福祉整理とは

【福祉整理】という言葉をご存知でしょうか?
遺品整理や生前整理と違って、あまり聞き慣れない福祉整理。まずは言葉の意味を知りましょう。

  1. 遺品整理
  2. 生前整理
  3. 福祉整理

①遺品整理

・個人が亡くなった後に、遺言書やエンディングノートをもとに遺品を整理すること。

②生前整理

・残された家族が判断に迷わないように、前もって(生きているうちに)財産や物品を整理すること。

③福祉整理

・主に高齢者やお体が不自由な方が、快適な住環境を整えることを目的とした整理のこと。【終活】の一つとも言えますが、福祉整理は「死」に備えた整理ではなく、現在の住環境を改善するための清掃・整理です。しかし高齢者やお体が不自由な方は、普段お部屋を整理整頓したくても手が行き届かないものなのです。
結果的にゴミを溜め込んでしまい、自分ではどうすることもできず途方に暮れてしまうケースに発展してしまいます。

なぜ福祉整理を行うのか?

高齢者やお体が不自由な方にとって、整理整頓や徹底した清掃は容易なことではありません。清掃できないことで次第に部屋が散らかっていきます。
最悪の場合ゴミ屋敷化することもあるのです。しかし、このような住環境は健康にも悪く、衛生上も良くありません。
これらのリスクを福祉整理によって減らす必要があるのです。

福祉整理のメリット

・清潔な住環境が整う
・部屋がきれいに片付く

ホコリやダニがなくなることで清潔な環境で、健康的な生活を送れるようになります。部屋が片付くことにより、家の中での転倒など思わぬ事故を未然に防ぐこともできるでしょう。
福祉整理は必要な物と、不要な物の選別も行うので「生前整理の第一歩」ともいえます。
福祉整理はご本人にとってもご家族にとっても、より良いライフスタイルを得るための手段となります。そのためには福祉整理を行ってくれる専門業者を探すことから始めましょう。

福祉整理を業者に依頼するメリットは?

専門業者に依頼すればスピーディーにお部屋が片付きます。

・長期間、入院することが決まった。
・施設に入居することになった。

こういった場合は、お部屋を早急に清掃・整理する必要があります。しかしゴミの分別や粗大ゴミの搬出・処分などを依頼者や住人が行う必要はありません。依頼者や住人の労力は一切不要です。
ご自身では解決できない福祉整理のお困りごとが、迅速に解決できるのがメリットです。

どのような業者に依頼するべきか?

福祉整理はお部屋の清掃・片付けがメインとなりますので、ハウスクリーニング業者が適切です。しかし生前整理の側面もあるため、できれば生前整理や遺品整理も行っている業者が最適といえます。

注意すべき業者の特徴とは?

・下見をしない。
・見積りの内訳が不明瞭。
・料金が先払いである。
・高額な追加料金の発生。

通常、下見は必ず行われます。下見を行わずに見積りを作成することはできないからです。

・部屋の広さ
・ゴミの量
・依頼者、住人に意向

こういった様々な視点で下見を行ったうえで見積り額が決まります。
しかし中には、望んでいない作業項目が含まれていたり強引に契約を結ぼうとするケースもありますので、悪徳業者には十分気をつけてください。そのためにも当サイトを活用したり、口コミを参考にするのがベストです。
追加料金が発生するのは仕方のないことですが、異常に高額な追加料金を請求する業者もいます。
追加料金については、必ず見積りを受け取った時点で確認してください。

まとめ

見積りは必ず複数の業者からもらいましょう。言われるがままに高額な料金を支払うことがないようにすることが大切です。
これからの人生を健康的に過ごすための福祉整理。まずはしっかりと福祉整理に関する知識を得ることが必要です。
電話対応は良くても、残念ながら依頼者や住人の気持ちを無視するような作業の進め方をする業者もいます。
様々な業者を比較して最適な業者を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です