コロナ流行によるお部屋の問題

皆さんこんにちは、今回はコロナ流行によるお部屋の問題というタイトルで、本日はお話していきたいと思います。現代ではコロナウイルスが大流行しました。その結果、多くの方がコロナに対して、様々な思いがあると思います。その状況の中で、多くの人々はソーシャルディスタンスという言葉通り、人との濃厚接触は避けるようにという事にもなり、外出も不必要な外出はしないようにというのが、当たり前の世の中になってきました。多くの方が戸惑いながらも時代の流れに身を投じて慣れている頃、同時にとんでもない問題も発生していました。それはゴミ屋敷問題です。元々ゴミ屋敷というのは、コロナの影響を受ける前から、年々増え続けている問題で、とても深刻な問題とされてきました。昔までのゴミ屋敷は、高齢者の方達の多くがゴミ屋敷にしてしまい、問題となっていました。それにも理由があり、高齢者になり、身体を動かしたくても動かせず、掃除をしたくても手が届かないなど、身体に負担が大きい為、掃除をしっかりやる事ができないという状況で発生するのがゴミ屋敷問題でした。しかし、時代と共に形を変えて、インターネットの流行に伴い、多くの方々が家での生活に娯楽を見出していき、家での生活が多くなっていきました。その結果ゴミ屋敷が爆発的に増加し、高齢者だけの問題ではなく、20代から50代と健康的な年齢だとしても危険な問題として、取り上げられるようになりました。インターネットの流行による、引きこもりなど、多くの理由がありますが、年々ゴミ屋敷は急激に増加しました。そうして、コロナウイルスの発生です。ゴミ屋敷の増加に拍車をかけるように、コロナウイルスによって家にいる生活が多くなり、更にゴミ屋敷は増加していき、現在では、コロナの影響により、多くのゴミ屋敷清掃の依頼がありました。ですのでゴミ屋敷に対して、今、知識をつけなければなりません。ゴミ屋敷を知り、対策を持つのです。ゴミ屋敷の爆発的な成長の餌食にならないように、全ての方々がゴミ屋敷に対する危機感を持つ事が大切です。圧倒的に家にいる時間が増えた今、ゴミ屋敷にしてしまう確率も非常に高いものとなりました。多くの方々が現在でもゴミ屋敷に悩んでいます。ゴミ屋敷に悩む方がとても多く、清掃の依頼をしてくる方だけでも、かなりの依頼件数です。その多くの人たちが皆さん口を揃えて、「自分がゴミ屋敷にするとは思わなかった」と仰っています。ここがゴミ屋敷になりやすい人よ特徴とも言えるべき事です。ゴミ屋敷にしてしまう方の多くの方はゴミ屋敷にするとは思ってもいなかったと言います。そうなんです。お部屋が綺麗な人はゴミ屋敷に対しての危機感があり、ゴミ屋敷にしてしまったり、お部屋が汚いのが平気な人はゴミ屋敷に対しての危機感がないという事です。ゴミ屋敷に対しての危機感がない方の多くは、ゴミ屋敷に対して知識もありません。ゴミ屋敷がどんなもので、どのような危険が潜んでいるのか?またゴミ屋敷が生まれる事で、どのような問題が実際に起きていくのか?ゴミ屋敷の清掃のいくらかかるのか?という事を全く知らない人が多く、逆に知っているような方は常に部屋を綺麗に保っています。

①無理のない掃除をする。

無理のない掃除というのはどういうことなのかというと、自分に合ったお掃除方法を見つけるということです。掃除については、インターネットや本などで様々な方法が書かれています。しかし、たくさんありすぎてどれをやればいいのかわからない、なにがいいのかわからないという人は少なくないと思います。けれどこれに関しては、それぞれひとりひとりにあった方法が存在します。紹介される一つの方法に対して行程が5つあるとして、自分に合う方法は1つのみという可能性もあります。なので、様々な方法を試してみて、そのなかで自分に合った方法をカスタマイズし成り立てていくことが、自分に合った掃除方法を見つけるコツとなります。ここで、無理のない掃除としておすすめするのが、やはり毎日のこまめな掃除となります。一度で大量の掃除をすることは大変な労力と時間を使います。そこで、毎日少しずつこまめに掃除をすると、短時間で少しの労力で済ませることができます。自分の中でルールを決めて、大量の掃除を1日でやろうといていた内容を1週間ずつ振り分けてみると意外と一日やることというのは少なかったりします。毎日掃除機を心がけ、トイレ、お風呂などは1週間に一回や月に一回など人によってサイクルはバラバラですが、それ以外の拭き掃除や整理整頓、断捨離などは部屋ごと場所ごとにわけこまめにやる事によって短時間で終わらせることができ、その分掃除の質もあがるとなお、部屋がきれいになっていきます。この時注意しなければいけないのは、少なからず今日できなかったから明日やろうという日が来てしまうと思います。そんな時、出来るだけ初めのうちはそれでもその日頑張って少しでもやるということをしてみてください。初めのうちに休んだり後日に回すということをしてしまうと、それもありということで癖になってしまい、後日後日に回すうちにいつの間にかやっていないなんてことになってしまいます。そのため自分でこのサイクルに慣れるまでは出来るだけ続けて、もしその後、後日にまわすことがあればその日に必ずやるということを意識しましょう。しかし、もし後日にまわすということがあまりにも多い場合は、そのサイクルが自分には合っていないという可能性もあります。そんな時はその後日にまわしているサイクルを正式なサイクルにして組み替えてみましょう。その分1日の掃除の量が増えてしまっている場合もあるかもしれませんが、しかしそれが自分に合っている方法かもしれません。掃除とは一度きれいにしても、継続できなければ意味がありません。どんなに人が行なっている掃除方法をしてもきれいにできない、どうしても続けられないと悩んでいる人は諦めずに、自分に合うお掃除方法を探すことを続けてみましょう。そうするうちに自分に合ったお掃除方法が見つかるはずです。様々な方法のカスタマイズを考えて、自分に合ったお掃除方法を、無理なく継続していけるよう見つけてみましょう。そうして毎日のこまめな掃除を心がけてることで、きれいで自分の理想の部屋により近づけるよう頑張りましょう。

②ゴミ屋敷を実際に見る事も大切な対策方法

ゴミ屋敷を聞いたことがあっても実際に見た事がないという方も沢山いらっしゃると思います。実際に見たことがある人も少ないでしょう。ですので、まずは自分で調べてゴミ屋敷に被害を実際に見てみましょう。現代ではインターネットが盛んで、動画サイトなどでも清掃業者がゴミ屋敷をあげている時代です。自分で調べてみて実際に見てみる事もとても大切で良いのかと思います。ゴミ屋敷を見たことあるのと、ないのとでは全く違うからです。これも先程説明しました。知っている事が大切という事です。ゴミ屋敷の実際な映像を見て、自分がこのようなゴミ屋敷にしてしまったら…という事も考えてみるのも大切です。改善するにもゴミ屋敷にしてしまった段階で多くの方に迷惑をかけますし、清掃するにもお金と時間がかかります。このようにゴミ屋敷はとても危険で誰にでも起こりゆる問題です。一度、ゴミ屋敷調べて見てましょう。

老後の生活を豊かにするための方法

皆さんこんにちは、今回は高齢者になってから生活を豊かにするために、やっておくべき事を説明していきたいと思います。みなさんは高齢者になってから気をつけなければいけない問題をご存知でしょうか?様々な危険が高齢者になってからあると思いますが、1番の危惧しなければいけない問題というのがあります。それはゴミ屋敷問題であります。ゴミ屋敷問題というのは特に高齢者の方がなりやすいとされており、昔から気をつけなければならない問題の一つとされています。実際にゴミ屋敷清掃の依頼の多くは50代以降の方が非常に多く、実際にゴミ屋敷問題を目の当たりにすると、とてもゴミ屋敷問題に苦しんでいる様子で、高齢者になってから絶対になりたくない問題の一つです。しかし、ゴミ屋敷の恐ろしいところは年々、ゴミ屋敷が増え続けている事が1番の恐ろしい問題です。昔からながくにわたってゴミ屋敷はとても危険であり、気を付けましょう。という事をテレビやメディアなどで放送されて、多くの方々が分かっているにも関わらず、ゴミ屋敷は増え続けている一方です。そんな状況のため、ゴミ屋敷清掃の依頼が年々増え続けていて、現代では若い世代もゴミ屋敷してしまうという状況にまでなってしまいました。このようにゴミ屋敷が日々、姿形を変えて、急成長したのにも多くの原因があるとされています。インターネットの大流行や、新型コロナウイルスによる、自宅篭など、多くの原因が重なった結果、現在の結果に至るという事です。特に、最近では新型コロナウイルスが原因によって自宅にいる事が当たり前になってしまった時代です。多くの方々がゴミ屋敷にしてしまっているのも事実で、ゴミ屋敷清掃の依頼は過去1番で多いとされています。またその結果、ゴミ屋敷清掃という新しい職種ということもあり、悪徳業者が後を立たず、高齢者などから法外な額を請求するといった手法を行う、悪徳業者も増えています。そのように不安定な業界であり、ゴミ屋敷はというのには危険がいっぱいつきものという事です。高齢者だからこそ学ばなければいけない。それがゴミ屋敷です。ゴミ屋敷はなってからでは遅いです。ゴミ屋敷に既になってしまった方達は苦労しています。一からゴミ屋敷について調べて、正しい清掃業者に依頼していかなければいけないからです。ですので、ゴミ屋敷になる前に、多くの知識をつける事が大切です。知識を持つという事は、ゴミ屋敷という脅威に抗う術です。何も知らないままゴミ屋敷の脅威に晒されるというのは、とても危険な事です。だからこそ、今からでもいいので、多くのゴミ屋敷に対する知識をつける事が大切になります。知っているのと知らないなどでは全く違います。またゴミ屋敷に対して危機感が薄いのが現代でもあります。現代ではテレビやメディアなどのゴミ屋敷に対すること取り上げが少なく、多くの方々ゴミ屋敷に対しての危機感が薄れてしまっているのも現状です。その結果、自分はゴミ屋敷になる事はないと思っている方が非常に多く、そのこともあり、ゴミ屋敷にしてしまう方は増え続けています。ゴミ屋敷にしてしまっている人達の全員が自分はゴミ屋敷にすると思っていなかったと仰っていました。そうなんです。ゴミ屋敷に自分はならないと思っている人こそが、ゴミ屋敷にしてしまう人の特徴でもあります。この特徴はゴミ屋敷にしてしまった人たちのほとんどに当てはまっており、自分がもし、ゴミ屋敷になんかするわけがないと思っている方がいました。その考え方は変えて、すぐにでも自分もなってしまうかもしれないという考え方に変えましょう。やはり多くの綺麗好きな方はゴミ屋敷になるかもしれないと感じている人が多く、お部屋が綺麗な方はゴミ屋敷に対して危機感が必ずあります。そのように自分もゴミ屋敷になってしまうのではないかというように考える事によってゴミ屋敷の危機から脱する事が出来るかもしれません。先ずはゴミ屋敷を知る事が始めましょう。またゴミ屋敷に対して危機感を強く持ち、自分もゴミ屋敷になってしまうかまされないと、考えて掃除をしてみると良いのかもしれません。高齢者になってからゴミ屋敷というもの非常に発生率が高くなります。身体が不自由で思うように掃除が出来なくなってしまったり、高齢者になってから、自分の家に家族や友人を招待しなくなり、自分だけの完全なプライベート空間になってしまい、汚くてもいいという考えになってしまったりなど、高齢者になってからは特に気をつけなければいけません。そのため、老後の生活を豊かにするためにもお部屋は綺麗に保ち、ゴミ屋敷にしないためにどうするべきか?それを考えていきましょう。

家族や友人などを家に招待する

ゴミ屋敷になりやすい高齢者の特徴として様々な事が挙げられますが、一つは、1人で生活してしまう事です。これが危険です。1人で生活するという事は、家族や友人を家に招待せず、生活するという事になります。その結果、部屋が多少汚れたりしても、気に留めなくなってしまい、ゴミ屋敷になりやすくなってしまいます。このようにゴミ屋敷になりにくい人の特徴は真逆で、家に家族や友人を頻繁に招待しています。ゴミ屋敷というのはデリケートな問題です。ゴミ屋敷にしてしまって恥ずかしいと感じている人いるでしょう。だからこそ家に人を呼ぶことが大切になります。人に見られると思うと、ゴミ屋敷のように部屋が荒れてしまうのを見られたくないと思います。そうすることで、自分の部屋を綺麗にするという方法です。この方法は非常に効果的です。約束を取り付けてしまう事によって、必ずその期日までに部屋を綺麗にしなくていけないという方法ですので、自分の中でも明確な目標にもなります。目標が明確な事によって、具体的に自分が残りの日数でどこを綺麗に出来るのか?など、わかりやすく行動出来ますので、とても良い方法になります。

ちょこっと掃除をやってみよう

ちょこっと掃除はとても簡単で誰でも入りやすい清掃方法になります。ちょこっと掃除は、毎日欠かさず掃除をするというものになります。これだけ聞くとめんどくさく感じてしまう人がいるかもしれません。しかし、掃除をする量が違います。タイトルの通り、掃除をする量はちょこっとで良いのです。例えば、少し気になっていた、トイレの汚れの掃除を清掃する日にしたり、リビングを掃除機をかけるだけにしたり、物やゴミが置いてあった、テーブルの上を掃除したり、冷蔵庫の整理整頓をしてみる日にしたりなど、広い範囲ではなく、狭い範囲で確実に毎日綺麗にしていくという事です。そうする事で、日に日に綺麗になっていくので、モチベーションも上がりやすいですし、自分でも明確にどこを掃除すればいいのか分かると思います。ぼんやりと掃除をするよりも、終わりが見える掃除すれば、持続もすると思います。様々なやり方がありますが、多くの方々がやっているやり方です。またこの方法は、結果が目に見えてわかりやすいので、とても効果的なやり方です。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は老後の生活を豊かにするためには、ということで説明させていただきました。現代ではゴミ屋敷が急速に成長しています。だからこそ知識をつけて対策をする事で、未然に防止する事ができます。ゴミ屋敷は誰にでもなりやる問題という事だけ忘れずに危機感を持っていきましょう。そうする事で、ゴミ屋敷の脅威から逃れる事ができるかもしれません。

なってからでは遅い!ゴミ屋敷を未然に防止!

皆さんこんにちは、今回はなってからでは遅い!ゴミ屋敷の未然防止方法をご紹介したいと思います。皆さんゴミ屋敷に自分はならないと思っていないでしょうか?そう考えている方は、ゴミ屋敷になりやすいタイプです。ゴミ屋敷にしてしまった方達は、皆んな口を揃えてゴミ屋敷にしてしまうとは思っていなかったと仰います。しかし、ゴミ屋敷になりたくないと思っている方は、未然に対処しようとします。その結果、普段から綺麗な部屋を維持しようとするためゴミ屋敷にはなりにくいタイプです。ゴミ屋敷にならないと思っている方は危機感を持った方がよいです。現代ではゴミ屋敷は急成長を遂げて、若い世代から年配の方々まで全ての層がターゲットになっています。その結果、ゴミ屋敷の依頼は年々急上昇しており、実際にゴミ屋敷の依頼では、多くの方達が悩みを抱えてご相談にきます。だからこそ、ゴミ屋敷に自分はならないと考えてはいけない時代が来たという事です。ゴミ屋敷の知識がない方の多くがゴミ屋敷に自分しないと思う方が多いです。また反対にゴミ屋敷の知識を知っている人ほど、ゴミ屋敷に対しての怖さを知っています。だからこそ、ゴミ屋敷になりにくいのです。皆さんもゴミ屋敷を先ずは調べる事が大切だと思います。調べてみて、実際にどのような問題が起きてしまうのか?また、もしなってしまった時に清掃依頼をすると、お金はいくらかかってしまうのか?などなど、具体的にゴミ屋敷を知っていくと、ゴミ屋敷には絶対になりたくないと感じるはずです。ですので脅威に対して調べておくのは大切なことです。それでは、ゴミ屋敷を未然に防ぐための方法をご紹介していきたいと思います。

整理整頓

どんなにものを減らしていても、それらが散らかっていると意味がありません。しかし大切なのはものたちをいかにキレイにしまうかではなく、使いやすくわかりやすくしまうかなのです。実用的ではない収納をしてしまうと、元の場所に戻さなくなってしまったり、どこにしまったかわからなくなって結果別のものを購入してしまったりなど悪循環になってしまいます。そうならないために、実用性に優れた整理整頓を心がけましょう。では実用性に優れた整理整頓とはどのようなものなのか考えてみましょう。それは、正解はひとつではないのです。ひとりひとりの生活リズムやサイクルに合わせてさまざまな仕方が存在します。テレビのリモコンひとつでも、テーブルの上に置く方がいい人と、テレビの前に置く人などさまざまだと思います。このように、無理に場所を統一するのではなく、継続的に同じところに自分が戻せる場所を選びましょう。衣類もどうしても畳んでしまうことが継続できないのであれば、ラック式の収納を使い整理整頓するのもひとつの手なのです。このように、整理整頓や収納の仕方とは多種多様に存在します。自分の性格や、生活のリズム、サイクルを理解して整理整頓をすると、キレイなだけではなく、過ごしやすくい部屋を継続的に作り出すことができるようになるでしょう。

こまめな掃除をする

こまめな掃除はとても大切です。掃除が出来る人、出来ない人は日常的にこまめな掃除が出来ているか、いないかに分かれます。日常的に掃除することに慣れるということがとても大切になります。掃除に慣れていない場合、溜め込んでしまう癖がついてしまいます。来週掃除をやろうと考えてしまったり、そろそろ汚くなってきたから掃除をしようと考えてしまったりなど、掃除を溜め込んでしまう癖がついてしまうと、ゴミ屋敷予備軍になってしまいます。癖というのはとても良い反面恐ろしい部分もあります。掃除する癖がつくのであれば、それはとても素晴らしい事ですし、やらないといけないという考えから、癖にするにはかなりの時間がかかりますが、物にできればこれ以上にない結果となるでしょう。しかし、そのまたの逆も然りです。掃除をしなくなる習慣がついてしまうと、掃除をしない癖がついてしまいます。そのような癖が一度ついてしまうと、抜け出すには中々の時間と手順が必要になります。やってしまうから癖なのです。だからこそ、掃除をしない癖よりも、掃除をしてしまう癖をつけましょう。当たり前ですが、掃除をする癖がつけば、かなりお部屋が綺麗になります。お部屋が綺麗になればゴミ屋敷の脅威など考えなくていいでしょう。掃除する癖がつくという事は、ゴミ屋敷にならなくてすむというのと同時に、他にも様々な恩恵があります。お部屋が綺麗だと風水や自身のモチベーションの維持など、お部屋が綺麗な事によるプラスの効果が大きく期待されます。そのため逆にお部屋が汚い場合は、風水など、自身のモチベーションの低下してしまう可能性もありますので十分に気をつけましょう。

人の出入りを多くする

その家に人が出入りする事が多い場合はゴミ屋敷になる可能性がかなり低下します。ゴミ屋敷になってしまう人の多くは自分の家に人を入れたがりません。勿論当たり前なのかもしれませんが、これこそが、このゴミ屋敷の悪循環に陥っているサインになります。ゴミ屋敷になる前の状態で部屋が荒れているとして、そこに人を呼びたいと思いますか?多くの方は呼びたいとは思わないと思います。自分の荒れた部屋を見られてどう思われてしまうのか。そう考えると思います。だからこそ人を招き入れるのです。人が来るとわかっているのであれば、必ず清掃をするはずです。これは自分の中で縛りを作ってあげる清掃方法となっています。ゴミ屋敷の方もゴミ屋敷にまだなっていないが部屋が荒れている人も、全ての人がこの方法は有効活用出来ます。家族や友人を家に招待することによって、家族や友人が来るこの日までには綺麗にしなければいけないという期間を設けるのです。そうすることで、その日までに必ず清掃をしなくてはいけません。自分の期間を作ってしまう事で、逃げる事なく清掃をやらざる終えない状況を作り出しましょう。そして、お部屋が綺麗な人は少なからず来客がいるはずです。掃除をして部屋を綺麗にするというのは少なからず誰かに見てもらいたいという気持ちがあるはずです。だからこそお部屋が綺麗な人は、SNSに写真をあげたり、家族や友人や恋人を頻繁に呼んで、お部屋が荒れてしまわないようにしているのです。また、もしゴミ屋敷にしてしまっていて、清掃業者に依頼してたいのだが、いつにしようか迷ってしまってゴミ屋敷の清掃の乗り出せていない方がいましたら、この方法でも効果的です。

まとめ

いかがでしょうか?今回は気付いてからでは遅い!ゴミ屋敷の未然防止方法をご紹介いたしました。現代はゴミ屋敷問題で溢れています。そんな中で皆さん一人一人が何が出来るのか?それを考えて行動していく事が大切になります。ゴミ屋敷問題は誰にでもなりゆる問題という事を忘れることなく、自分もゴミ屋敷になってしまう可能性があるという事を絶対に忘れないでください。そうする事でゴミ屋敷に対しての危機感を持って、今後どのように対処していくか考えていきましょう。そうすれば少しでも明るい未来が見えてくるでしょう。絶対にゴミ屋敷は放置してはいけません。それだけ頭の片隅に置いてください。放置すればするほど、ゴミ屋敷はあなたに牙を剥きます。

基本が出来ていればゴミ屋敷にならない!

皆さんこんにちは、今回ゴミ屋敷清掃について触れていきたいと思います。皆さんゴミ屋敷になった事があるでしょうか?多くの方はないとお答えするでしょう。しかし、中にはゴミ屋敷にしてしまった事がある人もいると思います。現代では、ゴミ屋敷問題は深刻化しており、実際に多くの方がゴミ屋敷の被害になっています。昔からゴミ屋敷問題というもの軽視されていました。実際にゴミ屋敷という問題は、人の問題であって、国が関わる問題ではないと考えられてきたからです。ですのでゴミ屋敷にしてしまった人はおかしな人と昔は思われていました。しかし、それは間違っています。ゴミ屋敷にしてしまったことは確かに良いことではないのかもしれません。しかし、ゴミ屋敷にしてしまうのは誰しもがやってしまう可能性がある問題なのです。そして、ゴミ屋敷問題は年々姿形を変え続けて、とうとう現代では、ゴミ屋敷問題若者や年配の方など、全ての方に当てはまってしまう問題となりました。清掃の依頼を受けているからこそ分かりますが、ゴミ屋敷の被害あわれているかたの年齢に偏りはなく、誰しもがなりゆる問題としてゴミ屋敷は成長してしまいました。そんな中、ゴミ屋敷に対しての危機感が年々薄れている傾向もあります。それはなぜか?それは、数年前までは、テレビなどのメディアではゴミ屋敷は多く取り上げられてきました。そうすることで、全ての方がゴミ屋敷に対して危機感を抱き、ゴミ屋敷になりたくないと強く思っていたでしょう。しかし、昨今ではゴミ屋敷に関してテレビやメディアなどで取り上げられることはなくなりつつあります。その事もあり、ゴミ屋敷に対しての危機感というものがなくなってきているのも事実です。その結果、現代の10代の方たちのほとんどがゴミ屋敷という名前は知っていても実際に、見た事がないし、どれほど危険なものかわからない。という方がほとんどです。今回はゴミ屋敷という問題に直面する前に、そうならないためにどのように対処していくのか?また、なってしまった場合は、どのように対処していけばいいのか?という事を触れていきますので、ゴミ屋敷について、あまり知らないという人や、ゴミ屋敷について現在悩んでいるという方など、様々な方が見ても有益な清掃方法となっています。そして今回ご紹介する清掃方法は当たり前のことでありながら、多くの方々がそれを出来ていない。そんな清掃方法となっていますので、自分が当たり前の事を出来ているのか?当てはまっているのか?という事も踏まえて見ていただけると嬉しいです。ゴミ屋敷で悩む時代に突入しつつある現代で、どれほどゴミ屋敷という恐ろしい問題に知識があるか?ないのか?そこが重要になってきます。ゴミ屋敷問題は知っているのと知らないのとでは全く違います。自分がもし、ゴミ屋敷になってしまった時や、ゴミ屋敷になりそうな時に、対処の方法や対策を知らなければ動きようがありません。ですので、自分がゴミ屋敷にならないように、そして大切な人がゴミ屋敷の問題で悩む事がないように、今回の記事の方法を実際に試していきましょう。

断捨離

断捨離は簡単と思っている人は多いと思います。しかし、それが上手くできなくて悩んでいる人は意外と多いのです。それにより日々ゴミ屋敷化が進んでいってしまっている人は少なくありません。ここでも、断捨離の仕方がわからない人もわかっている人も、上手くいかない人も上手い人も、改めて断捨離について考えてみましょう。あとは、断捨離を数回に分けることです。まずはざっくりと先ほどのルールにのっとりスピーディーに大まかに断捨離をします。次にもう一度、今度は本当に必要なものかを考えながら一通り断捨離をします。そうすることで、見逃していたものなどをきれいに断捨離することができるようになるのです。ここで、どうしても自分に必要か不必要かがわからない、残しておきたくなってしまうという人におすすめするやり方は、季節ごとに断捨離することです。例えば春夏に秋冬のものを断捨離します。それは前の年の秋冬に使わなかったものを処分の対象としましょう。秋冬になったら春夏のものを断捨離することによって、記憶が新しいうちに使ったもの使わなかったものを振り分けることができます。この方法は衣類などにとても役立ちます。衣類系は流行がありますので、意外と今年来たものは次の年には着ないということもあったり、年齢によって着なくなったものなどもでてくると思います。高額のもの、思い出のものなどは残しておくのは良いかと思われますが、その他のものに関しては自分の買い物のスタイルに合わせて断捨離をすることをおすすめします。こうしたように一年単位ではなくとも、今年の冬はこのコートを着なかったなと覚えておき、次の年の冬ももし着なかったのであれば断捨離の対象としてみるという考え方もあるでしょう。ある程度断捨離をできており、整理整頓ができる人であればこのように処分を優先的に考える必要はないかと思います。しかし、ゴミ屋敷になってしまうような人は、まずは物を増やさない、最低限のもので生活するということを癖つけることが大切です。そのため、身の回りをスッキリとものの少ない生活に慣れるまでは、勿体ない、まだ使うかも、いつか使うかもなどという考えは一度置いておきましょう。このように、今断捨離をして満足ではなく、今後もキレイを保つことを意識した断捨離を心がけて行いましょう。そうすることで、小さな掃除から大きな掃除まで断捨離をすることがだんだん楽に癖ついてくると、キレイな部屋への一歩となるのです。

ゴミ屋敷を調べる

ゴミ屋敷を先ずは知るという事が1番大切になります。どんな事でも大丈夫です。ゴミ屋敷になる人の特徴を調べて見たり、ゴミ屋敷の被害にあうと実際にどんな問題が発生するのか?またゴミ屋敷を清掃するためには金銭的にいくら必要なるのか?などなど、ゴミ屋敷に関しての情報であれば何でも良いです。とにかくゴミ屋敷について知る。調べる。これが一番のゴミ屋敷ならない方法でもあります。ゴミ屋敷ならないためにやるべき事。当たり前のようで、やっていない事だと思います。先ずは脅威を知ることが1番の対策に繋がります。現代では、インターネットが盛んという事もあり、ゴミ屋敷に関して調べれば山のように出てくると思います。また、動画サイトでも、ゴミ屋敷に関しての情報を発信している方も多くいます。ですのでゴミ屋敷ならないためには、先ずは自分から多くのことを調べましょう。またそれで得た知識は周りと共有するなどしましょう。自分の両親にゴミ屋敷の話をしてみるのも良いでしょう。ゴミ屋敷の話題をとにかくする事で、ゴミ屋敷を未然に防ぐ事もできます。ゴミ屋敷になりやすい人の特徴で、1番わかりやすいのは、自分がゴミ屋敷にならないと思っている人です。ですので、そのように思う事なく、誰にでもなりゆる問題と認識して、常に警戒して危機感を持つ事で、ゴミ屋敷の脅威から逃れる事ができます。またゴミ屋敷に既になってしまっている人も、同様にゴミ屋敷について調べましょう。ゴミ屋敷になってしまっているのなら尚更です。遅くはありません。新たなスタートを踏み出すために、解決策を調べましょう。そうする事で少しでも明るい未来が待っているかもしれません。

実際のゴミ屋敷案件からゴミ屋敷を学ぶ

皆さんこんにちは、今回は実際にゴミ屋敷の現場に行ったからこそ、わかる話や、ゴミ屋敷の怖さについて説明していきたいと思います。ゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。本件のご依頼人様はゴミ屋敷が2度目だそうです。前回ご依頼人様は他の清掃業者に依頼したそうですが、前回のゴミ屋敷清掃のご依頼では、たしかにゴミ屋敷は綺麗にしてもらったそうですが、最後の掃き掃除が雑だったらしく、お客様の満足のいくものではなかったそうです。ゴミ屋敷にあるゴミや物は綺麗なったが、ゴミ屋敷という事もあり、細かいゴミや埃が散乱しています。最後に掃き掃除するのが当たり前ですが、ご依頼人様が言うには、掃き掃除をしてくれたが、かなり粗かったと仰っていました。その事もあり、本件は我々の元に依頼する事にしたそうで、ゴミ屋敷清掃の仕上がりを期待されているご依頼人様でした。ですので最後の仕上げは特に慎重に行わなければいけないです。そして、本件のゴミ屋敷は細かいものが多く、大型のゴミはかなり少ない様子でした。ですので細かいものが多い分、作業がスムーズに行えので、迅速かつ安全に作業を進めていきます。ご依頼人様からはこんな質問がありました。ご依頼人様からの質問は、「雑貨などが好きでよく買うのですが、うまく片付ける事が出来ません。ゴミ屋敷になりたくないからこそ、良い片付け方法を知っていますか?」という質問をいただきました。本件以外でも、清掃において大切な事やゴミ屋敷の危険性についての質問が多く寄せられます。ですので今回の記事では整理整頓の大切さをご説明していきたいと思います。またゴミ屋敷の清掃状況についても説明できればと思います。

ゴミ屋敷清掃は誰かがやらなくてはいけない仕事です。

ゴミ屋敷清掃をする事になり、作業が開始しました。実際に玄関に入ってみると異臭は強烈に鼻を刺激しました。大抵の方はここで心が折れてしまうと言われているほど、ゴミ屋敷の異臭というものはとても強いニオイです。そして、眼下に広がるのはゴミの山です。ゴミ屋敷だからこそ、害虫は勿論います。そして常に異臭が漂う中で清掃しなくてはいけません。実際にゴミ屋敷清掃ではこのような状況で常に職務を遂行しなくてはいけません。多くの方がゴミ屋敷清掃をやりたいとは思わないでしょう。しかしゴミ屋敷で悩んでいる方も多く存在します。そして、助けを待っている方もいます。ゴミ屋敷清掃は誰かがやらなければいけません。需要がある仕事であり、国が必要としている仕事でもあります。だからこそ、ゴミ屋敷清掃は真摯にやり続けなければいけません。その中で、ご依頼人様の満足のいく作業を行う事によってゴミ屋敷で悩んでいるご依頼人様が少しでも笑顔にする事が出来たならば、我々としてもとても嬉しい限りです。ゴミ屋敷は無事綺麗にする事ができ、ご依頼人様もとても喜んでくれました。多くの方がゴミ屋敷で悩む時代だからこそ、ゴミ屋敷を解決に導く者も必要です。またゴミ屋敷では最近多くの業者が増えました。それによって悪徳業者も増えているので皆さん気を付けましょう。悪徳業者は作業途中で値段をつり上げてきたり、また法外な額の請求など、通常ではあり得ない値段でお客様に請求しようとします。その結果、払ってしまっても作業をお粗末なもので、全くと言っていいほど、清掃されていないというのもあります。ですのでもし、自分がゴミ屋敷清掃のご依頼をする場合では特に、悪徳業者かどうかを見極める必要があります。見極め方に関しては、前に記事としてあげてますので是非そちらをご覧ください。では続きましてはご依頼人様からも聞かれました。整理整頓についてのお話をしていきたいと思います。整理整頓はとても大切な清掃方法ですので是非、ご覧ください。

整理整頓

ゴミ屋敷は家中のものが多いことで悪化していきます。なので、ものの断捨離と整理整頓が欠かせません。ここではまずその断捨離についてのお話をします。断捨離とは様々なものに関して行うことができます。衣類、雑貨、書類など、必要なもの、不必要なものに分けましょう。まずはいるものはざっくりと分けて、いらないものは処分またはリサイクルとなります。そしてここでポイントなのは、いるものの中でさらにもう一度断捨離してみましょう。先ほどざっくりだったものを少しだけ丁寧に考えてみることで、意外とやっぱりいらないかも?と思うものが出てくるかもしれません。そうして、ものが半分以下に断捨離できると上出来です。最後に、どうしようか悩んだものなども後に回さずここでしっかりと区分けして終わらせましょう。断捨離のポイントとしては、自分の中でいるもの、いらないもののルールを決めるとやりやすくなると思います。例えば、一年以内に使ったもの、使わなかったもの、その時の記憶が曖昧なものなど、自分にとってのルールを決めてみましょう。そうすることによって断捨離できるものが格段に増えるでしょう。次に、整理整頓の仕方についてお話しします。まずはものの断捨離をしっかりとしましょう。その残ったものをいかに汚れているように見えないよう整えるかが大事なのです。そこで、整理整頓には収納を有効的に活用しましょう。衣類、書類、雑貨など細かいもの大きなもの問わず大きく分類分けをし、そのなかで細かなもの大きなもので分類し収納することによって、見やすい収納となります。整理整頓、収納をしっかりしていると、仕舞いやすく出しやすい状況になるので、欲しいものを見つけることに苦労せず、無くしてしまうということが減ることによって新たに買ってきて、その後見つかったなどという無駄な買い物、無駄なものを増やすということがなくなります。そして、しまいやすいと、片付けることが億劫になることがないですし、どこにしまおう、後にしようというということもなくなるので、放置して部屋が散らかるということが無くなります。なので、収納場所や収納の仕方というのはとても大切なのです。そして収納場所、収納の仕方は正解はありません。自分の生活スタイルにあった収納場所、収納の仕方を見つけることが、収納上手への道となります。ここで、衣類に着目して考えてみます。衣類はどうしても量が増えてしまいがちです。そうすると収納も増えてしまいなんだか収納だらけになってしまうという状況になってしまいます。そういったことを防ぐために、衣類の断捨離ももちろんですが、収納を衣替え式にしてみましょう。例えば夏であれば、秋物、冬物、ダウンやセーター、ニット系のものなど冬にしか着ないものは大きなケース(アクリルケースなど)にまとめて収納し季節になったら入れ替えるという習慣にすると、外見に出ている衣類は季節半分のもののみなので少なくゴチャゴチャとしていない収納にすることができます。こういったちょっとした工夫をしていくことで、整理整頓が上手くなり綺麗な部屋への第一歩となります。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?ゴミ屋敷を実際に清掃するからこそ見えてくるものも多くあります。ご依頼人様からも多くの悩みが寄せられていてゴミ屋敷にしてしまった方たちはとても精神的にダメージを負っており、悩みが多いというのもご依頼人様の近くにいるからこそわかります。そのような不安や緊張などを少しでも取り除いてあげなければゴミ屋敷を清掃するだけではいけません。ゴミ屋敷清掃員はご依頼人様の近くにいるお悩み解決人でもあります。ゴミ屋敷を綺麗して終わりではありません。その過程でご依頼人様に寄り添い、新たなスタートを切らせてあげるのも大切な役割であります。ゴミ屋敷で悩んでいる方は1人で悩まず、すぐに誰かに相談しましょう。放置している間にもゴミ屋敷は成長をし続けています。

ゴミ屋敷にならないための3つの学ぶべきこと

皆さんこんにちは、今回はゴミ屋敷にならないために学ぶべき3つのことをご紹介したいと思います。近年ではゴミ屋敷問題はとても深刻な状況になっていると言われています。それは皆さんが分からない、見えない部分から徐々に変わってしまっているのです。そもそもゴミ屋敷と聞いて、今の10代の人はピンとこない人が多いと言われています。それもそのはず、昔ではゴミ屋敷問題は大々的に、テレビやメディアになどで取り上げられてきましたが、最近では全くテレビやメディアなどで取り上げられる事がなくなりました。そうなったことにより、多くの若い世代がゴミ屋敷に対してあまりにも知らないという状況が生まれているのです。このような問題はどうすることもできないという現状で、テレビやメディアなど、広告力のあるものを使って、日本に警告を知らせなければいけません。しかし、それが叶うわけもなく、若い世代が,どんどん知らないままになっていき、年々ゴミ屋敷は,増えてしまっているというのが現状での事実になります。ゴミ屋敷といえば昔から、高齢者や身体が不自由な人など、自分で管理することが難しい方が陥ってしまう問題の一つではありましたが、近年ではゴミ屋敷問題というのは若い世代にも広がっていき、掃除をしない人達が増え、ゴミ屋敷問題は,誰にでも起こりゆる問題となってきました。昔とは違い、現代では放任主義という言葉もあり、親元離れた息子様や、逆のパターンである、息子様が久しぶりに実家に戻ると、ゴミ屋敷になっているなど、様々なケースがあります。このように現代では、ゴミ屋敷問題は誰にでも起こり、ゴミ屋敷に対して知識や前情報を持っていない場合だと、対応に遅れてしまってゴミ屋敷が悪化してしまったり、ゴミ屋敷を知らないからこそ、一瞬で部屋がゴミ屋敷になってしまったりなど、ゴミ屋敷を知るという事がいかに大切なのか、それが分かるほど深刻な問題とされています。ですので本記事ではゴミ屋敷問題に怯えなくて済むように、ゴミ屋敷から自分を守るための学ぶべき3つのことを説明していきたいと思います。ゴミ屋敷を知る事が、1番の近道となりますので、ゴミ屋敷になりたくない方や、ゴミ屋敷をどう改善すればいいのかという方も必見ですので是非ご覧ください。

①ゴミ屋敷にしたくない家に人を招く

ゴミ屋敷にしたくない家に人を招くという行動はかなり有効的であります。多くの人は誰かが自分の家に来ると知っていれば、家を綺麗に片付けるはずです。これは逆も然りです。ゴミ屋敷にしたくない家に自分から出向くというのも効果的です。例えば良い例でいえば、実家などそうです。実家で自分の親が暮らしている中で、ゴミ屋敷にしたくないと思うのであれば、定期的に見にいくのが大切です。ゴミ屋敷にしてしまう問題の多くは訪問者がいないというのが問題点です。ゴミ屋敷問題の特徴的な部分としては、家族や友人の訪問が極端に少ないというのが挙げられます。このようにゴミ屋敷にしたくないという家には積極的に出向くことによって未然に防ぐ事ができる可能性があります。またゴミ屋敷に既になっている方やお部屋が荒れている場合などで、どうにか清掃業者に依頼せずに自分で清掃をしたいという方は、家族や友人などを家に招待するのも一つの手になります。そうする事で、片付けなければいけない状況にする事で、荒れたお部屋を片付けるきっかけになります。またゴミ屋敷などで自分で片付けることが出来ないが、早くにでも清掃依頼をしたいという方も、家に招く予定をたてることによって、清掃業者にすぐにでも依頼をするという期限を自分でつけることもできます。かなり有効な方法でありますので、ぜひ試してみてください。

自分はゴミ屋敷にしてしまう事はないと思わない

自分の家はゴミ屋敷にならない、そう思っている方は大半だと思います。そして、まさか自分がなるなんて思っていないからこそ、ゴミ屋敷に対しての知識がないというのが一番多い現実です。そもそもゴミ屋敷はいつでもなってしまう可能性がある、恐ろしい問題です。またゴミ屋敷にしてしまった依頼人様の話を伺うと、ほとんどの方が自分がまさか家をゴミ屋敷にしてしまうとは思わなかったと仰っていて、今のこの記事を見ている方で自分はならないと思っている方と同じ考えでいるという事です。ゴミ屋敷にしてしまった方は元々、皆さんと同じ普通の家に暮らしていました。それがある日を突然に、ゴミ屋敷になっていくのです。掃除を少しサボってしまってそれが何回も続いていき、取り返しのつかない環境にまでなってしまうのです。それもゴミ屋敷の恐ろしいところは、ゴミ屋敷になるまで自分がなるかもしれないという考え方になりづらいというのも難しい問題です。こればかりは言葉で危機感を持つという事は難しいと思いますですので、本記事で説明しました。学ぶべき方法を知っておく事で、もし自分がそのような状況になってしまった時に、すぐに対処出来る様に準備しておきましょう。

ゴミ屋敷を放置しない

ゴミ屋敷を放置する事は一番良くない事です。ゴミ屋敷になった時に、すぐ解決策を作る方はまだ良いですが、多くの方は放置してしまいます。そうして放置する事によってゴミ屋敷は悪化していき、日に日に悪くなってしまうのがゴミ屋敷の恐ろしいところです。ゴミ屋敷問題は放置すればするほど、如実に現れてきます。問題を先送りにする事で、確実に状況は悪くなっていきます。害虫問題や異臭問題など、異臭問題による近隣トラブルなど、挙げると、キリがないほどの問題が山積みとなります。また最悪の場合は強制退去という問題も発生してきます。強制退去になってしまったご依頼人様を知っているからこそ、同じような問題に陥らないようにここに記しておきます。ゴミ屋敷は精神的にもとてもダメージの大きい問題です。またゴミ屋敷も悪化していけば身体的ダメージも、襲ってきます。そのような劣悪な環境下での生活は絶対良くありません。ですので、ゴミ屋敷の放置はやめて、最速で解決に乗り出しましょう。そうする事で少しでも早くあなたに快適な生活が実現できるはずです。ゴミ屋敷になる前にの段階では、ゴミなどを放置してはいけないというのは頭に入れて置きましょう。ゴミの分別をしっかりとして、ゴミを決められた日に必ず出す。そうする事によってゴミ屋敷が急速的に進化することはありません。日々の清掃をしっかり行い、人を呼んでも良いと思える部屋で生活をしましょう。

まとめ

本記事はゴミ屋敷にならないために学ぶべき3つのことでした。普段は清掃の方法や解決策などでしたが、ゴミ屋敷についての知識を持つ事をメインに書いてみました。ゴミ屋敷を知るという事もとても大切です。なりたくないものこそ、知って対策をするという事が重要になってきます。ゴミ屋敷という脅威に対して無知でいる事はとても危険な事です。なってからでは遅いと思って、今のうちからでも勉強する事が大切になります。そうする事で、ゴミ屋敷にならずにすむかもしれません。ゴミ屋敷は自分がなるはずない。そう思わずにゴミ屋敷は誰の身にも起こりゆる事だと考えて、危機感を持つ事で、ゴミ屋敷にならずにすむかもしれません。そしてゴミ屋敷の知識をみんなと共ることで、ゴミ屋敷問題を自分や周りから遠ざけてあげましょう。

即日効果アリ!お部屋の清掃術!

皆さんこんにちは、今回は現代ではコロナウイルスが流行っていて皆さん何かとお部屋にいる時間が多いと思います。ですので今回はお部屋にいながらでも出来る、簡単で即日で効果が出るお部屋の清掃術をご紹介したいと思います。なぜ、コロナウイルスが流行っている時にお部屋の清掃なのか?それは大きく関係しているからです。お部屋での生活が増えたというのは皆さん実感していると思いますが、このタイミングでゴミ屋敷が加速して増えているのです。ゴミ屋敷は昔はあるというだけで珍しいものとして思われていましたが、年々、ゴミ屋敷が変わり始めて、現代ではゴミ屋敷は当たり前のように存在するとされています。ゴミ屋敷のボーダーラインがまず何処からなのか?という問題もあり、ゴミ屋敷という認識は人によって変わりますが、我々としてはその日に1人で片付けられないという段階で規模が小さかろうがゴミ屋敷という認識で良いと思います。そのため、清掃の専門業者がいますし、1人で片付ける事が不可能な場合は、立派なゴミ屋敷と言えるでしょう。ゴミ屋敷はゴミ屋敷でも部屋が汚いだけという考え方を持つ方もいますが、それではゴミ屋敷になってしまってからでは手遅れになってしまいます。ですので、ゴミ屋敷は誰にでもなりゆる問題という事は絶対に念頭に置いてください。またゴミ屋敷を改善したいと思うのであれば、多くの清掃に関する記事や本などを読んで、改善に向かってやっていきましょう。その点も踏まえて、今回の記事である、即日効果がある清掃は、ゴミ屋敷に悩んでいる方にはとても有意義な情報だと思いますので、是非最後までご覧ください。また清掃方法では、その人に合う合わないがあり、もしかすると、今回の記事に出てくる清掃方法はあなたに合う分かりません。しかし、やってみなければそれは分かりませんし、誰でも簡単にやれる清掃方法となっていますので、是非、試してみてください。コロナウイルスが流行ってゴミ屋敷が増えている時代で、多くの方がゴミ屋敷で悩んでいると思います。そしてゴミ屋敷の清掃依頼に躊躇している方も多いです。なぜ、ゴミ屋敷の清掃依頼を躊躇しているのか?それは多くの依頼人様から聞いてみたところ、コロナの影響で依頼がしにくいという理由だったり、ゴミ屋敷の清掃の依頼をするのが恥ずかしいという理由など様々でしたが、すべてに言えることは、ゴミ屋敷清掃は絶対に早急にしてください。ゴミ屋敷だから少しぐらい放置しても大丈夫だろうという考え方はやめましょう。依頼を躊躇して遅れてしまうと、ゴミ屋敷はその分、お部屋にダメージを与えて、多くの被害が生まれます。そして、ゴミ屋敷は悪化していき、近隣トラブルや異臭問題や害虫問題と、すべての問題の悪化につながります。そうなってしまうと、もっと早くに依頼すれば安く済んだ。などといったケースもあります。そうなると勿体ないです。放置していい事は一つもありません。それがゴミ屋敷です。またコロナの影響で依頼がしづらいという点は、勿論の事ですが理解できます。しかし終わりの見えないコロナの影響を落ち着くの待っていては、損してしまいます。清掃の依頼や見積もりはソーシャルディスタンスを守って行えばいいですし、放置してしまうと、コロナより恐ろしい問題が起きてしまうかもしれません。ゴミ屋敷の異臭や害虫による、発病の恐れもあります。またゴミ屋敷の依頼が恥ずかしいと仰っていたご依頼人様もいましたが、絶対に恥ずかしいなどと思わないでください。確かにゴミ屋敷はデリケートな問題ではあります。家族関係や友人関係に言えないというのがゴミ屋敷の問題でもありますが、相談できないとしても、清掃業者には相談を絶対にしてください。そうする事で少しでもゴミ屋敷を解決に導いていきましょう。

先ずは掃除をする

絶対にお部屋が綺麗になる方向に向かう方法は一つあります。それはとにかく掃除を実行してみる事です。お部屋の掃除をする。それをすれば絶対に部屋は綺麗になります。当たり前のことですが、それが出来ない人もいます。ですのでお部屋の掃除をしやすくするための方法を教えていきたいと思います。先ずは一気に掃除をしようとしない事が大切です。掃除というものは、一気にやろうとするからめんどくさく感じてしまうものです。お部屋の掃除を1週間でスケジュールを組み、毎日やるところを限定化して、エリアごとの掃除をしていきましょう。そうする事で、今日は、ここからここまでを掃除するというふうに、目の前に目標ができるため、モチベーションも維持しやすいです。そうするとめんどくさいと感じる事も少なく、小さな労力で少しずつ綺麗になっていくでしょう。また他のモチベーションの維持方法もあります。それは、自分に対してのご褒美システムです。今日は、ここの掃除をすれば自分にご褒美をすると決めて、掃除する事です。例えば、今日はトイレとお風呂の掃除をする。それが出来れば、夜ご飯はちょっといいところで食べよう。など、自分にご褒美をあげてください。勿論ですがご褒美は何でもいいです。自分がご褒美だと感じるものをあげると、掃除を終わらせるのが楽しみになりますし、掃除をすればご褒美がもらえるという認識が生まれ、掃除を習慣にできる可能性もあります。人によってはこれだけで劇的に変わる人もいますので、是非試してみるのもいいでしょう。他には、毎日10分掃除を試してみるのもいいでしょう。10分という時間はとても短く感じると思いますが、毎日掃除に当ててみると効果ははっきり出てきます。毎日掃除をするというのは人によってとてもめんどくさいと感じると思いますが、毎日10分なら自分でも出来ると思いませんか?確かに、毎日時間を掃除に取られてしまうのは嫌な人もいるかもしれませんが、10分だけですので試してみてください。驚くほど効果が出ます。

整理整頓

部屋の様子がガラッと変わる方法として、整理整頓が効果的です。一つ目のステップとしては、バラバラになった書類を一箇所にまとめる、散らかった服をまとめるなどと、周りにあるものを分類分けして一箇所にまとめてみましょう。そうすることで、どういったものが自分は散らかりやすいのか把握することができ、今後の意識をしやすくなります。二つ目のステップは、そのまとめたものを整理してみましょう。いるものいらないもの、書類などは捨てるもの大事なもの、服などはしまうもの洗濯するものいらないもの、そして三つ目のステップとしてそれらのものを整頓しましょう。いらないチラシや書類は捨てて、いらない服なども捨てる、またはまとめて、古着屋に持っていくなどのために、袋などにまとめておきましょう。大事な書類などは書類ケースを買ったり、それをしまう場所を作りましょう。ネットでも書類ケースをは購入できますし、100円均一などでも購入することができます。服はタンス、クローゼットに収納して、ここで重要なのは洗濯したものは必ず再度収納しましょう。これごまた放置してしまうと、部屋に残ってしまいせっかく片付けているのに意味がなくなってしまいます。こういった整理整頓は行っている今ではなく、行った後、それを維持する、継続することが1番大切なのです。是非、気になった方は試してみて下さい。行動することが一番の近道になります。

自粛期間中でも出来るお部屋の掃除方法

皆さんこんにちは、今回は、自粛期間中に出来るお部屋の掃除方法をご紹介したいとおもいます。本記事は自粛期間中でも出来るお部屋の掃除方法という形でご紹介させて頂きましますが、普段のお部屋掃除からでも使えるテクニックや、心得を紹介しますので、是非、皆さんも試していきましょう。そして、現代で流行っている問題のゴミ屋敷に自分がならないようにしていきましょう。そもそも皆さんはゴミ屋敷を実際に見たことがあるでしょうか?ゴミ屋敷を実際に見たことがあるという方は非常に少ないのではないでしょうか?ゴミ屋敷といえど皆さんが想像するのは、外にまでゴミが山積みになっていて景観を破壊しているようなゴミ屋敷だと思います。しかし、実際のゴミ屋敷問題というのは!今では全く違うものになってきているのです。ゴミ屋敷と聞いて、どのようなゴミ屋敷を皆さん想像するか分かりませんが、実は1番多いゴミ屋敷というものは、外からはなかなか気付きにくいようなゴミ屋敷だという事です。玄関の前にたってもゴミ屋敷がどうか分からない。玄関を開けてると驚くようなゴミ屋敷の光景が広がるといったものです。現代はでは外からでは全く分からないようなゴミ屋敷が非常に多く、清掃の依頼でもほとんどがそのようなケースになります。皆さんはゴミ屋敷に自分はならないと思ってはいないでしょうか?もし思っているのであれば、それは大きな間違いです。ゴミ屋敷というものは誰でもおきゆる問題です。皆さんが思っている以上にゴミ屋敷という問題は非常に重たい問題とされています。ゴミ屋敷問題を世間に認識してもらうためには、多くのメディアに取り上げてもらう必要があります。昔でこそ、ゴミ屋敷に関しては取り上げられてきましたが、今では全く取り上げられることがなく、難しい問題となり、現代の高校生以下の青年はゴミ屋敷という言葉すら知らないという方もいらっしゃいます。そのような事態は深刻です。知らないという事は、危機感を持つことも出来ず、対策方法も知らずに過ごしてしまうということになります。ゴミ屋敷はもっと皆さんに知られるべき問題です。自分だけの問題ではありません。大切な家族や、友人、恋人など、全ての方が対象の問題です。その時に、知識があれば太刀打ちできる問題が、ゴミ屋敷の被害にあってから勉強するでは遅いです。ですので、ここで知る必要があります。ゴミ屋敷にどんな方法をとれば良いのか?それを分かっているのとわかっていないのとでは、大きな差になります。ですのでこれからご紹介する方法を是非試してください。毎日日課にするだけで、非常に快適に暮らせると思います。少なくてもゴミ屋敷にはなりません。ですので、お勧めの方法となっていますので、継続してやってみましょう。

①毎日の掃除がいちばんの近道

毎日掃除することをめんどくさいと思っている方、是非その考えをまずは捨ててください。溜まった掃除をやるのは時間もかかるしめんどくさいと思います。しけし毎日掃除していれば、普段掃除しているからこそ綺麗に状態が続くので、掃除も楽でしやすいです。ですので掃除はめんどくさいだけではなく、めんどくさいから、毎日やる。という風に考えてみてください。最初は毎日掃除をするなんて絶対に無理と思うでしょう。しかし、継続してやっていくと驚くことに本当にめんどくさいという感情がなくなります。3カ月に一回の掃除ペースでは掃き掃除だけではなく、様々な部屋の掃除などをしないといけないので、めんどくさいと思います。しかし毎日掃除をするとびっくりするほど考えが変わります。それはそうです。10分の掃き掃除だけで綺麗な部屋になります。毎日掃除をしているからです。毎日やる代わりに、時間は取らない。このは掃除方法はかなりお勧めとなります。是非、掃除がためグセが付いてしまっている人はやってみる価値があります。

②断捨離と整理整頓

自粛期間にお家にいることが増え、テレワークやリモートの作業が増えてきていますが、その時部屋の様子を気にしたりしなくてはならないのは、とてもめんどうだと思います。そんな時のために、普段から部屋を綺麗にしておくと、ふと部屋が映ってしまった時に焦らなくて済みますし、周りからも1目置かれるかもしれません。では、部屋を綺麗に見せるコツとして、断捨離と整理整頓を考えてみましょう。家にいることが多いと、部屋の無駄なスペース、または散らかっている箇所が嫌でも目に付きますよね。そこを重点的に片付けてみましょう。部屋全体を一気にやるのではなく、1箇所1箇所こまめに行っていき、その状態を保つということを心がけましょう。まずは断捨離です。外に買い物に行く機会が減り、ネットで買い物をする機会が増えたと思います。そんな時、必要ないものや、要らなくなったものが出てきていないでしょうか?そういったものが断捨離の対象です。その他にも、この機会に要るか要らないか分からないようなものは一掃してしまうのも手かもしれません。とにかく、必要なものをわけ、それ以外を、捨てるまたはリサイクルに出しましょう。そうすることで、部屋のちらかっていた場所が必要なものだけになります。そしてここから整理整頓です。必要なものを散らかしてしまっていては意味がありません。そのために、それに見合った収納や整え方を探しましょう。これを機に新しいオシャレな収納を購入してみるのもありかもしれません。細かな書類やアクセサリーなどもひとまとめに収納しましょう。色んな場所においてしまうとそれが散らかって見える原因になります。そしてしっかりと収納が出来たら、使ったら元に戻すを心がければ部屋が散らかることはないでしょう。それをその他の気になる箇所で繰り返し行うことで、部屋全体が綺麗になります。その他で部屋のデッドスペース、使われていない場所、主に隙間などはほこりかたまりやすいので、隙間家具などで活用すると良いでしょう。部屋を綺麗に見せるコツとしては、床にものを置かないことです。基本棚、収納、机など、床がスッキリしていると、清潔感のあるオシャレな部屋に見えます。そして掃除もしやすく掃除機などを癖つけるには、床に障害物を置かず、サッと掃除をできるようにするとストレスがなく長続きするコツとなります。このように、断捨離、整理整頓、収納などを使って、素敵なお家時間を過ごせるようにしましょう!

まとめ

いかがでしょうか?皆さんはゴミ屋敷という事に対して危機感をしっかり持っているでしょうか?危機感なければ何も出来ません。ですので本記事で書いてある方法を試してみて、少しでもお部屋の環境が良くなればと思います。そうして自分から少しずつでも動き出すことで、きっと素敵な生活が待っています。早速、試すことが出来るものからやっていきましょう。先ずは行動するだけで大きく変わっていきます。また、既にゴミ屋敷の事に関して悩んでいる方がいましたら、絶対に1人で悩むことはやめましょう。ゴミ屋敷に関して悩んでいるのであれば、プロの清掃業者に無料見積をお願いしたり、実際に話を聞いてみることを強くお勧めします。やはり一人で悩んでいても答えが出ないと思います、またプロの話を聞く方が一番良いと思いますので、是非、1人で悩むことなく、周りに相談したり、業者に依頼して、ゴミ屋敷を早期解決に自分から導きましょう。

ゴミ屋敷の理解を深める

皆さんこんにちは、今回はこれから夏を迎えて暑くなり、アウトドアの方やインドアの方など様々な過ごし方をお送りすると思います。近年ではインドアが増えている時代になり、インターネットの流行も話題となりました。特にインターネットに関しては、これまでにないほどの流行になり、更には、今後も加速して行く事でしょう。このように、今この記事をご覧になっているのもインターネットを使って見ているのです。それほど私たちに様々なメリットを与えてくれました。同時にですが問題が増えたのも事実です。その問題の一つを今回触れていきたいと思います。その問題とは?それはゴミ屋敷です。ゴミ屋敷は近年驚くほどの急成長を遂げてしまいました。ゴミ屋敷にしてしまう方が圧倒的に増えてしまったということです。昔では身体不自由で思うように動かすことが難しく、掃除したくてもできないという方がゴミ屋敷になってしまうという事ありましたが、現代では、若者の多くがゴミ屋敷にしてしまっているのが現状です。それは先程説明しましたが時代が移り変わり、現代では家で生活する若者が非常に多くなりました。そのため、ゴミ屋敷にしてしまう若者も多く、ゴミ屋敷問題は大きくなって行く一方です。そして、ゴミ屋敷に対しての危機感が現代では薄れてしまっているのも現状です。昔までは、テレビなどメディアで多くのゴミ屋敷問題が取り上げられてきました。しかし今では、ゴミ屋敷問題を取り上げるメディアは少なくなり、今では10代がゴミ屋敷というワードを聞いて、知らないという方もいるというのが驚きです。しかし、だからこそ、変えていかなければいけません。本記事はゴミ屋敷の危険性について話していきたいと思いますが、その前に、皆様の片付けというものに対して、どのように考えているのか?この記事を読みながら考えてほしいです。片付けと聞いて、皆さんはどう感じますか?多くの方はめんどくさいものとして認識していると思います。それは勿論、片付けが大好きという人は珍しいのかもしれません。しかし、めんどくさいから、やらなかったり、後回しにしている人と、めんどくさいからこそ、先に終わらせる人との2種類に分けられます。この差は大きくゴミ屋敷問題にも直結する話です。めんどくさいから後回しにする。そのように考えてしまっている方がゴミ屋敷予備軍になってしまうのです。ゴミ屋敷にしてしまった人の多くは、自分がまさかゴミ屋敷にするとは思ってもいなかったと考えています。しかし、それは片付けがめんどくさくて、後回しにしている人が、自分がゴミ屋敷にしてしまうわけがないと考えているのと一緒なのです。それでも自分がゴミ屋敷にしないという根拠はないと思います。だからこそ、危機感を持つという事が重要になります。危機感を持っていれば、ゴミ屋敷になってしまう事を事前に防ぐことができます。しかし危機感がなく、片付けは気が向いたときでいいという考え方をしていると、いつか何かのきっかけでゴミ屋敷になってしまうかもしれません。可能性としては十分あります。危機感を持つという事は対策を知るという事でもあります。また危機感を持っていればゴミ屋敷に対して知識をつけて、前段階で準備する事も可能です。ゴミ屋敷に対しての知識があれば、ゴミ屋敷の怖さを知って、なりたくないという強い意志が生まれます。だからこそ、先ずは知ることが大切です。片付けを後回しにする危険性や、ゴミ屋敷は、ただ部屋が汚くなるだけではないという事も知る必要があります。この記事をご覧になるという事は少なからず、ゴミ屋敷に対して、何か思っているということです。それが、ゴミ屋敷を改善したい人なのか、ゴミ屋敷に興味があって見ているのか、それは重要ではありません。大切なのは、あなたが今、ゴミ屋敷について知ろうとしている事が大切です。その気持ちを大切に、ゴミ屋敷について理解を深めていきましょう。

ゴミ屋敷を知る

ゴミ屋敷は知る上で、多くのことがありますが、細かい事を知っても漠然として、想像しにくかったり、イメージがつきにくいと思います。ですので、ゴミ屋敷は危ない。なぜ、危ないのか?という事を分かりやすい説明していきます。ゴミ屋敷にしてしまうと様々な問題が起きます。先ずは、部屋が汚くなります。これはただ汚くなるだけではなく、お部屋にダメージが残ってしまいます。ダメージが残るという事は、賃貸の場合は後々にお金が発生してしまったりするので注意が必要です。一軒家の方はせっかくのマイホームにダメージが残ってしまうと最悪の場合、かなりの金額を使ってリフォームをしなくてはいけなくなってしまいます。ゴミ屋敷というのはそれほどお金がかかってしまいます。他には、害虫問題です。害虫問題はゴミ屋敷とは切っても切り離せない問題です。害虫は綺麗な部屋でも、何処からともなく入ってきてしまいます。ですが、ゴミ屋敷になると話は別です。綺麗な部屋の場合は迷い込んで入ってきているのですが、ゴミ屋敷の場合は住処にするために入ってきます。ゴミ屋敷は害虫からすると天国のような場所です。産卵する環境としては申し分ない環境でしょう。害虫問題はとても恐ろしく、一度の産卵で大量の害虫が産まれます。そしてゴミ屋敷のように物が溢れかえっている場所は隠れる場所も多く、食べるものも多くあります。ですので害虫は産卵を繰り返して、一気に害虫達に占拠されるでしょう。また害虫がするフンによって異臭問題が発生したりと、とても厄介な問題です。他には異臭問題です。先程、害虫問題でも異臭の話が出ましたが、生ゴミによって発生する異臭問題はとても強烈です。近隣住民とのトラブルの火種は異臭問題からとされています。ゴミ屋敷が周囲に発覚するのも異臭がきっかけでしょう。そのため、異臭問題で近隣住民が気付いて注意したとしても、もう遅いでしょう。ゴミ屋敷の異臭が近隣トラブルまで発展している時点で、かなりの異臭濃度です。その場合、ゴミ屋敷は既に、1人や2人で簡単に掃除できるほどの規模ではありません。専門業者が4人がかりで行わなければいけないくらいでしょう。間取りにもよりますが、多くの異臭問題はゴミ屋敷の生ゴミや害虫問題から起きています。異臭問題が起きているという事は、害虫問題やゴミ屋敷も深刻化しているという事です。他には、ゴミ屋敷に暮らす人の精神的ダメージや、身体的ダメージです。これが1番恐ろしい問題です。ゴミ屋敷にして平気でいる人は、もしかしたらいるのかもしれませんが、大抵の人は平気でいられないでしょう。先程説明した問題をもろに受けていながら平気でいられる事は難しいです。物事や人付き合いなど、マイナスな方向に行ってしまいます。ゴミ屋敷にしてしまった人の多くが口にするのは、やはり内面が変わってしまうとの事で、塞ぎ込みがちになったり、明るく前向きに生活ができなくなってしまうそうです。だからこそゴミ屋敷は絶対に改善しなくてはいけない問題です。身体的ダメージはゴミ屋敷は大量のゴミで溢れています。ですので怪我をする事は勿論、異臭や害虫がきっかけで、発病の恐れもあります。そのような事態は絶対に避けたいですね。今、説明した問題は一部です。しかしこれだけの問題がゴミ屋敷には隠れているのです。これを全て経験しながら生活していかなくてはいけません。耐える事は難しいと思います。ゴミ屋敷は絶対に放置してはいけません。自分の身体を思うのであれば、すぐにでも改善をする必要があります。

ゴミ屋敷の裏側!本当の問題とは?

皆さんこんにちは、今回は、ゴミ屋敷の危険要素について触れていきたいと思います。ゴミ屋敷といえば、皆さんはどのような事を想像するでしょうか?大抵の方達はゴミで溢れている見た目を想像する事でしょう。間違っていません。しかし、それだけではないのです。ゴミ屋敷では様々なことが起きているのです。そもそもゴミ屋敷とは、ゴミを清掃しないまま放置されて出来上がってしまうものですが、単純に汚いという問題だけではないのです。では一体どんな問題が潜んでいるのか?そこを今回見ていこうと思います。今や、現代ではゴミ屋敷はかなりの件数となりました。年々ゴミ屋敷は増え続けていますが、なぜ、ゴミ屋敷はここまで増え続けているのか?という問題を認識することが大切になります。そもそも、ゴミ屋敷は高齢者に多く起きてしまう問題とされていました。高齢者の方が、身体が不自由になってしまい、歳と共に思うような清掃が出来なくなってしまい、起きてしまう問題とされていましたが、現代では長い年月をかけて、ゴミ屋敷という存在は大きく変わっていきました。ゴミ屋敷は高齢者だけではなく、今や、誰でも起きてしまう問題とされいます。なぜ、ここまでゴミ屋敷が変わってしまったのか?それは様々な憶測や、考え方や推測があり、実際にこれだという事は言えませんが、有力な情報としては、インターネットの文化が出来上がり、今では携帯やパソコンやゲームなど、様々な物がインターネットのオンラインを使う事によって使用出来るようになりました。またインターネットの流行により、家にいる生活が多くなった方が増えたと思います。それによって堕落した生活を送る人や、仕事が忙しく部屋の手入れまでする事が出来ない人など、多く存在した事によって、このようにゴミ屋敷が形や色を変えて現代に存在しているのだと思います。ゴミ屋敷が形や色を変え始めた理由は、それだけではないとは思いますが、多くのある理由のうち一つだとは思います。またゴミ屋敷を清掃する業者というものも、近年爆発的に増えてきています。数年前までは、特殊清掃やゴミ屋敷清掃などといった専門的業者は少なかったですが、近年では爆発的に増えて、今では驚くほどの数の業者が存在しています。このように、業者同士としての問題もあり、しっかりと免許や資格を保有していない方の多くが、清掃を行なってしまっていたりと、腕は素人のようなレベルの職人が増えてしまったの現実で、最近業者が増えたというのは、別の仕事から乗り換えてきた人が多く、実際に知識や保有しているべき資格や免許がないまま、あたかもプロという顔をしながら仕事を引き受けようとする素人レベルの遺品整理業者が増えているのも事実です。ですので、遺品整理やゴミ屋敷清掃や特殊清掃など、、様々な整理や清掃はお客様のお宅に上がってしなくてはいけません。ですので必ず、それに相応しい資格保有者でなくてはいけません。皆さんも清掃の依頼や遺品整理をご依頼する際は、必ずその点を確かめる必要があるかもしれません。では長らくお待たせしましたが、ゴミ屋敷に潜んでいる3つの問題を紹介していきたいと思います。

害虫問題

皆さんはゴミ屋敷と聞いて何を想像しますか?と冒頭でお聞きしましたが、中には、虫を想像してしまった人も多くいるのではないでしょうか?そうです。ゴミ屋敷イコール、害虫という考え方は間違ってありません。実際に害虫問題というものは、ゴミ屋敷と切って切り離せない、そんな問題となっています。害虫問題というけれど、実際にどのような問題があるの?と思っている方も多いのではないでしょうか?害虫問題ですが、実は、害虫が及ぼす問題は、かなり多く、害虫によって全て無茶苦茶にされてしまう可能性があります。では具体的にどのような事が起きてしまうのか?そちらを話していきたいと思います。害虫問題の第一段階は、害虫の発生です。害虫の発生だけでは、多くの方はそれだけ?と思うかもしれません。しかし、中には害虫が発生してしまうだけで嫌な人は多いと思います。家にゴキブリが入ってきたり叫んでしまいますし。という事で、第一段階は害虫の発生だけですが、第二段階から酷くなります。第二段階は害虫たちの繁殖と害虫のフン害です。害虫達は恐ろしいほどの繁殖能力を持っています。また繁殖までのスピードも早く、一度に産まれる数が驚くほどの数で産まれてきます。あっという間に、ゴミ屋敷を占拠される事でしょう。またゴミ屋敷という害虫からすると天国のような餌の宝庫であったり、害虫達が住みやすい環境であるので、部屋中が一気にフンを多く見かけるようになると思います。フン害は、ただフンがあるという問題だけではなく、フンか、悪臭が放っており、それが異臭問題に派生してしまうのです。第三段階は最終段階です。ここまで来ると、これ以上は酷くなるという事がなくなり、劣悪な環境というのは誰が見ても明らかでしょう。第三段階は、家のダメージと人体のダメージです。害虫がゴミ屋敷を住処にして何年も放置していれば、家が脆くなっていきます。虫によって木を削られたり、食われていたりします。家に深刻なダメージが残ってしまう事でしょう。またそこまで長い期間放置をしながらも生活をしているのであれば、人体にも悪影響が起き始める時期です。ただでさえ、ゴミ屋敷という環境は、人体にも精神にも悪影響を与える物ですが、害虫問題が深刻化してから放置しているのでは、何らかの問題が起きてしまう可能性がありますので、気をつけましょう。害虫問題だけでもここでは書ききれないほどの危険な理由があります。ゴミ屋敷は恐ろしい物を作り上げる怪物です。気をつけましょう。

異臭問題

ゴミ屋敷では絶対的に良いニオイと思う人はいないでしょう。それもそのはずです。ゴミ屋敷は臭いです。ゴミ屋敷の異臭が原因によって近隣トラブルは起きてしまいます。異臭問題と聞いて、多くの方々はどのようなニオイが想像もできないと思います。ニオイの原因として多くあげられるのは、生ゴミが腐っているにも関わらず放置して、それの腐敗臭が広がってしまい、ゴミ屋敷なので、害虫のフンによるニオイの悪臭と混ざり合って、異臭濃度を格段に上げて外に漏れ出しているというのが異臭問題です。聞くだけで嗅ぎたいとは思えない、そんな問題だと思います。異臭は近隣トラブルの原因になりやすく、ゴミ屋敷でまず最初に起きやすいのが、害虫問題よりも、異臭問題です。大体はゴミ屋敷の異臭によって害虫達も誘われて家に侵入してきますので、最初に気をつけるべきは異臭問題と覚えておきましょう。少し臭うなと感じる人はすぐにゴミ出しをしているかどうか確認しましょう。異臭問題も恐ろしい一面があります。ニオイというものは、伝染しやすく、家にある家具や壁など、異臭の濃度が濃ければ濃いほど移りやすくなります。ニオイが移ってしまうと、ずっとそこから悪臭が放たれてしまうので、ニオイの元を処分しても意味をなさない場合がありますので要注意です。異臭問題は人体に悪影響を出やすい問題で、大量に悪臭を吸引してしまうと体調不良など、めまいや頭痛と言った症状にも悩まされると思いますので気を付けましょう。

人を変えてしまうのがゴミ屋敷

最後の問題は、ゴミ屋敷は人を変えてしまいます。これが一番怖い部分です。ゴミ屋敷になってしまうと社交性が著しくなくなってしまったり、人が変わったようになってしまいます。だからこそゴミ屋敷の問題は早期解決が望ましいのです。ゴミ屋敷で友人関係や家族関係を失う前に、前の生活に戻りましょう。