ゴミが及ぼす生活危機

皆さんこんにちは、今回はゴミが及ぼす生活危機をご紹介したいと思います。ゴミをそのまま処分せずに家に溜め込んでしまうとどのような危険が待っているのかを説明していきたいと思います。話は簡単ではなく、ゴミというのは知れば知るほど恐ろしいものでもあります。昨今、ゴミ屋敷という言葉は皆さんが認知していると思います。しかし、ゴミ屋敷の怖さというのを理解できている人間がどれほどいるのか?という事です。本当にゴミ屋敷の怖さを知っている人は数少ないでしょう。だからこそ年々ゴミ屋敷は急成長を遂げ、多くの専門業者がゴミ屋敷の清掃の依頼が来るということです。ゴミ屋敷の言葉は知っていても怖さまで知らないというのは仕方がないと言えば仕方がありません。しかしゴミ屋敷になってからでは遅いです。だからこそ自分で調べてゴミ屋敷の怖さを知ることが1番大切になります。今回のこの記事では少しでもゴミ屋敷の怖さを知っていただければと思います。ゴミ屋敷の怖さを知るには自分自身がゴミ屋敷になってしまうか、家族や友人などの身近な人間がゴミ屋敷で悩んでいるか、自分でゴミ屋敷を調べるかの三択しかありません。ですので皆さんはなるべく調べるという形でゴミ屋敷の怖さを知ってもらいたいです。ゴミ屋敷は先程年々増えてきていると言いましたが、実際に増えており、ゴミ屋敷は高齢者の問題と思われがちです。確かに昔まではゴミ屋敷といえば身体が不自由になってしまった高齢者の方や掃除したいが意欲が湧かない高齢者などが多くいましたが、現代では若者も多く、ゴミ屋敷問題の年齢層はほとんどなく、若者も高齢者の方も同じ比率で多くゴミ屋敷にしてしまっているのが現状です。ですので自分には関係ないという古い考え方はやめて、現代では多くの若者も高齢者の方もなっている、自分の身にも起きてしまうかもしれない。と考えることが大切になってきます。では具体的な対処方法など説明する前に先ずは強い意志があるかどうかが大切になってきます。ゴミ屋敷にしてしまってこの記事を見てる人も、そしてゴミ屋敷になりたくないからこの記事を見てる人も、どちらもそうですが、ゴミ屋敷になんてならない、なりたくない、という強い気持ちを持てているかが重要になります。特に既にゴミ屋敷にしてしまって解決したいと思ってるいる方が見ているのであれば強い意志を持つようにしましょう。ゴミ屋敷にしてしまってから中途半端な気持ちで綺麗になればいいなと思っていても一向に綺麗になる事はありません。絶対に変えてやる。と強い意志を持たなければ良い方向に向かっていきません。ですのでゴミ屋敷にしてしまった人は現状変えたいと思う強い意志が必要です。それが理解できた上でこれから紹介する事を読んでみると更なる改善ができると思います。そして強い意志さえお持ちになれましたら大きく変化していきます。強い意志さえあればどんなに汚くなっていても綺麗になるはずです。

①生活環境の悪化

ゴミがたまっていくと足場がなくなっていき、ゴミ屋敷のようになり、最終的には完全なゴミ屋敷になってしまうともはや手に負えない状況になってしまいます。ゴミ屋敷になると著しく生活環境が悪化してしまい。身体的悪影響から精神的悪影響に繋がります。生活環境の悪化に関しては様々な悪影響の引き金となっていて身体的は発病の可能性や怪我の可能性もあり、多くの身体的悪影響の可能性がありますし、精神的悪影響は引きこもりがちな生活になり、人と会うのを避け始めて鬱になってしまったり、生活環境が悪いせいでストレスが溜まり良い方向に進まない傾向があります。そしてまた部屋が汚れてしまうという悪循環もあります。このようにゴミ屋敷にしてしまうと、先ずは本人の身体的精神的な悪影響が出てきますので、ゴミ屋敷は気をつけるべき危険な環境と言えます。

②害虫と異臭問題

ゴミ屋敷の進行中に発生するものと言えば、害虫と異臭です。先ずは害虫にフォーカスを当てていきたいと思います。害虫は名前の通り害を持つ虫になります。人間に対して害があるという事は発生してはいけない虫とも言えます。特にゴミ屋敷の害虫で有名なのはゴキブリやハエなどがあげられます。ゴキブリは繁殖能力が非常に高く、1度の産卵で多くの子孫を残します。そのためゴミ屋敷の家には数えきれないほどのゴキブリがいます。現に1匹でも卵を持ったゴキブリが入ってしまえば一瞬にゴキブリだらけになります。それほど繁殖能力が高いゴキブリにはゴミ屋敷は絶好のすみかになってしまいます。ハエは水場を好み、ハエの繁殖能力もゴキブリ並みに強く、1度の産卵で多くの子孫を残します。ゴキブリ同様生命力も強くなかなか市販の害虫対策グッズだけでは対処しきれません。勿論普通の家でしたら対応は可能ですが、ゴミ屋敷だと害虫からしたら餌の宝庫ですので卵も多く生んでいるのでなかなか殲滅しきれないです。そして害虫は身体的悪影響も強く、誤って口や鼻、耳など体内に入ってしまうと嘔吐や腹痛など場合によって最悪の事態になるかもしれません。そのように害虫の危険性は高く、早急に対処すべきものです。異臭に関しでも同様で身体的悪影響に加えて、近隣トラブルの元にもなるので気をつけましょう。ゴミ屋敷の異臭が強過ぎて、異臭騒ぎに発展し近隣が通報し警察が出動するなんて実例もあるので気を付けましょう。

③ゴミに対して慣れてしまう

ゴミとは本来、名前の通りにいらないもの汚いものと認識してきたはずなのに、ゴミ屋敷にしてしまう人は徐々にゴミ対する嫌悪感が薄れてきて、ゴミ屋敷にまで発展するそうです。汚い事に対して慣れてきてしまうとゴミ屋敷まではあっという間です。そうならない為にも普段からのゴミの分別とゴミ捨て場にしっかり捨ててゴミの処理を怠らないという事が大切になってきます。怠っていると、そこにある事が当たり前になってしまい良くない癖がつき始めます。悪い癖がついてしまうと戻すのは難しく、簡単にはいきません。癖というのはそれほどまでに治しにくいものです。逆に言えば毎日の分別やゴミの処理をしっかりしていれば良い癖が出来て、ゴミを処理しないと気が気じゃないと思うようになり、部屋が汚れることを極度に嫌がるでしょう。それは良い癖で綺麗を保つことは身体的にも精神的にも良い事ですので、是非そのような良い癖がつくように頑張りましょう。

まとめ

いかがでしょうか?ゴミ屋敷という言葉を知っていても怖さを知らないのとでは全く話が変わってきます。ゴミ屋敷は良い事ではないというのは小さい子でも分かります。しかし大人になった僕たちはゴミ屋敷の何が良くないのか?またゴミ屋敷にしてしまう事で何が起きるのか?どう対処するべきなのか?という事を知る必要があるのです。でないと子供と同じでゴミ屋敷は良くない事っていうのは知っているだと、ゴミ屋敷に対しての危機感が全くないので、いずれゴミ屋敷のように部屋が荒れてきてしまうでしょう。そうならない為には知ることが大事というのを、もし身近な人間がゴミ屋敷などで困っていたり、ゴミ屋敷に対して無知の場合は教えてあげましょう。そうする事で全体でゴミ屋敷を排除していくことで、少しでもゴミの被害を減らすようにみんなで頑張っていきましょう。そして既にゴミ屋敷にしてしまっている人はこの記事を見て改めて対策を考えて現状回復に望みましょう。

孤独死を助長させてしまう3つのこと

皆さんこんにちは、今回は孤独死を助長させてしまう3つの行動を紹介していきます。孤独死は年々増えてきているもので、現在では数多くの高齢者が孤独死に陥ってしまっています。孤独死というのはとても悲しい死亡状況です。危篤状態でも誰にも助けを求めることが出来ずに死亡してしまう悲しい状況です。ですのでこれからそうならないためにどうするべきか考えるのが大切になります。自分は孤独死にならないと思っているのであればそれは非常に危険な考えです。孤独死というのは誰にもでもなりゆる事だということです。そして、孤独死にならないと思っている人ほど危険な状態になってしまうのが孤独死の怖さでもあります。どうして孤独死にならないと思ってる人ほど危険かというのは、知らないというのが1番大きな理由になります。勿論孤独死を理解している上で自分はならないと思っているならいいのですが、理解せずに言葉だけは知っていて自分はならないと思っているのであれば、少しでも知ることが大事になります。また対処方法や未然防止のための行動を知ることが大切になります。そもそも孤独死になってしまう過程の中で、多くの危険があり、孤独死の現場ではほとんどの部屋が荒れている状況になっています。ゴミ屋敷になっている部屋もあり、片付ける余裕がない精神状況であると思われます。またなぜそのような精神状況になってしまうのかは分かりませんが、危篤状態であっても他人に連絡できなくそのまま死に至るということを見ると精神的に追い込まれているのが想像がつきます。そういった部分から思うのは精神を先ずは落ち着かせることが大事です。精神的問題というのは深く他の人には理解してもらえない事が多いと思います。だからこそ、自分で管理する必要があり、自分としっかり相談して精神を落ち着かせることが大事になります。全てが自暴自棄になってしまうと良い方向に進んでいても、それを否定してしまう事もあります。ですのでそうならないようにしていくことが大事になります。ゴミ屋敷にしてしまって対処出来ずそのまま孤独死にまで繋がってしまうケースも多く見られ、ゴミ屋敷というのは異臭や害虫や近隣トラブルなど起きてしまい、心身ともに疲れてしまうのがゴミ屋敷です。そしてゴミ屋敷にする人の多くは一人暮らしの確率が高く、ゴミ屋敷になって塞ぎ込んでしまい知り合いや家族などとも連絡を取ることが少なくなり、疎遠に近い関係になりがちでもあります。そうなると1度疎遠関係になってしまって連絡が取りづらい状況になってしまって、そのまま月日が経ち、自分が危篤状態や危ない状況でも連絡ができない人が多いです。だからこそゴミ屋敷と孤独死は物凄く危険な状況ですし、ゴミ屋敷と孤独死でワンセットと考えていないと危険というのもわかると思います。では具体的にどのような事をしていけば良いのか?というはこの後から紹介していきますので最後までよろしくお願いします。またもし、ゴミ屋敷や孤独死で悩んでいる人がいたら手助けしてあげましょう。何かのきっかけさえあればゴミ屋敷や孤独死は避けて通れるものですので、身近にそのように困ってる人がいるのであれば声をかけてみましょう。

①家族や友人などに連絡を取らない

理由はどうあれ家族や友人などの身近な人との連絡を取らなくなってしまうと、孤独死を大きく助長させてしまいます。疎遠関係のケースが1番厄介で、人それぞれ原因も連絡を取らない理由も様々です。しかし連絡が取れるのであれば絶対自分から連絡を取る事をお勧めします。精神的にも家族や友人関係が原因で参っている人もいると思うのですが、連絡を取らない、自分から動かないという生活をしているといつか孤独死はやってきます。また他の人を自分から遠ざけるようなことは良くありません。理由はあるのかもしれませんが上手く付き合っていくしか方法はありません。無理する必要はありませんが、1人で孤独に過ごして最期を迎えるよりはいいと思います。もし、他に信頼のできる友人などがいるのであればその人を大切にしましょう。要するには自分が危険な状況の時に連絡出来る人が誰かかしらいるのか?というのが重要になります。

②ゴミ屋敷にしてしまっている

冒頭でも説明したようにゴミ屋敷は孤独死を助長させてしまいます。部屋が汚れて生活環境が悪くなってしまうと、塞ぎ込みがちになりますし体調の悪化や発病といった身体的悪影響も大きく、病気や怪我になりやすくなります。そしてゴミ屋敷にしていると家に誰か呼んだりなどしなくなりますので尚更、友人や家族などと関係が遠くなってしまいます。そうなると孤独死の可能性がグッと上がり危険な状況になってしまいます。ゴミ屋敷にすることは孤独死を助長させるということがわかると思います。またゴミ屋敷の対処だけで精神的に苦痛がありますし、ゴミ屋敷を掃除するのに1人では無謀です。他の人にも助けを呼べないとなると専門業者に依頼するしかありません。そうなれば金銭的にも負担がかかりますし、ゴミ屋敷にしていい事は何一つありません。ですのでゴミ屋敷にならないように部屋を綺麗に保つことで生活環境を良くして、さらには部屋が綺麗だと心も穏やかになると思います。精神的にも安定するので部屋を綺麗に保ったりする事は大事なことと言えます。

③孤独死を知らない事

1番は孤独死を知らないというのが危険なことです。知識がないというのは対処のしようがないという事です。知っていれば対処のしようはありますし未然に防ぐ事だって簡単です。しかし知らなければ何をしていいかわからない、先ずはどうすればいいのか分からないなどといった、孤独死以前の問題になってきます。知っているのと知らないのとでは天と地も違うという事です。言葉だけ知っていても意味がありません。孤独死はどこが怖いのか?またそれを防ぐためにはどうすべきか?を考えて調べる必要があります。今回のこの記事を見ている時点で調べるという事をしているので孤独死に対する防衛策が出来ているとも言えますので、ゴミ屋敷や孤独死について知らない場合は調べていくことで、自分の中にどんどん知識をつけてゴミ屋敷や孤独死に対して対策していきましょう。また身近で孤独死を知らない人やゴミ屋敷の危険性を知らない人がいれば情報を共有していきましょう。それと同じく、既にゴミ屋敷にしてしまっている友人などがいる場合は、声をかけてあげて下さい、あなたの一声が誰かを救うかもしれません。ゴミ屋敷は危険性などを説明してあげてすぐにでも解決できるのであれば動き出すことを促しましょう。ゴミ屋敷は完璧にその間放置しておくと大変なことになります。

まとめ

いかがでしょうか?今回は孤独死を助長させる3つの話でした。少しでも当てはまっていたりする場合はその点を直していきましょう。そうすれば必ず明るい未来が待っています。そして今回の知識は全て覚えることは難しいと思いますが、しかし頭の片隅にあればいつか何か必要な時に使える知識だと思います。今後も生きていく上で必ずゴミ屋敷や孤独死は警戒しておかなければいけないものですので、調べて対策をしていきましょう。現代では非常に多くなっているゴミ屋敷と孤独死ですので対策する方法は多く存在します。ですがゴミ屋敷も孤独死も結局は自分の気持ち次第になります。変えたいという強い意志がなければ変わりません。ですのでそうならない為にどうするべきかを考えれるのであれば、最悪の状況は回避できるでしょう。

部屋を汚くしてしまう人の共通点

皆さんこんにちは、今回は部屋を汚くしてしまう人の共通点をご紹介したいと思います。そして今回は部屋を汚くしてしまうとどのような危険が待っているかも説明できればと思います。そもそも現代ではゴミ屋敷は数多くあり、多くの人々がゴミ屋敷に苦しんでいます。中にはゴミ屋敷に自分はしないと思っている人がいると思いますがゴミ屋敷にしてしまった人は、自ら望んでゴミ屋敷にしてる人はいません。そこが重要になっています。決して本人から望んでゴミ屋敷にしてないということは何かがきっかけで誰だってゴミ屋敷になってしまう可能性があるということですそのきっかけは様々ですが今回の部屋を汚くしてしてしまう共通点で少し紹介出来ればと思います。もし自分の中で当てはまるところがあれば気にするようにすれば部屋は綺麗になるかもしれません。そして先程お伝えした通り、ゴミ屋敷というのは非常に危険なものです。放っておいてしまうと身体に害が勿論あります。実際にゴミ屋敷が原因で発病する方も多く、それほどまでに生活環境が悪いと身体的影響は大きいと見られます。また害虫なども発生して害虫が原因で発病もありますし、精神的にも相当辛いと思います。他には異臭問題により近隣トラブルにまで発展して場合によっては警察なども出てきてしまうほどゴミ屋敷の近隣トラブルは深い問題となっています。そのような状況で生活を続ければ確実に悪影響となりますので必ず改善していかなければいけません。また改善する方法としましてはこれから紹介する部屋を汚くしてしまう人の共通点も含まれますが、やはり1番大事なのは気持ちの問題となります。具体的これをすればゴミ屋敷になりません。という方法は簡単に言えば掃除をすることです。それだけの事でゴミ屋敷にはなりませんが、実際問題それが出来ない人もいます。ですので1番大事なのは掃除する事の前にゴミ屋敷を解決したい、ゴミ屋敷になりたくないと言った気持ちを強く持つ事が解決の1番の近道になると思います。強い気持ちを持つというのはなかなか簡単ではありません。途中でめんどくさくなってしまったりすると一気に部屋が汚くなりますし、モチベーションも保つのが難しいとすぐに部屋が汚れてしまいます。ですので自分なりの方法でいいので必ず解決の糸口を見つけれるように強い気持ちを持つようにしましょう。諦めてしまうとゴミ屋敷はすぐ拡大していき自分1人の手では負えない状況になりますので、そうなる前に解決していきましょう。

①掃除において目先の楽を優先してしまう

掃除において今やろうと思えば出来るのに、後でやろうは完全にアウトです。後は後回しすると部屋は一気汚くなってしまいます。掃除ほど後回しにすればめんどくさくなる事はありません。部屋が汚れてしまって、今やるのめんどくさいから後でやろうと思って後回しにすると、どんどん部屋が汚れていき気が付けば部屋はびっくりするほど汚れてしまいます。部屋掃除は後回しにするのが慣れていってしまうと癖になってしまいます。1度後回しにするのが楽だと感じてしまうと癖になってしまい、思うように掃除ができなくなります。しかし後回しにすれば確実に後々大変な目に遭います。他の誰かが掃除してくれるなら分かりますが自分で掃除しなければいけないので後回しにする事は絶対にやってはいけない行為になります。勿論忙しくてどうしても手が離せない状況でしたら仕方がないとは思いますが、定期的に掃除をしなければ確実に貴方にいつか倍になって跳ね返ってきます。そうなってしまうと自分一人で手に負える状況じゃなくなってしまって、本格的にゴミ屋敷になってしまいます。少しくらいならと思っていればそれが落とし穴になりますし、少し放っておくだけで、綺麗にはなりません。その間ずっと部屋は汚れていきます。ですのでいつか倍になって大変掃除をやるくらいなら、出来るうち自分で片付けましょう。そうすれば部屋が汚くなる前に掃除が出来るので、掃除自体の規模も大きくないので少ない時間で掃除完了します。そのようにしてやりくりしていければ部屋は汚れることはないでしょう。ですので目先の楽を優先しないように、今ここで掃除しないと後で大変だと思うようにすることが大事になってきます。

②部屋を綺麗に保つモチベーションがない

部屋を綺麗に保つモチベーションは凄く大事になります。例えば好きな女性ができて家に呼ぶことになった時に部屋が汚かったら相手に嫌われてしまうかもしれないから、掃除をする。これも立派なモチベーションの保ち方です。ですがこれは例えであって人それぞれ状況も変わってくると思います。ですので、皆さんに当てはまるであろうモチベーションを紹介していきます。先ずはオシャレな部屋を作るというのはいかがでしょうか?誰しもゴミ屋敷みたいな部屋に住みたいと思うことはないはずです。どちらかといえば、綺麗で素敵な家に住みたいと感じたり、今風でオシャレな部屋に住みたいと思った事があるはずです。ですので、自分の中で素敵な部屋を想像して部屋作りをしていきましょう。そのために不必要である埃やゴミなど、使わない物などを整理整頓と捨てる事を徹底すれば自分が今できる範囲でのオシャレで素敵な部屋を作れるはずです。そのようにして掃除すれば掃除のモチベーションも上がりますし、部屋を掃除できて綺麗にした後に、綺麗を保つモチベーションにも繋がります。そうやって自分が部屋を綺麗に保ちたくなるモチベーションを探すのも大事になります。私のモチベーションの保ち方は一例に過ぎませんので、自分に合うモチベーションを設定してやっていきましょう。また他の方法であれば、人を家に招くという方法もかなり効果的で家に知人を呼んで、がっかりされたくないから掃除しちゃうという手もありだと思います。1ヶ月後に約束を取り付けてしまえば、1か月の間で綺麗にしなくてはいけないという期間も自分で設定できますし、そのように色々な方法を使ってモチベーションを保ちましょう。

③変えたいという気持ちがない

冒頭にも言いましたが結局本人が変えたいと思う気持ちがなければ、現状変わりはしません。ですので、このような生活はもう卒業しようと強い気持ちを持つことによって生活環境も変えることができます。だからこそ自分の部屋見て変えるんだという気持ちを再確認できるように、自分としっかり相談して、掃除や対処をしていきましょう。しかし無理は禁物ですので、心身に負担がかかり過ぎなように、ゆっくりでいいので少しずつ変わる努力をしていきましょう。そうすれば必ず結果が出てきますので、あきらめずに取り組んでいきましょう。

まとめ

いかがでしょうか、ゴミ屋敷にしてしまった本人は自分から望んでゴミ屋敷にしていません。ですので誰でもなりゆる問題でもあります。自分には関係ないなどと思うのではなく、ゴミ屋敷に自分もなってしまうかもしれないと危機感を持つことで対応ができるようになります。そして知っているのと知らないのとでは天と地ほど差があります。知らなければ対応も遅れますし、どうして良いかわからず手に負えない状況になるかもしれません。しかし知っていれば対応もできますし、どうすればいいのかわかります。もし自分や友人や家族など身近な人間がゴミ屋敷の危機に直面していれば手助けしてあげましょう。そうする事で今回紹介した記事が役に立つかもしれませんし、他にも紹介してる記事が役に立つかも知れません。自分には関係ないと思うのではなく、何かあったらと考えて、他の記事ぜひご覧いただけると嬉しいです。

ゴミ屋敷予備軍にならない為には

今回は汚い部屋にしてしまいゴミ屋敷予備軍になってしまい改善したいけど、改善の仕方が分からない人のために、ゴミ屋敷予備軍にならない為の改善方法を紹介していきたいと思います。部屋を綺麗にしてゴミ屋敷なんかにならない快適な生活を送りたい。そう思っている方は多くいると思います。しかし思っているだけではダメです。実際に行動に移して部屋の改善に取り組まなければ綺麗な部屋になりませんし、一度綺麗にしたとしても、また時間が経つにつれて部屋が汚れていき、気付いたらゴミ屋敷予備軍になってしまうなど起きてしまいます。そうならない為にどうするべきか?そこが重要になってきます。先ず知る事が必要で、知っているのと知らないのとでは圧倒的に差が出てしまいます。ですので先ずはゴミ屋敷予備軍にしてしまう人の共通点を理解することが大事になります。ダメな所の共通点を知る事で反面教師として知り、自分はそうならない為に努力する必要があります。そしてそれさえ出来ればゴミ屋敷予備軍を卒業できます。またゴミ屋敷はどれほど危ないものかというのも知る必要があります。ゴミ屋敷になってしまうと普通の生活が困難になってしまいます。またゴミ屋敷になると害虫被害が拡大して害虫被害の影響で身体的にも不衛生な環境になってしまいます。そうすると1度住み着いた害虫は中々駆除する事が難しく、一時的に駆除してもまた湧いて出てくる事があります。そして身体的に不衛生な環境なので病気が発病してしまったりします。そして異臭も発生して近隣トラブルにまで発展したり、汚い部屋では精神的にも不安定になってしまい、極端に人との関わりを持たなくなってしまったりします。そうなってしまうと将来的な孤独死な問題まで可能性を引き上げてしまう事なってしまうのでゴミ屋敷というのは、とても危ない存在と言えます。そしてゴミ屋敷予備軍というのはゴミ屋敷ほどの規模ではないが部屋が綺麗ではない人の事をさしますが、ゴミ屋敷予備軍というのは、いつゴミ屋敷なるか分からないほど危険な状況ですので、改善していかなければいけません。そのような点を含めて部屋を汚くしてしまう人の共通点をあげていきたいとおもいます。

①自分で決めた掃除する日がない

基本的に汚い人の共通点として自分で設定して決めた掃除する日がないという事が多いです。基本的に汚い人というのは汚くなってから掃除するという事が多いと思います。汚くなってから掃除するというのは、あまりいい方法とは言えません。勿論掃除しないよりはいいのですが、汚くなってから掃除するという事は部屋が汚くなるまで何もしないということです。それではいつかゴミ屋敷を迎えてしまいます。それは汚くなってからすると、いずれは面倒くさく感じてしまうからです。それは1度の規模が大きいからです。どれほどで汚く感じかは人によって様々ですが、ゴミ屋敷予備軍くらいの部屋の汚さと考えれば大きな規模だと思います。大きな規模の掃除をやるというのは非常に良くないやり方です。大きな規模を1人で掃除するのは体力も必要ですが、心身ともに疲弊してしまいます。ましてや仕事もしていれば時間もないでしょうし規模が大きければ大きいほどやる気が起きなくなってくると思います。そうならない為に習慣的に掃除ができるようになりしょう。習慣的に出来るようなれば掃除は楽に終わります。例えば3日1度など決めることにより定期的に掃除をすると、まず部屋は汚れる事はないです。そしてゴミ屋敷予備軍にも絶対なりません。定期的に行う掃除は、めんどくさいと思う人がいると思いますが、実はやったことある私からすると定期的にやったほうが凄く楽です。定期的にやれば埃を掃除するだけで綺麗になるので、時間がかかる事はありません。また出しっぱなしにしてるものがあっても、それを片付けるのにそんなに時間はとりません、それは3日1度掃除してるから出しっぱなししているものが少ないのです。しかし汚くなってからするタイプは出しっぱなしの物が多すぎて、しまうことすら困難だと思われます。また物が溢れている為、どこから手をつけていいか分からないはずです。ですので定期的な掃除は大事だと言えます。定期的に掃除することが慣れてきたらもう安心していいと思います。必ず定期的にやる事を忘れずに実践していればゴミ屋敷予備軍にはなりません。

②使った物を元に戻さない

物を元に戻さない癖は部屋が汚くなってしまう原因の1つでもあります。部屋の汚さは大きく分けて2種類で、埃などの汚れで汚くなる部屋と物が溢れかえって汚い部屋の2種類です。その中で埃などは掃除すればきれいになりますが、物が溢れてる場合は完全に自分が使ったものを元の場所に戻してない原因です。また収納スペースに入れずに部屋に置いておくなどすると、すぐ部屋が汚くなります。そうなってしまうとゴミ屋敷一直線です。ですので当たり前のことになってしまいますが、出したら元の場所に戻す、使ったら元の場所にしまうなど、心掛けることが大事になります。しかしこの当たり前の事がなかなか出来ない人がいます。そのような人たちは焦る事はありません。自分のペースで綺麗にしていきましょう。急いでやっても意味がないです。我慢してやるのではなく自分が納得するペースでやりましょう。そうする事で精神的負担も少なく部屋が改善されていくと思います。

③意志が強く持つ

部屋が汚い事を言い訳していてはいつまで経っても綺麗なったりしません。結局のところはどんな方法を用いても意志が弱ければ部屋は綺麗になりません。掃除も意思を強く持ってやる必要があります。意志が弱いといつになっても掃除をしないですし、いつになっても部屋が継続的に綺麗になったりしないです。ですので継続的に綺麗な部屋を保ちたかったり、部屋を綺麗にしたいと思うのであれば、自身と相談して無理のないペースで、しかし確実に綺麗にするために意思を強く持ちましょう。モチベーションを上げる方法も様々あり?オシャレを意識する事で部屋をオシャレにしてやるんだという気持ちからモチベーションが上がり、継続的な掃除が可能になったりします。そして、他にもモチベーションの上げ方あり、インスタグラムなど今SNSが流行っています。ですので自分の部屋を写真撮ってあげる事で綺麗にしなければという気持ちを持つ事でモチベーションも上げられます。モチベーションの上げ方は人それぞれですので自分に合った方法を見つける事が綺麗な部屋になる近道かもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?この三点を意識してやれば必ず部屋は綺麗なると思います。先程も言った通りにいくら部屋を綺麗にする方法知っていても、意志が弱ければ途中で投げ出したりしてしまって、いつまで経っても綺麗な部屋になりません。ですので意思を強く持つ事が重要になります。最近ではゴミ屋敷は年齢関係なく多くの若者や高齢者がゴミ屋敷予備軍だったりゴミ屋敷に実際にしてしまったりしてます。ですのでゴミ屋敷は私には関係ないと思わずに知識だけでもいいので知っておく事でいつか役に立つ時が来るかも知れません。だからこそゴミ屋敷は知っておいて損はないです。むしろゴミ屋敷の危険性や部屋を綺麗に保つ方法知らない方が危ないですので、知っておく方がいいと思います。そうして自分で知識を武器にゴミ屋敷にならないように気をつけていきましょう。実際に行動に移せなくても知識として知っておくだけでも十分意味のあるものになるので自分と相談して行動できる時に行動に移しましょう。

暮らしに作りに不可欠な事

皆さんこんにちは、今回暮らし作りに不可欠な事を紹介していこうと思います。暮らし作りを怠っていると、部屋が荒れてしまいゴミ屋敷になってしまうなどあります。そしてゴミ屋敷になる可能性は誰にでもあるということを皆さんに理解していただきたいです。暮らし作りと一括りに言っても、何をすればいいのかわからない方が多いと思います。ですので今回はどのような部屋がゴミ屋敷にならないような部屋なのか、という所にフォーカスを当てつつ、暮らし作りに必要な事を紹介できればと思います。そしてゴミ屋敷は皆さんにとってどれほど怖いものか、そして誰にでも起こりえる事なんだという事を紹介していきます。ゴミ屋敷とは簡単に言ってしまえば汚い部屋がさらに進行し、人が住むには危険な環境がゴミ屋敷です。ゴミ屋敷には異臭や害虫、近隣トラブルなどあらゆる火種があります。分かっていながら感覚が麻痺してしまい、その部屋に住む事に少しの抵抗だけで拒絶までとはいかなく、その部屋に平気で住み始めてしまいます。そうなると感覚的にずれてしまうと、害虫の大量発生や近隣トラブルなど大きなきっかけがなければゴミ屋敷を改善しようとしません。また近隣にバレるのが嫌で掃除の依頼などしない人もいて、そのような点を見るとゴミ屋敷とはいかに危ないものかが分かります。そして、ゴミ屋敷に至っては高齢者が多かったのは数年前の話で、最近に至っては年齢関係なく、若者にも多くのゴミ屋敷問題があがっています。そうして今では高齢者かれ若い年代まで関係なく、ゴミ屋敷という問題は社会問題にまでなっています。そしてゴミ屋敷の恐ろしさはこれだけではなく、ゴミ屋敷は何かをすれば解決するわけではないのです。ゴミ屋敷という存在がめんどくさい存在なのは理由があり、ゴミ屋敷は、ゴミ屋敷にしてしまう人本人の気持ちが変わらない限り、再発してしまうというのが大きな問題点となっています。それは清掃業者に依頼して綺麗にしたり、近隣トラブルになり片付けたところで、ゴミ屋敷というのは本人が変わらなければ、いずれまた再発してしまう厄介な環境問題となっています。精神的問題にまで関係してくるゴミ屋敷ですのでゴミ屋敷を片付けるのはその場しのぎにしかなりません。本当にゴミ屋敷を改善したいのであれば当事者自身が変わりたいと思う気持ちが1番大事になってきます。本当に変わりたいと思っていれば必ずゴミ屋敷は改善の兆しげ出てきます。しかしゴミ屋敷になって清掃業者に依頼すればいいと思っているだけでは再発してしまいます。そうすれば金銭的にも更にお金がかかってしまいますし、いい事は無いと思います。ですのでゴミ屋敷にしてしまう人は必ず変えてやるんだという気持ちを持つ事が大事になってきます。しかし強い気持ちを持てないままでいると、部屋がまた荒れてしまうなどがありますので注意が必要です。また、ゴミ屋敷ではないが部屋が汚れている人も気をつけてください。自分には関係ない事など思わずに、自分もなる可能性があるかも知れないと考えておきましょう。そうしなければ次はあなたの番かもしれません。ゴミ屋敷にしてしまった人の大半はあなたのように自分はならないと思っていて、気付いたらゴミ屋敷になってしまったという人ばかりです。それはあなたが思っていたようにゴミ屋敷になんてならないと思っていた人たちです。ゴミ屋敷というのは誰にでもなりえる問題なんです。特定の人物がなるようなものではなく、すべての人に可能性がある事をしっかり理解しておきましょう。そうする事で隙を見せず、ゴミ屋敷にする事はないでしょう。逆に言えば、ゴミ屋敷にならないだろうと考えていて、いざゴミ屋敷になりそうになった時に何も知識がなく、どうすればいいか分からない、とりあえず掃除しようとするだけで明確な打開策がなくゴミ屋敷になっていってしまうなど、多くあります。そうならない為に今回ご紹介する暮らし作りに不可欠な事を覚えていけば決してそのような結果になりませんので、少しでも参考になればと思います。

①毎日10分以上の掃除

毎日の掃除というのはめんどくさいイメージがありますが、それは規模によるものです。暮らし作りが上手い人は、部屋が荒れてしまう前に、少しずつの掃除毎日続ける事で部屋荒れてしまう事を防いでいます。しかも毎日10分くらいの掃除なんて簡単ですよね。1日24時間あるうちのたった10分を掃除に当てるだけで部屋が綺麗になっていくのです。しかしやってみたら分かりますがその10分が恐ろしく辛いはずです。普段から掃除をしない人は10分の掃除も辛いと思います。しかしそこはめげずに頑張りましょう。簡単な話テレビ観ながら、携帯いじりながら、音楽聴きながらでもいいのです。兎に角しっかり10分以上の掃除する事になります。そして1年間やっていると感じるのが何かどうしても仕方がない用事で家に帰れない時に掃除をしていないとソワソワしてきます。そうなれば、もう貴方は綺麗好きの仲間入りです。そうなんです。掃除をしないと落ち着かないようになります。毎日の習慣というのは人間にとって重要なことです。習慣を1つ人からとってしまうと身体がびっくりして何かしらの反応を起こす事があります。掃除も同じように習慣にしてしまえばやっていない日は掃除がしたいと思うようになるでしょう。そうなってしまえばこっちのものです。貴方は2度と部屋をゴミ屋敷になんかしないでしょう。

②綺麗好きになる自分を想像する

何かをすれば暮らし作りが上手くなるわけではありません。どうしても気持ちの面で変わっていかなければいけない事があります。それは先ず自分が綺麗好きになる事が大事になります。その場しのぎで掃除をしてもすぐにまた部屋が荒れてしまいます。そうならないようにするには考え方や意識を変える必要があります。そして私もわかっていますが、人の考え方や意識は急激に変わりません。余程の事がない限り変わる事は難しいです。しかし想像する事は誰にでもできます。貴方も一度でもいいので想像してみてはいかがでしょうか?先ずは綺麗好きでオシャレな部屋に住む自分を想像する事も大事です。ゴミ屋敷なんかではなく、汚い部屋ではなく、綺麗でオシャレで落ち着くような部屋に住む自分を想像しましょう。そうする事で意欲が湧いてきたりモチベーションに繋がったりします。多くの人はこの方法を使って再発防止をしていたりもします。しかも変にお金などもかかりませんし、簡単にできますのですごくお勧めとなっています。

まとめ

どうでしょうか?紹介するものは少ないですが1つ1つ詳しく説明していきました。ゴミ屋敷などは正直な話でいいますと個人個人の問題で、その人がゴミ屋敷にしたくないと強い気持ちを持たなければ変わりません。しかし1度自分の中で相談してうまくいけば2度とゴミ屋敷にはなりません。綺麗な部屋に住む居心地の良さを知れば2度再発をする事もなくなるでしょう。またゴミ屋敷にしてしまったら自分はゴミ屋敷にしてしまう、だからそうならないようにしなければ。と認めて改善していきましょう。多くの中には人のせいにしてゴミ屋敷になったという人が多く、そうなってしまうと次もまた汚くなってしまいます。ですので、そうならない為に自分の心を磨く事も大切です。良き生活ライフを。

高齢者が守るべき3つのルール

皆さんこんにちは、今回は高齢者の方が生活していく中で守るべき5つのルールを紹介していきたいと思っています。また5つのルールというのは基本的に孤独死やゴミ屋敷といった環境にしないためのルールになりますので、興味のない方はブラウザバックをお願いします。そして、皆さんに聞きたいことが何点あります。皆さんは高齢者の方ですか?そしてまた何で聞きたいかというと高齢者じゃない、若者にも高齢者の話だから無関係とかではなく、関係してくるんだという事を理解してほしいのです。ゴミ屋敷や孤独死というのは確かに高齢者の時に気をつけてなければいけないものだと思いますが、若者の頃から気をつけていれば、高齢者になってから焦って気をつける必要もなくなりますし、何より知識というのは武器になります。孤独死やゴミ屋敷というものは自分が気付かないうちに近くにいるものですが、知識さえ身につけてしまえば全く怖くなんかありません。そして、知識があれば回避方法もわかるので、焦る必要もなくなるという事です。しかしもし知らないとなると厄介で先ずは孤独死とは何か?などや、ゴミ屋敷はどこからゴミ屋敷なのか?などといった状況になってしまい先ず何をすればいいのかも分かりません。そして高齢者になってから覚えるにはめんどくさいと思う人もいると思いますし、ちゃんと覚えれるか心配な方もいらっしゃると思います。ですから若いから関係ないとかではなく知らない人は今から覚える必要がありますし、高齢者の方で知らない場合はめんどくさいと思わずに頑張って覚えるようにしましょう。そして既に知っている人も復習としてみていって下さい。やり方は様々あるので違うやり方を知れるかもしれません。ですので最後まで見ていただけると幸いです。さて、皆さんはゴミ屋敷や孤独死はそもそも知っているでしょうか?現代では孤独死やゴミ屋敷というのは深刻な問題になっており、若い世代から高齢者まで幅広く問題として上がっています。そして驚くべき事に今や若い人と高齢者に大差がないほどにゴミ屋敷に関しては件数はほぼ同等あります。それほどまでに多くなってきているゴミ屋敷ですが解決方法は具体的な方法が少なく、大きな問題は当事者の心の問題とも言われています。心の問題となると話は大きく変わってきます。簡単に変えることは難しいですし!何より精神的に深く悩んでいる方になると言葉だけで簡単に変えれるほどの問題だとは思っていません。しかし変えなければゴミ屋敷の発展が進み内向的な生活や性格になっていくと人付き合いも減っていく一方になり、孤独死という新たな問題も出てきます。そのような点から見ても、必ずゴミ屋敷などの問題は解決する必要があります。そして、若い頃からゴミ屋敷になっていると高確率での高齢者になってから孤独死を迎えてしまう可能性があり、一概に全員なるとは言えませんが、高い確率でなってしまう可能性があるのでゴミ屋敷や孤独死は高齢者の問題でしょと決めつけるのは良くありません。ですので今回の紹介する内容をしっかりと理解して把握する事で、将来の不安要素が消えますのでぜひ目を通してください。

①ゴミ屋敷になっている、もしくはなりかけている場合は必ず改善する

ゴミ屋敷というのは年々件数が増えてきており!先程説明した通り、年齢関係なく危険視するべき問題です。ゴミ屋敷が発展し続けて放置すると孤独死に至ってしまうケースもあり、孤独死の現場のほとんどが部屋が荒れている状況が多いです。そのような点から見てもやはり生活環境が悪いと様々な事が悪化していくのが分かります。そして、生活環境の大切さは他にもあり、生活環境は食生活なども含まれており、健康的思考ではないと当然ながら体調も悪化し、部屋も荒れていきます。部屋が荒れれば体調も悪くなり、考え方もマイナス思考になります。そしてマイナス思考になると人との関わりが極端に少なくなり必然的に孤独になってしまい、高齢者の場合は孤独死になってしまうケースがあります。そのようなケースは生活環境が大きく影響されているとされ、環境改善が1番の近道だと思います。先ずは、起きる時間や寝る時間をしっかり決めて、健康的な食生活する事を心がけましょう。掃除はたまにやるのではなく、毎日少しずつでいいので掃除をする事で、ちょっとずつ綺麗になっていきます。部屋をいきなり全て綺麗にしようとすれば骨が折れるのも目に見えてわかりますし、一度で全てを綺麗にする事は心身共に相当な苦痛になります。ですので焦らず、ゆっくりと1ブロックずつ綺麗にしていく事で心身共に無理のない掃除を心がければ綺麗な部屋になっていきます。また最終手段として専門業者の依頼も視野に入れて、金銭的に余裕があるのであれば清掃を依頼するのも良いと思います。

②家族や友人など知り合いとの連絡を取る

連絡を取らなくなって疎遠関係になってしまう事は高齢者になってからでは大きなリスクを背負うことになります。疎遠関係になれば連絡したい時にできません。そうなってしまうと、孤独死を自分で受け入れているようなものになってしまいます。ですので、高齢者になった時に家族や友人と連絡を取れていない方はぜひ連絡取りましょう。それぞれの家の事情や友人関係もあるので一概には言えないけど、連絡を取らなければ1人で過ごすことになってしまいます。受け身になっていては人は集まりません。自分からアクションを起こすことによって人との繋がりが出来るのです。歩み寄らなければ歩み寄ってくれません。ですので恥ずかしかったり気まずかったりしても、特に大きな問題がない限りは自分から必ず連絡する事をお勧めします。高齢者になってから家族に迷惑をかけたくないと思っている高齢者の方が沢山います。しかし何かあってからでは迷惑かけてしまうのです。そうなるくらいなら最初から家族とのパイプを強く持ち、友人とも連絡をとっていれば万が一の時に助かって、迷惑をかける事はありません。1番悲しい事は後から孤独死していると聞かされる遺族です。そのような悲しい気持ちにさせていけません。ですので迷惑をかけたくないと思うよりも、悲しい気持ちにさせては絶対いけないと考えて、自分から少しずつ連絡を取るようにしましょう。そうすれば孤独死になる事は絶対にないでしょう。

③趣味を持つ

高齢者になってから家に引きこもりがちですが、趣味を持つ事は絶対に必要になります。ホットヨガや、パークゴルフ、身体に負担の少ない趣味でも構いません。園芸など様々にあります。とにかく趣味を持ちましょう。そうする事で趣味つながりの友達ができたり、趣味を見つける事で新たな生きがいが見つかる人もいます。そうして趣味をやる事により外にも出る事が増えますし、明る性格になり人との関わりもおおくなります。孤独死の危険性も下がりますし、何より毎日が明るく楽しくなる人が大半です。趣味に没頭できれば嫌な事も忘れますし、ぼーっとしていなくていいので精神的にも良い兆候がみれると思います。そうして生活環境も改善されていきますので趣味を持つ事は強くお勧めします。

まとめ
いかがですか?この3つルールだけでも守る事で生活が大きく変わると思います。またこの3つを頭の片隅にあるだけでもいいので焦らず少しずつルールを作って守っていきましょう。あなたに明るい未来が待っていますように。

ゴミ屋敷を防ぐには

皆さんこんにちは、今回はゴミ屋敷について触れていきたいと思います。皆さんはゴミ屋敷の知識はどれくらいお持ちでしょうか?知っていると知らないという事は大きく違います。知っていれば未然に防げたり、対応出来ていたりなど知らないだけで損をしてしまうことがあります。しかし先ほど言った通り知っていれば怖いものはありません。ですので今回はゴミ屋敷になってしまうきっかけや考え方などを紹介していきたいと思います。またゴミ屋敷とはどれほど危ない状況下にあるのかというのも理解する必要があります。たかが部屋が汚れているだけと考えていればいつまでたっても改善されませんし、現状ゴミ屋敷ではなく安心ばかりしていては!何かのきっかけですぐにゴミ屋敷になってしまいます。そのきっかけは些細なことから始まります。サインを逃してしまったり、些細なことが積み重なるとゴミ屋敷まで一直線です。多くの人がゴミ屋敷という存在を知っていながらも、ゴミ屋敷の脅威に気付く事なく気付けば取り返しのつかないゴミ屋敷になってしまいます。そのようにしてゴミ屋敷の当事者の多くは決して自分で望んでゴミ屋敷にした訳ではないという事を理解してください。ゴミ屋敷にしたくなくてもゴミ屋敷になってしまうというのが1番怖いところです。ゴミ屋敷は現代の社会問題にもなっていて年齢関係なくゴミ屋敷は起きてしまう厄介な問題です。そしてその多くが再発してしまう事もあり、ゴミ屋敷とは精神的問題も含まれてくるため解決するには個人の考え方が変わらなければいけません。また考え方が変わることに関してはゴミ屋敷にした事がない人でも考え方が変わっていればゴミ屋敷になる可能性を下げることができますので是非覚えていきましょう。

①掃除出来る時間があれば必ずする

掃除はというのは先延ばし先延ばしにすればするほど、かなりの時間がかかる掃除になってしまいます。どんなに掃除が得意であったりしても、何ヶ月も掃除されてない部屋は骨が折れます。部屋が荒れやすい人は掃除を何ヶ月もしない人が多く、掃除というとのがめんどくさいイメージを持ってしまいます。勿論誰だって時間がかかる掃除はめんどくさいものです。そこで分かるのがそもそも掃除に対しての考え方が間違っているというのがわかります。掃除が上手な人というのはやり方が上手いのではなく考え方が上手なんです。逆を言えば掃除が下手な人というのは考え方が違うだけで誰でも掃除は上手に出来るというのが分かります、?掃除が上手な人は長く掃除しないといつかやる時にめんどくさいから、今やるという考え方ですが、掃除が下手な人は先のことを考えず今やるのがめんどくさいと感じてやらない人が多いです。その事から考え方ひとつ変われば掃除なんて楽勝という事になります。言葉で言えば簡単に聞こえますが、実際に簡単なんです。私自身も部屋掃除が苦手で後回しにしていましたが、考え方を変えて掃除するようになってから掃除が楽に終わるので凄く助かっています。なぜ楽に終わるか?というのも簡単な話で、毎日少しずつ掃除すれば掃除するところがなくなり、軽く埃を掃き掃除するだけで終わってしまいます。ですので、掃除に対して何の苦も感じなくなります。そのようにして掃除イコール面倒くさいものという考え方を変えるのが大事になってきます。しかし具体的に用意するものなど何もなく、考えを変えるだけ部屋が綺麗になるのであれば、勿論誰でも出来ることです。ですので掃除は少なくともやれる時にやっておくというのが1番の解決方法になります。モチベーションを保つことが大切になりますがモチベーションの保ち方を紹介していきます。

②オシャレな部屋にして知り合いを呼ぼう

モチベーションを保つことは難しい事です。だからこそモチベーションの保ち方は1つだけではなく人それぞれです。ですが人それぞれですと終わらせてしまうとぼんやりとしていて、なかなか一歩を踏み出す事ができないと思います。ですので私なりのモチベーションの保ち方を教えたいと思います。またこの保ち方は数多くの片付け上手が使っている方法でかなりの効果が出ますので是非皆さんも試してみてください。その方法とはオシャレな部屋を意識する事です。オシャレな部屋で汚い部屋はないはずです。またあなたが想像するオシャレな部屋は汚い部屋ではないと思います。そのオシャレな部屋を実現するために努力する事が大切です。そして考えましょう。綺麗な部屋にしてオシャレな部屋に知り合いを呼びましょう。そしたら知り合い貴方が作った部屋に対して、オシャレだねーと言ったりすると思うと凄く楽しみなると思います。そしてやっとオシャレな部屋にして知り合いを呼んだ時に、いい部屋だね!と言われたら嬉しはずです。また写真などを撮ってSNSなどに投稿して周りからも羨ましがられたりと、良いことが多いです。そのようにモチベーションを保つ事が大事になります。

③断捨離をマスターする

物は良いものと悪いものがあります。素直に言いますと汚い部屋には使われてない物がたくさんあります。悪いものとは、そーいったような使われてない物が沢山あると、せっかくの部屋のスペースが台無しになってしまいますし、綺麗な部屋でもものが溢れていては綺麗に見えないです。ですので断捨離は必要不可欠になります。そして断捨離に関しては難しい部分もあります。もったいない症というのが捨てたくても捨てれないという精神的に辛いものもあります。ですのでそのような方は少しずつでいいので断捨離をしていきましょう。また現代ではクリニックなどもあり話し合って解決する方も大変多くいらっしゃいます。ですので1人でもし悩んでる人がいたら絶対に1人で悩むことなくクリニックや周りの人相談しましょう。そうすれば必ず光が見えてきます。またためこみ症じゃない方は、絶対にすぐにでも断捨離をしましょう。断捨離が出来ないのは心の弱さとも言われています。ですので必ず強い信念を持って自分と相談していきましょう。何でも捨てればいいというものでもありません、大切なものもあると思いますが、しかし全てが全て大切なものとしてしまうと片付けられるものも片付けられません。ですので難しいかもしれませんが踏ん切りつけて断捨離をしていきましょう。断捨離が出来るから部屋が綺麗なるというわけではありませんが、確実に部屋が綺麗になるために必要なものは断捨離が絡んできます。また部屋に家具が多くなっていても家具を残しておきたいと思うのであれば、最低限のルールは作りましょう。例えばテレビの横に空きスペースがあるのであれば、そこに収まる家具は残すとして、収まりきらない家具は捨てるようにしましょう。そうしなければもし部屋が汚い人は現状回復は難しいでしょう。また部屋を綺麗にしたとしても物が溢れかえっていればスペースが狭くなり、何かが汚れてしまった場合すぐに部屋全体が汚れてるイメージに見えてしまいます。ですので断捨離が出来れば大きな近道になりますので、断捨離を出来るならしていきましょう。

まとめ
以下のような事を念頭において部屋の掃除に向き合えば必ず綺麗な部屋になります。大事なのはモチベーションと行動も考え方です。ですので諦めず少しずつでいいので部屋掃除と真剣に向き合っていきましょう。そうすれば明るい未来が見えてきます。

お片付け上手が知っている5つのこと

皆さんこんにちわ今回はお片付け上手の人が知っている5つのマジックを紹介したいと思います。皆さんはお部屋の汚れや掃除など物を整理していますか?人によっては綺麗に保てていない人がいると思います。しかし部屋が多少汚れていても大丈夫だろうと思っているかたは気を付けてください。部屋が汚れることで様々な障害が生まれてきます。それは孤独死であったりゴミ屋敷に発展したりと、たかが部屋が荒れているだけで様々弊害が生まれてきます。これは大げさではなくこれがきっかけとなってしまう人が非常に多い事から、注意喚起が必要とされています。ですので今回はお部屋の片付け上手が知っている部屋を綺麗に保つ方法を伝授していきたいと思っています。先ず大事な事は貴方が強い意志を持って片付けようと思っているかどうかというのが大事になってきます。ここは非常に重要で片付ける気がない場合に綺麗になる方法を見て何も変わりません。しかし強い意志を持って片付けたいと思っているのであれば必ず片付けられます。ですので強い気持ちをまずは持ちましょう。そうすれば必ず成功します。しかし強い気持ちを持つことは難しい事でもあると思います。ですが今この記事を見ている方は現状をどうにか変えたいと思っている人だと思います。その今感じている意志を大事に持ち続けましょう。モチベーションに関しても後で紹介しますので是非その方法を試してみて下さいでい。少し話は変わりますがゴミ屋敷を皆さんはもちろん聞いた事があると思います。ゴミ屋敷というのは単純に言えば部屋が片付けられなくて荒れてしまい手に負えない状況になりゴミ屋敷が誕生します。という事は部屋を片付けれない人は必ずゴミ屋敷の危険性を視野に入れないといけません。それくらいの危機感がなければいけません。実は部屋を片付けられないとそのような危険もあるという事です。そして一度ゴミ屋敷の環境を作ってしまうと再発の恐れもあります。しかし強い意志を持てば再発の恐れもないですし、むしろ二度と部屋を汚したくないと思うでしょう。そのように結論から先に言うと貴方が真剣に変える意識があるかどうか?が大切になります。ですので気持ちを強く持ったうえで今回紹介する内容を試してみましょう。

①こまめな掃除を毎日する

こまめな掃除を毎日するのは大変なイメージがあると思います。しかしそのイメージというものが大きな間違いなのです。何が大きな間違いなのか?それは掃除の規模のとらえ方です。掃除が出来な人は基本的に掃除はめんどくさいと感じている人が多いです。しかしそれは規模が大きく考えてしまっているからです。掃除を普段からしない人は一度にまとめて掃除しようとします。そうすると勿論のことですが掃除に対して意欲的になれないのも確かです。規模が大きい掃除はどんな人であれめんどくさいです。しかしお掃除上手の方はそのような状況になる前に掃除しています。それは毎日の少しずつ掃除するだけで状況は全然違います。そのように掃除に対しての考え方を変える為に毎日こまめな掃除が必要になります。掃除しない方からすると毎日掃除するのは苦に感じるかもしれませんが、苦に感じないようにする工夫が大事になります。だからこそお掃除上手な方は、掃除をこまめにする事を忘れないんです。本当にこの方法は結果がすぐに出ますし、サボらず毎日きちんと続ければ考え方も変わりますので是非お試しください。

②オシャレを意識する

オシャレを意識することが部屋を綺麗保つ事となんの関係があるか?と思う人は少ないと思います。皆さんが思うようにオシャレな家というのはゴミ屋敷でもありませんし、部屋が汚いようなものでもありません。綺麗でいてオシャレで居心地やすい雰囲気があると思います。ですのでお部屋の掃除が上手な人はどうせ部屋を綺麗にするなら、オシャレな家にしたいと思うはずです。そうする事で必ず部屋を綺麗にするはずです。また綺麗な部屋にしてオシャレな家にした時に写真などを撮ってSNSなどで上げることによって周りからの反応が良いと更に部屋を綺麗にしてオシャレにしたいと思うはずです。そのようにオシャレはすごく大事な事です。また皆さんが思うオシャレな家にするにはお金だったり時間がかかると思う方もいらっしゃいますが、難しく考えなくて全然大丈夫です。オシャレの幅も沢山あります。決して高い家具があるからオシャレという事ではありません。自分の今出せるだけでいいので、自分に見合った家具やライトなどでオシャレな部屋を作っていきましょう。大事なのは部屋を素敵に保つことが大事になります。オシャレにすれば気持ちもウキウキと楽しい気持ちになります。明るい気持ちになれば部屋も常に綺麗に保ちたくなります。そうして良い循環を作り、精神的にもゆとりのある生活にしていきましょう。

③断捨離をこまめにする

断捨離は部屋を綺麗にする上で避けて通れない方法になります。断捨離が出来ない人は現代では多く存在していて、断捨離が出来ない人の多くは部屋が荒れてしまっている事があります。また酷い状況になればゴミ屋敷になってしまったりと、断捨離は出来なければならない方法になります。しかし逆に考えれば断捨離が上手く出来れば部屋の片付けは数倍楽になります。そのように断捨離はお部屋の片付けの大事な方法の一つになります。片付け上手の方がやる断捨離方法では、悩んだりせず常に使うもの以外はすぐにゴミ箱に捨てるようにしています。そうして断捨離をお部屋の綺麗上手に活用出来る人は、誰もが憧れる部屋に変身するのです。しかし断捨離が出来ない場合は物がどんどん溜まっていき、取り返しのつかない事になります。そうして、ゴミ屋敷に発展していきます。ゴミ屋敷に発展するのは精神的面も大きく影響があると言われていますが、しかし断捨離が出来なくてゴミ屋敷になってしまうという事も大きくあります。断捨離が出来なくて部屋が物で溢れかえる人はゴミ屋敷にしたくないのに、断捨離だけが出来ず、掃除しても物をしまうところがなくなってきて物だけが溢れかえってしまうという事が多くあります。それは掃除が出来なくてゴミ屋敷のように部屋が荒れてしまうのとは違い、掃除していても部屋が汚れてしまうため精神的にも大きなショックがあります。ですので断捨離に関しては出来ないのであれば、現在ではクリニックなどといった精神的にも安定する環境が多くありますので、もし悩んでいら方はそちらに足を運ぶのもいいのかもしれません。

まとめ

  1. いかがだったでしょうか?このように片付け上手は様々な工夫と考え方で汚部屋を撃退しているのです。そして、片付け上手だけが知っている知識というのは言わば片付け上手はめんどくさくなる前に部屋を綺麗にしてしまうという事です。この考え方が実は凄く重要で、片付け上手はある意味、片付けない時の大変さをわかっているからこそ、片付けるのです。そう考えれば、皆さんと同じで一度は片付けないでいた事があるということです。そして、それが自分にとって時間もかかるし疲労もあり、汚くなる前に常に綺麗保つ事が一番楽だという事をわかっているという事になります。皆さんもそのような点を抑えて、自分の部屋が汚くなってしまう前に綺麗にするという事が大事だとわかっていただいたと思います。ですので快適な生活を迎えるために皆さんも真似してみましょう。

孤独死と高齢者になってからの引きこもりがちな生活

みなさんこんにちわ今年も新年が始まり、忙しくなっていく時期かと思いますがこれからも宜しくお願い致します。さて早速本題に入りたいと思うのですが、皆さんはは自分や自分の周りに孤独死としっかり向き合えている人はどれくらい、いらっしゃいますか?そもそも孤独死という言葉を聞き慣れている人は少ないのではないでしょうか?また孤独死とは聞いた事があるけど実際に孤独死について考えてこなかったなどあると思います。しかしここで分かるのは孤独死というものが怖い事であるというのが分かっていながら限られた人しか孤独死について考えていないというのが現状です。しかし言葉だけは聞いた事があったり、孤独死の意味も知っているけど自分には関係ないと思っていた。などもあると思います。しかし今回の記事で皆さんがしっかり孤独死について考えられればと思っています。孤独死は現代において高齢者問題の一つともされています。しかしそのせいもあってか孤独死は高齢者に限る問題だと思い込んでいる若い年代の方が多く見られ孤独死に対しての危険性が理解できていない若い方が増えていきました。それもありテレビやメディアなどでも孤独死について最近では取り上げられることが少なくなっていき孤独死というものがより一層世間から隠れてしまう事に、しかし孤独死というのは確実に増えてきている事でもあります。ですので皆さんが孤独死を知りそれに対してどうすべきか?と考えていくことが大事になります。そうすれば高齢者になって孤独死に向き合ったときにどうすればいいのか分からないなどといったようになりませんので、孤独死は今考えなければいけないテーマでもあります。そして高齢者の方で既に孤独死というものと向き合わなければいけない状況になっている方もいらっしゃると思います。ですので今日は皆さんが知って得する孤独死を遠ざける方法を紹介していきたいと思っています。そして今回の記事は高齢者の方から若い方まで全ての方がマネできることですので孤独死を自分から切り離したい方は是非参考にしてみて下さい。そして周りにも教えてあげましょうそうする事で孤独死というものを周りも減っていけば本当に孤独死なんて怖くなくなります。簡単に言ってしまえば孤独死は誰にも看取ってもらえずこの世を去ってしまうことです。だとしたら看取ってもらう人がいれば孤独死ではなくなるという事です。簡単にまとめはしましたが、実際にそうゆう事になります。であるなら周りと共有することで孤独死を遠ざける行動にもなっているという事になります。ですので今回の記事がもし頭の片隅にでもありましたら何かの役に立つと信じて紹介に入りたいと思います。

①高齢者同士の輪を作る

高齢者同士の輪を作るのは一番大事です。孤独死というもの自体が高齢者に起きてしまう事の一つなので高齢者同士輪を作ることは非常に大切です。しかし高齢者同士の輪を作るのは良い事だと分かっているがどうすればいいのか分からないという方は様々な方法があることを見落としています。例えば高齢者対象のボーリング大会や近所付き合いなど、あります。ここはあとで深く掘り下げていきますが、そのように付き合いの場は沢山あります。手ごろで簡単なのは学生時代仲良かった人に連絡するなどが妥当かもしれません。長い間連絡とってなかったからしずらいなんて言っている場合ではありません。とにかく高齢者になってからは一人で過ごすのではなく、仲のいい友人を見つけることが大事になってきます。そうする事でお互いに孤独死はさせないように支え合う事が出来ますので、管理し合えるのは良い事だと思います。そうすれば今日会うはずだったのに連絡がない。など異変にいち早く察知できるので必ず恥ずかしくとも連絡は必ず取りましょう。そのようにして高齢者同士のつながりを強く持つことで孤独死を未然に防ぐことも出来ますし、気持ち的にも友人が多くお出かけしているほうが楽しいはずです。ですので何か身体的原因がない限りは必ず外に出ることを強くお勧めします。

②引きこもらない

高齢者の引きこもりは現代では増えてきました、前までは出かける高齢者の方が多かったのですが、今では引きこもる方が非常に多くなりました。高齢者の引きこもりは非常に良くない傾向で体調の変化に周りが気付くことが出来ないというのが難点になります。また引きこもりがちの高齢者はなかなか連絡がつかないなどがあり安否確認が取りづらい傾向があります。そうならなってしまったら後々本当に体調が悪くなっているのに連絡が出来ない状況の時に困ってしまうので、引きこもってしまって家族や友人と連絡を取ってない方がいらっしゃいましたら、少しづつでもいいので家族や友人と連絡を取るようにしましょう。初めのうちは連絡するのが恥ずかしいかもしれませんが、必ず連絡は取るように努力はしましょう。孤独死は1人1人が真剣に孤独死と向き合う事で解決に向かっていきますので頑張りましょう。そのように心も内向的にならずに前に前に明るく楽しく元気よく生活していきましょう。一度引きこもってしまうと外にまた出るのがなかなか難しいかもしれませんが無理をせず少しずつでいいので外に出る練習をしましょう。本当は朝がいいですが、時間を決めないでスッキリしたいと思ったときでもいいので毎日どこかで外に出ましょう。外に出る時間は10分でも2時間でもいいので外に出ましょう。そうする事で身体がだんだん外に慣れてくるので外出も苦じゃなくなっていくので是非毎回の習慣にすることをお勧めします。習慣づけるのはなかなか難しい事ですが、習慣づけるためにすることはただ一つです。毎日少ない時間でも常にやり続けることで習慣は付いてきます。しかし休みがちになったり、一度怠けてしまうと続かなくなり、なかなか習慣づけることができません。そうならない為にもほんの少しの時間で良いので外に出て日の光を浴びることが重要になってきます。引きこもるのは実際のところ直そうと思えばすぐに改善されていきます。改善するための気持ちが大事になっていきます。その気持ちとは。

③意志を強く持つ

意志を強く持つことが大事になります。しっかりとした目標を持つことでひきこもりがちな生活から抜け出すことができます。前向きな姿勢になれば人とのかかわりも強く持ちたくなり一度自分のやる気に火が付けばあとまっすぐはしるだけで、孤独死とは無縁の生活ができるようになります。最終的には人とのかかわりが孤独死に陥ってしまうかどうかの分かれ目になるので、前向きなあなたに人はきっと寄ってくるはずです。そう信じて先ずは明るい生活を目指していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?孤独死や高齢者になってからの引きこもりがちな生活は改善はすぐにできてしまうものです。しかしそれは貴方が本気で改善したいと思う気持ちがあればの話です。この記事を読んでいるという事は少なくともその気持ちがあるからだと思います。ですので貴方はもう一歩目を踏み出していることになります。ですのでこのまま自分を信じて前に突き進むことで明るい未来が待っています。精神的な面が深くかかわってくる内容でしたのですぐには厳しい方もいらっしゃると思いますが、毎日少しづつで良いので一歩一歩確実に歩き出し行きましょう。この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

身近な人でゴミ屋敷になってしまった場合

みなさんこんにちわ、突然ですが身近でゴミ屋敷になってしまった人がいる方はいますか?例えば、家族や友人など親しい関係を持っている方がゴミ屋敷になってしまったりはしてないですか?実はゴミ屋敷の清掃など専門業者に依頼が多いこの世の中で実は、1人暮らししている息子の部屋を掃除してほしいなど、家族関係の依頼が多いです。皆さんが想像している以上にゴミ屋敷というのは問題になってきています。そしてゴミ屋敷は個人の問題ですと対応は簡単ですが、家族や友人など身近な人になると話は大きく変わってきます。様々な問題があがりますが、一番の問題は精神的な部分が大きいと思います。それは良好的な関係を築いてるからこそ、こちらはどうにかしてあげたいと思っていても、向こうからしたらいい迷惑と思っているかもしれません。また恥ずかしくて向こうは素直になれないことがあるかもしれません。ですので無理に片付けろと言っても絶対によくありません。こんかいはどうすればいいのか?紹介していきたいと思います。またゴミい屋敷の危険性を皆さんにも紹介できればと思います。ゴミ屋敷の問題は現代では多くなってきています。それはほとんどの方が知っているとは思いますが、実際のゴミ屋敷の多さは想像以上と思われます。理由としては、ゴミ屋敷にしてしまった当事者が周りに助けを求めないという事例が多く隠れゴミ屋敷が多い時代になっています。ゴミ屋敷というのは悪循環を生む根源で、ゴミ屋敷自体が悪いものですが、ゴミ屋敷になることで様々な悪いことが引き起ってしまいます。周りと疎遠関係になる、そうなると孤独死の危険性が出てくる。またゴミ屋敷のため生活環境が悪く害虫も発生しているため、病気の発症やものが整理されていない為怪我をする恐れがあるなど、あげたらきりがないくらい人体に対しての悪影響があります。そのような点から見てもゴミ屋敷の存在は絶対に良いものではないので自分でも身近な人であっても止めるのが正解です。そして大事になる止めるために気を付けるべき点や方法を紹介していきます。

①しっかり話し合う

これは一番大切であり一番難しい方法でもあります、部屋が荒れている人に対して命令口調は逆効果です。ゴミ屋敷にしてしまった人はゴミ屋敷の現状に悩んでいます。そして人によっては精神的面で疲れており、きつい言い方をすることはゴミ屋敷の解決にもなりませんし、関係が崩れてしまうかもしれません。そうならない為にどうするべきか考えましょう。まずは優しく話を聞いてあげましょう、そしてゆっくり話し合う事が大切になります。そして相手を尊重して話し合いましょう。ゴミ屋敷になる原因は心の問題が大きいので話し合う事が大切になります。そして話し合う事によって解決することが多く、心の影響が大きいと分かります。また話すときの注意点としては他にもたくさんあります。家族なのか友人なのかによって距離感も変わってきますが、大切な事は共通しています。それは一回の話し合いで決断させない事です。どうしてかというと結果を急ぎすぎることは急かしているように思います。実際に問題を解決したいがために最初の話し合いでゴミ屋敷の話を急にしてもいい方向に話は進みません。あくまでも慎重に話し合う事が大切です。時間をかけることが一番の解決の近道です。悩みを話し合うときに大事なのは相手の話を引き出すことが大事です。出来るだけ相手が話したくなるような流れを作ることが大事です。ゴミ屋敷の話題を先に出さずに他愛もない会話を楽しみましょう、そして何回か話したのちに少しずつ本題に入っていきましょう。

②本題の話し方

さてここからは本題に入る話をしていきます。いきなりゴミ屋敷の話をするのは良くないという話を分かっていただいたうえで、ゴミ屋敷に対して本題に入っていきましょう。先ずはすぐに片付けろではなく、部屋荒れていたけど最近何かあったの?と原因を探ってみましょう。何か原因がある可能性があります。どのような原因かにもよりますが貴方が手助けや、できる範囲の協力はしましょう。また深い悩みなど原因が出てきた場合は、先ほど言った通り出来る範囲で支えてあげましょう。1人ではないと思わせてあげましょう。ここまでなぜ慎重になっているかというと、ゴミ屋敷というのはかなりデリケートな問題です。ゴミ屋敷になってしまうと内向的になり人を家に呼んだりすることもなくなります。それは家族でもあり、友人でもあります。そのように人に対して壁を作ってしまうほどゴミ屋敷になってしまった人は人を遠ざけてします。その為極度に精神的にもデリケートになっています。ですので慎重になる必要があります。その為の①で説明したように本題にすぐに入るのではなく時間をかけてゴミ屋敷に触れていくことが大事になります。実際に家族の中でゴミ屋敷になってしまった人に対してきつく当たり過ぎて家族関係が崩れてしまったり、ゴミ屋敷が更にひどくなってしまったことが実際にあります。ですのでそうならない為に慎重に、そして優しくしましょう。

③決断が決まったら

本題に入ってゴミ屋敷を今後どうしていくか決まったら出来る限りのサポートをしましょう。金銭的に余裕がありそしてゴミ屋敷を解決したいと思っているならば簡単です。専門業者に依頼して日付などもちゃんと決めていけば簡単に部屋が綺麗になっていきます。しかし難しいのがゴミ屋敷の改善を望んでいない場合は大変です。改善を促す事がその人にとっても必要ですが本人が改善を望んでいないのは、ゆっくりでいいので改善できるようにしていきましょう。命令せずに 少しずつでいいのでゴミ屋敷から脱却できるように頑張って向き合っていきましょう。また金銭的な余裕がないがゴミ屋敷を改善していきたい人はインターネットを使えばなるべく自分に合った金額で請け負っていただける業者がいるので是非そちらを利用しましょう。規模にもよりますが最終段階としては自分で片付ける方法もあります。しかしゴミ屋敷の片付けは骨が折れるほど大変ですので、覚悟して取り組みましょう。そのような点を考えるとその人のゴミ屋敷の片付けるのは規模にもよりますが手伝う事はあまりお勧めできません。そこまで手伝う事は良いことかもしれませんが、それで体調を崩しては意味がないですし、肉体的な疲労も多いと思います。ですので手伝う事は悪い事ではありませんが、先ほどから言っている通りに自分ができる範囲で手伝いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?このようにゴミ屋敷にしてしまった方が身近にいるパターンは多くあります。家族を除けば皆知らないふりをするなどゴミ屋敷とわかった時に面倒なことは嫌だから距離を置こうとしますがそれは間違っています。ある意味それはゴミ屋敷を増やしたり規模を大きくする事にも発展しかねません。あなたの言葉や行動がもしかしたら相手を変える一歩になるかもしれないことを理解しましょう。そして、逆にもし自分がゴミ屋敷になってしまうような環境にしてしまったときに信頼できる友人や家族がいて助けてくれたらと考えれば、距離を置くことがダメなことが分かると思います。見知らぬ人のゴミ屋敷を改善しろとは言ってません。せめて貴方に親しい友人や家族がこのようなゴミ屋敷問題で悩んでいたら自分にできる範囲で手助けしてください。あなたが変えるきっかけかもしれません。