ゴミ屋敷の危険性について

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷とは、ゴミが異常にあふれかえっている住宅。家主がごみを蓄積・収集することが原因であり。景観の破壊・放火の危険性・悪臭被害など、近隣住民に迷惑をかけることも多く,社会問題になっている。

昨今、ニュースや新聞だけでなく、TVのバラエティ番組などで放送され、今、大きな話題を呼んでいるゴミ屋敷をテーマにご紹介いたします。

そもそもなぜゴミ屋敷になってしまうのか?説明していきたいと思います。

なぜゴミ屋敷になってしまうのか?

ゴミを拾い集めるという原因行動を起こす人は、物)に対する執着心も多く、拾ってきては家に置き、捨てることができず、どんどんゴミが溜まる。というパターンが数多く、家がゴミ屋敷化するそうです。

整理整頓や片付けが出来ない

整理整頓や片付けることができない人の場合、外からゴミを拾ってくることはないにせよ、生活していく中で出てくる生活ゴミや色々なものが散らかってたまっていき、ゴミ屋敷となるそうです。また汚くなっていくことで心が落ち着くことなどなく、精神的病などの危険性も上がっていきます。

ADHD(注意欠陥や多動症候群)のため片付けられない捨てられない

「自分は片付けられないからADHDかもしれない」や「ADHDだから片づけが苦手」などといったことを皆さんは耳に挟んだことありませんか?最近耳にするADHDとはなにか? ADHDを日本語にすると注意欠陥・多動症候群というそうで、原因は脳の障害だそうです。症状として挙げられるのは、衝動性や多動性、不注意などですが。人口の35%の人がこのADHDにあたると言われております。また一般的にADHDの人が片づけが苦手といわれていますが、片づけが苦手という理由から必ずしもADHDとは限りません。

ゴミ屋敷を作らないために

これには色々と難しい問題があります。TVのようにゴミ屋敷を片付けてそれで終わりでないです。ゴミ屋敷を作る原因は「家」そのものではなく、その家に住む「住人」に原因があるからです。外部の力で家を綺麗にしても、住んでいる人の考え方がが変わらなければ、結局は時間の経過とともに、またゴミ屋敷に戻ってしまいます。というわけで、ゴミ屋敷を根本的に解決するためには、ゴミ屋敷を片付けることではなく、そこに住む住人の考えを変える必要があります。 そうでなければ、何度片付けても元のゴミ屋敷になってしまうからです。 そのため、ゴミ屋敷の処理だけではなく、住人の精神的な部分のケアや地道なカウンセリングなど、その後のサポートが大切になっていきます。

ゴミ屋敷どうしたらいいのか

リサイクルや環境問題について

環境問題やリサイクルの問題は現代では深刻な問題になってます。簡単にゴミを捨てることのできない世の中になってきています。しかし専門業者だと家電リサイクル法や、その他環境問題に関する条例・法律などに従ってゴミをリサイクルおよび産業廃棄物として処理してくれます。

身体的危険と衛生的な問題

通常のゴミ処理とは違い、ゴミ屋敷にまで発展すると、ゴミの処理にも色々な危険が伴います。まず第1に身体的危険が伴います。例としては、ゴミの山が崩れてきたり、先が尖ったゴミなどで怪我したりする可能性が高まります。そして一番の危険が衛生的な問題になります。ゴミ屋敷となれば当然のことですが衛生的に非常に悪い環境であります、その中での作業になるので危険が伴います。ゴミ屋敷は、ひどい悪臭や、蚊やハエ、ゴキブリなどの害虫の大量発生に悩まされることが多く非常につらい作業となります。まずは専門業者あるいは役所などに相談をすることをお勧めします。

このように、ゴミ屋敷の処理は専門業者の方に任せたほうが良いと思います。ゴミ屋敷になると、1人ではどうすることも出来ないと思います。ですので早めの相談を。

ゴミ屋敷のまとめ

現代ではゴミ屋敷が大きく取り上げられ色々なメディアで連日報道されています。このように世間に対して大きな問題となっている事が現状で、近隣などの問題だけではなくなってきています。ゴミ屋敷にしてしまっている当事者の方が考えを変え、変わろうとする気持ちがなければ変わりません。自分だけの問題ではないことを理解しなければなりません。

また現実的に見て、ゴミ屋敷が存在することによって公の利益が損なわれているのは事実です。景観の破壊や放火の危険性、自然発火の危険性など、悪臭・蝿・蚊・ゴキブリなどの害虫の大量発生・衛生面における問題など、挙げればきりがないほど、ゴミ屋敷によって様々な問題が起きています。ゴミ屋敷付近の地域住民にとって、ゴミ屋敷は本当に頭の痛い問題となっています。

綺麗を保つ、それだけで金銭的な問題、衛生問題や近隣問題など解決できるので、普段からの心がけが大切になっています。

ゴミ屋敷に関する記事は他にも記載してあるので、この記事だけではなく、是非他の記事もチェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です