孤独死を未然防止する為には?

孤独死によって起きる問題点

現在、少子高齢化社会が進んでいるこの時代では孤独死をする高齢者の方々が増えているのが現状です。

又、孤独死によって周囲への影響も大きく、遺族の方々や行政が行わなければならない死亡人の処理などが大変なんです。

そして大きなの問題点は、遺族に金銭的な負担をかけてしまうという点が挙げられます。

そのような事態にならないように未然に防ぐにはどうしていくか?ここが重要なポイントになってきます。

孤独死のリスクが高くなっている?

メディアなどでも取り上げられる、「孤独死」そのリスクが今、急激に増加しております。

先ほど、お伝えしたように、現在の日本は少子高齢化社会の時代、それだけでもリスクは高くなっていますが、意外なところに孤独死のリスク上昇を裏付ける事があるんです。

では、3つの孤独死リスク上昇と対策をみていきましょう。

1.孤独死のリスク上昇

実は、高齢者のほとんどが、「自分は孤独死してしまうのではないか?」「このままでは孤独死に・・・」などと、孤独死に対して不安を持っているのです。

これは、内閣府の調査によると半分近く高齢者が、孤独死に対して不安に感じているそうです。

精神的にこのような状況になってしまうと病気の悪化、鬱などの精神的病気、身体の疲労や、身近な人への相談をしなくなったり、家に引きこもるなど、小さいことから大きいことまで、問題が次々にでてきます。

そのような事態にならない為、早期対策が必要不可欠になってきます。

対策

では、このような状況にならない為にはどのように対策をすべきか?

どのようにすれば、未然防止できるのか?

それは周りが積極的にコミュニケーションを図ることが重要になってきます。

家族やご友人でしたら毎日メールなどで挨拶をしてあげる、3日に1回は電話をする休みの日は一緒に食事するなど、何でもいいので1つアクションを起こしてあげることにより、「1人ではない」そう思わせることが重要なんです。

実際に、家族に頼ることができないという高齢者は多く存在します。

そしてそのほとんどが、何年も連絡を取っていないというのが現状なのです。

孤独死が起きてしまうと、遺族も悲しい気持ちになります、また遺族に対して金銭的な負担が発生してしまいます。

それを防ぐためにも、周りがしっかりサポートすることが大切になってきます。

2、孤独死のリスク上昇

孤独死は周りとのコミュニケーションが取れていないと起きる可能性が一気に高くなりますが、家族以外にも問題点は実はあるんです。

それは、ご近所付き合い、地域での付き合いとなってます。

現代、地域交流やご近所付き合いが減ってきている中それは孤独死の可能性も飛躍的に上げていることになります。

地域での交流を遮断してしまい、家族とのコミュニケーションも図らなくなってしまうと、いよいよ危険信号です。

対策

では、そうならないためにどうすればいいのか、未然に防ぐには・・・?

それは必ず、めんどくさいと思わず地域交流を進んで参加することが大事になってきます。

ご近所さんとの回覧板などは孤独死未然防止の予防ができるので、地域との付き合いは孤独死の対策になるのです。

このようにどのようにして未然防止を図るか、それが重要になります。

3、孤独死のリスク上昇

3つ目は、難しい問題点となっていますが。

それが、頼る相手がいない、もしくは子供に頼りたい、それが現状です。

そして衝撃の事実ですが子供に頼りたいという高齢者が半分近くを占め、誰にも頼りたくないという高齢者が30%もいるという事が問題になってます。

そもそも、誰にも頼りたくないなど一番孤独死を飛躍的可能性の上昇をさせている要因でもあると思います。

誰にも知られずに頼らずに生きていく。そんな辛い事はありません。

そして、子供に頼るしかない、これも孤独死のリスクを上げています。

親戚やご近所さん、ホームヘルパーや子の配偶者など、無数の関係があるにも関わらず頼ろうとしない。孤独死のリスクはこのように飛躍的上昇をしているのです。

この問題が一番の問題点となっており、いくら周りがコミュニケーションを図ろうとしてきても、高齢者側から遮断、拒絶といった選択肢をとってしまうと孤独死のリスクが急激に上昇していきます。

この問題は未然に防がなければ、問題となってます。

対策

対策、一言でいえば簡単ではありますが難しい事でもあります

このようなことが起きない為には、やはり周りがコミュニケーションを図っていく事、決して一人で抱え込まない事、助け合う事が大事になってきます。

その為には、常日頃から家族や親せきとの連絡網を確立、年に1度のイベントを家族で開くなどして逐一状況が把握できるようにしていきましょう。

まとめ

未然防止といえど、当事者の方々がどれほどの危険意識を持てているか重要になってきます。「私の家族は大丈夫だろう」などと安易な気持ちでいると問題は急に起きたりします。そうならない為にどうするか?常にそこにフォーカスを当て、家族や親せき、また身の回りにいる人と孤独死を完全回避していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です