暮らし作りが上手い人は、部屋が荒れてしまう前に、少しずつの掃除毎日続ける事で部屋荒れてしまう事を防いでいます。しかも毎日10分くらいの掃除なんて簡単ですよね。1日24時間あるうちのたった10分を掃除に当てるだけで部屋が綺麗になっていくのです。しかしやってみたら分かりますがその10分が恐ろしく辛いはずです。普段から掃除をしない人は10分の掃除も辛いと思います。しかしそこはめげずに頑張りましょう。簡単な話テレビ観ながら、携帯いじりながら、音楽聴きながらでもいいのです。兎に角しっかり10分以上の掃除する事になります。そして1年間やっていると感じるのが何かどうしても仕方がない用事で家に帰れない時に掃除をしていないとソワソワしてきます。そうなれば、もう貴方は綺麗好きの仲間入りです。そうなんです。掃除をしないと落ち着かないようになります。毎日の習慣というのは人間にとって重要なことです。習慣を1つ人からとってしまうと身体がびっくりして何かしらの反応を起こす事があります。掃除も同じように習慣にしてしまえばやっていない日は掃除がしたいと思うようになるでしょう。そうなってしまえばこっちのものです。貴方は2度と部屋をゴミ屋敷になんかしないでしょう。

②綺麗好きになる自分を想像する

何かをすれば暮らし作りが上手くなるわけではありません。どうしても気持ちの面で変わっていかなければいけない事があります。それは先ず自分が綺麗好きになる事が大事になります。その場しのぎで掃除をしてもすぐにまた部屋が荒れてしまいます。そうならないようにするには考え方や意識を変える必要があります。そして私もわかっていますが、人の考え方や意識は急激に変わりません。余程の事がない限り変わる事は難しいです。しかし想像する事は誰にでもできます。貴方も一度でもいいので想像してみてはいかがでしょうか?先ずは綺麗好きでオシャレな部屋に住む自分を想像する事も大事です。ゴミ屋敷なんかではなく、汚い部屋ではなく、綺麗でオシャレで落ち着くような部屋に住む自分を想像しましょう。そうする事で意欲が湧いてきたりモチベーションに繋がったりします。多くの人はこの方法を使って再発防止をしていたりもします。しかも変にお金などもかかりませんし、簡単にできますのですごくお勧めとなっています。

まとめ

どうでしょうか?紹介するものは少ないですが1つ1つ詳しく説明していきました。ゴミ屋敷などは正直な話でいいますと個人個人の問題で、その人がゴミ屋敷にしたくないと強い気持ちを持たなければ変わりません。しかし1度自分の中で相談してうまくいけば2度とゴミ屋敷にはなりません。綺麗な部屋に住む居心地の良さを知れば2度再発をする事もなくなるでしょう。またゴミ屋敷にしてしまったら自分はゴミ屋敷にしてしまう、だからそうならないようにしなければ。と認めて改善していきましょう。多くの中には人のせいにしてゴミ屋敷になったという人が多く、そうなってしまうと次もまた汚くなってしまいます。ですので、そうならない為に自分の心を磨く事も大切です。良き生活ライフを。

高齢者が守るべき3つのルール

皆さんこんにちは、今回は高齢者の方が生活していく中で守るべき5つのルールを紹介していきたいと思っています。また5つのルールというのは基本的に孤独死やゴミ屋敷といった環境にしないためのルールになりますので、興味のない方はブラウザバックをお願いします。そして、皆さんに聞きたいことが何点あります。皆さんは高齢者の方ですか?そしてまた何で聞きたいかというと高齢者じゃない、若者にも高齢者の話だから無関係とかではなく、関係してくるんだという事を理解してほしいのです。ゴミ屋敷や孤独死というのは確かに高齢者の時に気をつけてなければいけないものだと思いますが、若者の頃から気をつけていれば、高齢者になってから焦って気をつける必要もなくなりますし、何より知識というのは武器になります。孤独死やゴミ屋敷というものは自分が気付かないうちに近くにいるものですが、知識さえ身につけてしまえば全く怖くなんかありません。そして、知識があれば回避方法もわかるので、焦る必要もなくなるという事です。しかしもし知らないとなると厄介で先ずは孤独死とは何か?などや、ゴミ屋敷はどこからゴミ屋敷なのか?などといった状況になってしまい先ず何をすればいいのかも分かりません。そして高齢者になってから覚えるにはめんどくさいと思う人もいると思いますし、ちゃんと覚えれるか心配な方もいらっしゃると思います。ですから若いから関係ないとかではなく知らない人は今から覚える必要がありますし、高齢者の方で知らない場合はめんどくさいと思わずに頑張って覚えるようにしましょう。そして既に知っている人も復習としてみていって下さい。やり方は様々あるので違うやり方を知れるかもしれません。ですので最後まで見ていただけると幸いです。さて、皆さんはゴミ屋敷や孤独死はそもそも知っているでしょうか?現代では孤独死やゴミ屋敷というのは深刻な問題になっており、若い世代から高齢者まで幅広く問題として上がっています。そして驚くべき事に今や若い人と高齢者に大差がないほどにゴミ屋敷に関しては件数はほぼ同等あります。それほどまでに多くなってきているゴミ屋敷ですが解決方法は具体的な方法が少なく、大きな問題は当事者の心の問題とも言われています。心の問題となると話は大きく変わってきます。簡単に変えることは難しいですし!何より精神的に深く悩んでいる方になると言葉だけで簡単に変えれるほどの問題だとは思っていません。しかし変えなければゴミ屋敷の発展が進み内向的な生活や性格になっていくと人付き合いも減っていく一方になり、孤独死という新たな問題も出てきます。そのような点から見ても、必ずゴミ屋敷などの問題は解決する必要があります。そして、若い頃からゴミ屋敷になっていると高確率での高齢者になってから孤独死を迎えてしまう可能性があり、一概に全員なるとは言えませんが、高い確率でなってしまう可能性があるのでゴミ屋敷や孤独死は高齢者の問題でしょと決めつけるのは良くありません。ですので今回の紹介する内容をしっかりと理解して把握する事で、将来の不安要素が消えますのでぜひ目を通してください。

①ゴミ屋敷になっている、もしくはなりかけている場合は必ず改善する

ゴミ屋敷というのは年々件数が増えてきており!先程説明した通り、年齢関係なく危険視するべき問題です。ゴミ屋敷が発展し続けて放置すると孤独死に至ってしまうケースもあり、孤独死の現場のほとんどが部屋が荒れている状況が多いです。そのような点から見てもやはり生活環境が悪いと様々な事が悪化していくのが分かります。そして、生活環境の大切さは他にもあり、生活環境は食生活なども含まれており、健康的思考ではないと当然ながら体調も悪化し、部屋も荒れていきます。部屋が荒れれば体調も悪くなり、考え方もマイナス思考になります。そしてマイナス思考になると人との関わりが極端に少なくなり必然的に孤独になってしまい、高齢者の場合は孤独死になってしまうケースがあります。そのようなケースは生活環境が大きく影響されているとされ、環境改善が1番の近道だと思います。先ずは、起きる時間や寝る時間をしっかり決めて、健康的な食生活する事を心がけましょう。掃除はたまにやるのではなく、毎日少しずつでいいので掃除をする事で、ちょっとずつ綺麗になっていきます。部屋をいきなり全て綺麗にしようとすれば骨が折れるのも目に見えてわかりますし、一度で全てを綺麗にする事は心身共に相当な苦痛になります。ですので焦らず、ゆっくりと1ブロックずつ綺麗にしていく事で心身共に無理のない掃除を心がければ綺麗な部屋になっていきます。また最終手段として専門業者の依頼も視野に入れて、金銭的に余裕があるのであれば清掃を依頼するのも良いと思います。

②家族や友人など知り合いとの連絡を取る

連絡を取らなくなって疎遠関係になってしまう事は高齢者になってからでは大きなリスクを背負うことになります。疎遠関係になれば連絡したい時にできません。そうなってしまうと、孤独死を自分で受け入れているようなものになってしまいます。ですので、高齢者になった時に家族や友人と連絡を取れていない方はぜひ連絡取りましょう。それぞれの家の事情や友人関係もあるので一概には言えないけど、連絡を取らなければ1人で過ごすことになってしまいます。受け身になっていては人は集まりません。自分からアクションを起こすことによって人との繋がりが出来るのです。歩み寄らなければ歩み寄ってくれません。ですので恥ずかしかったり気まずかったりしても、特に大きな問題がない限りは自分から必ず連絡する事をお勧めします。高齢者になってから家族に迷惑をかけたくないと思っている高齢者の方が沢山います。しかし何かあってからでは迷惑かけてしまうのです。そうなるくらいなら最初から家族とのパイプを強く持ち、友人とも連絡をとっていれば万が一の時に助かって、迷惑をかける事はありません。1番悲しい事は後から孤独死していると聞かされる遺族です。そのような悲しい気持ちにさせていけません。ですので迷惑をかけたくないと思うよりも、悲しい気持ちにさせては絶対いけないと考えて、自分から少しずつ連絡を取るようにしましょう。そうすれば孤独死になる事は絶対にないでしょう。

③趣味を持つ

高齢者になってから家に引きこもりがちですが、趣味を持つ事は絶対に必要になります。ホットヨガや、パークゴルフ、身体に負担の少ない趣味でも構いません。園芸など様々にあります。とにかく趣味を持ちましょう。そうする事で趣味つながりの友達ができたり、趣味を見つける事で新たな生きがいが見つかる人もいます。そうして趣味をやる事により外にも出る事が増えますし、明る性格になり人との関わりもおおくなります。孤独死の危険性も下がりますし、何より毎日が明るく楽しくなる人が大半です。趣味に没頭できれば嫌な事も忘れますし、ぼーっとしていなくていいので精神的にも良い兆候がみれると思います。そうして生活環境も改善されていきますので趣味を持つ事は強くお勧めします。

まとめ
いかがですか?この3つルールだけでも守る事で生活が大きく変わると思います。またこの3つを頭の片隅にあるだけでもいいので焦らず少しずつルールを作って守っていきましょう。あなたに明るい未来が待っていますように。

ゴミ屋敷を防ぐには

皆さんこんにちは、今回はゴミ屋敷について触れていきたいと思います。皆さんはゴミ屋敷の知識はどれくらいお持ちでしょうか?知っていると知らないという事は大きく違います。知っていれば未然に防げたり、対応出来ていたりなど知らないだけで損をしてしまうことがあります。しかし先ほど言った通り知っていれば怖いものはありません。ですので今回はゴミ屋敷になってしまうきっかけや考え方などを紹介していきたいと思います。またゴミ屋敷とはどれほど危ない状況下にあるのかというのも理解する必要があります。たかが部屋が汚れているだけと考えていればいつまでたっても改善されませんし、現状ゴミ屋敷ではなく安心ばかりしていては!何かのきっかけですぐにゴミ屋敷になってしまいます。そのきっかけは些細なことから始まります。サインを逃してしまったり、些細なことが積み重なるとゴミ屋敷まで一直線です。多くの人がゴミ屋敷という存在を知っていながらも、ゴミ屋敷の脅威に気付く事なく気付けば取り返しのつかないゴミ屋敷になってしまいます。そのようにしてゴミ屋敷の当事者の多くは決して自分で望んでゴミ屋敷にした訳ではないという事を理解してください。ゴミ屋敷にしたくなくてもゴミ屋敷になってしまうというのが1番怖いところです。ゴミ屋敷は現代の社会問題にもなっていて年齢関係なくゴミ屋敷は起きてしまう厄介な問題です。そしてその多くが再発してしまう事もあり、ゴミ屋敷とは精神的問題も含まれてくるため解決するには個人の考え方が変わらなければいけません。また考え方が変わることに関してはゴミ屋敷にした事がない人でも考え方が変わっていればゴミ屋敷になる可能性を下げることができますので是非覚えていきましょう。

①掃除出来る時間があれば必ずする

掃除はというのは先延ばし先延ばしにすればするほど、かなりの時間がかかる掃除になってしまいます。どんなに掃除が得意であったりしても、何ヶ月も掃除されてない部屋は骨が折れます。部屋が荒れやすい人は掃除を何ヶ月もしない人が多く、掃除というとのがめんどくさいイメージを持ってしまいます。勿論誰だって時間がかかる掃除はめんどくさいものです。そこで分かるのがそもそも掃除に対しての考え方が間違っているというのがわかります。掃除が上手な人というのはやり方が上手いのではなく考え方が上手なんです。逆を言えば掃除が下手な人というのは考え方が違うだけで誰でも掃除は上手に出来るというのが分かります、?掃除が上手な人は長く掃除しないといつかやる時にめんどくさいから、今やるという考え方ですが、掃除が下手な人は先のことを考えず今やるのがめんどくさいと感じてやらない人が多いです。その事から考え方ひとつ変われば掃除なんて楽勝という事になります。言葉で言えば簡単に聞こえますが、実際に簡単なんです。私自身も部屋掃除が苦手で後回しにしていましたが、考え方を変えて掃除するようになってから掃除が楽に終わるので凄く助かっています。なぜ楽に終わるか?というのも簡単な話で、毎日少しずつ掃除すれば掃除するところがなくなり、軽く埃を掃き掃除するだけで終わってしまいます。ですので、掃除に対して何の苦も感じなくなります。そのようにして掃除イコール面倒くさいものという考え方を変えるのが大事になってきます。しかし具体的に用意するものなど何もなく、考えを変えるだけ部屋が綺麗になるのであれば、勿論誰でも出来ることです。ですので掃除は少なくともやれる時にやっておくというのが1番の解決方法になります。モチベーションを保つことが大切になりますがモチベーションの保ち方を紹介していきます。

②オシャレな部屋にして知り合いを呼ぼう

モチベーションを保つことは難しい事です。だからこそモチベーションの保ち方は1つだけではなく人それぞれです。ですが人それぞれですと終わらせてしまうとぼんやりとしていて、なかなか一歩を踏み出す事ができないと思います。ですので私なりのモチベーションの保ち方を教えたいと思います。またこの保ち方は数多くの片付け上手が使っている方法でかなりの効果が出ますので是非皆さんも試してみてください。その方法とはオシャレな部屋を意識する事です。オシャレな部屋で汚い部屋はないはずです。またあなたが想像するオシャレな部屋は汚い部屋ではないと思います。そのオシャレな部屋を実現するために努力する事が大切です。そして考えましょう。綺麗な部屋にしてオシャレな部屋に知り合いを呼びましょう。そしたら知り合い貴方が作った部屋に対して、オシャレだねーと言ったりすると思うと凄く楽しみなると思います。そしてやっとオシャレな部屋にして知り合いを呼んだ時に、いい部屋だね!と言われたら嬉しはずです。また写真などを撮ってSNSなどに投稿して周りからも羨ましがられたりと、良いことが多いです。そのようにモチベーションを保つ事が大事になります。

③断捨離をマスターする

物は良いものと悪いものがあります。素直に言いますと汚い部屋には使われてない物がたくさんあります。悪いものとは、そーいったような使われてない物が沢山あると、せっかくの部屋のスペースが台無しになってしまいますし、綺麗な部屋でもものが溢れていては綺麗に見えないです。ですので断捨離は必要不可欠になります。そして断捨離に関しては難しい部分もあります。もったいない症というのが捨てたくても捨てれないという精神的に辛いものもあります。ですのでそのような方は少しずつでいいので断捨離をしていきましょう。また現代ではクリニックなどもあり話し合って解決する方も大変多くいらっしゃいます。ですので1人でもし悩んでる人がいたら絶対に1人で悩むことなくクリニックや周りの人相談しましょう。そうすれば必ず光が見えてきます。またためこみ症じゃない方は、絶対にすぐにでも断捨離をしましょう。断捨離が出来ないのは心の弱さとも言われています。ですので必ず強い信念を持って自分と相談していきましょう。何でも捨てればいいというものでもありません、大切なものもあると思いますが、しかし全てが全て大切なものとしてしまうと片付けられるものも片付けられません。ですので難しいかもしれませんが踏ん切りつけて断捨離をしていきましょう。断捨離が出来るから部屋が綺麗なるというわけではありませんが、確実に部屋が綺麗になるために必要なものは断捨離が絡んできます。また部屋に家具が多くなっていても家具を残しておきたいと思うのであれば、最低限のルールは作りましょう。例えばテレビの横に空きスペースがあるのであれば、そこに収まる家具は残すとして、収まりきらない家具は捨てるようにしましょう。そうしなければもし部屋が汚い人は現状回復は難しいでしょう。また部屋を綺麗にしたとしても物が溢れかえっていればスペースが狭くなり、何かが汚れてしまった場合すぐに部屋全体が汚れてるイメージに見えてしまいます。ですので断捨離が出来れば大きな近道になりますので、断捨離を出来るならしていきましょう。

まとめ
以下のような事を念頭において部屋の掃除に向き合えば必ず綺麗な部屋になります。大事なのはモチベーションと行動も考え方です。ですので諦めず少しずつでいいので部屋掃除と真剣に向き合っていきましょう。そうすれば明るい未来が見えてきます。

お片付け上手が知っている5つのこと

皆さんこんにちわ今回はお片付け上手の人が知っている5つのマジックを紹介したいと思います。皆さんはお部屋の汚れや掃除など物を整理していますか?人によっては綺麗に保てていない人がいると思います。しかし部屋が多少汚れていても大丈夫だろうと思っているかたは気を付けてください。部屋が汚れることで様々な障害が生まれてきます。それは孤独死であったりゴミ屋敷に発展したりと、たかが部屋が荒れているだけで様々弊害が生まれてきます。これは大げさではなくこれがきっかけとなってしまう人が非常に多い事から、注意喚起が必要とされています。ですので今回はお部屋の片付け上手が知っている部屋を綺麗に保つ方法を伝授していきたいと思っています。先ず大事な事は貴方が強い意志を持って片付けようと思っているかどうかというのが大事になってきます。ここは非常に重要で片付ける気がない場合に綺麗になる方法を見て何も変わりません。しかし強い意志を持って片付けたいと思っているのであれば必ず片付けられます。ですので強い気持ちをまずは持ちましょう。そうすれば必ず成功します。しかし強い気持ちを持つことは難しい事でもあると思います。ですが今この記事を見ている方は現状をどうにか変えたいと思っている人だと思います。その今感じている意志を大事に持ち続けましょう。モチベーションに関しても後で紹介しますので是非その方法を試してみて下さいでい。少し話は変わりますがゴミ屋敷を皆さんはもちろん聞いた事があると思います。ゴミ屋敷というのは単純に言えば部屋が片付けられなくて荒れてしまい手に負えない状況になりゴミ屋敷が誕生します。という事は部屋を片付けれない人は必ずゴミ屋敷の危険性を視野に入れないといけません。それくらいの危機感がなければいけません。実は部屋を片付けられないとそのような危険もあるという事です。そして一度ゴミ屋敷の環境を作ってしまうと再発の恐れもあります。しかし強い意志を持てば再発の恐れもないですし、むしろ二度と部屋を汚したくないと思うでしょう。そのように結論から先に言うと貴方が真剣に変える意識があるかどうか?が大切になります。ですので気持ちを強く持ったうえで今回紹介する内容を試してみましょう。

①こまめな掃除を毎日する

こまめな掃除を毎日するのは大変なイメージがあると思います。しかしそのイメージというものが大きな間違いなのです。何が大きな間違いなのか?それは掃除の規模のとらえ方です。掃除が出来な人は基本的に掃除はめんどくさいと感じている人が多いです。しかしそれは規模が大きく考えてしまっているからです。掃除を普段からしない人は一度にまとめて掃除しようとします。そうすると勿論のことですが掃除に対して意欲的になれないのも確かです。規模が大きい掃除はどんな人であれめんどくさいです。しかしお掃除上手の方はそのような状況になる前に掃除しています。それは毎日の少しずつ掃除するだけで状況は全然違います。そのように掃除に対しての考え方を変える為に毎日こまめな掃除が必要になります。掃除しない方からすると毎日掃除するのは苦に感じるかもしれませんが、苦に感じないようにする工夫が大事になります。だからこそお掃除上手な方は、掃除をこまめにする事を忘れないんです。本当にこの方法は結果がすぐに出ますし、サボらず毎日きちんと続ければ考え方も変わりますので是非お試しください。

②オシャレを意識する

オシャレを意識することが部屋を綺麗保つ事となんの関係があるか?と思う人は少ないと思います。皆さんが思うようにオシャレな家というのはゴミ屋敷でもありませんし、部屋が汚いようなものでもありません。綺麗でいてオシャレで居心地やすい雰囲気があると思います。ですのでお部屋の掃除が上手な人はどうせ部屋を綺麗にするなら、オシャレな家にしたいと思うはずです。そうする事で必ず部屋を綺麗にするはずです。また綺麗な部屋にしてオシャレな家にした時に写真などを撮ってSNSなどで上げることによって周りからの反応が良いと更に部屋を綺麗にしてオシャレにしたいと思うはずです。そのようにオシャレはすごく大事な事です。また皆さんが思うオシャレな家にするにはお金だったり時間がかかると思う方もいらっしゃいますが、難しく考えなくて全然大丈夫です。オシャレの幅も沢山あります。決して高い家具があるからオシャレという事ではありません。自分の今出せるだけでいいので、自分に見合った家具やライトなどでオシャレな部屋を作っていきましょう。大事なのは部屋を素敵に保つことが大事になります。オシャレにすれば気持ちもウキウキと楽しい気持ちになります。明るい気持ちになれば部屋も常に綺麗に保ちたくなります。そうして良い循環を作り、精神的にもゆとりのある生活にしていきましょう。

③断捨離をこまめにする

断捨離は部屋を綺麗にする上で避けて通れない方法になります。断捨離が出来ない人は現代では多く存在していて、断捨離が出来ない人の多くは部屋が荒れてしまっている事があります。また酷い状況になればゴミ屋敷になってしまったりと、断捨離は出来なければならない方法になります。しかし逆に考えれば断捨離が上手く出来れば部屋の片付けは数倍楽になります。そのように断捨離はお部屋の片付けの大事な方法の一つになります。片付け上手の方がやる断捨離方法では、悩んだりせず常に使うもの以外はすぐにゴミ箱に捨てるようにしています。そうして断捨離をお部屋の綺麗上手に活用出来る人は、誰もが憧れる部屋に変身するのです。しかし断捨離が出来ない場合は物がどんどん溜まっていき、取り返しのつかない事になります。そうして、ゴミ屋敷に発展していきます。ゴミ屋敷に発展するのは精神的面も大きく影響があると言われていますが、しかし断捨離が出来なくてゴミ屋敷になってしまうという事も大きくあります。断捨離が出来なくて部屋が物で溢れかえる人はゴミ屋敷にしたくないのに、断捨離だけが出来ず、掃除しても物をしまうところがなくなってきて物だけが溢れかえってしまうという事が多くあります。それは掃除が出来なくてゴミ屋敷のように部屋が荒れてしまうのとは違い、掃除していても部屋が汚れてしまうため精神的にも大きなショックがあります。ですので断捨離に関しては出来ないのであれば、現在ではクリニックなどといった精神的にも安定する環境が多くありますので、もし悩んでいら方はそちらに足を運ぶのもいいのかもしれません。

まとめ

  1. いかがだったでしょうか?このように片付け上手は様々な工夫と考え方で汚部屋を撃退しているのです。そして、片付け上手だけが知っている知識というのは言わば片付け上手はめんどくさくなる前に部屋を綺麗にしてしまうという事です。この考え方が実は凄く重要で、片付け上手はある意味、片付けない時の大変さをわかっているからこそ、片付けるのです。そう考えれば、皆さんと同じで一度は片付けないでいた事があるということです。そして、それが自分にとって時間もかかるし疲労もあり、汚くなる前に常に綺麗保つ事が一番楽だという事をわかっているという事になります。皆さんもそのような点を抑えて、自分の部屋が汚くなってしまう前に綺麗にするという事が大事だとわかっていただいたと思います。ですので快適な生活を迎えるために皆さんも真似してみましょう。

孤独死と高齢者になってからの引きこもりがちな生活

みなさんこんにちわ今年も新年が始まり、忙しくなっていく時期かと思いますがこれからも宜しくお願い致します。さて早速本題に入りたいと思うのですが、皆さんはは自分や自分の周りに孤独死としっかり向き合えている人はどれくらい、いらっしゃいますか?そもそも孤独死という言葉を聞き慣れている人は少ないのではないでしょうか?また孤独死とは聞いた事があるけど実際に孤独死について考えてこなかったなどあると思います。しかしここで分かるのは孤独死というものが怖い事であるというのが分かっていながら限られた人しか孤独死について考えていないというのが現状です。しかし言葉だけは聞いた事があったり、孤独死の意味も知っているけど自分には関係ないと思っていた。などもあると思います。しかし今回の記事で皆さんがしっかり孤独死について考えられればと思っています。孤独死は現代において高齢者問題の一つともされています。しかしそのせいもあってか孤独死は高齢者に限る問題だと思い込んでいる若い年代の方が多く見られ孤独死に対しての危険性が理解できていない若い方が増えていきました。それもありテレビやメディアなどでも孤独死について最近では取り上げられることが少なくなっていき孤独死というものがより一層世間から隠れてしまう事に、しかし孤独死というのは確実に増えてきている事でもあります。ですので皆さんが孤独死を知りそれに対してどうすべきか?と考えていくことが大事になります。そうすれば高齢者になって孤独死に向き合ったときにどうすればいいのか分からないなどといったようになりませんので、孤独死は今考えなければいけないテーマでもあります。そして高齢者の方で既に孤独死というものと向き合わなければいけない状況になっている方もいらっしゃると思います。ですので今日は皆さんが知って得する孤独死を遠ざける方法を紹介していきたいと思っています。そして今回の記事は高齢者の方から若い方まで全ての方がマネできることですので孤独死を自分から切り離したい方は是非参考にしてみて下さい。そして周りにも教えてあげましょうそうする事で孤独死というものを周りも減っていけば本当に孤独死なんて怖くなくなります。簡単に言ってしまえば孤独死は誰にも看取ってもらえずこの世を去ってしまうことです。だとしたら看取ってもらう人がいれば孤独死ではなくなるという事です。簡単にまとめはしましたが、実際にそうゆう事になります。であるなら周りと共有することで孤独死を遠ざける行動にもなっているという事になります。ですので今回の記事がもし頭の片隅にでもありましたら何かの役に立つと信じて紹介に入りたいと思います。

①高齢者同士の輪を作る

高齢者同士の輪を作るのは一番大事です。孤独死というもの自体が高齢者に起きてしまう事の一つなので高齢者同士輪を作ることは非常に大切です。しかし高齢者同士の輪を作るのは良い事だと分かっているがどうすればいいのか分からないという方は様々な方法があることを見落としています。例えば高齢者対象のボーリング大会や近所付き合いなど、あります。ここはあとで深く掘り下げていきますが、そのように付き合いの場は沢山あります。手ごろで簡単なのは学生時代仲良かった人に連絡するなどが妥当かもしれません。長い間連絡とってなかったからしずらいなんて言っている場合ではありません。とにかく高齢者になってからは一人で過ごすのではなく、仲のいい友人を見つけることが大事になってきます。そうする事でお互いに孤独死はさせないように支え合う事が出来ますので、管理し合えるのは良い事だと思います。そうすれば今日会うはずだったのに連絡がない。など異変にいち早く察知できるので必ず恥ずかしくとも連絡は必ず取りましょう。そのようにして高齢者同士のつながりを強く持つことで孤独死を未然に防ぐことも出来ますし、気持ち的にも友人が多くお出かけしているほうが楽しいはずです。ですので何か身体的原因がない限りは必ず外に出ることを強くお勧めします。

②引きこもらない

高齢者の引きこもりは現代では増えてきました、前までは出かける高齢者の方が多かったのですが、今では引きこもる方が非常に多くなりました。高齢者の引きこもりは非常に良くない傾向で体調の変化に周りが気付くことが出来ないというのが難点になります。また引きこもりがちの高齢者はなかなか連絡がつかないなどがあり安否確認が取りづらい傾向があります。そうならなってしまったら後々本当に体調が悪くなっているのに連絡が出来ない状況の時に困ってしまうので、引きこもってしまって家族や友人と連絡を取ってない方がいらっしゃいましたら、少しづつでもいいので家族や友人と連絡を取るようにしましょう。初めのうちは連絡するのが恥ずかしいかもしれませんが、必ず連絡は取るように努力はしましょう。孤独死は1人1人が真剣に孤独死と向き合う事で解決に向かっていきますので頑張りましょう。そのように心も内向的にならずに前に前に明るく楽しく元気よく生活していきましょう。一度引きこもってしまうと外にまた出るのがなかなか難しいかもしれませんが無理をせず少しずつでいいので外に出る練習をしましょう。本当は朝がいいですが、時間を決めないでスッキリしたいと思ったときでもいいので毎日どこかで外に出ましょう。外に出る時間は10分でも2時間でもいいので外に出ましょう。そうする事で身体がだんだん外に慣れてくるので外出も苦じゃなくなっていくので是非毎回の習慣にすることをお勧めします。習慣づけるのはなかなか難しい事ですが、習慣づけるためにすることはただ一つです。毎日少ない時間でも常にやり続けることで習慣は付いてきます。しかし休みがちになったり、一度怠けてしまうと続かなくなり、なかなか習慣づけることができません。そうならない為にもほんの少しの時間で良いので外に出て日の光を浴びることが重要になってきます。引きこもるのは実際のところ直そうと思えばすぐに改善されていきます。改善するための気持ちが大事になっていきます。その気持ちとは。

③意志を強く持つ

意志を強く持つことが大事になります。しっかりとした目標を持つことでひきこもりがちな生活から抜け出すことができます。前向きな姿勢になれば人とのかかわりも強く持ちたくなり一度自分のやる気に火が付けばあとまっすぐはしるだけで、孤独死とは無縁の生活ができるようになります。最終的には人とのかかわりが孤独死に陥ってしまうかどうかの分かれ目になるので、前向きなあなたに人はきっと寄ってくるはずです。そう信じて先ずは明るい生活を目指していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?孤独死や高齢者になってからの引きこもりがちな生活は改善はすぐにできてしまうものです。しかしそれは貴方が本気で改善したいと思う気持ちがあればの話です。この記事を読んでいるという事は少なくともその気持ちがあるからだと思います。ですので貴方はもう一歩目を踏み出していることになります。ですのでこのまま自分を信じて前に突き進むことで明るい未来が待っています。精神的な面が深くかかわってくる内容でしたのですぐには厳しい方もいらっしゃると思いますが、毎日少しづつで良いので一歩一歩確実に歩き出し行きましょう。この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

身近な人でゴミ屋敷になってしまった場合

みなさんこんにちわ、突然ですが身近でゴミ屋敷になってしまった人がいる方はいますか?例えば、家族や友人など親しい関係を持っている方がゴミ屋敷になってしまったりはしてないですか?実はゴミ屋敷の清掃など専門業者に依頼が多いこの世の中で実は、1人暮らししている息子の部屋を掃除してほしいなど、家族関係の依頼が多いです。皆さんが想像している以上にゴミ屋敷というのは問題になってきています。そしてゴミ屋敷は個人の問題ですと対応は簡単ですが、家族や友人など身近な人になると話は大きく変わってきます。様々な問題があがりますが、一番の問題は精神的な部分が大きいと思います。それは良好的な関係を築いてるからこそ、こちらはどうにかしてあげたいと思っていても、向こうからしたらいい迷惑と思っているかもしれません。また恥ずかしくて向こうは素直になれないことがあるかもしれません。ですので無理に片付けろと言っても絶対によくありません。こんかいはどうすればいいのか?紹介していきたいと思います。またゴミい屋敷の危険性を皆さんにも紹介できればと思います。ゴミ屋敷の問題は現代では多くなってきています。それはほとんどの方が知っているとは思いますが、実際のゴミ屋敷の多さは想像以上と思われます。理由としては、ゴミ屋敷にしてしまった当事者が周りに助けを求めないという事例が多く隠れゴミ屋敷が多い時代になっています。ゴミ屋敷というのは悪循環を生む根源で、ゴミ屋敷自体が悪いものですが、ゴミ屋敷になることで様々な悪いことが引き起ってしまいます。周りと疎遠関係になる、そうなると孤独死の危険性が出てくる。またゴミ屋敷のため生活環境が悪く害虫も発生しているため、病気の発症やものが整理されていない為怪我をする恐れがあるなど、あげたらきりがないくらい人体に対しての悪影響があります。そのような点から見てもゴミ屋敷の存在は絶対に良いものではないので自分でも身近な人であっても止めるのが正解です。そして大事になる止めるために気を付けるべき点や方法を紹介していきます。

①しっかり話し合う

これは一番大切であり一番難しい方法でもあります、部屋が荒れている人に対して命令口調は逆効果です。ゴミ屋敷にしてしまった人はゴミ屋敷の現状に悩んでいます。そして人によっては精神的面で疲れており、きつい言い方をすることはゴミ屋敷の解決にもなりませんし、関係が崩れてしまうかもしれません。そうならない為にどうするべきか考えましょう。まずは優しく話を聞いてあげましょう、そしてゆっくり話し合う事が大切になります。そして相手を尊重して話し合いましょう。ゴミ屋敷になる原因は心の問題が大きいので話し合う事が大切になります。そして話し合う事によって解決することが多く、心の影響が大きいと分かります。また話すときの注意点としては他にもたくさんあります。家族なのか友人なのかによって距離感も変わってきますが、大切な事は共通しています。それは一回の話し合いで決断させない事です。どうしてかというと結果を急ぎすぎることは急かしているように思います。実際に問題を解決したいがために最初の話し合いでゴミ屋敷の話を急にしてもいい方向に話は進みません。あくまでも慎重に話し合う事が大切です。時間をかけることが一番の解決の近道です。悩みを話し合うときに大事なのは相手の話を引き出すことが大事です。出来るだけ相手が話したくなるような流れを作ることが大事です。ゴミ屋敷の話題を先に出さずに他愛もない会話を楽しみましょう、そして何回か話したのちに少しずつ本題に入っていきましょう。

②本題の話し方

さてここからは本題に入る話をしていきます。いきなりゴミ屋敷の話をするのは良くないという話を分かっていただいたうえで、ゴミ屋敷に対して本題に入っていきましょう。先ずはすぐに片付けろではなく、部屋荒れていたけど最近何かあったの?と原因を探ってみましょう。何か原因がある可能性があります。どのような原因かにもよりますが貴方が手助けや、できる範囲の協力はしましょう。また深い悩みなど原因が出てきた場合は、先ほど言った通り出来る範囲で支えてあげましょう。1人ではないと思わせてあげましょう。ここまでなぜ慎重になっているかというと、ゴミ屋敷というのはかなりデリケートな問題です。ゴミ屋敷になってしまうと内向的になり人を家に呼んだりすることもなくなります。それは家族でもあり、友人でもあります。そのように人に対して壁を作ってしまうほどゴミ屋敷になってしまった人は人を遠ざけてします。その為極度に精神的にもデリケートになっています。ですので慎重になる必要があります。その為の①で説明したように本題にすぐに入るのではなく時間をかけてゴミ屋敷に触れていくことが大事になります。実際に家族の中でゴミ屋敷になってしまった人に対してきつく当たり過ぎて家族関係が崩れてしまったり、ゴミ屋敷が更にひどくなってしまったことが実際にあります。ですのでそうならない為に慎重に、そして優しくしましょう。

③決断が決まったら

本題に入ってゴミ屋敷を今後どうしていくか決まったら出来る限りのサポートをしましょう。金銭的に余裕がありそしてゴミ屋敷を解決したいと思っているならば簡単です。専門業者に依頼して日付などもちゃんと決めていけば簡単に部屋が綺麗になっていきます。しかし難しいのがゴミ屋敷の改善を望んでいない場合は大変です。改善を促す事がその人にとっても必要ですが本人が改善を望んでいないのは、ゆっくりでいいので改善できるようにしていきましょう。命令せずに 少しずつでいいのでゴミ屋敷から脱却できるように頑張って向き合っていきましょう。また金銭的な余裕がないがゴミ屋敷を改善していきたい人はインターネットを使えばなるべく自分に合った金額で請け負っていただける業者がいるので是非そちらを利用しましょう。規模にもよりますが最終段階としては自分で片付ける方法もあります。しかしゴミ屋敷の片付けは骨が折れるほど大変ですので、覚悟して取り組みましょう。そのような点を考えるとその人のゴミ屋敷の片付けるのは規模にもよりますが手伝う事はあまりお勧めできません。そこまで手伝う事は良いことかもしれませんが、それで体調を崩しては意味がないですし、肉体的な疲労も多いと思います。ですので手伝う事は悪い事ではありませんが、先ほどから言っている通りに自分ができる範囲で手伝いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?このようにゴミ屋敷にしてしまった方が身近にいるパターンは多くあります。家族を除けば皆知らないふりをするなどゴミ屋敷とわかった時に面倒なことは嫌だから距離を置こうとしますがそれは間違っています。ある意味それはゴミ屋敷を増やしたり規模を大きくする事にも発展しかねません。あなたの言葉や行動がもしかしたら相手を変える一歩になるかもしれないことを理解しましょう。そして、逆にもし自分がゴミ屋敷になってしまうような環境にしてしまったときに信頼できる友人や家族がいて助けてくれたらと考えれば、距離を置くことがダメなことが分かると思います。見知らぬ人のゴミ屋敷を改善しろとは言ってません。せめて貴方に親しい友人や家族がこのようなゴミ屋敷問題で悩んでいたら自分にできる範囲で手助けしてください。あなたが変えるきっかけかもしれません。

家がきれいな人がやる3つのこと

皆さんこんにちわ、今回は家がきれいな人がやる5つのことを紹介します。皆さんは家が汚れていることは嫌だと思います。現代ではゴミ屋敷が多くなっている時代でゴミ屋敷とどう向き合うかが重要になります。そのためには究極的な話をするとすれば掃除をするという事です。しかし掃除をするとただ一括りにして言って、掃除をやれる人が増えるとは思いません。ですので掃除をするという原点は押さえておきながら、さらに深く掘り下げていきましょう。では、深く掘り下げるというのはどうゆうことか?と言うことですが、掃除のやり方や考え方になります。掃除のやり方と考え方とは人によって違います。しかし家を綺麗にしている人は共通して言えることが多くあります。そして逆もまた然りで、家が汚く、衛星的に問題がある部屋の人は人の考え方があり、それで部屋が汚くなっています。共通点はどちらもあり、家を綺麗にしたい人は先ずは掃除をすることも大事ですが、家を綺麗にしている人達の共通点を知ることで、更に綺麗にすることができますし、継続して家を綺麗にすることができます。そして、汚い人の特徴もありますが、今回は綺麗な人の共通点を紹介していきたいと思います。そして話は少し戻りますが部屋が汚くゴミ屋敷が増えているこの時代ではみなさんが想像している以上にゴミ屋敷は多く存在しています。何となくゴミ屋敷がいま問題になっているのは知っていると思いますが、実際に専門業者などに依頼がくる件数はあげればキリがないほどに、今やゴミ屋敷は当たり前のように存在しています。なぜゴミ屋敷が増えているのか?というのは諸説あり、断定したことは言えませんが、個人的には掃除というものの考え方が変わってるというのはあると思います。掃除はめんどくさいものと若い人が認識しており、若い人のゴミ屋敷が多く存在しています。そのように掃除に対しての苦手意識や掃除に美意識を感じられる人が少なくなっています。自分の家だからプライベートゾーンなので汚くても誰にも迷惑かけないなどと若い人で考えている人もいるらしいです。そのような点も含めて、掃除はめんどくさいだけじゃないというのも説明できればと思っています。

①一度に全てを掃除しようとする

家が汚い人の共通点は掃除はめんどくさいものとして捉えてる人が多く、若者が特に多いです。掃除はやり方次第でめんどくさくもなりますし、やり方を変えるだけで、楽しくもなります。そのように掃除とどう向き合うかというのが大事になります。タイトルにある通りに、一度に全てを掃除しようとするのは危険信号です。その掃除の仕方をしていればいつか必ず掃除に対してめんどくさいと感じてくると思います。なぜか?それはわかる人わかると思いますが、汚れた部屋を一度に掃除するとなると半日かかります。ですから掃除がめんどくさくなるのは必然ともいえます。しかしそれは一度に多くのことをしようとしているので、めんどくさくなって当たり前だと思います。だからこそどうするべきか?そう考えた時に、家を綺麗にしている人達は毎日少しの掃除を必ずしています。掃除の規模を最小化して毎日継続的にやることで少しずつ綺麗になりますし、一度綺麗になればそこから汚れにくいというのもお勧めポイントでもあります。一度に多くの掃除をやるというのは時間も取られてしまい、仕事をしているなら尚更手につけることができないでしょう。しかし、毎日の掃除をすることで時間も取られません。例えば今日はテレビ台の上の埃だけを掃除する。次の日はトイレ掃除だけする。などと言った部分的に少しづつやる事で家はどんどん綺麗になります。そして時間も取られない上に、しっかりやったという自信もつきます。そうする事で掃除に対して感じることは、時間が取られない、今日はやったという自信がつく、掃除をすることで家が綺麗になっていくというようにいい方向にいい方向に向かっていきます。そうすることで掃除に対して良いイメージがつきます。しかしこれが一度に全てを掃除すると、イメージとしては、大変だった、時間が取られた、苦労したけどまた部屋が汚くなりそう。などと言ったイメージがつきます。そうなると一度綺麗にしても、またすぐに掃除しなくなります。ですので一度に全てを掃除することは危険信号だと思われます。

②物を捨てることに躊躇いがない

断捨離は出来る人と出来ない人とはっきり分かれます。断捨離が出来るから家が綺麗というわけではありませんが、家が綺麗な人の共通点はいらない物は捨てます。取っておいたりしません。なぜかというと収納スペースが奪われてしまうことをわかっているからです。収納スペースは使う物をしまっておくものとして使いますが、家が汚い人は、とりあえず物をしまうという傾向があり、冷静に考えた時にいつ使うのか分からないような物が多くしまってあります。そうなってしまうと本来綺麗にしまえるはずの収納スペースがガチャガチャしますし、しまいきれないから部屋の隅や床に物を置きっぱなしたいうことが多くなります。言わずともわかると思いますがそれが多くなってしまうと部屋が物だらけで溢れかえってしまい、収納できないものは、床に置くのは嫌だからとりあえずタンスの上に置いとくだったり、置けそうなところにとりあえず置いとくなどと言った事が増えます。そしたら掃除する時も物が邪魔で掃除がやりづらいですし、それが原因で掃除がめんどくさくなる可能性もあります。ですのでなるべく、物の上に物を置かないようにしましょう。そうする事で置き場所を失ったものは持っていても仕方がないので、いつ使うか分からないようなものは捨てることにしましょう。

③自分の家に価値を見出す

自分の家に価値を見出す事はとても大切な事です。家に帰りたいような家にする家作りは難しくありませんし、大事なステップでもあります。ゴミ屋敷でゴミが溢れかえっていて虫も飛んでいて、異臭もするなどといった家に帰りたいと思いません。誰しも綺麗な家に帰りたいと思います。価値を見出すというのは自分で部屋の価値をあげるという事です。お洒落になれとは言いませんが!自分がお洒落だなと思う家に仕上げる事がもし出来たなら家が大好きになると思います。そうすれば家に帰りたいと思い、家を綺麗にして大切にすると思います。だからこそ汚さないように掃除もしますし、一石二鳥です。また自分が思うお洒落な家に出来れば周りに自慢もできます。自慢は大事です、自分の家を周りに自慢できるのは綺麗でお洒落だからだと思います。ゴミ屋敷を自慢する人はいませんよね、そうすることで周りが見てくれる事で、家を簡単に汚くしないですし、周りからお洒落だねと言われたら嬉しくないですか?そうなれば絶対に自分から家を汚くする事は絶対ないと思いますし、大事にすると思います。ですのでお洒落にしろとまでは言いませんが自分好みの家作りが大事になってきます。

まとめ

いかがでしょうか?家が綺麗な人をすこしでも理解できたでしょうか?なるほどと思えたら絶対に試してみてください。絶対に継続してやれれば結果は出ると思います。ですので自分が絶対部屋を変えてやるという気持ちが大事になります。あきらめず自分が綺麗にしたいと思った時の気持ちを強く持って、続けることで成果が現れてきます。ですので気持ちを強く持って掃除をしていきましょう。

ゴミ屋敷を脱する方法

皆さんこんにちは、今回はゴミ屋敷になってしまった方がやるゴミ屋敷にしない方法とゴミ屋敷になってしまった時の片付ける対処方法を紹介します。現代ではゴミ屋敷というのはテレビやメディアでは大きく放送されていて、ゴミ屋敷は日本では広く知られており多くの人がゴミ屋敷に対して危険なものとして認識しましたが、残念なことにその多くが自分には無関係な事としても認識しています。テレビやメディアなどで放送されているゴミ屋敷は家の外にまでゴミが広がるゴミ屋敷で規模がかなり大きいゴミ屋敷を取り上げる事が大半です。その為、ゴミ屋敷=規模の大きいゴミ屋敷を想像しがちですが、実際には専門業者に依頼が来るようなゴミ屋敷は一室がゴミで山積みになっており、その依頼が多いです。別に外にまでゴミが広がるものがゴミ屋敷とは限りません。部屋が荒れていて辛うじて通り道がある、それだけでもゴミ屋敷と言えます。そのようにゴミ屋敷は小規模であれゴミ屋敷はゴミ屋敷です。そしてテレビやメディアなどで放送されているゴミ屋敷を見て、あんな風にはならないと思っている方が多いです。しかしゴミ屋敷というのは誰しもがなりゆる事でもあります。ゴミ屋敷を特定の人間がなってしまうというは大きな間違いです。誰もがゴミ屋敷になってしまう可能性があります。誰しもです。そう考えた時に決して他人事ではないというのがわかります。では全員が考えなければいけない問題となった時にどうすればいいのか?というのが大事になります。なにをすべきか?考えていきましょう。

①先ずは自分で片付けてみる

兎にも角にも先ずは片付けをする事が大事になります。この記事をみている方は少なくとも現状を変えたい方が多いと思います。ゴミ屋敷までになってしまえば足場の踏み場がないくらいだと思います。正直な話では1人でゴミ屋敷の掃除はなかなか大変なものであり、規模にもよりますが1人で元の部屋まで戻すのは至難の技だと思います。労力や精神的苦痛、仕事や睡眠による時間管理、ゴミの量の問題から全てを自分1人でやらないといけません。ゴミ屋敷というのを周りに隠している人も多く誰かに相談するということが少ないらしいです。たしかに誰かに相談しづらい内容でもあると思います。しかし1人で抱え込み過ぎて自暴自棄にならないように気をつけましょう。人によっては耐えきれなくなり心身共に病んでしまう方もいます。そうならないようにする事が大事になります。片付けると一言で言っても通常の部屋を綺麗にするわけではないですので色々考えなければいけない事があります。先ずは手軽に捨てられるものを中心的に捨てていきましょう。大きいものより手で持ってゴミ袋にポイっと捨てられる物から手当たり次第捨てて行きましょう。先ずはどこから手をつけていいか分からないという事をなくしましょう。また勿体ない症は禁止にしましょう。ゴミ屋敷になりがちな人の中でパターン分けするとめんどくさがって掃除せず汚くなってしまう人と、勿体ない症でいつか使うかもしれないと考えて何も捨てきれず物で溢れかえってしまいゴミ屋敷になってしまう2パターンがあります。めんどくさがり屋の人は一度スイッチが入れば一気に綺麗に片付いたりしますので良いのですが、勿体ない症になりますと捨てきれない事が多いと思います。そうなると掃除は困難になってきます。いる物といらない物が分かっているとしても、ゴミ屋敷ほどの量になれば先ず分別する時点で更に時間がかかります。そのように考えればいつか使うかもしれない何て言っている余裕はありません。綺麗にするぞ!と考えた時点ですぐにゴミをすてていきましょう。

②家族や友人に相談をする

家族や友人に相談する事は大事な事です。先ほども言ったとおり1人でどうにかしようとする事はなかなかまずかいです。1人でやるにはゴミ屋敷そうですが負担が尋常じゃないくらい大きな負担になってしまいます。ですので専門業者などに連絡して片付けてもらうのは簡単ですがお金をあまりかけずにゴミ屋敷を少しでもなんとかしたいと思うのであれば、家族や、友人など知り合いの助けは必須と言えます。事例としては家族が全員で片付けて綺麗になる事もあります。しかしゴミ屋敷というのは大体の方が隠して生活している方が多いです。そして家族や友人などに普段から相談していないとなかなかゴミ屋敷のことを話しづらいと思います。そうなってしまうとタイミングがどんどんなくなってきて、話したいのですが話せないという状況はまた別の問題にまで発展していきます。孤独死問題などに発展する事にもなるので、家族との普段の会話は常にではなくても、ちゃんと持つようにしましょう。ゴミ屋敷と孤独死の二つの問題は実は密接に関係があるのです。

③ゴミ屋敷と孤独死の密接関係

ゴミ屋敷と孤独死は密接関係にあり互いが互いを巻き込むような関係にあります。簡単に説明しますとゴミ屋敷の主人というのは大抵の方はゴミ屋敷という現状を周りに隠して生活している方が多いです。そして、周りに隠して生活する事で家族や友人関係に相談したいけど出来ないという現状になってしまいます。そして引きこもりがちになってしまい、気が付けば自分が周りから知らないうちに距離を置いてしまい、後々顔を合わせづらい状況になり、20歳超えてからは出会いも少なくなり高齢者になればなるほど人付き合いがなくなってしまう人が多いそうです。場合にもよりますしその人による環境によっても変わりますが、しかしもし自分がそうなってしまったらと思うと大変です。決して他人事ではない事を理解したうえでそうならないためにどうするべきかを考える必要があります。ゴミ屋敷になってしまったとしたら家族に相談を必ずしましょう。そして現状を解決したい話をして前向きな話をしていきましょう。そして部屋が綺麗になったら友人を呼んだりすることで部屋が汚くなる事の再発防止にもなりますので綺麗になったら招待するのもいいと思います。そのように明るいことを考えて現状と向き合っていきましょう。

④専門業者などに依頼する

1番早くそして安全に部屋を綺麗にするにはやはり、プロの力に頼るのが1番の近道です。メリットだらけでデメリットは当たり前ですがお金がかかることになります。お金にもし余裕があって時間に余裕がないのであれば依頼することをお勧めします。プロがやるのは安心安全でいて迅速かつ丁寧な対応です。また周りの人に知られることなく1日から2日で大体は終わります。規模にもよりますが、しかしそのように自分だけで解決できてしまうのは専門業者の良いところでもあります。やはりゴミ屋敷というのは周りに相談しにくいことでもありますから、また現代のプロは、専門的な薬など消臭剤を使用しますので、一般の人で市販で売られているようなもので消せない臭いなども綺麗に消してくれます。専門知識があるからこそ取り扱える道具などもあり、その分想像以上に部屋が綺麗になると思います。

まとめ

いかがでしょうか?このように様々な方法があります。しかしこれはまだほんの少しです、まだまだ方法はありますし、これ以外の方法も色々ありますが、特に大きく分けてこの4つだと思います。今やゴミ屋敷問題は当たり前のような問題になってしまい、ゴミ屋敷に対しての考え方が少し甘い部分が私を含め多くの方がいます。テレビなどで放送されているゴミ屋敷以外にも実はこんなゴミ屋敷があるということを様々な人に知っていただきたいですし、決して他人事ではないことを皆さんにわかってもらいたいです。

孤独死と1人暮らし

皆さんこんにちは、今日は孤独死と1人暮らしについてご紹介していきたいと思います。昨今1人暮らしの高齢者が多く、少子高齢化社会化が避けて通れない時代になりました。こうした時代の変化の事もあり、高齢者の多くの方が1人暮らしをすることが多くなりました。それにより様々な危険な可能性が出てきており、孤独死という問題やゴミ屋敷問題などが危惧されます。様々な問題が予想される中でこの2つの問題が大きな問題となっています。特に孤独死は処理や人に対して多大な迷惑をかけてしまっているのも現状で国では改善を試みています。しかしこれといった打開策が少なく、結論から言えば本人がどうするか?どう向き合うかによって変わってくると言われています。またゴミ屋敷の問題は孤独死同様に大きな問題とされていて、ゴミ屋敷もまた処理と近隣トラブルはつきものとされていて、暮らしのに潜む二大問題とされています。孤独死は当事者もそれに関係する人も(清掃員や大家さんなど)悲しく言いようのないものになります。それが孤独に迎えた人の死というものです。そうならない為にどうするべきか?それを少なくとも考えていかないければいけません。そしてこの問題に関しては高齢者のみが関係あるとは全く違い、若い年齢の方も十分に気を付けなければなりません。孤独死の問題は高齢者だけの問題と思われがちですが全く違い、若い頃から意識して気を付けなければ高齢者になった時に孤独死という問題に悩まされると思います。なぜか?と言いますと、孤独死の知識がないまま高齢者を迎えると結局最初は孤独死とは何か?という知識をつけるところから始まります。そうなれば時間もかかりますし、孤独死にならないための予防策を記事で紹介しようと思っていますが、それを若い頃からやっていると孤独死を避けることが出来て将来自分が孤独死にならないようになります。それではそこも踏まえて年齢関係なく孤独死にならないためとは、どうするべきか?という事を考えていきましょう。

①人間関係を大切にする

当たり前ですが孤独死とは誰にも看取ってもらえないということが大きな問題になります。誰かに看取ってもらえさえすればそのような事態はおきず看取ってもらいながら最期を迎えれてたでしょう。しかし孤独死というものは誰にも看取ってもらえない。それは人間関係を大切にすればなかなかならない事でもあります。家族や友人、恋人もそうですが、人間関係を大切にしてる人は最期を1人で過ごす事なくいれるはずです。ですので今からでも遅くありませんので、周りの人間関係を大切に持ちましょう。またこれは簡単ではなく難しい事と感じる人が多いかもしれませんが、自分から動かなければ何も始まりません。ですので人間関係を大切に持とうとする気持ちが大事になっています。人間関係はデリケートな事でもあります。無理に人付き合いを増やす必要まではありませんが、自分から動かなければいけないという事だけは頭に入れておく事が大事です。そして、今高齢者という方も様々な方法があります。そちらも紹介します。

②趣味を見つける

趣味というのは凄く大事です。趣味を持てば共通の友人も出来ますし、友人だけではなく人によってその趣味が生きがいになる人もいます。難しく考えず何でもいいので趣味を持つ事が何かのきっかけになると思います。例えばパークゴルフやビリヤード、ボウリング何でもいいです。何か少し興味あるものをやってみる感覚でいいと思います。45歳以上限定のボウリング大会などもあります。高齢者に優しい趣味はたくさんありますので、この記事をきっかけに探してみてはいかがでしょうか?また自分の趣味が人と接する事が少ない趣味だとします。だとしても絶対に同じような趣味の人がいるはずです。何かのきっかけで知り合うかもしれません。趣味はとにかくあれば良い刺激になりますので是非じゅみを持ちましょう。

③運動や外出を出来るだけ増やす

運動や外出は高齢者になるほど億劫に感じると思います。遠出は危ないし、めんどくさい、身体は昔のように言うことを聞かない。様々な理由があると思います。特に身体の面で外出が難しい人は無理する必要はありませんが、身体がまだ言うことを聞く状態の場合で家に引きこもるのは良くありません。家に引きこもり続ける事は身体に害を与えます。それほど運動や外出で身体を動かすことは大事という事です。人によっては家に常に引きこもっていると精神的に病んでしまう人もいます。そうならない為に運動と外出は陽の光も当たりますし大事なことと言えます。しかしここで身体の面で外出や運動など出来ないという人もいると思います。しかし大丈夫てます。先程説明した趣味を見つけましょう。家にいても出来る趣味は沢山あります。身体を動かす趣味も沢山ありますが、動かさない趣味もあります。(生け花、編み物、創作系、インターネット)少しの例ですが、まだまだ沢山ありますので、何らかの事情があって家からまともに出られない方は是非ためしてみてはいかがでしょうか?

④隣人関係を持つ

今や昔と違う事が数えきれないくらいあります。隣人関係もその1つです。地方などでは未だに古き良き習慣として隣人とは仲が良いなどありますが、東京など都会になると隣人と親しい関係を持つ事がなくなります。都会ですと引っ越しも多く、賃貸ですと人の入れ替わりが激しいです。そのせいもあり段々人付き合いが少なくなり、偶然隣人と会うとドキッとしてしまうほど、変わりました。ですが隣人関係というのは良好に保つ事ができれば孤独死の危険から逃れる事ができます。また仲良くなってご飯やお茶などもいく仲になれば、「あれ?今日一緒にご飯なのに来ないな?」や「連絡送ったり電話しても返って来ない」などと異変をすぐに察知する可能性も、自分の身を気にしてくれる人を増やすのは大事な事です。ですので昔から続いてる隣人との良好関係は必須ともいえることでしょう。

⑤自分から動く事が大切

孤独死と向き合ったとき自分の身を気にかけてくれている人がどれだけいるかが大事という事が痛感すると思います。そして人間関係を友好的にしていた人は孤独死から逃れる事が出来ますが、1人で塞ぎ込み孤立していては孤独死はどうしても付きまとってしまいます。その孤独死を完全に拭うためには人との繋がりが大事になります。そしてその繋がりを作りには自分から動くしかありません。そうして自分から心を開く事で相手も貴方に心を開いてくれます。先ずは自分から歩み寄りましょう。それで相手が避けるのであれば相手を責めず、自分にも責めず、縁がなかっただけの話と思って、また次の出会いを求めましょう。人に距離を置かれた事がある、過去に辛い思いをした事があるなど、人間関係はとてもデリケートです。しかしそこで逃げていては1人になることを進んで選択している野と同じです。ですので率先して自分から関係を持つようにしましょう。そして孤独死から逃れましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?孤独死というものは実際に現代社会では当たり前になりつつある悲しい出来事のひとつです。こんな悲しい孤独死というものを当たり前にしてはいけません。自分たち1人1人がどう孤独死と向き合うかというのが重要になってきます。自分には関係ないと思うのではなく、もしかしたらと考えて、孤独死にならないように未然防止をしましょう。また周りにそのように孤独死の危険性がある方がいないか注意深くみましょう。もしいた場合は優しく声をかけてあげてください。あなたの一声が大きく人生を変えます。

片付けが苦手な人の特徴5選

皆さんこんにちは、今回片付けが苦手な人の特徴5選を紹介したいと思います。皆さんは自分が片付けが出来ていると思いますか?出来ている思っていて、実際に部屋が綺麗ならいいのですが、中には片付けが普段から出来ていないと自覚していながらも、部屋を片付けようとしない人も多いです。なぜそのように片付けが出来ないのか?まずはそこから注目していく事が大事です。いきなり片付けが出来る人の真似をしてみるのもいい手ではありますが、やはり一番効果的なのは自分と同じように片付けが苦手な人の特徴を知ることが大事になります。先ずは自分が出来ないなら、何がいけないのか?という点をしっかり確認する事がいちばんの近道になります。また片付けてが出来ない人は多く存在していて、前まで高齢者問題の1つして挙げられていましたが、現在では高齢者関わらず、若者にも多く見られ、ゴミ屋敷問題が高齢者だけの問題ではないというのが現状であります。そのような点でも今ゴミ屋敷というのは非常にホットな話題であり、解決しなければいけない難題の1つとされています。しかし、ゴミ屋敷問題の解決は難しいと言われてますが、私の考えでは簡単だと思っています。それはなぜか?それはゴミ屋敷にしてしまっている人、1人1人の意識さえ変われば簡単に解決出来ると思っています。ゴミ屋敷にしてしまった人が変わりたいと思う事が一番大事になってきます。そして片付けが苦手な人が苦手だけど部屋は頑張って綺麗にしている人ならいいですが、苦手だからやらないなどとなってくるとゴミ屋敷問題は免れません。ゴミ屋敷にならないためにも苦手な自分はどうするべきか?そして苦手な人の特徴を客観的に捉えることで問題解決の糸口になるかもしれません。

①物事を後回しにする

物事を何でも後回しにしてしまう癖は、片付けが苦手な人に多く見られる特徴です。やらなければいけない事や、今やっておけば楽な事など、後回しにする人は要注意です。片付けというのは絶対にやらない事というよりも今やっておけば楽という部類に入ると思います。ですので物事を後回しにする人は掃除などは必ず後回しにしてしまうと思います。だからこそ部屋が常に汚れている、仕事が忙しいからまた掃除は今度にしようなどと言ったことが多いと思います。そうならないように、仕事と同様に掃除も必ずやらなければいけない事として認識しましょう。掃除を後回しにしていい事は1つもありません。むしろデメリットだらけで危険です。デメリットは主に、ゴミ屋敷になり生活レベルの低下、ゴミが溢れかえり虫頻繁に湧いている。それに伴い病気の発症や再発の危険性。部屋を綺麗にするにも自分でどうしようもできなくなり、専門業者に頼むもののお金がかかってしまう。などといった主なデメリットがあります。こうしてみると掃除をやらない事よるメリットは一切ないのが分かりますね。

②人を家に入れない

ゴミ屋敷の人の特徴として挙げられるのが2つの特徴があります、引きこもって誰も家に呼ばずプライベート空間に1人も入れないタイプ、もう一つはテレビなどで良く見るようなゴミ屋敷の住人になります。開き直ってゴミ屋敷で何が悪い?というようなタイプ。ちなみにゴミ屋敷は近隣の迷惑にもなりますし、景観の破壊にも繋がり、害虫問題が近隣で発生するのでゴミ屋敷は悪いことだという事は理解して欲しいです。前者の引きこもって誰も呼ばず、1人だけでゴミ屋敷に籠っている場合は、また望みがあります。難しいかもしれませんし、大変かもしれませんが、自分の力や業者さんの力でもいいので部屋を少しでも綺麗にして人が呼べるくらいになりましたら、是非、家族や友人や恋人を呼んでみましょう。そうすることで自分の部屋は汚くて全く呼べる状況でもなかったのに人が来て普通に過ごすという事に嬉しさを覚えると思います。また頑張ってオシャレな部屋にしてみて見るのもアリでしょう。そうして人を呼んでみた時に、この部屋をオシャレだねと言われたら、もう部屋を汚す事はないでしょう。それどころか嬉しさを覚えさらにオシャレな部屋を作っていく事でしょう。何事も挑戦です。

③掃除を1回で終わらせようとする

掃除をめんどくさく思う人の特徴として、掃除を1回で終わらせようとしている人が多いです。掃除が上手でめんどくさいとも思ってない方の特徴として掃除は毎日するものとして、少しずつやっていくというのが理想だそうです。たしかに、今日は水回りの掃除にして明日はタンスの掃除をして、などといった日にちごと分けて毎日する事で、掃除が格段に楽になります。そのように大変なことにを一気にやろうとするのではなく、毎日少しずつ確実にやっていく事が重要になっていきます。しかし必ず約束事ととしてやらないといけないのが週5は必ずやりましょう。毎日が本当はいいのですが、いきなり毎日やるというのは出来ない人は多いと思います。ですので必ず週5はやりましょう。自分でしっかりと決まりごとを作って達成する事で、達成感も得られますし、何よりやり遂げる事が大事なので、自分がクリアできる日数を決め必ず実行しましょう。そうする事で毎日の掃除が癖になる日も来るかもしれません。

④めんどくさがり屋

掃除に対してのみならず基本的にめんどくさがり屋の人は部屋が汚れてしまう傾向にあります。自分の事はしっかり管理するという事は大事で部屋が汚れる人の中ではセルフネグレクトという症状が発症している人います。精神病に近く、部屋が片付けられないや、体調管理が出来ないなど、重度になると自分の生活管理が一切できない人もいます。そのような状況にならないために普段からの生活をきちんとする事により、部屋も綺麗になりますがセルフネグレクトにもならない可能性が上がりますので是非めんどくさがらず掃除も含めて自己管理しましょう。

⑤意思を強く持つ

掃除は人によっては簡単な事で、できない理由が分からないという方もいますが、出来ない方からすると掃除に対して試行錯誤してると思います。しかしここで大事なのは簡単と感じてやっている人が実際にいるという事です。出来ない人は強い意志を持って掃除と向き合いましょう。掃除が出来ない人からすれば、やれば出来ると思っていてはダメです。必ずやるという気持ちや、しっかりとした大人になるんだという気持ちを強く持って取り組むことが大切になります。何となく部屋が綺麗なればいいやなど軽い感覚でいては全く部屋が綺麗になりません。自分自信が変わるという気持ちを持つ事が大事になります。また自分の子供や知り合いを変えたいと思って今見ている方いましたら、無理に考え方や気持ちを変えようとしてはいけません。考え方や気持ちは他の人に言われて変えれるほど簡単なものではありません。ですので、本人が悩みを持っていたり、何かないか優しく聞いてあげる事が大事になります。汚くないと落ち着かないという精神病もあるので無理やり片付けてしまわないようにもしましょう。どうしても片付けたいのであれば、まずは本人の確認を取る事が大事になります。

まとめ

いかがでしょうか?何か自分に当てはまる事だったりありましたか?当てはまっていても焦る事は全くありません。少しずつでいいんです。人は変えようとしても変えれないこともあります。しかし自分自信が変えたいと思い、本気で変わる努力をすれば絶対に変わります。ですので、先ずは気持ちを強く持って変わってやるという気持ちがつくように、少しずついろいろ試してみてください。そうすると前の自分より少しは変わるかもしれません。