60代から意識すべき2つのこと

皆さんこんにちは、今回は60代から意識するべき5つのことについて触れていきたいと思います。先ず初めに何故、60代からなのか?という事になります。それは高齢者は65歳以上から高齢者と呼ばれますが、65歳から意識しても手遅れになったという事を避ける為に、60代から意識しておくべきことにしました。実際にではどのようなことを意識するべきかということですが、高齢者の方になってから爆発的に増えているのがゴミ屋敷と孤独死です。実際に高齢者の方のゴミ屋敷は多く、現代ではとてつもない数の件数のゴミ屋敷があげられています。しかし、ゴミ屋敷は高齢者の方だけの問題ではありません。若者の多くもゴミ屋敷にしてしまっている人が多く、ゴミ屋敷はそれほどまでに問題とされていることでもあります。20代30代にもゴミ屋敷にしてしまっている人も多く、上京して親の目が届かなくなってしまい、ゴミ屋敷になるなど様々です。ゴミ屋敷とは今や高齢者の方だけの問題でもなくなりました。しかし高齢者の方がゴミ屋敷の問題を解決できた訳ではありません。だからこそ高齢者になってから考えなければいけないことがあります。現代では高齢者の方がゆっくり生活するという事が、自堕落に変わり、ゴミ屋敷にしてしまって近隣の迷惑になるなど、老後の生活が豊かな人とゴミ屋敷で生活する人と天と地ほど差が出ています。自分はゴミ屋敷で生活するかもしれない。もしくはゴミ屋敷になってしまって生活しているという方がいらっしゃいましたら、安心してください。まだ間に合います。ゴミ屋敷は改善の余地がある問題です。しかし逆に言えば、専門業者に依頼すればお金はかかりますが、すぐ家は綺麗になるでしょう。そうなるとゴミ屋敷も再発してしまう危険性もあります。ですのでゴミ屋敷をいかに、克服したいという強い気持ちだったり、ゴミ屋敷になりたくないという強い気持ちを持てるか、ということが重要になってきます。ゴミ屋敷は基本的に害悪しかありません。良いところは先ずないでしょう。ゴミ屋敷になれば怪我をする恐れもありますし、ゴミと一緒に生活するのと一緒ですから、ゴミから出ている有害な悪臭を吸引してしまい、病気になりがちになったりと身体的悪影響がかなり強いです。また害虫なども出ますので、害虫が口に入ったり、耳に入ってきたり、危険は山ほどあります。ここではあげれないくらい危険な事例はあります。身体的悪影響以外にも、ゴミ屋敷は精神的悪影響もあります。憂鬱になったりするのがゴミ屋敷です。負のオーラを溜め込んでいるので、憂鬱、億劫、自堕落、内向的、マイナスのがついてまわります。そうなってしまうと様々な危険が起きてしまいます。冒頭にあげた通り、孤独死という危険性も出てきます。そのような内向的思考になれば友達と会わなくなったり、友が離れて行ったり、家族とも疎遠関係になったりと良くない人間関係を作ってしまったりと精神的悪影響は身体的悪影響より大きく色濃く出ます。よく昔から掃除をすれば気持ちがスッキリするという言い伝えがある通り、悪いものを掃く、ゴミを掃き掃除するという事で、部屋を掃除しているようで心を掃除しているなどとも言われたりします。このように掃除は邪気を払うとも言われるくらい、大切なものですが、ゴミ屋敷は溜め込んだものをずっと溜めて、部屋も心もくすんで来ます。そうなってしまうと良くない方向に考えてしまったりしてしまうので、ゴミ屋敷などは必ず早期解決が望ましいです。では、この後にゴミ屋敷と孤独死について書いていきますが、その前に自分が解決したいという気持ちや考えがしっかり持てているのか?ということが重要になってきます。明確なビジョンがないと計画は崩れてしまいます。ですのでゴミ屋敷も孤独死も明確な解決するビジョンを描いてから取り組むようにしましょう。そうすることで早期解決に繋がりますし、明確なビジョンが描けることで自分の気持ちを強く持つことができます。ただぼんやりと解決すればいいなどと思っていれば解決はしません。ですので解決したいと思う強い気持ちを持つようにしましょう。

①ゴミ屋敷にしない

この、ゴミ屋敷と呼ばれる家は年々増えています。昔はゴミ屋敷は高齢者が比較的多かったのですが、最近のゴミ屋敷化は若者20代からも増加してきています。実家から出て、人の目につかない環境になり、掃除を怠ってしまう、しかしそうなっても、誰も掃除をやってくれる人はいないという状況で、ゴミ屋敷の若年化は進んでいます。しかし、そうは言っても高齢者のゴミ屋敷もまだまだ多いことに変わりはありません。なので、ゴミ屋敷になる前に、まずは今の現状に気づくことが大切です。「自分の家は汚いのかもしれない」や「人を家に呼べない」など少しの違和感でも周りを見渡して行動に移してみましょう。自分の家が汚れているかどうかを判断するのには、自分が目標にする部屋、自分が住みたい部屋を想像するのが1番です。それが今の部屋とどう違うのか。それが違ければ違うほど、掃除や片付け、意識を変えるチャンスかもしれません。自分の理想の部屋にしたい、するという気持ちが、部屋をきれいにする、保つための秘訣なのです。
まず、ゴミ屋敷にならないためにはこまめな掃除が大切です。一気に溜まった掃除をするとなると、たくさんの時間ととてつもない労力と気力を消耗します。そうならないためにも、簡単なことでもいいので毎日こまめに掃除をすることが大切なのです。例えば、月曜日と金曜日は部屋全体の掃除機かけ。火曜日土曜日は洗濯をする。水曜日は水回りの掃除。木曜日は棚などの上の整理。など、自分でルールをつくり、それを必ず守ること。毎日こまめにすることによって、1日に掃除する量は少なく、汚れもさほど溜まっていないのでサッと掃除するだけで済みます。そして、それが癖ついた頃には、掃除機の日ではなくても、ちょっとホコリが落ちてるから掃除機かけようかなと掃除をしていたり、水回りの掃除の時に大変になるからこまめに食器は洗って片付けておこう。など応用が身についていきます。そうなるまで、ひたすら自分ができるルールを決めて守ることがとても大切なのです。
掃除の癖の付け方の次は片付けです。まず、「ゴミはゴミ箱に捨てる。」や、「帰ったら服をかける、洗濯機にいれる」など放置してしまうことをやめましょう。食べたものはゴミ箱へ、などこれもひたすら繰り返して癖をつけるしかありません。ゴミの場合は、ゴミ箱を部屋のよく通るところに置いておき、ゴミを捨てることを億劫に思わない場所に置いておきます。普段は一部屋に一つのゴミ箱を例えば二つに増やしてみたり、何かをしてゴミが出た時にサッと捨てることができる距離、場所にゴミ箱を置くことによって、ゴミを捨てるという癖がつくでしょう。このように掃除の片付けを癖つけることによってゴミ屋敷化は防ぐことができるのです。

②孤独死を警戒する

孤独死になる人は誰にも頼れず、看取ってもらえず人知れず亡くなって、後から物件のオーナー様に見つかり、事態が公になりますが、孤独死になってしまう人は周りに迷惑をかけたくないと引きこもる人が多いです。しかし、そのように孤独死の状態になってしまうと結局、周りには迷惑かけてしまいます。自分が周りに迷惑かけないようにと思って家で息を引き取っても、言い方は厳しいかもしれませんが、誰かの迷惑になってしまうのです。だからこそ、迷惑をかけたくないと思うのであれば、誰かを絶対に頼ってください。頼って断られてもいいですし、頼って最後まで付き添ってもらう。これは誰にも迷惑かけていません。しかし誰にも気付かれず家で亡くなっても、いつか誰かが気付き、特殊清掃をしなければいけません。そうなると普通よりも多くの人間が動きます。まし迷惑をかけたくないと思うのであれば自分から孤独死にならないように努力するしかありません。友人と会うようにする、趣味を作るなど孤独死の対処方法は多くあります。自分に1番合う方法を使って孤独死にならないように、対策していくことが重要になります。

現代で求められる片付け改革

皆さんこんにちは、今回は現代で求められている片付け改革を説明していきたいと思います。昨今、ゴミ屋敷などは年々拡大していく一方で政府も対策ができないのが現状になっています。何故か、それはゴミ屋敷がそもそも個人の問題であり、ゴミ屋敷は近隣の迷惑にならなければ誰にも気づかれる事なく存在してしまうからです。そして、ゴミ屋敷とは、どこからゴミ屋敷なのか?部屋が汚いだけで、ゴミ屋敷なのか?という問題もあります。ゴミ屋敷は曖昧なラインで区切られており、人によってゴミ屋敷なのか?ゴミ屋敷ではないのか?という違いもあり、場合によってはゴミ屋敷にした本人がゴミ屋敷ではないと言い張るような事例も、だからこそ今一度、11人がゴミ屋敷を見直して、自分は果たしてゴミ屋敷ではないのか?ただ部屋が汚いだけなのか?という事も再確認していかなければいけません。もしかしたらあなたもゴミ屋敷なのかもしれません。先ず、ゴミ屋敷というものを皆さんの想像と少し食い違いがあるかもしれません。それはテレビやメディアなどで観ているゴミ屋敷を想像していませんか?実はゴミ屋敷は専門業社によく依頼が来ますが、そのほとんどがテレビやメディアなどで見られる規模の大きいゴミ屋敷とは全然違います。足の踏み場もあるのに部屋が汚いというだけでゴミ屋敷はゴミ屋敷という部類に入ります。ですので皆さんは自分はゴミ屋敷になんかならないと決めつけない事が一番大事になります。常に危機感を持ち、どのようにすればゴミ屋敷にならないように出来るのか?またどのようにする事で片付けが上手くいくのか、自分に合った片付け方法とは何か?など部屋が汚くならない為にするべき事を考えることによって、ゴミ屋敷になる可能性もグッと下がります。しかしそれを考えれていなかったり、自分はゴミ屋敷になんかならないと思っている人は大きな落とし穴にハマってしまう可能性があります。ゴミ屋敷にしてしまった人達は全員元々はゴミ屋敷にするつもりはなかったのです。それは自分はならないと思っている人と同じで、自分はゴミ屋敷にはならないと思っている人ほどゴミ屋敷に陥りやすくなってしまいます。危機感を持つということはそれほど大事なことということです。しかしながら現代では危機感がない人が非常に多く、危機感を持って暮らしている人は少数派でしょう。だから年々、ゴミ屋敷は増えていく一方にあります。ではこの現代の悪循環をどのようにして断ち切るか、ということが重要になってきます。それは知るという事です。知識は武器になります。ゴミ屋敷の怖さや対応策を知っていればゴミ屋敷になる事はほとんどないでしょう。しかし知らないのであればそれはまた別です。知っているのと知らないのとでは180度違います。ですのでここでは片付けに対する考え方や方法を知識として取り入れてくれればと思います。またその方法は知っているという方は再確認して改めてゴミ屋敷に対する考え方を認識していきましょう。

①家に価値を見出す

片付け改革として、まず、家というものに価値を持たせるということが大切となります。

それはなぜかというと、汚い部屋、汚臭がする部屋、虫が飛んでる部屋には基本誰も帰りたくはありません。それは、自分で自分の家の価値を下げてしまっているのです。例えばお気に入りの家具を置く。その家具を、ソファと仮定します。そのソファをよりよく見せるためには周りにあるゴミは絶対にいりません。ソファの上に散らかってる衣類ももちろんいりません。そして、そのソファにあう絨毯を用意してみたらどうでしょうか?新しく用意した絨毯を汚さないように心掛けることができます。これは、お洒落にすることや、お金をかけるということではなく、自分がこの家に帰りたいと思うような家づくりをすることが大切なのです。そうすることによって、家の自分にとっての価値が上がり、大切にきれいに扱うことができるでしょう。それが、片付け、掃除に繋がっていくと思われます。そうして、人を呼べる家、人に褒められる家、自慢できる家になるのです。

②余計なものは捨てる

次に、部屋にある余計なもの、つまり必要としていない、使っていないものをどうするかについてです。結論から言うと、部屋がゴミ屋敷化して困っている方は、今年1年で使わなかったものは処分しましょう。ある程度片付け程度の人ならば、そのものを見て考えて処分を決めるでいいかもしれませんが、ゴミ屋敷化と言われるまで進んでしまっていると、そんな流暢なことは言っていられません。「いつか使うかも」などで残しているもののほとんどは使わないことが多いので処分します。処分とは言っても、それは捨てることだけではありません。リサイクルや、人に譲るということもできます。最近はリサイクル業者やリサイクルショップが増え、値段の相場はその場その場によってピンキリとなっています。それをうまく見極め売ることによって得た収入で新たに収納ボックスや新しい家具などを買うことができるので余計なものの処分、つまり断捨離は、物を捨てること、粗末にすること、悲しいことではなく、次に繋がること、ワクワクすることなのです。ゴミ屋敷化とは行かずとも、「最近部屋の物が増えてきたな」と思う方は、余計なものの処分、断捨離をしてみてはいかがでしょうか。

③健全な生活を心がける

セルフネグレクトはゴミ屋敷になってしまう人が患っている精神的問題の一つで有名ですが、セルフネグレクトじゃなくてもゴミ屋敷にしてしまう人がいます。そのような方はある意味ゴミ屋敷をすぐにでも脱する事ができます。後は考え方と普段の生活の仕方によって変わります。健全な生活が出来ていない人の多くはゴミ屋敷のように、荒れてる部屋などあり、健康志向だったり健全な生活を送ろうと努力する人は掃除を欠かしません。そうです、健全な生活とは掃除をしっかりとして、健康的な食生活も含めて心がけることが大切です。しかし当たり前とされていることが出来ない人が多くいます。食生活と部屋が汚いというのは関係ないと思う人も多いと思いますが大きな間違いです。荒れた食生活は荒れた部屋を作り出す原因でもあります。食事の管理は自己の管理です。自己管理が出来ない人の多くは掃除が出来ない人も多いです。セルフネグレクトとは自己管理が出来ない状況にあります。食生活も含めてです。健康的な生活と片付けはある意味密接に繋がっていて、自己管理が出来る人は部屋も綺麗で食生活も乱れがなく健康体であります。ですので自己の管理を成長させる為にも、普段から食生活も意識して生活してみましょう。そこからあなたが変わる可能性も十分にあり得る話です。

まとめ

いかがでしょうか?ゴミ屋敷と食生活や自己管理など、関係のないようなことまで片付けに関係してくるのです。現代ではゴミ屋敷は多く存在しており、年々片付けが出来ない人が増えてしまっているのが現状です。そうならない為に自分はどうするべきなのか?という事を考えることが1番のゴミ屋敷から脱する1番の近道でもあります。自分はゴミ屋敷になってしまうかもしれないという危機感を持つことで、ゴミ屋敷になる可能性を下げていきましょう。そしてゴミ屋敷とは私は関係ないという考えは捨てて、自分にも起こるかもしれないなど思うようになれば、周りにも情報を共有して、自分や家族や友人などにもゴミ屋敷の危険性を教える事が出来ますし、そのように意識できていれば、ゴミ屋敷なる事はないと思います。

高齢者が考えるべき生活習慣

皆さんこんにちは今回は高齢者から学ぶ生活習慣を紹介していければと思います。当然ですが生活習慣は皆さんきちんと出来ているでしょうか?生活習慣と一括りに言ってしまえば、簡単ですが、基本的には片付けや自己の健康管理など生活習慣を整えている人は少なくなってきています。特に現代社会では生活習慣を規則正しく出来ている人は少ないと思います。社会人になってから生活習慣が荒れてしまうなど、仕事を通して生活習慣が荒れてしまうことは仕方がない事だと思いますが!高齢者になってから仕事の束縛もなくなった今、あなたの生活習慣はきちんと正せているのか?という事が大きな問題に今なっています。生活習慣と一括りに言ってしまうとボヤけてしまうので、ピンポイントに説明していくと、先ずはきちんとした片付けなどが出来ているのか?というのが問題点として一つ目に挙げられます。後々細かく説明はしていきますが、片付けが出来ない事によって様々な弊害が生まれてしまいます。それが一番危険な事でもあり、すぐに片付けに取り組まなければいけない原因の一つでもあります。それがゴミ屋敷です。ゴミ屋敷は年々増え続けている、問題で、そのゴミ屋敷問題は社会的問題にまで発展してしまっています。ゴミ屋敷は基本的に高齢者に多いものとされてきましたが、今や若い世代の人たちもこのゴミ屋敷問題には頭を抱えている人が多く存在します。若い人たちのゴミ屋敷問題は社会的原因が一番強いのではないか?とされていて、仕事によるストレスや無理な生活習慣から片付けが出来なくなってしまい、気付けばゴミ屋敷になってしまっている、というのが多いとされています。また高齢者の場合は昔から変わりませんが、身体に不自由があり、思うように掃除ができないという仕方がない理由から、身体はまだ動けるが片付けをする気力がないという理由から様々です。ですが圧倒的に高齢者の家がゴミ屋敷が多いのは事実です。また高齢者と一緒に住む、息子さんの家など、介護が必要な状況で、自分の仕事もあるという環境でゴミ屋敷にしてしまう人もいます。ゴミ屋敷はとてもデリケートな問題であり、周りに相談する事が出来ない一つの状態です。そうなってしまうと一人で抱え込む人が多く、業者に頼めばお金が発生してしまうし、どうしようもないという方もいらっしゃいます。そうなると八方塞がりになってしまうので、そうならないための方法を今回は説明していきたいと思います。またゴミ屋敷にしてしまうと孤独死という問題も付いてきます。ゴミ屋敷は先程言った通りデリケートな問題です。周りに相談できず、人との距離置いてしまいます。精神的にも鬱に近い症状の人もいます。そうなると自分から周りを離れていき、独りになってしまう。というのがあります。だからこそ片付けは重要になります。また自己の健康管理も間違いなく重要です。自分の精神的部分と身体的部分のストレスを発散する事で、自己の健康管理を正すことが一番大切です。それでは先ずはゴミ屋敷にならない為に!一番重要なことから説明していきます。

①片付けを習慣にする

さっそくですが、この題が1番ゴミ屋敷化を防ぐ基礎となります。どんなに大掃除の仕方を学んでも、その時に綺麗にしても、それを継続できなければ意味がありません。なので、掃除を自分の習慣に取り入れることが大事なのです。これは若者から高齢者までが抱えている問題なのです。ここで、どのように掃除を自分の習慣に取り入れていくのか考えてみましょう。
まず、大掃除や部屋をすでにきれいにした状態だと仮定します。掃除が終わり夕飯を食べる時、食べカスが散らばったり、ゴミが出ます。それをそのままにしてはせっかく掃除をした意味がありません。落ちたゴミは拾い、出たゴミはゴミ袋に捨てましょう。これは、食事だけではなくどのような作業をしていても同じことが言えます。
次に、朝起きて、床にホコリや目に見えるゴミがある場合は、その時にワイパーなどで簡単に集めるようにしましょう。毎日、掃除機をかけることがきれいな足元を作る秘訣となります。毎日掃除機をかけて、毎回ゴミを捨てておけば、その日に出たホコリを払うだけなので、掃除機をかけることも何も苦にはなりません。今は色々な掃除グッズが販売されています。コードレス掃除機や、ワイパーなど簡単にサッと掃除ができるものを、手に取りやすい位置に置いておくと、いちいちクローゼットから出してなどとせず億劫にならず習慣付けができるようになります。それと同じく、ゴミはすぐにゴミ箱は捨てるということです。これも掃除機と同じように、習慣付けをするコツとして、手に届く位置にゴミ箱を置いておくことです。これをすることで、あとで捨てようなどがなくなります。見栄え的に気になったり、じゃまとおもってしまう方もいるかもしれませんが、自分にゴミをゴミ箱にすてるという習慣ができるまでは続けてみるといいかもしれません。
このように、普段はそこに掃除機やゴミ箱を置くのはちょっと…というところにでも、自分に習慣をつけるためにはしかたなくでもいいので、こういった方法をとって、掃除や、片付けを習慣つけることが大切なのです。

②自己の健康管理の大切さ

自分の健康状態は自分が一番よくわかると思います。片付けもゴミ屋敷にしたくないという気持ちも、持っていても片付けが気乗りしないなど、様々な理由でやらなくなってしまいます。そうなると自分の健康状態や健康管理もまともに出来なくなってしまうセルフネグレクトというものがあります。セルフネグレクトは自己の健康管理ができない状態で、片付けや食生活や生活も荒れてしまい、一人で生活出来ないレベルになってしまうことです。セルフネグレクトはどうやってなってしまうのか?それは簡単に言うと精神的乱れが原因の一つとされています。精神を安定させる為には貴方が好きな事やってみたり、趣味を作ってみたり、片付けをして綺麗な部屋で生活する事で、精神的苦痛は緩和されていきます。人によって影響は様々ですが、自分にとってプラスになると思う事をやる事が大切になります。自己の健康管理をしっかり保つ為に何をしていけばいいか具体的に話していきましょう。先ずは、外に出ることです。外に出て日を浴びる事は科学的にも重要とされていて、家の中に引きこもっているとマイナスな影響を精神的に与えてしまう事がわかっています。そうなってしまうと精神的に乱れてしまい、良くない場合はセルフネグレクトにまで発展する恐れがあります。そうならない為に、外に出かける事は凄く重要な事の一つとされています。

まとめ
いかがだったでしょうか?今回は高齢者になってから改めて学ばなければいけない自己の健康管理と生活習慣でした、今回のことに関しては決して高齢者の人が必ず復習しなければいけないというわけではなく、若い世代の人達もいずれは思い出さなければいけないことだと思います。若い世代から知っておくだけでプラスになることだと思います。ですので知って得する事は必ず知っておきましょう。セルフネグレクトやゴミ屋敷などは昨今大きな問題となっています。その問題に自分も陥ってしまう危険がある事を再確認して、自分はそうならない為にどうするべきか考えることが大事になります。次も生活に関しての記事になりますので楽しみして下さい。

片付けに対する意識改革

皆さんこんにちは、今回の片付けに対する意識改革について考えていきたいと思います。皆さんは片付けに対してどのような捉え方をしているでしょうか?片付けはめんどくさいものと考えていませんか?実は片付けというのは意外にもめんどくさいものではないのです。今回はそんな片付けに対して意識を変えていくための方法を紹介していきたいと思います。先ずは紹介する前にいくつか確認したいことがあります。そもそも片付けは何故重要なのか?という事から触れていきたいと思います。単純に片付けはするもの、当たり前。と思っていて掃除が毎日できるならいいのですが、片付けをしないことによって、どんなデメリットが発生するのか?という事を知っていただいた方が、掃除に対する考え方や片付けの意識改革につながると思います。片付けをしないだけであなたが思ってないような事まで起きてしまうのです。では具体的に片付けを怠ることでどんなことが起きてしまうのか?という事を知っていただきます。片付けをせず放置し続けると先ず、部屋が汚く荒れていきます。最初は汚いだけですが長く続くとゴミ屋敷になってしまいます。皆さんはゴミ屋敷と聞いて、知っている方が多いと思います。しかしあなたの知っているゴミ屋敷はどのようなゴミ屋敷でしょうか?テレビやメディアなどで放送されているゴミ屋敷ではないでしょうか?テレビやメディアなどで取り上げられているゴミ屋敷は外にまでゴミが溢れ出ていて、家の中は歩くことすら出来ないようなゴミ屋敷ではないでしょうか?実はそのようなゴミ屋敷は稀で、現代において最も多いとされているゴミ屋敷は部屋の一室がゴミを積まれている状態など、壁にゴミを少し積んでいる、それだけでゴミ屋敷として扱われます。基本的に部屋が少し汚れていくだけでゴミ屋敷予備軍とされていて、本格化する前に掃除をするものです。しかし本格化してしまったゴミ屋敷は既に遅く、1日で1人で片付けすら出来ないくらい量になってしまっていれば、それは十分にゴミ屋敷とされるでしょう。ゴミが外に溢れ出していなくても、家の中がゴミで足場がなかろうとも、1人で1日で掃除できない部屋や家はゴミ屋敷とされます。そう考えてみるとゴミ屋敷はいかに進行度が早く、誰がなってもおかしくない問題だと思いませんか?またゴミ屋敷になる事で、デリケートな問題ということもあり、誰にも相談出来ず、ゴミ屋敷の進行を止めることなく、劣悪な環境で発病の恐れや、ゴミが崩れて怪我をする恐れなどもあります。そして誰にも相談出来ないというのが1番厄介な問題になります。ゴミ屋敷は一刻でも早く相談して解決しなければいけない問題なのですが相談しにくいデリケートな問題が故に、1人で抱え込む方が多いです。そうなってしまうと、精神的にも追い込まれてしまい、人間関係がうまくいかなくなってきたり、家族との関係も離れてしまいなど、ゴミ屋敷のせいで心も関係も崩されてしまいます。そうして独りになってしまうと、今度は孤独死という問題が浮上してきます。孤独死の可能性はゴミ屋敷と密接に関係していて、自分の体調が悪化、病気の進行など分かっていても相談出来なくて、家で誰にも看取ってもらえず亡くなってしまうという悲しい問題です。そんな問題を起こさないためにも、片付けに対する意識や掃除の方法などは理解しておくべきだという事は明確にわかると思います。片付け一つでここまで陥ってしまうほど、ゴミというのはどれほど怖いものなのかというのは分かっていただけたと思います。中には大袈裟だと思う方もいらっしゃると思いますが、実際にゴミ屋敷に住人の方達全員そうですが、もともと普通に暮らしていました。ゴミ屋敷をオシャレだと思って、わざとゴミ屋敷にするような人はいないはずです。どこかで急に問題起きてゴミ屋敷にしてしまった。というのが大半でしょう。だからこそゴミ屋敷の住人は元々皆さんと同じく暮らしていて、何かの拍子でゴミ屋敷が本格化してしまったのです。だから自分には関係ないと思うのではなく、自分にも起こり得る話という風に捉えてもらえるとゴミ屋敷の被害は貴方には起きないでしょう。では、具体的に片付けに対する意識改革はどのような事を気をつけるべきか?ということに触れていきたいと思います。

①毎日自分のペースで片付けを1分でも必ずする

片付けをそもそも大変と思うことが間違っているということを知っていただきたいです。片付けはめんどくさいものと感じるのは簡単で掃除をしばらくしなければ、片付けは溜まっていき、休日など、寝る時間を割いて片付けするから、めんどくさいと感じます。しかし例えば、毎日あなたが掃除していて、既に綺麗な部屋に住んでるとします。そして毎日掃除する事が日課だから掃除をしようと思うけど、既に綺麗だから、掃き掃除だけした。こう考えみるとどうでしょうか?クイックルワイパーなどで掃き掃除をすれば30分もかかりません。10分くらいで終わる掃除を苦だと感じますか?テレビ観ながらでも出来ますし、あまり大変と感じる人は少ないのではないでしょうか?ここで大事なのが、掃除を少ない労力で終わらせる為の部屋を作る事が大切です。だから毎日掃除する事が大切なんです。毎日掃除していれば、必ず綺麗になってきます。そうしているうちに掃除するところがなくなるタイミングがどこかで来ます。そこからは毎日が楽な掃除になります。しかし掃除が嫌いな人や大変と思う人の大半は毎日掃除していません。ある程度部屋が汚くなってきたら掃除すると思います。それは勿論大変に決まってます。数十分溜まっている掃除を1日でやろうとするのは、誰だって大変と思います。そうしてしまうと掃除に対する苦手意識が出来てしまい、掃除はめんどくさいものと認識してしまいます。そうならないために毎日少しでもいいので掃除する事が大切になります。

②掃除しやすい環境を作る

掃除しやすい環境を作るというのはどのような事いうのか?という事ですが、あなたは掃除をしていて実際にめんどくさいと思う場所はありませんでしたか?掃除をしていれば必ずあると思います。高い棚の上にあるホコリやテレビ台の下など、そのような場所は掃除がしにくく、労力を大幅に使ってしまうので、良くないとされている場所です。だからこそ、それ対して対策をしていくことが大切です。何をするにしても掃除をしやすい環境を作ることが大切になります。棚の上は掃除がしやすいように小さな椅子や脚立を持っておく、テレビ台はキャスター付きで動かせるものにすることで、一気に掃除が楽になります。そのように自分に苦労をかけない部屋作りが何よりも重要です。そうすれば掃除に対する考え方や意識も変わっていくと思います。掃除しやすい環境は他にもあります。友人や家族などを定期的に家に呼ぶ事で、部屋が自分以外の他人に見られるという状況を作る事で否が応でも綺麗にしなければいけないという環境を作れます。そのように環境作りは大切になります。また家族や友人を家に呼ぶ事で、冒頭にも話した孤独死に繋がる可能性を少なくできますし、家族関係や友人関係が上手くいけば、精神的にも安定して、何かあった時に相談もできる関係になると思います。そうしていく事で自分を掃除しやすい環境に持っていく事で、部屋を格段に綺麗になります。

まとめ

いかがでしょうか?まだまだ対策や方法など沢山あります。今回はほんの一部の紹介でしたが、そのような考え方があるんだ、と思うような記事だったと思います。掃除や片付けの意識改革は簡単にできるものではありません。意識を変えるには毎日の努力が大切になります。少しずつ積み重ねていくしか方法がありません。ですので諦めず毎日掃除をしたり家族や友人を家に呼んだりして、自分から掃除をしやすい環境に持っていく事が大切になります。

対策を考える現代病

皆さんこんにちは今日ゴミ屋敷について触れていきたいと思います。ゴミ屋敷は現代において多くの被害者を出しています。それはゴミ屋敷が一向に減る見込みがないとされていて、年々拡大し続けるのがゴミ屋敷となっています。現代では更に多く見受けられるようになってきたのは、高齢者ではなく若い世代のゴミ屋敷化が深刻化されていて、仕事をしながらの掃除は難しいのか、ゴミ屋敷になっている若い人が多いです。また、仕事をせずにゴミ屋敷化にしてしまっている人も多く、ある意味、現代病とされるゴミ屋敷は、現代ではなりやすい病気の一つなのかもしれません。またゴミ屋敷は放置すればするほどに危険が高まっていき、先ずは身体的悪影響が多く見受けられるようにります。高く積み上げたゴミによって足をぶつける、ゴミの下敷きになるなど物理的に怪我をすることが増えてきます。そして、次に悪臭や不衛生な環境により、病気発症の危険性があります。不衛生な環境だとなりやすく、ゴミ屋敷を長い間放置している人には多くありがちです。1番困難であり難しい問題となるのが精神的悪影響による問題になります。ゴミ屋敷は周りに知られたくはないデリケートな問題であります。だからこそ、精神的に隠し続けることに疲れてきて、気持ちも内向的になりやすいです。家族や友人などに相談出来れば気持ちは落ち着きますが、家族や友人にも相談できないというケースも多く、なかなか難しい問題がゴミ屋敷となっています。特に上京したての若い子などに多くみられ、改善するにも専門業者にお願いするには、それなりの金銭が必要になり、困っているという方も多く見受けられます。しかし必ず相談はしてください。家族や友人などに相談して専門業者に依頼するのが1番でしょう。専門業者に依頼すれば迅速かつ安全に現場の回復に努めてくれます。あなたの悩みも一瞬で解決してくれるでしょう。しかし金銭的部分がどうしても専門業者に依頼しようと、しないにせよかかってしまいますから、そこだけは気をつけましょう。またゴミ屋敷が長く放置してしまっていると床や壁などの腐敗の原因にもなります。ゴミ屋敷ではよくあることですが、ゴミを捨ててみると、ゴミに直で触れていた床や壁などが腐敗し始めて、壁紙が破れてきたり、床の木などが腐っていたりなどします。そうなると後々、お金がまたかかってしまいますので、若い世代のゴミ屋敷こそ、早急に対応しなければ後々大変なことになってしまいます。ゴミ屋敷は色々な危険な面を持ち合わせています。先程説明した以外にも危険な面は持っており、ゴミ屋敷が深刻化していくと孤独死という危険も同時に出てきます。孤独死とゴミ屋敷はどう関係があるんだ?と思う方も多いと思います。しかし関係はしていてゴミ屋敷にしてしまって家族や友人に相談出来ず、内向的になってしまい、連絡などを取らなくなって疎遠関係になってしまう。そうなると孤独死の危険性がグッと高くなります。そうならない為にゴミ屋敷にしてしまっているのであれば、孤独死という危険性もあると認識して、すぐにゴミ屋敷を改善していきましょう。

①定期的な掃除をする

まず基本は、毎日のこまめな掃除です。
これが基本とならないといつまでもゴミ屋敷化は止まりません。これを続けるポイントとしては、毎日掃除をするという考えではなく、大きな掃除をしないためにも、毎日少しずつ掃除をすると考えてみましょう。そうすると、一ヶ月に一回大掃除をしなくても、毎日の掃除機だけはしっかりかけるなどの心がけで部屋の様子はガラッと変わります。毎日掃除機やホコリを払うだけで済むようにするということは、それ以外でも心がける点はあります。まずは、使ったものをそのままにしないことです。食べたお弁当などのゴミを袋に入れて後で捨てようと放置しておいたり、脱いだ服がそのままソファやベット、あるいは床に投げ捨てられていたり、そんなことをしていると、掃除機をかける前に片付けが増えてしまいます。それをしなくちゃ掃除機がかけられないという状況は、ただでさえ掃除機をかけるという新たな行為をしている人に対して、とても億劫でやる気が削がれる行為となります。「掃除機かけなくちゃ。でもあれやらなくちゃな〜」から「今日はいいか」となってしまったら最後です。一度自分の怠惰からなる休みは、改変している生活中にはしてはいけません。普段から綺麗にしていることが癖になっている人が、「今日は気が乗らないからやらない」は心配ありませんが、今、そうなろうとしている人は、その綺麗にしていることが癖になるまでは、これという原因がなければ続けることが最良となります。一度怠惰によってサボってしまうと、少しずつその頻度は増えていき、「最近やってないな。」となっていきます。なので、大変でも、周りの環境が変わり意識改変が癖になるまでは続けてみることをおすすめします。
現代病として、この毎日という言葉が入る行為を避けてしまう人が多いのが現状で、そのせいでゴミ屋敷化が進んでいる可能性も少なくありません。そのために、毎日というより、少しずつ片付けることを意識して行う方が大事なのです。そして、ホコリを見て「あ、ほこりがある」と思えるようになれば、また意識も変わり、新たな綺麗な部屋へのステップに踏み出せるでしょう。

②絶対に必要な物と使ってない物の分ける

絶対に必要な物というのは生活の中で多く存在します。洗濯機や電子レンジ、冷蔵庫やテレビなどあげたらキリがないくらい絶対に必要な物は多くあります。その中でゴミ屋敷に多くみられるのが、いつか使うかもしれないから。という物が多いという事です。ただでさえ人が生活していく上で必要な物は山ほどある中で、いつか使う物という使ってない物で部屋が溢れていると、勿論ゴミ屋敷に簡単になってしまいます。部屋を見渡すと絶対に必要のないものというは必ずあると思います。中には思い出の物などもあると思いますが、全部が全部、思い出の物と言ってしまうと本末転倒です。思い出の物でゴミ屋敷が完成してしまうなんてあってはいけません。ゴミ屋敷だったり汚い部屋にしたくない。しかし全部捨てたくない。というのは現実的に難しい話です。だからこそ、本当に大切なものと、捨てても良いと思える範囲を理解して、使ってない物を処分するという方向に持っていきましょう。そうしてもまだ、部屋が物で溢れかえるのであれば、そこから更に分別をするか、お金を払って専用の倉庫にしまうようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?現代のゴミ屋敷は多くの悩みを抱える、若者や高齢者などがいます。その方達は自分がゴミ屋敷にするような人間ではないと思っていたり、ゴミ屋敷にはするわけがないと思っている人が大半です。まさか自分が。そう思っていたはずなのに、ゴミ屋敷の手に落ちてしまいます。しかしそれは皆さんにも言えることです。ゴミ屋敷というのは何がきっかけでなってしまうかわかりません。単純に掃除しなくなってなってしまうのか、それとも何か精神的問題があってゴミ屋敷になってしまうのか、理由や原因は様々でしょうが、ゴミ屋敷は誰にでもなりゆる問題ということ揺るぎない事実です。自分はならないから大丈夫なのではなく、自分がなってしまったらどうしよう。と考える能力を持ってゴミ屋敷や孤独死から自分を守る対策を考えておきましょう。

ゴミが溢れない為の部屋つくり

皆さんこんにちは、今回は部屋がゴミで溢れないようにするための部屋作りを紹介したいと思います。ゴミで溢れてしまうと、ゴミ屋敷というものに発展してしまいます。ゴミ屋敷に発展してしまうと分かると思いますが金銭的にも改善するには負担がかかりますし、身体にも大きな負担をかけてしまいます。発病の原因になってしまう可能性を大きく上げるのはゴミ屋敷で、劣悪な環境で生活を続けてしまうと勿論怪我の恐れもあります。ゴミなどが散乱していたり、ゴミが積み上げられていたりすると脚をぶつけて怪我をしてしまったり、積み上げられたゴミが崩れてしまって怪我をしてしまうなど、ゴミ屋敷は身体的悪影響も強いというのがわかると思います。精神的悪影響も大きく関わってきます。ゴミが散乱している落ち着かない部屋で生活を続ければ、精神的悪影響も強く働きます。ゴミ屋敷の生活をしている人の多くは精神的に悪影響を受けている人が多く存在します。それは周りに相談しにくいデリケートな問題というのもあり、家族や友人に相談できないという事が多いと思います。だからこそゴミ屋敷にならないようにゴミで溢れない部屋作りが大切になります。そして、現代ではゴミ屋敷というものは珍しいものではなく、多くの年代でが抱えている問題でもあります。ゴミ屋敷は昔ですと、高齢者に多く見られる問題でした。それは身体が思うように動かなく掃除がしたくても自分の思うように掃除ができないなど、生活する上で身体的問題と向き合いながらの生活はとても大変で困難です。そのため高齢者に多く見られていたゴミ屋敷問題でした。しかし最近大きく変わりつつあるのが、若い世代が抱えるゴミ屋敷問題になります。人によって20代なども多く見られて、ゴミ屋敷は大変恐ろしい問題だと世界的に考えさせられる問題になりました。またこのゴミ屋敷の問題というのは恐ろしく厄介で、何かをすれば良くなる。という具体的な解決策知っていても、当の本人が動かなければ何も解決しないというのが問題点となります。実際にゴミ屋敷にしてしまって、部屋を専門の清掃業者に依頼して掃除してもらっても、またすぐにゴミ屋敷に戻ってしまうという事が多くあります。そうなってしまうと金銭的に余裕がある、ないにせよ、掃除はお金さえ払えば誰かがやってもらえると頭の中で勘違いを起こしてしまいます。確かにお金さえ払えれば専門の清掃業者に依頼して綺麗にはしてもらえますが、そう何度もお金を払って綺麗にしてもらうわけにもいきません。だからこそ、自分で掃除のスキルや心構えを改めて勉強と確認をして、日々の生活をきちんと過ごせるようにしていくことが大切になります。そして専門の清掃業者に依頼するという事は安くやってもらえる業者というのはいません。規模にもよって金額は変わると思いますが、基本的に初めて専門業者に依頼する人たちは値段に驚くとよく聞きます。ですがそれが普通なんです。だからこそ毎回お金をかけていることは出来ないので、自分達で綺麗にする努力が大切になります。今回の記事ではそんな部屋作りに心掛けなければいけない基本的な事を紹介したいと思っています。基本的な事なので皆さんもそんな事は知っていると思う方もいると思います。しかし、その基本的な事が先ず自分は出来ているのか?普段の生活から当たり前のようにやれているのか?という事を考えてみましょう。確認した時に、自分は基本的な事すら出来ていなかったと思った時に、先ずはそれが出来るように努める事が大切になります。難しい事をやろうとするのではなく、先ず簡単な事しっかりとできるようにしていきましょう。そうする事で必ず、前よりは部屋作りが上手になると思います。そして、高齢者の方で身体が不自由でゴミ屋敷になりかけて心配している方がいれば無理をせず自分のできる事からやりましょう。また1人で決して悩んではいけません。誰かに相談したり助けてもらう事が大切です。デリケートな問題のため相談しづらいという方も多いと思いますが、1人で解決できる問題かどうかを先ずは考えてみましょう。その時に1人では打開策や何をしていいのかわからないなど、答えが出ない場合は必ず相談をしましょう。そうする事で自分1人では出来なかった事も誰かに助けてもらうことで出来る事も多くあります。ですので1人で悩む事だけはやめましょう。

①ゴミの分別、ゴミ出しをきちんとする

まずはこの基本のことからスタートしましょう。ゴミは毎日部屋のどこかしらで出るものです。それを放置したり、後でやろうで済ましてしまうと、それがゴミ屋敷化に進んでしまいます。この基本のことが疎かになってしまうと、運動をしてダイエットしたところで、食生活を改善しないとリバウンドしてしまうのと同じで、いくら掃除をがんばったところで、すぐにゴミ屋敷に戻ってしまいます。そうならないためにも、まずは、ゴミの分別をして、ゴミ出しをきちんとすることを心がけましょう。
とはいっても、ゴミの分別をして、ゴミ出しをするなどとざっくりとした目標ではあまり成り立たなく、達成できないことがとても多いです。ここでは、さらに細かくどういった目標を立てることがいいのかを紹介していきたいと思います。まずは、ゴミの分別とは説明をしなくてもわかると思いますが、可燃、不燃、プラスチック、ペットボトル、缶、ビンなど様々あります。しかし、なんとなくで分かっていても、普段分別に慣れていない人は、これはなんだろうと分からなくて悩んで放置してしまっていたりします。そんな時は、区などで配られるゴミ収集カレンダーや、ネットでも、どんなものがなにに分類されるのか細かく記載されているページなどがよく見かけられます。意外と調べるとすぐにわかることだったりするので、めんどくさがらず一度調べてゆっくりでも徐々に覚えていきましょう。そして、先ほどいったゴミ収集カレンダーには、そのゴミがいつ収集に来るのが記載されているので、毎日カレンダーを確認する癖をつけると、朝、出勤する前や、外出する前にちょっとゴミをまとめて捨てるということができるようになります。しかし、この時、「ゴミをまとめて捨てる」という動作は普段の生活によって簡単な作業ではなく大変な作業になってしまう可能性が大いにあります。それは普段からゴミをゴミ箱に捨てるかどうかです。リビングのゴミ箱、キッチンのゴミ箱、寝室のゴミ箱、トイレのゴミ箱など家によっては家の中にたくさんゴミ箱があります。それを一つの袋にさっとまとめることは簡単なのですが、ここで、リビングなどにゴミが散らかっていたら?それは、そこから片付けが始まってしまいます。そうならないためにも、普段から、「ゴミはゴミ箱へ。」を心がけ、置きっぱなしにしないことが、自分にとっても楽になるのです。そして、この時のポイントとして、キッチンなどには大きめのゴミ箱、まとめるときに主なるゴミ袋が入るくらいの大きさのゴミ箱を用意すると、その袋を取り出して他のゴミをそのゴミ袋にまとめるだけなので簡単です。ここでも、ゴミ袋をだしたら、次のゴミ袋を、しっかり入れるように心がけましょう。
このように意識を少しだけ変えるだけで、部屋から「ゴミ」というものはなくなります。ゴミ袋が溜まったりしないだけで部屋の雰囲気はとても大きく変わります。それは実感してもらうことが1番なので、一度試してみて実感してみてください。

自分を守ることの大切さ

皆さんこんにちは、今回は自分で守る孤独死問題について触れていきたいと思います。孤独死とは簡単に説明しますと、危篤状態でありながら誰かに看取ってもらう事が出来ず、人知れずお亡くなりになってしまう事です。簡単に説明しましたが、孤独死とはとても悲しい問題となっています。そして孤独死とは対策の難しい問題ともされています。孤独死とはデリケートな問題になっています。それは孤独死の1番の対策方法としては友人関係や家族関係など、自分の体調や身体の面で信頼して話せる人がいる事にあります。誰にも相談出来ず、最後を迎えてしまうという事は、なかなか自分の状況を説明できる状態ではなかったという事になります。だからこそ対策しようにも本人次第になってくるのが難しい問題点です。更には孤独死というのは年々増えてきている問題でもあり、社会問題にも発展しています。そのような点からみても孤独死を解決方向に向かわなければいけないのは十分わかると思います。しかし解決するにも本人次第というのは難しいです。だからこそ、どのように解決に向かうかというのが大事になってきます。その解決を見出してどのようにしていくかは本人である貴方次第になります。現状、孤独死の対策をしたい人なのか、孤独死に脅威に立たされているのか、分かりませんがここの記事ではどのような形であれ、孤独死に対しての対策方法や気持ちのあり方や、どのようにすれば少しでも孤独死から逃れる事が出来るのか?という事を説明していますので是非気になる方はご覧下さい。今回の記事ではその孤独死に対して、どのように対応していけばいいのか?また予防策などを紹介出来ればと思います。そしてここでご紹介させてもらう内容はやれば確実に孤独死にならないというものではありません。確実という方法は絶対ないと思います。しかし、なるべく気持ちを強く持ち解決方法を試すことによって、孤独死にならない可能性というのが出てきます。可能性だけの話ですが、その可能性をどこまで大きく出来るか?ということが大事になってきます。貴方が強く孤独死にならない、なりたくないという気持ちを持てば持つほど、孤独死になる可能性は大幅に下がると思います。ですので強く思う気持ちを大切にこれから紹介する事をやっていれば良い方向に傾くかもしれません。そして孤独死の怖いところは単に孤独死だけということではありません。孤独死の可能性を上げてしまうものそれは、ゴミ屋敷です。ゴミ屋敷も大きな問題とされていますが、孤独死の現場の多くはゴミ屋敷化していることが多い為、ゴミ屋敷にしてしまっている人は要注意ということがわかります。ゴミ屋敷は単純に部屋が汚くなってしまっているというだけではなく、ゴミ屋敷にしてしまうと内向的な性格になってしまい、人間関係から逃げてしまう人が多いです。しかしそれがダメだとは思いませんが、貴方にとって大切な人は必ずその人から逃げるような事はないようにしましょう。それをしてしまうと孤独死と直結してしまい、貴方が悩んでいる時に相談できる人がいないという状況になってしまいます。ですので、ゴミ屋敷はそれほどまでマイナスの力が強く働いているので、出来るだけ部屋綺麗にそして、清潔に保つ事で心も晴れやかになると思います。掃除をすると人によっていい気持ちになったり、ストレス発散のために部屋の掃除をする人もいますので、もしかしたら貴方にとって掃除以外な問題解決の糸口かもしれません。このようにどんどん良いと思う事を試していって自分1番合う方法を探していきましょう。そうする事で貴方自身が孤独死に対して、しっかり対策しているという気持ちを持てる事もすごく大事になりますので、やってみましょう。ただ強い気持ちと先程から言ってますが、強い気持ちを持つことが本当に大事で、中途半端な気持ちで解決方法を試しても意味がありません。貴方が本当に変わりたい、孤独死になりたくないと強い気持ちを持たなければ、全く意味がない場合もあります。紹介した方法も2.3日やって辞めてしまっては意味がありませんし、粘り強くやり続ける事が大切になってきます。ですので気持ちの準備をしっかりしてから望んでみるのもありだと思います。

①家族と友人と疎遠にならない

孤独死を未然に防ぐためには、自分以外の外部との関わりをしっかり持つことです。高齢者の多くが、友人と疎遠になったり、家族ともあまり連絡を取れず、身体の不調などを周りに相談できていない方がとても多いです。そうなると、急に連絡が取れなくなったりと孤独死に繋がってしまいます。そのためにできることの一つは、今からでも周りの友人に声をかけたり、趣味の輪を広げたりなど、周りの人と関わる時間を増やすようすることです。そうすることで、毎週通っている自分が来ないと「あれ?あの人今日は来てないな」など発見のきっかけにもなるのです。それに、自分の不調などは周りに相談してみるのが1番です。相談してどうなるかではなく、周りに知ってもらうということが1番大事なのです。自分と同じ悩みを持っている人と出会えたり、何かあったときの緊急での連絡をしやすかったりなど、そういったつながりを持つこともとても大切なのです。もう一つは、家族とも連絡を取り合うことです。最近何があったや、病院に行ったなど些細なことでも報告しておくと、先程いった友人と同じく相談しやすくなります。よく、「子どもにはもう家庭があるから心配かけたくない。」などといって、連絡をしなかったり、病院にかかっていることを言わなかったりする高齢者の方が多いですが、結果、心配をかけたり、何かあったときに一から状況を把握するよりはあらかじめ知っておいたほうが対処ができ負担も減るのです。なので、そういった心配はするよりも、しっかりと報告して、何かあったときの連絡先として常に電話番号を控えておいたりすることが大切なのです。そして逆でもこのことは言えます。自分の両親や親戚に高齢者で身体の不調がみられる方はいないですか?もし少しでも何か気になることがあるのであれば、相談しにくく黙っている可能性があるのでこちらから聞いてあげましょう。そして、こちらから連絡をマメに取ったり関わりを持つことで孤独死は大幅に改善されます。新しく関係を築くということは簡単なことではないかもしれません。ですが、ご近所付き合いや、友人関係、家族など、すでにある関係を改めて見直すことで、自分や周りの孤独死問題を未然に防がことができるのです。

②内向的な自分を認めて無理をしない

内向的というのはどうしてもマイナスに捉えがちです。しかし内向的だから悪いことではありません。内向的な自分を恥じてはいけません。内向的な自分を認める事が大切です。私自身内向的でその自分を認める事で、自分と合う人と付き合うようになりました。そうする事で無理に人間関係を作ることなく、信頼できる友人が出来ました。確かに先程から人間関係は大切と言ってますが、本当に心から無理だと思っている人とわざわざ一緒にいる必要はありません。しかし友人関係を作るのが嫌だから逃げるというのは良くありません。難しいラインではありますが、交友関係を持つことは大切だということです。

まとめ

いかがでしょうか、他にも対策としては様々な方法がありますが、1番良いのは人との信頼関係があり、自分の状況を相談や報告できる人がいる事が大切になります。そうすれば、貴方自身も安心して生活できますし、何かあったときに真っ先に心配してくれるのが、信頼関係のある友人かもしれません。だからこそ対策しようというよりも、自分の持つ繋がりや、これから出来る繋がりを大切に持つ事が重要であるということです

片付けの必須の2つのテクニック

皆さんこんにちは、今回は片付け上手の方が実は必ずやっている3つのポイントを紹介していきたいと思います。先ずは片付けがいかに大切なのか?という事はご存知だと思いますが、片付けができないと単純に部屋が汚れていきます。そうなると何が1番怖いか、という事になります。危惧しなければいけないのはゴミ屋敷です。ゴミ屋敷は令和に入ってからも下降することなく、年々増え続ける一方です。そしてそれはこれからも変わることがないとも考えられていて、減る見込みがないとも言われています。しかしなぜ減る見込みがないのか?という部分が気になりますが、それはゴミ屋敷の改善は単純に本人の問題だからとされています。外にまで広がるゴミ屋敷は勿論、景観の破壊などや異臭問題などで通報されることはありますが、部屋の中だけで汚れている場合は迷惑はかけていないので問題になりません。被害に遭うのは本人だけですので警察沙汰にもなりません。しかし、だからといって良いわけもなく掃除は必ずマスターしておかなければ自分の身にとっても、とても大切なことと言えます。そこで今回は片付けがうまくなる為のポイントを紹介しようというわけです。しかし、幾ら部屋が綺麗になる為のテクニックや方法を紹介して、それを実践にしても現状を変えるのは貴方自身になります。そこで必ずこのテクニックを実践する前に、自分が本当に変わりたいという意思と気持ちを持っているか、という事を心と相談してみてください。そして本気で変えてやるという気持ちがあるのであれば実践に行ってみましょう。ゴミ屋敷というのは良いものとは言えません。先程も言いましたが被害に遭うのは本人のみと言いましたが、害虫問題で身体の悪影響や、部屋が汚くなる事で内向的思考になり精神的悪影響もあります。誰にも迷惑かけてないとはいえ、自分を大切にする事を忘れてはいけません。ですので必ず改善するように努力しましょう。もし、仮にモチベーションなどがないとしても、自分なりのモチベーション向上を図りましょう。オシャレな部屋にしたいから、友人を家に呼びたいから、広いはずの部屋が狭いなど、モチベーションを上げる方法は山ほどあります。ですので貴方に合ったモチベーションを見つけて保ちましょう。

①収納を極める

まずひとつ目は収納についてです。

部屋が汚れてしまう人の特徴として、物が散らかってしまうというのが挙げられます。それは単純に汚してしまうということにもありますが、他にもしっかりものを定位置に置けないということも原因にあります。さて、それがなぜ起きるのかを考えると、まず最初からいってある通り収納などせず、ものを放置しているからです。

では、収納についていろいろ考えてみましょう。

まず収納の種類です。種類とはいってもざっくりと大・中・小で分けてみましょう。まずは大の収納は衣類のタンスや食器棚などです。人のものとして最も多いとされるのは衣類ではないでしょうか?その衣類が、しっかり全てタンスに収納されるだけで部屋は見違えるはずです。部屋がきれいな人は、ダンスだけではなく、さまざまなラックや収納を利用して、服、カバン、帽子などアクセサリー小物もきれいに収納しています。帰宅後部屋の隅やソファーの上に服を投げるのではなく、洗濯物は洗濯機へ、しまうものはハンガーにかけるなどしてしっかりと癖つけましょう。次に、中の収納です。主に本棚や書類系となります。本や書類が部屋の隅に積まれていると、それだけで部屋が散らかっているように見えますし、本自体も傷み、大事な書類なども折れたりどこにあるか分からなくなってしまいます。そうならないために、本は本棚に整頓するだけで、すっきりとしたおしゃれな部屋に見えるでしょう。そしてその一角に、書類を整頓してしまえるようなケース、またはファイルなどをしまい、仕事部屋のようなしっかりとした部屋がつくれます。そして最後に、小の収納は、自分の趣味のものや、そのほかの散らかっているけど必要なものとします。リモコンや鍵、爪切りなど「〇〇はどこ?」と聞かれたときに「そこに入ってるよ」といえるようなイメージをもって収納をするとつくりやすいと思います。そして、自分の趣味のものといってもさまざまあるので、絶対に小の収納に収まるわけではありませんが、ネイル用品や化粧品、ゲーム用品やゴルフバック、スポーツ用品など、それに見合った収納は数多くあります。まずは、自分の周りの収納したいものを把握して、100円ショップや家具屋さんなどに行って購入してみるのはいかがでしょうか?

②断捨離を極める

2つ目は断捨離です。

いくら収納を極めたところで、いらないものまで収納してしまってはそれは2度と出てこない開かずの扉となってしまいます。臭いものに蓋をせず、いらないものはいらないと断捨離をして物が少ない状態での収納探しをおすすめします。

では、断捨離について考えてみましょう。

まず、断捨離のコツはスピードです。断捨離を2段階に分けてやります。1回目は近場にゴミ袋を置き、片付けたい場所のものを手に取りいるいらないで振り分けていきます。ここもスピードが大切です。直感で「いらないかな。」と判断したものは、自分の直感を信じてゴミ袋に捨てましょう。それが一通り終わるとおそらく半分、または、1/3ほどは減ってるのではないでしょうか?1回目はものに対して、「これはいる」や「持っておきたい」などの情もありある程度ものが残ってしまうことが多いのです。なのでここで第二段階を開始します。2回目はスピードを意識せず、本当に必要なものかどうかを考えて断捨離してみましょう。持っていたが使っていないものは、いつか使うかもしれないという考えも悪くはありませんが、汚部屋になるくらいなのであれば本当に必要なときに買い直すのが1番です。去年1年使わなかったものは断捨離対象として考え直しましょう。他にも、たくさん使ってきて使用感が強いもの、汚れが目立つものなど、自分の中で断捨離対象のルールや基準を設定しやっていくと、1回目の断捨離で物が減っている分、意外とすんなり終わります。その段階で、断捨離を始める前の1番始めの頃から半分または1/3程度のものしか残っていない状態がベストです。そしてそこに残ったものは、自分にとって必要なもの、大切なものとなります。大事に収納を選び大切に扱いましょう。よく物が捨てられない人で勘違いしている人が多いのは、断捨離とは物を捨てるだけではありません。最近だとリサイクルショップが増えたため、家具専門のお店や、電気類、小物まで買取、または無料引取をしてくれるお店が増えています。なので、そういったお店でリサイクルし、うまくいけばそこで思わぬ収入が出るかもしれません。掃除をするということは、そういったところでもサイクルしいい気を流すことなのです。

まとめ

いかがでしょうか?今回は2つだけでしたがまだまだ沢山の改善方法があります。しかし貴方に合う改善方法は貴方が実際に試してみないとわからない物だらけです。ですので諦めず頑張って様々な事に挑戦して試していきましょう。そうする事により必ず貴方にピッタリの方法が見つかるはずです。快適な暮らしを手にする為には簡単な事からコツコツとやっていきましょう。そうして焦らず積み重ねることによって貴方の暮らしは豊かになるかもしれません。

悲しい死亡状況、孤独死とは

皆さんこんにちは、今回は高齢者に多くみられ、そして悲しい死亡状況である孤独死について触れていきたいと思います。孤独死を皆さんはご存知でしょうか?そもそも孤独死という言葉を知らない人が多い世の中になりました。それは孤独死というのが年々減ってきているから孤独死を知らない人増えているわけではありません。単純に孤独死について理解しようと思う人間が減ってきているのが原因です。しかも孤独死は年々増えてきていて、増加し続けるているにも関わらず、孤独死に対しての危機感が全くないのが現代です。孤独死というのは危機感がない人を陥れやすく、知らなかったでは済まないのが孤独死になります。では孤独死とは、何か?という話ですが、孤独死は状況は様々ですが多くは一人暮らしの方が誰にも看取られる事なく、生活の中突発的な疾病などによって死亡してしまうという事をいいます。また悲しいのは重篤化している状況でも助けなどを呼べずに死亡してしまうというのも大きな特徴です。このように孤独死の説明を聞いても分かる通り、とても悲しい死亡状況です。孤独死にならないようにする為にはどうするべきか?という事を考えていかなければならないのに、現代は孤独死ってそもそも何か?という所から始まる人もいます。しかし知らない人も当然いても仕方がないことではありますが、年々孤独死が増えている中で知らない人も増えている状況が良くない状況というのは一目でわかると思います。ですので今回の記事少しでも多くの方が孤独死の危険性と孤独死の対策などを知っていただけたらと思います。孤独死について知らない人がいれば周りで情報を共有して更に孤独死にならない為の環境作りを頑張りましょう。また孤独死の怖いところは孤独死だけに気をつけなければないらないというわけではありません。孤独死の怖いところ、それはゴミ屋敷という部分にも気をつけなければいけません。ゴミ屋敷に気をつける、一見全く関係のない孤独死とゴミ屋敷という二つですが大きな関係があります。孤独死の専門清掃業者の多くは体験しますが、孤独死の現場に行くと高確率でゴミ屋敷のように部屋が荒れていることが多いです。精神的疲れや、重篤化の状況でありながら他の人に助けを求める事が出来ないのであれば、掃除をしたくても身体を動かす事が出来ずゴミ屋敷のようになってしまったり、精神的に追い込まれていて部屋が汚くなってしまうなど多くの理由があってゴミ屋敷になってしまいます。ですのでゴミ屋敷と孤独死の関係はあり、他にも様々な関係性があります。ゴミ屋敷になる事で家族や友人を家に呼べなくなり、人を家に入れたくないので引きこもりがちになったり内向的になってしまい、人が離れていってしまって孤独死になってしまうなど、あげれば多くの理由があるほど孤独死とゴミ屋敷の結びつきは強く根強いです。だからこそ、日頃の掃除も多くの脅威から守ってくれる行動でもあるのです。そして孤独死は孤独死で対策方法などあります。先ずは孤独死を理解してもらってから、孤独死に対してどう対処していくか?という事が大切になってきます。では早速どう対策していくか話していきたいと思います。

①人との関係を大切にする

人はいつか離れていくもの、人は裏切るものなど、マイナスな考え方は要注意です。マイナスに考える事ができる人間多くいます。しかし物事をプラスに捉えて次に生かせる人間は数少ないです。それは才能や努力などではなく、考え方ひとつで物事をプラスに考えれるようになります。最初から諦めていたり考え方を変えようとする意思がなければ、何も変わりません。来るもの拒まず、去る者追わず。この言葉は有名ですが自分から他人に歩み寄ろうとしなければ人は自分に寄ってきてくれません。自分が才能やスター性があるから黙って人は寄ってくると思うなら話は別ですが、そう思ってない人間が黙っていても人というのは、なかなか寄ってきません。だからこそ自分から繋がりを作ろうとする気持ちや、意思を強く持たなければいけません。そうして出来た人間関係を自分から傷つけることもよくありません。大切にする事が大事です。人との関係を大切にしていれば貴方がもし、危ない状態になったり、重篤化だったとしても異変に気付いてすぐに駆けつけてくれるかもしれません。そのように自分のことを思ってるくれる人間が必要です。逆に貴方からすれば気軽に連絡できる人でもありますし、自分の容態が悪くなったらすぐ相談できる人でもあります。だからこそ人とのつながりは大事なんです。

②趣味をはじめる、続ける

趣味は貴方にとってとてつもなく良い効果をもたらすでしょう。趣味というのがどのような物かにもよると思いますが、大抵の趣味は貴方に効果的な孤独死対策になるでしょう。なぜ趣味などがそのように孤独死に対して対策となるのか?というと、孤独死は先ほどから説明している通り、自分以外の人で信頼できたり、大切な友人が出来るなど人間関係が大切とお伝えしてきました。そして、趣味は自分と同じ共通の趣味があることでお互いの理解がしやすいですので、すぐに友人のような親しい関係になるでしょう。そうして趣味をはじめることによって貴方にとって新たな出会いが待っているはずですので、ぜひ趣味をはじめることをお勧めします。またもう既に趣味をやっている場合は続けることも強くお勧めします。趣味をやっていてまだそのような親しい友人など出来ない場合でも焦らずゆっくり自分の趣味を楽しみながら出会いを待ちましょう。また現在やりたいことがない人や趣味がない人でも、時間をかけて探しましょう。今すぐに見つけなければいけないわけではありません。そしてどうしても見つからない人は試しに色々な趣味に挑戦してみるのもいいかもしれません。そうすることでやりたい事が見つかるかもしれません。

③変えてやるという気持ちを持つ

孤独死になりたくないと感じて色々な記事を読んだり、自分なりに調べている時点で貴方はもう孤独死から遠ざかるための一歩を踏み出しているのと同じです。孤独死を知っていても自分は大丈夫だろうと思って調べない人より数倍良いと思います。調べている、それは知識を持つ事です。知っている人と知らない人とでは気持ちの強さは変わってきます。強い気持ちを持つということは、孤独死に対して準備できているぞ、という気持ちを強く持つ事です。ですので変えてやるという気持ちさえあれば貴方は絶対に変わると思います。ですので、その気持ちを常にキープしましょう。そうすれば必ず良い方向にいくでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?孤独死とは多く方が困っている問題です。年々孤独死は増えていき社会的問題にまで発展しています。悲しい死亡状況の孤独死は当事者も周りの人も悲しい思いにさせられるだけです。ですので孤独死にならないように全員が意識を持っていなければいけません。自分は大丈夫。というのはやめて、自分は大丈夫だろうか?自分以外の周りは大丈夫だろうか?など1人の問題にせず、周りで孤独死というものを排除していくようにしましょう。そうする事で孤独死に打ち勝つ事ができるはずです。言ったり聞いたり理解する事は簡単ですが、いざ行動に移すとなると難しいですが、みんなで頑張っていきましょう。孤独死で悩んでいるのは貴方1人だけではありません。

片付けの仕方と考え方

皆さんこんにちは、今回は現代の若者が片付けが上手ではなく、部屋が荒れたりゴミ屋敷になってしまったりと昔と比べて若い世代がゴミ屋敷にしてしまう傾向が多く目立つ時代です。そんな中、高齢者も年々ゴミ屋敷にしてしまう人が増えていき、前と比べても2倍以上はゴミ屋敷の件数が増えているとされています。(全年代含めて)というわけで今回は片付けのやり方だけではなく、考え方も紹介していきたいと思います。そもそも考え方とは?と思う方が多くいると思います。考え方とは、片付けに対する意識や文字通り考え方について説明していきます。片付けが上手になる方法だけを紹介して、それを実践しても効果がなかなか発揮しにくいです。しかし、その片付けのやり方で意識するべき点や、片付けに対しての考え方を共有出来れば必ず片付けに対する理解も深まりますし、片付けの価値観も変わるかもしれません。片付けはめんどくさいものから一転して、片付けは楽しいものと感じるようになると思います。その為にはやってはいけない事だったり、良い方法を教えていければと思ってますので、是非皆さんも様々な方法を試して自分に合う方法を見つけてみましょう。また今回の記事だけではなく、他の記事でも片付けに関しては多く紹介させて頂いてます。それは片付けのやり方は無数に存在するという事です。ですので今回紹介した方法が仮にも自分に合わないと感じた方がいらっしゃっても、他の方法は沢山あります。ですのでそれで諦めたりしないで、他の方法を見て試してみてください。諦めたりしないという事は大事で、片付けることに関して本気で望まないと意味がありません。片付けというのは本来、やって当たり前と思う方もいて、それ程までに片付けは私達人からしてなくてはならない大切な事です。その絶対に必要不可欠な片付けが出来ず、ゴミ屋敷にしてしまうという方は、自分を変えたくてこの記事をご覧になっていると思います。ですので、その変えたいという気持ちを大切に持って、決して途中で投げ出したりせず結果が出るまで直向きに頑張りましょう。継続は力なりという言葉は、本当に存在していて継続的に物事をやれれば必ず自分のものになりますので、掃除が継続的に出来れば貴方は必ず綺麗で快適な生活が送れるようになります。ですので根気強くゴミや片付けにぶつかっていきましょう。

①後回しにしない

まずは大前提にこの、「掃除を後回しにしない」ということがとても大切です。後回しにしてしまうと、忘れてしまったり、他のことに気を取られてしまったり、結局何かハプニングや他の用事ができてやらなくなってしまったりなどいいこともなく、やれなかった理由がたくさん出てきてしまいます。そして、後回しにしてしまう人の特徴として、なぜやれないのか。それは、掃除をしなければいけないところ、量がたくさんあるからです。こまめに掃除をしないと掃除をしなければいけないところが増えてしまい、結局時間も労力も使ってしまいます。そのたくさんの量の掃除をするためにはそれなりに空いた時間を作らなければなりません。仕事帰り、学校帰りだとなかなか何時間も掃除するきりょくができめせん。休日だって友人と遊びに行ったり趣味を楽しんだり、せっかくの休日だからと言い訳はたくさん出てきてしまいます。その掃除に対しての時間と労力を用意することがなかなかできず、後回し後回しとなってしまうことがとても多いのです。けれど、もし毎日こまめな掃除をしていたら?一回の掃除は何時間もなく数分片付けや掃除をするだけで事足りますし、労力もさほど使いません。なのでわざわざ掃除の時間を作らなくても、ちょっと空いた時間でやればいいのです。座ってテレビを見ていて、CMの間に床にコロコロをかけるとか、机の上のものを整理するとか、そういったこまめな掃除を毎日繰り返すだけで部屋は自然ときれいになっていくものです。なのでそういった毎日こまめに掃除をする人からすると、別に今日中の空いた時間に必ずやれば後回しにしてもいいのです。後回しにしてはいけないのは、掃除の仕方を知らないからなのです。このように短時間で効率よく掃除をすることで、自分の時間も増え、労力もかけずに楽しく掃除ができるようになるでしょう。

②ゴミ屋敷で悩んでいるのは貴方だけじゃない

ゴミ屋敷の掃除に挫けそうになったり、片付けをうまく出来ず、途中で投げ出しそうになったりすると思います。モチベーションというのはそれ程までに大切な原動力になります。モチベーションさえあれば掃除や片付けははかどりますし、自分のペースでやっていても、サボって掃除をやらない日など作らないと思います。しかしモチベーションがなくなって一気に萎えてしまうと、掃除に手がつけれなくなったり、他のことを考えて全く手につかない状況になってしまいます。またゴミ屋敷を改善しようとしている多くの方の悩みとしてゴミ屋敷にしてしまって、塞ぎ込んでしまったり、掃除したくても1人でやるには無謀とも言えるゴミの量を前に心が折れそうになる人もいます。しかし安心してください。ゴミ屋敷というのは冒頭でお伝えした通り、年々増えてきています。ゴミ屋敷で悩んでいるのは決して貴方1人ではありません。みんな同じようにゴミ屋敷の対応に追われて悩んでいます。ですので投げ出したりせず周りに相談してみたりしましょう。ゴミ屋敷はデリケートな問題ですが、1人で抱え込むには大き過ぎる問題です。ですので信頼のおける家族や友人に相談して打開策を見つてけて対処しましょう。ゴミ屋敷は1人で悩む事はないというのを忘れないでください。それを踏まえて次の項目をどうぞ。

③専門業者に頼む

ゴミ屋敷はデリケートな問題だからこそ、現代では1人で解決できる事もあります。それは専門業者に依頼する事です。専門業者に依頼すれば必ず安心で安全かつ、迅速な対応をしてくれる為、貴方1人でも解決出来るでしょう。しかし、金銭的な部分があるために依頼するときは、一社だけではなく、様々な業者に見積もりをとっていただき自分の金額の範囲内であるのであれば依頼してゴミ屋敷を解決しましょう。家族や友人に相談できない場合は、この専門業者に依頼するという形が1番だと思います。間違えても1人で掃除しようというのはやめましょう。1人でやれる規模ならいいのですが、1人でやるには骨が折れるような部屋では必ず誰かの手を借りるか、専門業者に依頼しましょう。人によっては心身共に疲れ切ってしまってゴミ屋敷に逆戻りになる人もいます。そうなっては本末転倒ですので必ず、相談、依頼のどちらがお勧めになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
お掃除とはどうしても「大変」「辛い」「めんどくさい」などと、つい、マイナスな気持ちになるものが多いのですが、気持ちや見方を変えることによって「簡単」に「楽しく」することができるのです。けれどまだまだ、その方法を知らず困っている人はたくさんいます。その人たちが悩み、誰にも相談できず、1人で抱え込んでしまう、または、現実逃避し放置してしまうなどさることによって、近年のゴミ屋敷問題にも繋がってきてしまっています。周りもきっと悩んでいる人はたくさんいるはずです。自分だけでなんとかしようとせず、周りに頼ってみたり、自分に合った掃除の方法を見つけられると、最初に言った通り、「簡単」に「楽しく」掃除をすることができるようになると思います。それを知ったとき、自分も周りの環境もガラッと世界は変わるでしょう。まずは、今日の記事のことから挑戦してみることから始めるのはいかがでしょうか?「後回しにしない」などから少しずつ挑戦してみてください。掃除の方法は、たくさんあります。自分にあった掃除方法を一気に試すのではなく、少しずつ挑戦してみましょう。